Bob Dylan / 83-85 / 3DVDR

Bob Dylan / 83-85 / 3DVDR / Johanna

Translated Text:

Italy TV Special Tour Opener, Verona, Italy JPD Slate-Opening. NTSC

bobdy-83-85-3dvd-pack1

Click Image To Enlarge

 

bobdy-83-85-3dvd-pack2

Dylan has approached Mick Taylor, and I · Makuregan et al., In the history of most Stones 1984! ~~
~~ Masterpiece in Fidel, the video full of Empire Burlesque life! ~~

★ 3 Disc set of the video of the B · Dylan of 1983 and ’85 years and thorough included!
★ The Disc (1) also enters Japanese subtitles commentary slate, you can understand the tour of flow and background.
★ Newly package the popular title two titles of its outstanding addition to the new 1 title was shipped!
★ Disc (2) & (3) color · 2Page insert paper inclusion of detailed data described!
★ Mick Taylor, I · Makuregan, E · Clapton, J · Baez, C · Santana, V · Morrison, T · Petty, M · Knopfler

Co-star!

In addition to the two titles of its outstanding of Dylan footage from JOHANNA label
Extra DVD was recorded new excavation image of the 1984 European tour has been included
Easy larger version, a total of three-DVD set is purchased in the period and limited quantities is the appearance at a special price.

It will post the info of all three disk below.

————————————————– ——————
disc- (1) BOB DYLAN – 1984 SPECIAL (new / extra disc)
————————————————– ——————-
Only in Europe in 1984 it realized the British rock of / Stones of the Dylan
Thorough valuable live tour video from the new source included!
Masterpiece “in Fidel” was organized after the announcement European tour talented promoter, partition Bill Graham,
There is also that big stadium concerts across Europe have been numerous booking, Dylan will first ask the band organized in Mick Taylor.
Also welcomed Ian McLagan of Faces who played the keyboard in 1982 of R · Stones European tour, coupled with Dylan to play beat the electric guitar in Keith beams, build a band sound as “like Stones?!”. In addition Carlos Santana in order to have a flower on a tour participants entrained in all performances.
In addition reuniting (laughs?!) With Joan Baez for the first time since virtually Rolling Thunder Review co-star also be implemented in various locations.
It was a very special and unique tour among the long, long Dylan tour history.

Here in Italy, Germany, France, Belgium, TV broadcasting source from the UK and all over, news video material, such as taking the venue by the fan also included recorded in the time series of the tour.
Tour early in the Carlos Santana in Hamburg, “Blowin ‘in the Wind” acoustic with Joan Baez is also playing the electric also C · Santana M · Taylor on tour late after about a month as a band VERSION both versions of transfiguration to electric “Blowin ‘in the wind” spree also can see in the video.
1984 live that arrangement was also changed dramatically as this as the tour progresses.
M · Taylor to insert a guitar phrase, such as flow of social position “It’s All Over Now, Baby Blue” is
Though It seems to be a “dead-Flowers” of 1972 of R · Stones, “Tombstone Blues” will be surprised at the rock band specific arrangements seem whether “Whip Comes Down”.

Only LP1 sheets of the live album “realistic Live”, which was announced from this tour, also to Stones fans that there are many in the Dylan fan, but was accepted by the welcome, along with the flow of time is currently being evaluated seems I kinda regret is casting the, in this way I think we had gotten when I was announced, also different evaluated in the video?

The highlight of this tour is the July 7 concert in London of the Holy Land Wenburei Stadium.
This day is Eric Clapton, Van Morrison, is Chrissie Hynde joined guest, we are enthusiastic large crowd to fill the stadium.
Interview of MTV Fortunately it is being carried out in the backstage before curtain sometimes that contained the camera, from the stage starts, the bold to be on the stage to circumvent the Bill Graham camera crew of MTV to stop for us to continue with the shooting.
There is a shooting angle of from the side or behind the thanks, but this precious live was left fragmented with a professional shot.
Aside Van Morrison of Dylan, and along with Eric Clapton, so like a reproduction of The Last Waltz in 1976! ?
Please refer to such excitement and historical scene. But E · Clapton, hey fingering of Banmasu – Mick Taylor actively feed the guitar solo over one’s head the C · Santana is vivid.

Since the “Highway 61 Revisited” has been recorded of this Wenburei Stadium live album from the performances of the sound source “realistic Live”, as a bonus, has replaced the sound source to the regular stereo MIX “Highway 61 Revisited” JOHANNA a video label It has its own re-build.
It is fun as well as a video version of the “realistic Live”.

〜〜ディランがミック・テイラー、I・マクレガンらと、史上最もストーンズに近づいた1984!〜〜
〜〜名作インフィデル、エンパイア・バーレスク期の映像満載!〜〜

★B・ディランの1983〜’85年の映像を徹底収録した3枚組セット!
★Disc(1)には日本語字幕解説スレートも入り、ツアーの流れ・背景を把握できます。
★新作1タイトルに加え既発の人気タイトル2タイトルを同梱した新装パッケージ!
★Disc(2)&(3)の詳細データ記載のカラー・2Pageインサート・ペーパー封入!
★ミック・テイラー、I・マクレガン、E・クラプトン、J・バエズ、C・サンタナ、V・モリスン、T・ペティ、M・ノップラー

共演!

JOHANNAレーベルから既発のディラン映像集の2タイトルに加え
1984年欧州ツアーの新発掘映像を収録したエキストラDVDが付属した
拡大版・計3枚組DVDセットが期間&数量限定でお求め易い特別価格で登場です。

以下に全3ディスクのインフォを掲載します。

——————————————————————–
disc-(1) BOB DYLAN – 1984 SPECIAL(新作/extra disc)
———————————————————————
1984年の欧州でのみ実現したブリティシュ・ロック化/ストーンズ化したディランの
貴重なライヴツアー映像を新ソースから徹底収録!
名作”インフィデル”発表後に組まれた欧州ツアーは敏腕プロモーター、ビル・グラハムが仕切り、
欧州各地のビッグ・スタジアム公演が多数ブッキングされた事もあり、ディランはまずミック・テイラーにバンド編成を依頼。
1982年のR・ストーンズ欧州ツアーでも活躍したフェイセズのイアン・マクレガンをキーボードに迎え、エレキ・ギターをキースばりに殴り弾きするディランと相まって、「まるでストーンズ?!」というバンド・サウンドを構築。更にツアーに華を持たせる為にカルロス・サンタナが全公演に帯同参加。
加えて実質ローリング・サンダー・レビュー以来となるジョーン・バエズとの復縁(笑?!)共演も各地で実現。
長い長いディランのツアー史の中でも非常に特殊で個性的なツアーとなったのです。

ここにはイタリア、ドイツ、フランス、ベルギー、英国と各地からのTV放送ソース、ニュース映像素材、ファンによる会場撮りなども含めてツアーの時系列に収録。
ツアー序盤のハンブルグでのカルロス・サンタナ、ジョーン・バエズとのアコースティックな”風に吹かれて”が、約一ヵ月後のツアー終盤にはバンド・ヴァージョンとしてM・テイラーもC・サンタナもエレキを弾きまくるエレクトリック”風に吹かれて”に変貌する両ヴァージョンも映像でご覧頂けます。
このようにツアーが進むにつれアレンジも様変わりした1984年のライヴ。
M・テイラーが身上の流れるようなギター・フレーズを挿入する”It’s All Over Now, Baby Blue”は
まるでR・ストーンズの1972年の”デッド・フラワーズ”のようですし、”Tombstone Blues”は”Whip Comes Down”かと思えるロックバンド的アレンジで驚かされます。

このツアーから発表されたたったLP1枚のライヴ・アルバム”リアル・ライヴ”は、ディラン・ファンの中に多く存在するストーンズ・ファンにも大歓迎で受け入れられましたが、時の流れとともに現在は評価を落としているようでちょっと残念なのですが、このように映像で発表されていたら、また違った評価を得ていたのではないでしょうか?

本ツアーのハイライトは、英国ロンドンの聖地ウェンブレイ・スタジアムでの7月7日公演です。
この日はエリック・クラプトン、ヴァン・モリソン、クリッシー・ハインドがゲスト参加し、スタジアムを埋め尽くす大観衆も熱狂しています。
幸運な事にMTVのインタビューが開演前に楽屋裏で行われてカメラが入っていた事もあり、ステージが始まるとMTVのカメラクルーが制止するビル・グラハムの目を掻い潜って果敢にもステージ上から撮影を続行してくれます。
お陰で真横や後ろ側からの撮影アングルではありますが、この貴重なライヴがプロショットで断片的ながら残されました。
ディランの脇にヴァン・モリソン、エリック・クラプトンと並ぶと、そうまるで1976年のラスト・ワルツの再現!?
そんな感動的・歴史的シーンをご覧下さい。しかしE・クラプトン、C・サンタナを差し置いて積極的にギター・ソロを繰り出すバンマス〜ミック・テイラーのフィンガリングは鮮やかですねぇ。

このウェンブレイ・スタジアム公演の音源からライヴ・アルバム”リアル・ライヴ”の”Highway 61 Revisited”が収録されているので、ボーナスとして、その正規ステレオMIXに音源を差し替えた”Highway 61 Revisited”映像をJOHANNAレーベルが独自に再構築。
“リアル・ライヴ”の映像版としても一興です。

■DISC-1;1DVDR■ 111mins / PROSHOT+AUDIENCE SHOT
JPD Slate / Opening
━ITALY TV━
[May 29, Verona, Italy, Arena Di Verona] Like A Rolling Stone
feat. Band Introduction
Blowin’ In The Wind with Carlos Santana

━GERMAN TV excerpt from News Reel━
[May 31, Hamburg, West Germany, St. Pauli Stadion] German TV News Reel feat. Tombstone Blues / Blowin’ In The Wind(acoustic)/

━FRENCH TV SPECIAL━
[Live from June 28, Barcelona, Spain,Minestadio del F.C. Barcelona] Interview feat. Blowin’ In The Wind (electric)/ Mr.Tambourine Man
Heart Of Mine(Rare Live 80’s)/ Don’t Think Twice、It’s Alright /

━BRUSSELS BELGIUM REEL━
[June 7, Brussels, Belgium,Stade de Schaerbeek Stadion] Simple Twist Of Fate
Ballad Of A Thin Man
It’s All Over Now, Baby Blue

━WEMBLEY STADIUM, LONDON━
[July 7, Wembley Stadium, London, England/1-Cam Semi-Pro Shooting] Opening Slate with Japanese Text
Highway 61 Revisited
It Ain’t Me, Babe
Introducing Eric Clapton
Leopard-Skin Pill-Box Hat w/ Eric Clapton (guitar). Chrissie Hynde (harmonica)
It’s All Over Now Baby Blue w/Van Morrison (vocal & guitar)
Tombstone Blues w/Carlos Santana (guitar)
Senor (Tales Of Yankee Power)
The Times They Are A-Changin’ w/Chrissie Hynde (vocal)
Blowin’ In the Wind w/Chrissie Hynde (vocal)
MTV Martha Quinn Interview (Backstage / Wembley Stadium, July 7th 1984)

━Highway 61 Revisited / JOHANNA ORIGINAL CLIP━
[Wembley Stadium, July 7,”REAL LIVE” Stereo Version] End Credits

——————————————————————–
disc-(2) BOB DYLAN – 1985 . .YEAR OF THE BURLESQUE(JPD-015として既発)
———————————————————————
★ライヴエイド、ファームエイドなど1985年のディラン映像集

ディラン・シリーズの3作目はプロショットTV集が登場。
トム・ペティとの初の共演となったFARM AIDを最高画質で収録。
さらにキース・リチャーズ、ロン・ウッドとのLIVE AID(US TV:ジャック・ニコルソンの紹介部分も収録)、
そしてWe Are The World、SUN CITYと精力的に活動した1985年映像を総まとめにしました。
FARM AIDリハ(ForeverYoung)、フランス・アヴィニオンでのShot Of Loveの’81年ライヴも(フルではないが音声もライヴ)。
などのレア映像を含むUSA-TV”20/20″も収録。精力的に活動した1985年を再確認してくださいね。

■DISC-2;1DVDR■ 80mins / PROSHOT/ Contens same as JPD-015
[ FARM AID ] I’LL REMEMBER YOU / TRUST YOURSELF / SHAKE(unreleased song) / MAGGIE’S FARM /
[ LIVE AID ] BALLAD OF HOLLIS BROWN / WHEN THE SHIP COMES IN / BLOWIN’ IN THE WIND /
[ 20/20 ] USA TV SPECIAL : incl. Forever Young(Farm AId Rehearsal)/ Shot Of Love(Live in France 1981)
[ PROMO VIDEO ] SUN CITY / WE ARE THE WORLD / EMOTINALLY YOURS / TIGHT CONNECTION / WHEN THE NIGHT COMES FALLING
————————————————————–
disc-(3) BOB DYLAN – INFIDELS YEARS 1983-’84(JPD-170として既発)
————————————————————–
★ディランの’83-’84年プロショット映像集登場!

ディランの全キャリアの中でも重要な「インフィデル」時代のあらゆる映像を網羅した映像集が久々JOHANNAより登場。
M・ノップラー、ミック・テイラーが参加した1983年レコーディング映像や、’84年欧州ツアーからSANTANAも参加した
イタリア、ドイツ、スペインでのプロショット映像を収録。

■DISC-3;1DVDR■ 110mins / PROSHOT/ Contens same as JPD-170
JOKERMAN (PV) / SWEET HEART LIKE YOU (PV) / LICENSE TO KILL / DON’T FALL APART ON ME TONIGHT / JOKERMAN / BLOWIN’ IN

THE WIND / TIMES THEY ARE A – CHANGIN’ / LIKE A ROLLING STONE / TOMBSTONE BLUES / MR.TAMBOURINE MAN / 他

 

 

Johanna.JPD-739

Leave a Reply