Eric Clapton / Laguna Hills 1988 / 2CD

Eric Clapton / Laguna Hills 1988 /2CD / Beano

Translated text:
Live at Irvine Meadows Amphitheater, Laguna Hills, CA. USA 23rd September 1988.

 

Click Image To Enlarge

Eric Clapton’s upgrade master suddenly appeared on the net! It is a release of the best version of our only shop that upgrades it further. From 1988, the celebrate nationwide tour to commemorate the 25th anniversary of the debut, it is the main board which recorded the September 23rd Laguna Hills performance completely with stereo audience recording of the highest level. Our shop has released the sound source of this day already from the original master “IRVINE CROSSING” title. But as our upgrade master, our policy is to deliver better things to everyone. The master on this net was a powerful sound quality that bass worked with a rare DAT recording sound source in 1988, but the richness of this bass range became adversely adversely covered with dull clouds It gave an impression like the sky. The bass has been lost in the sound quality. In addition, the intro of the opening number Crossroads was a little lacking, and up to the poor contact sound of the plug of the equipment was recorded because it was impatient at the beginning of the recording, there was a left channel drop due to it. However, our shop solved all these shortcomings. We solved the stunning mastering that our engineers wiped out clouds covered with dullness, and the defect of lack of intro, patched from mastering already-launched master, and resolved it by splendid synthesis processing. Further shifting the musical sound that was biased slightly to the right somewhat throughout the whole center. As a result, this sound quality has exceeded the pre-launch board, as well as a clear and granular sound like a sound board, completely different from this netmaster.
Well, for the performance on this day, let’s first see where you were in the 25th anniversary tour of the debut this year.

· January 22 – February 7, 1988: England tour including 9 consecutive performances of Royal Albert Hall (Mark · Noppler participated)
«April 18, 1988: Anthology box set ‘CROSSROADS’ released» »
· June 5th – 6th, 1988: Appear in his band (“Elton John” participated in “Princes Trust Concert” held at Royal Albert Hall)
· June 8 – 9, 1988: Dire Straits and Rehearsal at the Brixton Academy
· June 11, 1988: Appears in the form of participating in Dire Straits at “Nelson · Mandela 70 years old birth memorial concert”
· July 2, 1988: Appears in a charity event “Picnic Concert” held in Surrey, England
· September 1 – October 8, 1988: National Tour ← ★ Coco ★
· October 11, 1988: Participated in the concert at Jack Bruce in New York club, bottom line
· October 31 – November 5, 1988: Japan Tour
· November 28, 1988: Appeared in a charity event held at London’s Hard Rock Cafe. Performing stage with Jeff Beck, Mitch Mitchell and others
· December 23, 1988: Joined the gig in Stilette shoes by Gary Brooker at Dansfold, Surrey, England

Although it was a large-scale world tour conducted in the meaning of thanking the fans who supported for many years along with the release of anthology works, celebrating their 25th anniversary, British performances of the early stage with RAH continuous performance as the main, guest · There was a variety of topics in the final stage of the Japanese performance and the musicians were invited, but this nationwide tour, which became a full-fledged road, was the longest main event of this year. The performance day of this board was hit in the middle of that. The set list was made up of masterpieces representing 25 years of career. At the time of Japan tour, after Midnight played with a strong groove of remake and arrangement that was set fell, you can feel outstanding stability, even a long-length original blues that even enchanting with Sustain & Vent solo will give a fancy atmosphere “Same Old Blues”, the color of the coda that emphasized the violent solo and melody of the middle stage, “Layla” which maximized the synergistic effect with Mark · Noppler, etc., the full potential of this band in full It is demonstrated. The difference from the later Japan tour is that the percussion at this time is not Ray Cooper of former Elton John Band who later became a regular member but Jordi Lin Scott, a British female percussionist guru, is participating That was it. It was only this tour that she supported Clapton, supporting numerous artists. It is one point of listening that she is intertwined with Steve Feron who manages more percussion than Cooper. The best grade titles of representative sound sources of the celebrate national tour in the year of 1988 are the main board. Please get the best version of this sound source on this occasion. Since it will be a limited edition with serial number entering sticker representing the first press, please give me an order as soon as possible.

エリック・クラプトンのアップグレード・マスターが突如ネット上に出現!それをさらにグレードアップさせての当店だけのベスト・バージョンのリリースです。1988年、デビュー25周年を記念して行われたセレブレート全米ツアーより、9月23日のラグナ・ヒルズ公演を極上レベルのステレオ・オーディエンス録音で完全収録したのが本盤です。当店は既にこの日の音源をオリジナルマスターから「IRVINE CROSSING」のタイトルでリリースしています。しかしアップグレードマスターとなれば、より良いものを皆様にお届けするのが当店のポリシーです。今回のネット上のマスターは、88年には珍しいDAT録音音源で低音の効いた迫力ある音質だったのですが、この低音域の豊かさが逆にアダになり、どんよりとした雲に覆われた空のような印象を与えるものでした。低音が音質の篭りに繋がってしまったのです。さらにオープニングナンバーCrossroadsのイントロが少し欠如していた上に、録音開始で焦ったために機材のプラグの接触不良音までが収録され、それに伴う左チャンネル落ちがありました。しかしこれらの欠点を当店がすべて解消しました。どんより覆っていた雲を当店のエンジニアが一掃する見事なマスタリング、さらにイントロの欠如欠陥を、マスタリングした既発盤マスターからパッチし見事な合成処理を施して解消しました。さらに全編を通じてやや右寄りに偏っていた楽音をセンターにシフト。その結果、この音質は既発盤を上回るのはもちろんのこと、今回のネットマスターとはまったく別物の、サウンドボードのようなクリアで粒立ったサウンドになりました。
さて、この日の公演についてですが、まずはこの年行われたデビュー25周年記念ツアーの中でどこに位置していたのかを見てみましょう。

・1988年1月22日~2月7日:ロイヤル・アルバート・ホール9連続公演を含むイギリスツアー実施(マーク・ノップラーが参加)
≪1988年4月18日:アンソロジー・ボックスセット「CROSSROADS」リリース≫
・1988年6月5日~6日:ロイヤル・アルバート・ホールで開催された「プリンシズ・トラスト・コンサート」に自分のバンドで出演(エルトン・ジョンが参加)
・1988年6月8日~9日:ブリクストン・アカデミーでダイアー・ストレイツとリハーサル
・1988年6月11日:「ネルソン・マンデラ70歳生誕記念コンサート」にダイアー・ストレイツに参加する形で出演
・1988年7月2日:イギリス、サリー州で行われたチャリティ・イベント「ピクニック・コンサート」に出演
・1988年9月1日~10月8日:全米ツアー ←★ココ★
・1988年10月11日:ニューヨークのクラブ、ボトムラインで行われたジャック・ブルースのコンサートに飛入り参加
・1988年10月31日~11月5日:ジャパンツアー
・1988年11月28日:ロンドンのハードロック・カフェで行われたチャリティ・イベントに出演。ジェフ・ベック、ミッチ・ミッチェルらとステージ演奏をする
・1988年12月23日:イギリス、サリー州ダンズフォールドで行われたゲイリー・ブルッカーのスティレット・シューズのギグに飛入り参加

デビュー25周年を自ら祝い、アンソロジー作品のリリースと共に長年サポートしてくれたファンに感謝する意味で実施された大規模なワールドツアーでしたが、RAH連続公演をメインに据えた序盤のイギリス公演、ゲスト・ミュージシャンを迎えて行われた終盤の日本公演と、トピックはいろいろありましたが、中でも本格的なロードとなったこの全米ツアーは最も長期に渡るこの年のメインイベントでした。本盤の公演日はその中盤に当たっていました。セットリストは25年のキャリアを代表する名曲群で構成されていました。ジャパンツアー時にはセット落ちしたリメイク・アレンジの強固なグルーブで演奏されるAfter Midnightでは抜群の安定度を感じることが出来、サスティーン&ベントを多用したソロで妖艶な雰囲気さえも醸し出す長尺のオリジナルブルース「Same Old Blues」、中盤の激しいソロと旋律を重視したコーダを見事に色分けし、マーク・ノップラーとの相乗効果を最大限に引き出した「Layla」等、全編でこのバンドのポテンシャルが存分に発揮されています。後のジャパンツアーと異なる点は、この時のパーカッションは後にレギュラーメンバーとなった元エルトン・ジョンバンドのレイ・クーパーではなく、ブリティッシュ女性パーカショニストの第一人者ジョディ・リンスコットが参加していたことでした。数限りないアーティストをサポートしてきた彼女がクラプトンをサポートしたのは、このツアーのみでした。クーパーよりももっと多くのパーカッションを多彩に操る彼女とスティーヴ・フェローンとの絡み具合もリスニングの一つのポイントと言えるでしょう。88年セレブレート全米ツアーの代表的音源のベスト・グレードタイトルが本盤です。どうぞこの機会に本音源のベスト・バージョンをご入手ください。初回プレスを表すシリアルナンバー入ステッカー付限定盤となりますので、どうぞお早めのオーダーをお願い致します。
Disc 1 (55:12)
1. Intro 2. Crossroads 3. White Room 4. I Shot The Sheriff 5. Lay Down Sally
6. Wonderful Tonight 7. Tearing Us Apart 8. After Midnight 9. Can’t Find My Way Home

Disc 2 (59:09)
1. Badge 2. Same Old Blues 3. Member Introduction 4. Cocaine 5. A Remark You Made
6. Layla 7. Money For Nothing 8. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton – guitar, vocals Mark Knopfler – guitar, vocals Alan Clark – keyboards
Nathan East – bass Steve Ferrone – drums Jody Linscott – percussion
Katie Kissoon – backing vocals Tessa Niles – backing vocals

Beano-153

Leave a Reply