2000s

Bob Dylan With Tom Petty & The Heartbreakers / The Best Show Minneapolis 1986 / 2CD

Bob Dylan With Tom Petty & The Heartbreakers / The Best Show Minneapolis 1986 / 2CD / Zion Translated Text: Live at Hubert H. Humphrey Metrodome, Minneapolis, MN. USA 26th June 1986 STEREO SBD Click Image To Enlarge 8月に1965年のディラン・ライブの新音源が登場して世界中のマニアが騒然とさせられたところからリリースしてみせたのが「THE GINSBERG TAPES 1965」でしたが、9月にはまた驚きのディラン・ライブ新音源が登場して世界中のマニアの注目を浴びました。それが1986年6月26日のミネアポリス公演のステレオ・サウンドボード録音。当然ながら今週のリリースに向けて準備を進めていたのですが、その作業が大詰めに差し掛かった先週、まさかのトム・ペティ訃報が伝えられました。そのタイミングには唖然とさせられたと同時に、一方では今回のような素晴らしいサウンドボード録音の登場が彼へと追悼を込めたリリースとなることを願ってやみません。 ディランがトム・ペティ・アンド・ザ・ハートブレイカーズを従えて行った1986年のライブ活動ですが、6月から8月にかけてのアメリカ・ツアーに至っては「この夏の最高にホットなチケット」とまで呼ばれたほど。しかしディラン自身はアーティストとしての方向性を見失いかけていた時期であり、オープニングを始めとして随所にカバー曲が散りばめられた選曲が当時から「ディランは自分の作品に興味をなくしてしまったのでは」とマニアの間で囁かれていたものです。案の定、ディラン自身が後に自伝の中でそのことを裏付ける証言を記しており、やはり自身の活動の方向性を見失っていた一年であることを告白していました。曰く「私は盛りを過ぎた人間であり、ペティは絶好調だった」とも。 実際1985年のファーム・エイドで初めてペティとハートブレイカーズにバックを務めてから1987年のヨーロッパ・ツアーまでの彼らとの長期にわたる活動の中では、ディランがペティやハートブレイカーズに支えられていた時期でした。 こと86年に関してはあれほどまでに話題を呼んだ夏のアメリカ・ツアーの陰で、ディランは長いツアーが終わったら引退する心構えでいたことも自伝の中で明らかにしていたのです。それほどまで自身に迷いの中で行われたツアーだけのことは86年のステージはオフィシャルのライブ・ビデオがリリースされた2月のシドニーを観ても伺い知れません。むしろ質が高いのではないか。ところがツアーが進むにつれ、ディランのステージに対する迷いが大きくなっていったことも確かなのです。 それを裏付ける結果となったのがアメリカ・ツアーから流出した各種サウンドボード録音。PAアウトによる録音で残された音源の流出は7月から8月に集中しており、例えば7月4日のファーム・エイドなどは音声と映像の両方で昔からよく知られているもの。それを始めとした7月や8月のサウンドボード録音を聞いてもディランのパフォーマンスから特別な何かが伝わってこないのは確か。サウンドボード録音という性質上、これまでいくつものアイテムがリリースされてはいたのですが、そこから伝わってくるのはディランの平坦なパフォーマンスぶりと、裏腹にイキイキとした演奏を聞かせるペティたちのギャップが感じられたように思います。そんな状況に一石を投じるべくリリースされたのが「MADISON SQUARE GARDEN 1986 FINAL NIGHT」でした。オーディエンス録音ながらも極上の音質、そして何よりも86年アメリカ・ツアーの中では別次元と呼べるほどディランが全力投球してみせた最高のパフォーマンス。おまけに近年トレーダー間でも入手困難だった音源のリリースということで世界中のマニアから好評を博しました。 それだけに今回のような新たなサウンドボード録音の発掘があったとしても、また当たり障りのないパフォーマンスがクリアに記録されてしまっているだけでないのか…そうした不安がよぎったものです。ところが今回のサウンドボード録音は一味ちがった!まずは同じアメリカ・ツアーでも7月や8月ではなく、6月の日程からの新発掘音源であるということ。これまで同月のツアーからはまとまったサウンドボード録音の発掘が一切なかったのです。PAアウトからのサウンドボード録音ということから、臨場感の希薄さは如何ともしがたいものがある。それでもこうした音源ならではのクリアネスは筆舌に尽くしがたい素晴らしさ。 だがしかし、それ以上に素晴らしいのがこの日のディラン。オープニングから一聴して解るくらいはっきりとテンションが高く、なおかつ覇気に溢れている。過去に出回ったアメリカ・ツアーのサウンドボード録音からは、そうした要素がほとんど感じられなかった。さらにディランが独りで弾き語るパートや「One Too Many Mornings」に「A Hard Rain’s A-Gonna Fall」といった選曲だけでも大いに魅力的なものですが、何しろディランの歌が力強い。そうした彼の力のこもった演奏がリアルに感じられるのはサウンドボード録音だからこそ。86年ツアーでもこんなにディランが充実の日があったとは! ...

Read More »

Bob Dylan / Motorpoint Wonder Boy / 2CD

Bob Dylan / Motorpoint Wonder Boy /2CD / Tweedle Disc Motorpoint Arena, Cardiff Wales May 3, 2017.   Click Image To Enlarge Tweedle Disc. TWD30-31

Read More »