Eagles / Do Be Show In Japan 1976 / 2CD Wx OBI Strip

Eagles / Do Be Show In Japan 1976 / 2CD Wx OBI Strip / New Kids Records

Translated Text:

Nagoya Kokaido Hall, Aichi Japan February 9, 1976. Digitally Remastered

Click Image To Enlarge

■ The last day to commemorate the first visit to Japan
■ Completely recorded with high sound quality sound board.

The debut of Eagles was formed in 1971 as being organized as a back band of Linda Ronstadt. The debut song “Take It Easy” hit and its sailing was smooth. Following the first album, “Rogue” “On the Border” presenting an album including songs that are important for Eagles even now, the music nature of the band that was originally a country color was also gradually closer to the lock I will be inclined. In such a situation was announced “cursed night”. It was in 1975.

Although it was a band having many hit songs before then, “Cursed Night” gained high reputation and became widely recognized as a big band as a big band in earnest. The best album so far released at the same time also leads to tremendous sales. It was during this time that the long-awaited Japanese performance was organized.

In 1976, the first Japan tour took place in Tokyo Osaka Nagoya and six other performances in Fukuoka and Kobe. This work is the last performing place in February 9, 1976, the Nagoya performance is completely recorded on the sound board. After finishing the Budokan performance, Eagles who was convinced of the success of the first visit to Japan has become a wonderful Chiaki-ku, which would have had the last Nagoya performance together with the wonderful memories of Japan.

This work completely records on Nagoya City public hall performance on February 9, 1976, which will be the final performance from Eagles’ first performance in Japan, with sound board of high sound quality. It is a title that will be handed down forever as a precious record in the history of Japanese rock. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press. Japanese style attaching.

■初来日公演の記念すべき最終日
■高音質サウンドボードで完全収録。

イーグルスのデビューは1971年、リンダロンシュタットのバックバンドとして編成された事がきっかけとなっている。デビュー曲「テイク・イット・イージー」がヒットして、その出帆は順調なものであった。ファースト・アルバムに続いて、「ならず者」「オン・ザ・ボーダー」と現在でもイーグルスにとって重要な楽曲が含まれるアルバムを発表、当初はカントリー色の強かったバンドの音楽性も、徐々にロック寄りに傾倒していくことになる。そんな中で発表されたのが「呪われた夜」である。1975年の事であった。

それまでもヒット曲を多数持つバンドであったが、「呪われた夜」が高評価を得て本格的にビッグ・バンドとして広く世間に認知されるようになったのである。同時期にリリースされたこれまでのベスト・アルバムも驚異的なセールスを上げるに至る。待望の日本公演が組まれたのは、このような時期であった。

1976年の初来日公演は、東京大阪名古屋の他、福岡と神戸で全6公演が行なわれた。本作はその中でも最後の公演地である1976年2月9日名古屋公演をサウンドボードで完全収録している。武道館公演を終えて初来日公演の成功を確信したイーグルスは、最後の名古屋公演を日本の素晴らしい想い出と共に余裕を持って臨んだであろう素晴らしい千秋楽となっている。

本作は、イーグルスの初来日公演より最終公演となる1976年2月9日名古屋市公会堂公演を、高音質のサウンドボードで完全収録している。日本のロックの歴史において貴重な記録として永遠に語り継がれるであろうタイトルである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

Nagoya Kokaido Hall, Nagoya, Aichi Japan February 9, 1976
DISC ONE
01. Take It Easy
02. Outlaw Man
03. Doolin-Dalton – Desperado (reprise)
04. Turn To Stone
05. Lyin’ Eyes
06. You Never Cry Like A Lover
07. Take It To The Limit
08. Desperado

DISC TWO
01. Midnight Flyer
02. One Of These Nights
03. Already Gone
04. Too Many Hands
05. Good Day In Hell
06. Witchy Woman
07. Rocky Mountain Way
08. James Dean
09. Best Of My Love
10. Funk 49
11. Carol

Leave a Reply