David Bowie / Live At The Tokyo Dome 1990 / 2CD

David Bowie / Live At The Tokyo Dome 1990 / 2CD / Helden

Translated Text:

Live At The Tokyo Dome May 16, 1990 Soundboard

davidbowie-90live-tokyo-dome1

Click Image To Enlarge

davidbowie-90live-tokyo-dome2

 

Long the Bowie catalog of ’70s was discontinued state has been recurrence from Laico is was that of January 1990. 3 not only the title at a time gradually be recurrence release a month, a rare bonus track on each title is the fan of the old are added recording was rapture. Furthermore, Bowie and it was was to appeal to Bowie as a musician in the layers that were not only recognized as the people of “Let’s Dance” and “war Meri” “labyrinth” to it. This was the situation in Japan over the Bowie in the 1990s dawn.

Prior to the back catalog recurrence of Bowie, four sets of best album went to BOX of LP size as the trailer was released. Of 4 th is CDV, is at the time the person was properly able to watch those who purchased in the real-time in a format that seems or not than were few, virtually three sets of the best board. Moreover, this BOX, not just the best, bonus track, which is quite rare track has been packed into about that or even this, but rather the mania is much I think of who there is not the main, release after this It was sufficient content to hold out hope. After all dying because referred to as a demo track of “Space Oddity” from the first track of the disk 1. Others, boot and of high-quality sound much not compare “London Bye Ta Ta”, what Springsteen cover “become a saint in the city is very s” it is had been recorded up to. Bowie fan of Moe to Tame condition of the falsetto of the same song, “Saint-in-the-sweep rate ~ ~ ~ ~ ~ tea” also wonder not than were many.

At this time, Bowie had been active as a member of a band called Tin Machine rather than a solo artist. There is intention for the Bowie want to put our focus on the future of the Tin Machine activity, also just the timing of past album recur, this To Fortunately, you decided to carry out the so-called “funeral tour.” Is not a “funeral tour” is of course the official name, bury the past of the songs this tour at the end, not to play on the stage any future, For solicit a request from a fan, together with the fact that determine the set list along with the request it was announced on. Of course, the past of the songs, but I think that was not the fans who believe in Bowie words of that they do not play in another stage (laughs), the new album also new song also does not release ( “Fame 90” that remix only), simply replay the old catalog is the tour for the purpose has become to the announcement that. According to the time of the interview “without anymore rely on old hit songs, it always will perform the new thing is, is it good as an artist,” the words of the are left. Tour of the name according to the above-mentioned of BOX have been entitled “SOUND + VIDION”, has been with the SOUND + VISION TOUR.

2016, in the revealed by Bowie himself will later, but “funeral works only may it may remain without” was that of a, SOUND + VISION TOUR bury the past of the songs of their own is more than 100 performances It became a really big funeral. Band members are five people only, the stage is also intended to calm the overall tones and black, in much the screen to the back Speaking of production is projected, will not No way that was conscious of the funeral, but the last time as opposed to flashy a theatrical stage of the glass spider tour, it was a simple and stage to concentrate on playing the song. Japan tour is a venue is the largest stadium today that Tokyo Dome, was done only two days of May 15 and 16, 1990. However, the first day of 15 days is what Bowie is ill, will become quite short set, you did a concert in full is that only on May 16, although the situation not be helped, for the fans who went on the first day was indescribably feeling of indigestion remained Japan tour in 1990. Of this work has been recorded is a Tokyo Dome performances of May 16, 1990 of the second day.

For the first day was a short set a poor physical condition, a concert of May 16 days of the second day was very nice. Awareness that officially are live recordings also would have had, but would was the enthusiastic performance of the energy of there is also evil environment of the poor physical condition of the next day recording. In fact the day before and listen to this work unexpected seem to have rounded up in the middle of a poor physical condition a concert in the “normal sore”, the charm of the great 1990 Bowie has been fully demonstrated. Set list is kicked off in the “Space Oditi”, at that time still, including songs on CD has not been made, a full set of all 25 songs. Concert of this day has been carried out as previously described recording, few songs have been aired on TV it was incomplete, which is cut at that time. However, the present work is to have full inclusion in the outflow sound board. Moreover, as can be seen if you listen to the sample, it is of a quality such as this no more. Although sound board sound source of SOUND + VISION TOUR 4 performance is left, it will be Milton Keynes performance ( “FINISH OFF OLD PHASE”) and side-by-side to become a staple in Tokyo Dome concert May 16, this 1990 .

1972, 1978, 1983, 1990, 1996, and 2004, a total of 6 degrees made a Bowie solo Japan tour will be to cover all of the year in this series of Helden label. I’m glad is the country of Japan has a special meaning in Bowie of the carrier over the long time, but Bowie late now, they have become to all the past memories. We are not able to experience a new Bowie. But not differ in the will left to Bowie of wills, music that remain would be certainty. As the Beatles is to increase the fan even after the dissolution, Bowie of music will go remains in the future by new fans. And I want you In memory of bygone days with a special fondness Japan tour for the Japanese fans. This work in 1990 Japan Tour May 16, Tokyo Dome concert full inclusion in the high-quality sound outflow sound board sound source. Permanent preservation firmly press platen of the beautiful picture disc specification.

長らく廃盤状態だった70年代のボウイのカタログがライコから再発されたのが90年1月の事であった。月に3タイトルづつ徐々に再発リリースされるのみならず、各タイトルにレアなボーナストラックが追加収録され古くからのファンが狂喜したのである。またさらに、それまでボウイを「レッツ・ダンス」と「戦メリ」と「ラビリンス」の人としか認識していなかった層にもミュージシャンとしてのボウイをアピールしたのであった。これが90年代幕開けのボウイを巡る日本の状況であった。

ボウイのバック・カタログ再発に先立ち、予告編としてLPサイズのBOXに入った4枚組のベスト盤がリリースされた。4枚目がCDVという、当時リアルタイムで購入した人できちんと視聴出来た人はほとんどいなかったのではないかと思えるフォーマットで、実質3枚組のベスト盤である。しかもこのBOX、単なるベストではなく、かなりレアなトラックがこれでもかというくらいに詰め込まれており、むしろマニアにはそちらの方がメインではないのかと思うくらいで、この後リリースされるボーナス・トラックに期待を持たせるには充分な内容であった。なにせディスク1の1曲目から「Space Oddity」のデモ・トラックというからたまらない。その他、ブートとは比較にならないくらい高音質の「London Bye Ta Ta」、なんとスプリングスティーンのカバー「都会で聖者になるのはたいへんだ」までが収録されていたのである。同曲の裏声と「セイント・イン・ザ・スィ~~~~~~~ティ」のタメ具合に萌えたボウイ・ファンも多かったのではないだろうか。

この時ボウイはソロ・アーティストではなくティン・マシーンというバンドの一員として活動していた。ボウイにとっては今後ティン・マシーンの活動に軸足を置きたいという意向があり、またちょうど過去のアルバムが再発するというタイミング、これ幸いと、いわゆる「葬式ツアー」を行なう事を決意する。「葬式ツアー」はもちろん正式名称ではないが、このツアーを最後に過去の曲は葬り、今後一切ステージで演奏しない、ついてはファンからリクエストを募る、そのリクエストに沿ってセットリストを決めるということが併せて発表されたのである。もちろん過去の曲はもうステージで演奏しないというボウイの言葉を信じたファンはいなかったと思うが(笑)、ニューアルバムも新曲もリリースせず(「Fame 90」というリミックスのみ)、単に古いカタログを再演するという目的でツアーが発表になったのである。当時のインタビューによれば「古いヒット曲にもう頼ることなく、常に新しいことを行なっていくことが、アーティストとして良いことである」との言葉が残されている。ツアーの名称は前述のBOXが「SOUND + VIDION」と題されていたのに合わせ、SOUND + VISION TOURとされた。

2016年、後に明らかになったボウイ自身の遺言では、「葬儀は行なわず作品だけが残れば良い」とのことであったが、自分の過去の曲を葬るSOUND + VISION TOURは100公演を超える実に盛大な葬儀となった。バンド・メンバーは5人のみ、ステージも全体的に黒を基調とした落ち着いたもので、演出といえばバックにスクリーンが投影されたくらいで、まさか葬儀を意識したものではないだろうが、前回のグラススパイダー・ツアーの派手で演劇的なステージとは対照的な、シンプルかつ歌と演奏に集中したステージであった。日本公演は会場が東京ドームという現在でも最大のスタジアムとあって、1990年5月15日と16日の二日間のみ行なわれた。ところが初日15日は何とボウイが体調を崩し、かなりショート・セットとなってしまい、フルでコンサートを行なったのは5月16日のみという、致し方ない事情とはいえ、初日に行ったファンにとっては何とも消化不良感が残った1990年の来日公演であった。本作が収録しているのは、二日目の1990年5月16日の東京ドーム公演である。

体調不良でショート・セットとなった初日に対し、二日目の5月16日のコンサートは非常に素晴らしいものであった。正式にライヴ・レコーディングされているという意識もあっただろうが、体調不良の翌日収録という悪環境もあっての気力の熱演だったのであろう。実際に本作を聴くと前日体調不良でコンサートを途中で切り上げたとは思えぬ「普通っぷり」で、素晴らしい1990年のボウイの魅力が存分に発揮されている。セットリストは「スペース・オディティ」で開幕し、当時はまだCD化がなされていなかった曲も含め、全25曲のフルセットである。この日のコンサートは前述の通り収録が行なわれており、当時テレビでも放映されたが数曲がカットされた不完全なものであった。しかし本作は流出サウンドボードで完全収録しているのである。しかもサンプルを聴いていただければわかるとおり、これ以上ないといったクオリティなのである。SOUND + VISION TOURのサウンドボード音源は4公演が残されているが、ミルトンキーンズ公演(『FINISH OFF OLD PHASE』)と並んで定番となるのがこの1990年5月16日東京ドーム公演であろう。

1972年、1978年、1983年、1990年、1996年、2004年と、計6度行なわれたボウイのソロ日本公演は、Heldenレーベルのシリーズで全ての年をこれでカバーすることになる。長きに渡るボウイのキャリアにおいて日本という国が特別な意味を持つのは嬉しい限りだが、ボウイ亡き今、それらは全て過去の想い出になってしまった。我々は新たなボウイを体験することができないのである。しかしボウイの遺言に残された意志に違わず、音楽が残るのは確実であろう。ビートルズが解散後にもファンを増やしているように、ボウイの音楽は新たなファンによって今後も残っていくだろう。そして日本のファンにとっては特別な思い入れのある日本公演で往時を偲んでほしい。本作1990年来日公演5月16日東京ドーム公演を高音質流出サウンドボード音源にて完全収録。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

LIVE AT THE TOKYO DOME May 16, 1990
DISC ONE
01. Space Oddity
02. Changes
03. TVC 15
04. Rebel Rebel
05. Be My Wife
06. Ashes To Ashes
07. Starman
08. Fashion
09. Life On Mars?
10. Blue Jean
11. Let’s Dance
12. Stay
13. Band Introduction
14. China Girl

DISC TWO
01. Sound And Vision
02. Ziggy Stardust
03. Station To Station
04. Young Americans
05. Suffragette City
06. Fame
07. “Heroes”
08. Panic In Detroit
09. Pretty Pink Rose
10. Modern Love
11. The Jean Genie
12. Rock’n’Roll Suicide
Helden. Den 052/053

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.