Def Leppard / Rock In Rio 2017 / 1DVD+1Bonus DVDR

Def Leppard / Rock In Rio 2017 / 1DVD+1Bonus DVDR / Non Label

Translated Text:
Live at Parque Olimpico, Rio de Janeiro, Brazil 21st September 2017 plus Bonus DVDR “Live On TV 2006-2015”. PRO-SHOT

Click Image To Enlarge

 

DEF LEPPARD flies with rumors of “HYSTERIA” reproduction tour and luxury coupling tour with JOURNEY. Both are stories that a demon laughs in the plan of 2018, but it seems that their surroundings have been booming suddenly. This work is the latest pro shot that will further expand such expectations. Now, it is a superb picture work born from the topic “Boom ROCK IN RIO 7”.
From this year ‘s ROCK IN RIO, the pro shots of various bands / artists are currently mass – produced, but DEF LEPPARD appeared on the fourth day in all seven days “September 21, 2017” . He was one of the headliners AEROSMITH. That AEROSMITH was the first participation of “ROCK IN RIO”, but that is the same for DEF LEPPARD. Although I was planning to appear in the first time (1985), at that time I was abandoned because the production of “HYSTERIA” was delayed. WHITESNAKE was supposed to fill their holes (there is a connection to what it is with white snake). After that, there was no connection even if “other country version ROCK IN RIO” such as Portugal, Spain, USA was held.
Indeed, “ROCK IN RIO” finally realized over 32 years. First of all, let’s check the position in the overall tour of the tour to confirm their recent status.

· April 8 – May 6: North America # 1 (18 shows)
· May 24 – June 25: North America # 2 (20 performances)
– After 3 months –
· September 21 – October 7: Latin America (8 shows) ← ★ Coco ★

This is the live schedule of 2017. In preparation for preparing for the next year’s planning tour, it is rather snugly, the Rio de Janeiro performance of this work is a concert which is the first day of “Latin America” ​​leg.
Such a work … …. It is already an iron wall / perfect official grade professional shot so that there is no word. Besides image quality and sound quality, both sound mix and camera work are perfect. Before the performance, the members start from the scene headed for the stage, but from that point they are super beautiful anymore. Phil Collin’s walking trailing territora & bibishi muscle also glows (and is building up further!), It seems to be able to see pores. Of course, the main show is also iron wall. All kinds of scenes are super and crisp, and the dynamic light show used up to the staircase of the drum riser is super colorful.
However, this work has a slightly different atmosphere than ordinary pro shots. It is audience noise. In any country Pro Shot is a soundboard sound, covering the audience’s voice. The applause is hot and close. Of course, like other pro shots, it will not interfere with the performance. It is suppressed during the performance in the mix, and the volume is raised when excitement points and between songs become. Although this work is also the same, if you prepare several kinds of mixed voices, depending on the scene, if you think that you have a feeling of scale with “great cheers”, “close cheering” like audience recording enters. Of course, the proper use also follows songs and scenes, and strangely the art is fine. The compatibility between this spectacle and the realistic feeling can not be seen with other countries broadcasts and official works. “Has South American broadcast evolved so far?” … It is such a splendid video work that such emotions rise.
The show drawn with such quality is the golden Greatest Hits. Although it is not a bird, it is full of super-famous songs with a time spanning 1 hour and 20 minutes. “Let’s Go” “Man Enough” will also be shown from the latest work, but the remaining 12 songs are thoroughly hit parade of the past year. It will be the first show in about 3 months on this day, but there is no “break in” feeling only in the DEF LEPPARD of the battlefield. Again, Vivian Campbell’s brave appearance of hair growth again, guitar depicted as “Phil” in katakana can also be witnessed perfectly with a bright multi-camera pro shot.

While it is the ultimate superb quality of the official quality, the reality which can not be the official goods is a delicious first-class item. It is comparable to the official board “AND THERE WILL BE A NEXT TIME”, one that becomes “2017 year edition” · “South America edition”. It is a press DVD that leaves the brilliance forever!
『HYSTERIA』再現ツアーやJOURNEYとの豪華カップリング・ツアーの噂も飛び交うDEF LEPPARD。いずれも2018年の計画で鬼も笑う話ではありますが、彼らの周囲がにわかに活気づいて来たようです。本作は、そんな期待をさらに膨らませてくれる最新プロショット。今、話題沸騰の“ROCK IN RIO 7”より生まれた超極上の映像作品です。
今年のROCK IN RIOからは現在、さまざまなバンド/アーティストのプロショットが大量生産されていますが、DEF LEPPARDが出演したのは全7日間中の4日目「2017年9月21日」のこと。ヘッドライナーAEROSMITHの1つ前を務めました。そのAEROSMITHは“ROCK IN RIO”初参加でしたが、それはDEF LEPPARDも同じ。かつて第1回(1985年)に出演予定だったこともあったのですが、当時は『HYSTERIA』の制作が遅れたために断念。彼らの穴はWHITESNAKEが埋めることになった(白蛇とは何かと因縁がありますね)。その後、ポルトガルやスペイン、アメリカといった“他国版ROCK IN RIO”が開催されるようになっても縁がありませんでした。
実に32年越しにようやく実現した“ROCK IN RIO”。まずは、彼らの近況を確認する意味でも、ツアー全体像の中でポジションを確認してみましょう。

・4月8日-5月6日:北米#1(18公演)
・5月24日-6月25日:北米#2(20公演)
ー3ヶ月後ー
・9月21日-10月7日:中南米(8公演)←★ココ★

これが2017年のライヴスケジュール。来年の企画ツアーに備えてか、わりとこぢんまりとしており、本作のリオ・デ・ジャネイロ公演は「中南米」レッグの初日にあたるコンサートです。
そんな本作は……もう、言葉がないほど鉄壁・完璧なオフィシャル級プロショット。画質・音質はもとより、サウンドミックスもカメラワークも完全無欠。開演前、メンバーがステージに向かうシーンから始まるのですが、そこからもう超美麗。先頭を歩くフィル・コリンのテラッテラ&ビッシビシな筋肉も輝き(さらにビルドアップしている!?)、毛穴まで見えそうです。もちろん、本編ショウも鉄壁。ありとあらゆるシーンが超・鮮明で、ドラムライザーの階段に至るまで使ったダイナミックなライトショウも超カラフルです。
とは言え、本作は普通のプロショットともちょっとだけ雰囲気が違う。それはオーディエンス・ノイズ。どの国でもプロショットはサウンドボード音声に、観客の声を被せるもの。その喝采がやたら熱く、近い。もちろん、他のプロショットと同じように、演奏の邪魔になることはありません。ミックスで演奏中は抑えられ、盛り上がりポイントや曲間になるとボリュームが上げられる。それは本作も同じなのですが、ミックスする声も数種類用意しているのかシーンによって「大歓声」でスケール感を醸したかと思えば、オーディエンス録音のような「間近な声援」が入ったりする。もちろん、その使い分けも曲やシーンに沿っており、妙に芸が細かい。このスペクタクルと臨場感の両立は、他国放送やオフィシャル作品ではそうそうお目にかかれない。「南米放送もここまで進化したのか」……そんな感慨が湧くほどに見事な映像作品なのです。
そんなクオリティで描かれるショウは、黄金のグレイテスト・ヒッツ。トリではないものの、1時間20分に及ぶ持ち時間を超名曲で埋め尽くしている。最新作から「Let’s Go」「Man Enough」も披露されますが、残り12曲は徹底的に往年のヒット・パレードです。この日は約3ヶ月ぶりのショウとなるわけですが、歴戦のDEF LEPPARDだけに“慣らし”感はなし。再び髪の伸びたヴィヴィアン・キャンベルの勇姿も、カタカナで「フィル」と描かれたギターも、あざやかなマルチカメラ・プロショットでばっちり目撃できます。

超・極上のオフィシャル級クオリティでありながら、オフィシャル品ではあり得ないリアリティも美味しい一級品です。それこそ公式盤『AND THERE WILL BE A NEXT TIME』にも匹敵し、その“2017年編”・“南米編”となる1枚。輝きを永久に残すプレスDVDで登場です!

(78:57)
1. Pre-Show / Intro 2. Let’s Go 3. Animal 4. Let It Go 5. Love Bites 6. Armageddon It
7. Man Enough 8. Rocket 9. Bringin’ on the Heartbreak 10. Switch 625 11. Hysteria
12. Let’s Get Rocked 13. Pour Some Sugar On Me 14. Rock of Ages 15. Photograph
16. Phil Collen Interview

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.79min.
—————————————————————–
Def Leppard / Live On TV 2006-2015 / 1Single DVDR / Non Label

Translated Text:

VH1 Rock House , Live At Mandalay Bay Event Center, Las Vegas , Nevada, USA 25th May 2006. Pro-Shot


Click Image To Enlarge

The main press press DVD is the ultimate pro shot of the iron wall which can not beat the official work “AND THERE WILL BE A NEXT TIME”. Although it is a perfectly perfect quality in terms of quality, if it puts difficulty in getting stiff, it would be length. Of course, although it is a full recording, I feel a little bit somewhat less than usual, as the actual site was a position to give birds to AEROSMITH. So we prepared one piece featuring recent pro shots for the bonus.
This work is a pro shot of 10 years from 2006 to 2015. It compiles only super-superb quality images while it is a short broadcast that can not be a stand alone work. It is one piece that can enjoy 7 programs · 17 songs for about 80 minutes. Let’s introduce each picture.

【25 May 2006: VH 1 ROCK HONORS (3 songs)】
The first highlight is suddenly appearing. It is a picture when I appeared on “VH 1 ROCK HONORS”. What is tasty is the cover of T. REX “20th Century Boy”. On this day two days after the launch of “YEAH!”, It was played with that promotion, but here a special guest: Brian May appeared! A dark hairy May plays that tone yet and it fuses with DEF LEPPARD. Mei’s sound like lump of personality is superb compatibility with DEF LEPPARD, it is super and the best professional shot reminiscent of Freddie Mercury’s memorial concert.

本編プレスDVDは、オフィシャル作品『AND THERE WILL BE A NEXT TIME』にも引けを取らない鉄壁の超極上プロショットです。クオリティ的には完全無欠な1枚ではあるのですが、ムリヤリ難癖を付けるとしたら長さ。もちろん、フル収録ではあるのですが、当の現場がトリをAEROSMITHに譲るポジションだったが故に、いつもに比べるとやや食い足りなさを感じてしまうのです。そこで、ボーナスには近年のプロショットを特集した1枚をご用意しました。
本作に収められているのは、2006年から2015年に至る、10年間のプロショット。単独作品にはなり得ない短めの放送ながら、超極上クオリティの映像のみをコンパイル。7番組・17曲を約80分に渡って楽しめる1枚です。それでは、それぞれの映像をご紹介していきましょう。

【2006年5月25日:VH1 ROCK HONORS(3曲)】
最初に登場するのは、いきなりのハイライト。“VH1 ROCK HONORS”に出演した際の映像です。何と言っても美味しいのがT. REXのカバー「20th Century Boy」。この日は『YEAH!』発売の2日後にあたり、そのプロモーションで演奏されたわけですが、ここで特別ゲスト:ブライアン・メイが登場! まだ黒髪のメイがあのトーンを奏で、DEF LEPPARDと融合していく。個性の塊のようなメイのサウンドはDEF LEPPARDとの相性も抜群で、フレディ・マーキュリーの追悼コンサートを彷彿とさせる超・極上プロショットなのです。

【2008年5月8日:LIVE FROM ABBEY ROAD(3曲)】
上記は『YEAH!』プロモーションでしたが、残りはすべて『SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE』以降のプロショットです。まずは『SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE』発売の約2週間後に出演した“LIVE FROM ABBEY ROAD”。当時ならではの「C’mon C’mon」も演奏しています。
この番組は、その名の通り、バンドが“アビーロード・スタジオ”を訪れ、そこでスタジオ・ライヴを繰り広げるというもの。伝説スタジオに対する思いが透けるインタビューも収録していますが、演奏も普通とはちょっと違う雰囲気。通常、テレビ出演のスタジオ・ライヴとは言ってもイメージはステージ風。全員が前を向き、サクラの観客か、仮想の客席に向かってパフォームします。ところが、この番組はそうじゃない。言わば“リハーサル風”でして、全員が輪になって自然体のままスタジオの空気を楽しむように演奏する。そこには“魅せる動き”はまるでなく、ひたすら互いと自らの“音”に集中している。間違いなく生演奏でありながら、限りなく“スタジオ録音”に近いムード。もちろん、それだけでは淡泊な映像になってしまいますが、そこは専門番組。多彩で意外なカメラワークとカットでムード演出。まるでPVのような仕上がりなのです。

【2011年6月10日:DOWNLOAD FESTIVAL(4曲)】
続いてはムードも真逆なプロショット。本国イギリスの聖地ドニントンで開かれる野外フェス“DOWNLOAD FESTIVAL”に出演した際の模様です。もちろん、“MONSTERS OF ROCK”の伝統を引き継いだ巨大フェスになるわけですが、彼らが聖地に出演したのは意外と少ない。“MONSTERS OF ROCK”時代から数えても1986年・2009年・2011年の3回しかなく、最多ヘッドライナー記録を誇る同期IRON MAIDENとは対照的です。
この映像は、そのうちでも最新の“2011年版”。上記のスタジオ・ライヴとは真反対に魅せるパフォーマンス、巨大なセット、開放的な野外ムード、数万人の大群衆の熱狂を全身に浴びる喜びいっぱい。こうしたムードは本編プレスDVDの“ROCK IN RIO”にも通じますが、こちらは本国の大舞台。さらに本編プレスDVDでは観られない「Wasted」も楽しめます。

【2011年+2012年:THE TONIGHT SHOW(2曲)】
続いては、いかにもテレビっぽいプロショット。ジェイ・レノがパーソナリティを務める“THE TONIGHT SHOW”に出演した模様です。本作では「2011年5月10日」と「2012年4月6日」の2回分で放送された1曲ずつを収録しています。
その光景は、いかにも“テレビ!”。ステージを模したセットに偽の歓声と手拍子、ステージのように振る舞おうとするメンバーも視線が定まらない(笑)。もちろん、百戦錬磨の大ベテランですからぎこちない事はないのですが、上記の“ABBEY ROAD”や“DOWNLOAD FESTIVAL”に比べるとお仕事感が漂う。それがかえって面白くもあるプロショットです。

【2014年9月28日:NFL PRE-GAME(メドレー3曲)】
続いてはこれまた貴重なプロショット。NFLプレ・ゲームでのパフォーマンスです。こうしたスポーツイベントへの出演はアメリカのバンド/ミュージシャンにはお馴染みですが、本作の現場は本国イギリスのウェンブリー・スタジアムです。
これまた普通のコンサートとは雰囲気が全然違う。日中の明るさもさることながら、スタンド席に観客が詰まっていても(当たり前の事ながら)間近のグラウンドにはいない。その代わりにチアが曲に合わせて威勢良くパフォームし、花火がバンバン上がる。そしてDEF LEPPARDのロゴ入りユニオン・ジャックがグラウンドいっぱいに広げられる。DEF LEPPARD・チア・スタジアム……イメージが合っているような、でも何か違うような。そんな微妙ながらも猛烈に豪華な光景なのです。

【2015年4月13日:LA VOIX SEASON FINALE(メドレー2曲)】
最後はカナダのテレビ番組“LA VOIX”のシーズン・フィナーレに出演した際のパフォーマンス。この番組は音楽番組ではなく、いわゆるリアリティ・タレント番組。そのため、通常のバンド演奏ではなく、番組の出演者たちとの共演になっています。
最初、バンドが普通に「Let’s Get Rocked」を始めるのですが、ジョーが歌い出した辺りからワラワラと共演者がステージ上がってお祭り騒ぎの大共演になる。そのムードは“ミニ紅白”と言いますか……日本のアイドル番組ではよく見かける趣向ですが、ロックバンドでは意外と珍しい光景かも知れません。

ともあれ、全7番組・17曲・1時間21分27秒。本編プレスDVDの補完と呼ぶにはボリューム満点の1枚です。本編にはない曲、珍しいシチュエーション、意外な表情。すべてが面白く、完全オフィシャル級の超・極上プロショットが詰まった銘品。どうぞ、本編プレスDVDと共にたっぷりとお楽しみください。

(81:23)
VH1 Rock Honors: Live at Mandalay Bay Event Center, Las Vegas, Nevada, USA 25th May 2006

1. INTRO 2. ROCK OF AGES 3. ROCKET 4. 20TH CENTURY BOY

Live from Abbey Road: Live at Abbey Road Studios, London, UK 8th May 2008

5. INTERVIEW #1 6. ROCKET 7. INTERVIEW #2 8. ROCK ON 9. INTERVIEW #3
10. C’MON C’MON

Download Festival: Live at Donington Park, Castle Donington, UK 10th June 2011

11. ACTION 12. ROCKET 13. HYSTERIA 14. WASTED

The Tonight Show with Jay Leno: Live at NBC Studios, Burbank, California, USA 10th May 2011

15. POUR SOME SUGAR ON ME

The Tonight Show with Jay Leno: Live at NBC Studios, Burbank, California, USA 6th April 2012

16. ROCK OF AGES

NFL Pre-Game: Live at Wembley Stadium, London, UK 28th September 2014

17. ANIMAL / LET’S GET ROCKED / POUR SOME SUGAR ON ME

La Voix Season Finale: Live at TVA , Montreal, Quebec, Canada 13th April 2015

18. LET’S GET ROCKED / POUR SOME SUGAR ON ME

81min. Linear PCM Stereo 16:9

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.81min.

Leave a Reply