Rolling Stones / Copenhagen 2017 / 2CD

Rolling Stones / Copenhagen 2017 / 2CD / Non Label

Translated Text:
Live at Parken Stadium, Copenhagen, Denmark 3rd October 2017

Click Image To Enlarge

Even though it was the latest tour of 2017, “NO FILTER” reached the present without compromising the circulation of the sound source unexpectedly. A month and a half have passed since the tour ended, but the item release of all the performances still can not be realized. On the contrary, finally, “PARIS 2017 3RD NIGHT” finally ceased to be released with the limited press release of familiar with yellow jacket. In contrast to the “ZIP CODE” tour in 2015 when the name sound source came out a lot, it became a contrasting situation. To put it most precisely, there is no quality sound source available on press CDs. Without it, some performances have been released as gift CD-R items, but I still wish to have the Stones live at the press’s board … the thought of mania is such a place.
While I got there, the interval has gone free, but this week we will have items that will fill the gaps of “NO FILTER” tour for the first time in a while. First we will introduce Copenhagen on October 3. However, although it is a sound source here, quality audience recording that could be handled as a gift CD-R if one mistake is made. It is a sound image that can be presumed that it was a recording from a position far from the speaker at the venue. Because of this, the bass range is strong, and there is a sense that I have driven away the sound image of the performance further. In some places the limiter is activated and the edges of the performance are retracted. In the end, it came with a rare monaural sound quality in 2017.
It is an audience recording of Copenhagen who carried the triple suffer like this, but still decided to dress up limited press releasing from the fact that the release is still not realized from this tour. So we released a thorough equalization in release. I was reborn into a condition that I can listen carefully enough that it is not compared with the original sound source.

Anyway it is this low-frequency range that is too strong to be the biggest stress factor in listening with this sound source. By suppressing here with equalization, the sound image that was being driven to the back was pushed forward and regained its presence. Already at this point it was much easier to hear than the original sound source, and if it is a mania who was asked the original state, it has evolved into an upper version without any mistake. Furthermore, it is adjustable as much as possible up and down movement of the volume by the limiter operation. Recording quality which was only in 2017 which was in the original sound source was solved at a stroke!
Of course, as you can see from the problems listed up to this point, it is not the quality level of Hamburg or Lucca even if you make a mistake. Regarding that point, it is true that it is the sound source for the most mania among “NO FILTER” this time. Moreover, since it is monaural sound quality, it is certain that it is a recording state that can be overwhelmingly enjoyed by the speaker from the headphone rather than the headphone. However, since the equalization which was done in this release is making an enormous effect, it should be able to enjoy with a feeling good in connection with the presence feeling if you ring from the speaker at first.

Although it was a “NO FILTER” tour in which the start of the first slow starter made the mania uneasy, Copenhagen was a performance in October, so the appearance of Stones which has been raising the condition with Zurich as a machine was captured As for the performance side, we showed performance of full opening of the engine from the opening. Actually “Sympathy For The Devil” Keith’s momentum mistake was seen, and even under “Under My Thumb”, a composition difference happened by him. However, it is a nice place of the October show that such happening does not make himself smack as soon as the tour starts. Keith ‘s mistakes listed in this way are rather lovely levels.
As a proof of that, the performance of “Doo Doo Doo Doo Doo”, a featured repertoire of the day, is wonderful. Although it is a song that has been played in recent years, here is a wild playing as if it is reminiscent of the 1970s right now. More wonderful was “Midnight Rambler”. Charlie who responded to Mick ‘s heading towards the center of the stage switched to drumming of the marching style, so the performance was incandescent at once. Thrilling development is impressive enough to want you to worry unintentionally what to do if the marching continues like this and the performance can not be returned.
The excitement of female fans around the taper stand out from this sound source is conspicuous everywhere, but unexpectedly screaming when the performance of “Street Fighting Man” which regained momentum from the beginning of the tour completely reached the excitement. However, the man who can not bear perseverance in the screams that appeared during the performance will get angry (lol). Although it is indeed an unfriendly scene, it was also a fact that the excitement of the Stones’ performance was substantial, it was a happening incident that they got excited unexpectedly.
And as I said at the beginning of this sentence, in terms of sound quality you can say that it is a limited press release for maniacs. Nonetheless, the upper feeling that has become dramatically easier to hear from the original sound source is a place where you should pay attention. Because I was reborn into sound quality that I can hear anything. “NO FILTER” tour Seemingly the stage after October, the Stones performance is top form. Please sound it with a loud noise from the speaker and enjoy the momentum. This item fills the blank space of the latest tour item!

2017年の最新ツアーだったにもかかわらず、思いのほか音源の流通に恵まれないまま現在に至るのが「NO FILTER」。ツアー終了から一か月半が経過しましたが、未だに全公演のアイテムリリースが実現しません。それどころか「PARIS 2017 3RD NIGHT」を最後に、黄色いジャケでおなじみの限定のプレスCDリリースが途絶えてしまったほどです。名音源がひょいひょい出てきた2015年の「ZIP CODE」ツアーと比べて何とも対照的な状況と化していまいました。もっとも細かく言うなれば、プレスCDで出せるクオリティの音源が出てこない。それを抜きにするとギフトCD-Rアイテムとしていくつかの公演がリリースされてきましたが、やはりストーンズのライブはプレスの盤で持っていたい…マニアの思いはそんなところでしょう。
そうこうするうちに間が空いてしまいましたが、今週は久々に「NO FILTER」ツアーの隙間を埋めてくれるアイテムが登場します。最初にご紹介するのは10月3日のコペンハーゲン。ただしこちらの音源ですが、一歩間違えればギフトCD-R扱いとなりかねなかったクオリティのオーディエンス録音。それは会場のスピーカーから遠めなポジションからの録音だったことが推測できる音像。このせいで低音域が強く、演奏の音像をさらに奥へと追いやってしまった感があります。いくつかの箇所ではリミッターが作動してしまい、演奏のエッジが引っ込んでしまう。とどめは2017年には珍しいモノラル音質ときた。
このように三重苦を背負ったコペンハーゲンのオーディエンス録音なのですが、それでも今回のツアーから未だにリリースが実現していない公演ということから、敢えて限定のプレスCDリリースを決断。そこでリリースに当たっては徹底的なイコライズを敢行。元の音源とは比べ物にならないほど、じっくり聞き込める状態へと生まれ変わらせてみせました。

何と言ってもこの音源でリスニングにおける最大のストレス要因と化していたのが強すぎる低域。ここをイコライズで抑えることにより、奥に追いやられ気味だった音像が前へと押し出されて存在感を取り戻しました。既にこの時点で元の音源よりも格段に聞きやすく、元の状態を聞かれたマニアであれば驚くこと間違いなしのアッパー版へと進化を遂げたのです。さらにはリミッター作動による音量の上下動も可能な限りアジャスト。元の音源にあった2017年らしかぬ録音クオリティが一気に解消されました!
もちろん、ここまで挙げてきた問題点からも解っていただけるように、間違ってもハンブルクやルッカのクオリティ・レベルではない。その点に関しては今回の「NO FILTER」中でもっともマニア向けな音源となっているのは事実でしょう。またモノラル音質ですので、ヘッドフォンよりはスピーカーから鳴らした方が圧倒的に楽しめる録音状態なのも確か。ただし今回のリリースに際して施したイコライズが絶大な効果を上げていますので、まずはスピーカーから鳴らせば臨場感と相まっていい感じで楽しめるはず。

開始当初のスロー・スターターぶりがマニアを不安に陥らせた「NO FILTER」ツアーではありましたが、コペンハーゲンは10月の公演ですので、チューリッヒを機に調子を上げてきたストーンズの姿が捉えられており、演奏面に関してはオープニングからエンジン全開のパフォーマンスを披露。実際に「Sympathy For The Devil」においてはキースの勢い余った凡ミスがみられ、さらには「Under My Thumb」でも彼による構成違いハプニングが起きています。しかし、そうしたハプニングがツアー開始当初ほどヒヤヒヤさせないのが10月ショーのいいところ。こうして挙げたキースのミスに関しても、むしろご愛敬なレベル。
その証拠として、この日の目玉レパートリーである「Doo Doo Doo Doo Doo」の演奏は素晴らしいの一言。近年、折に触れて演奏されてきた曲ではありますが、ここでは正に70年代を彷彿とさせるかのようなワイルドな演奏が聞かれます。それ以上に素晴らしかったのが「Midnight Rambler」。ミックがステージのセンターに向かったことに反応したチャーリーがマーチ調のドラミングへと切り替えたことで一気に演奏が白熱。このままマーチ調が続いて演奏が戻れなくなったらどうしようかと、思わず余計な心配をしたくなるほどスリリングな展開が印象的。
この音源はテーパーの周囲にいた女性ファンの盛り上がりが随所で目立つのですが、ツアー開始当初から比べるとすっかり勢いを取り戻した「Street Fighting Man」の演奏が盛り上がりをみせたところで思わず絶叫。ところが、演奏中に発した絶叫に我慢できなくなった男性に怒られてしまいます(笑)。確かに耳障りな場面なのですが、ストーンズの演奏の盛り上がりが相当なのも事実であり、彼女たちが思わず興奮してしまったのも頷けるハプニングでした。
そしてこの文章の最初で申しましたように、音質面においてはマニア向けな限定のプレスCDリリースだと言えるでしょう。それでもなお、元の音源から飛躍的に聞きやすくなったアッパー感は是非とも注目していただきたいところです。何しろ聞き込める音質へと生まれ変わったのだから。「NO FILTER」ツアー10月以降のステージらしく、ストーンズの演奏は絶好調。それをスピーカーから大きな音で鳴らして勢いを味わってください。このアイテムによって最新ツアー・アイテムの空白が埋まりました!

Disc 1 (67:00)
1. Intro. 2. Sympathy For The Devil 3. It’s Only Rock’n Roll 4. Tumbling Dice
5. Just Your Fool 6. Ride ‘Em On Down 7. Under My Thumb 8. Doo Doo Doo Doo Doo
9. You Can’t Always Get What You Want 10. Paint It Black 11. Honky Tonk Women
12. Band Introductions 13. Happy 14. Slipping Away

Disc 2 (61:13)
1. Miss You 2. Midnight Rambler 3. Street Fighting Man 4. Start Me Up
5. Brown Sugar 6. Jumping Jack Flash 7. Gimme Shelter 8. Satisfaction
Live at Parken Stadium, Copenhagen, Denmark 3rd October 2017 TRULY AMAZING SOUND

2017年の最新ツアーだったにもかかわらず、思いのほか音源の流通に恵まれないまま現在に至るのが「NO FILTER」。ツアー終了から一か月半が経過しましたが、未だに全公演のアイテムリリースが実現しません。それどころか「PARIS 2017 3RD NIGHT」を最後に、黄色いジャケでおなじみの限定のプレスCDリリースが途絶えてしまったほどです。名音源がひょいひょい出てきた2015年の「ZIP CODE」ツアーと比べて何とも対照的な状況と化していまいました。もっとも細かく言うなれば、プレスCDで出せるクオリティの音源が出てこない。それを抜きにするとギフトCD-Rアイテムとしていくつかの公演がリリースされてきましたが、やはりストーンズのライブはプレスの盤で持っていたい…マニアの思いはそんなところでしょう。
そうこうするうちに間が空いてしまいましたが、今週は久々に「NO FILTER」ツアーの隙間を埋めてくれるアイテムが登場します。最初にご紹介するのは10月3日のコペンハーゲン。ただしこちらの音源ですが、一歩間違えればギフトCD-R扱いとなりかねなかったクオリティのオーディエンス録音。それは会場のスピーカーから遠めなポジションからの録音だったことが推測できる音像。このせいで低音域が強く、演奏の音像をさらに奥へと追いやってしまった感があります。いくつかの箇所ではリミッターが作動してしまい、演奏のエッジが引っ込んでしまう。とどめは2017年には珍しいモノラル音質ときた。
このように三重苦を背負ったコペンハーゲンのオーディエンス録音なのですが、それでも今回のツアーから未だにリリースが実現していない公演ということから、敢えて限定のプレスCDリリースを決断。そこでリリースに当たっては徹底的なイコライズを敢行。元の音源とは比べ物にならないほど、じっくり聞き込める状態へと生まれ変わらせてみせました。

何と言ってもこの音源でリスニングにおける最大のストレス要因と化していたのが強すぎる低域。ここをイコライズで抑えることにより、奥に追いやられ気味だった音像が前へと押し出されて存在感を取り戻しました。既にこの時点で元の音源よりも格段に聞きやすく、元の状態を聞かれたマニアであれば驚くこと間違いなしのアッパー版へと進化を遂げたのです。さらにはリミッター作動による音量の上下動も可能な限りアジャスト。元の音源にあった2017年らしかぬ録音クオリティが一気に解消されました!
もちろん、ここまで挙げてきた問題点からも解っていただけるように、間違ってもハンブルクやルッカのクオリティ・レベルではない。その点に関しては今回の「NO FILTER」中でもっともマニア向けな音源となっているのは事実でしょう。またモノラル音質ですので、ヘッドフォンよりはスピーカーから鳴らした方が圧倒的に楽しめる録音状態なのも確か。ただし今回のリリースに際して施したイコライズが絶大な効果を上げていますので、まずはスピーカーから鳴らせば臨場感と相まっていい感じで楽しめるはず。

開始当初のスロー・スターターぶりがマニアを不安に陥らせた「NO FILTER」ツアーではありましたが、コペンハーゲンは10月の公演ですので、チューリッヒを機に調子を上げてきたストーンズの姿が捉えられており、演奏面に関してはオープニングからエンジン全開のパフォーマンスを披露。実際に「Sympathy For The Devil」においてはキースの勢い余った凡ミスがみられ、さらには「Under My Thumb」でも彼による構成違いハプニングが起きています。しかし、そうしたハプニングがツアー開始当初ほどヒヤヒヤさせないのが10月ショーのいいところ。こうして挙げたキースのミスに関しても、むしろご愛敬なレベル。
その証拠として、この日の目玉レパートリーである「Doo Doo Doo Doo Doo」の演奏は素晴らしいの一言。近年、折に触れて演奏されてきた曲ではありますが、ここでは正に70年代を彷彿とさせるかのようなワイルドな演奏が聞かれます。それ以上に素晴らしかったのが「Midnight Rambler」。ミックがステージのセンターに向かったことに反応したチャーリーがマーチ調のドラミングへと切り替えたことで一気に演奏が白熱。このままマーチ調が続いて演奏が戻れなくなったらどうしようかと、思わず余計な心配をしたくなるほどスリリングな展開が印象的。
この音源はテーパーの周囲にいた女性ファンの盛り上がりが随所で目立つのですが、ツアー開始当初から比べるとすっかり勢いを取り戻した「Street Fighting Man」の演奏が盛り上がりをみせたところで思わず絶叫。ところが、演奏中に発した絶叫に我慢できなくなった男性に怒られてしまいます(笑)。確かに耳障りな場面なのですが、ストーンズの演奏の盛り上がりが相当なのも事実であり、彼女たちが思わず興奮してしまったのも頷けるハプニングでした。
そしてこの文章の最初で申しましたように、音質面においてはマニア向けな限定のプレスCDリリースだと言えるでしょう。それでもなお、元の音源から飛躍的に聞きやすくなったアッパー感は是非とも注目していただきたいところです。何しろ聞き込める音質へと生まれ変わったのだから。「NO FILTER」ツアー10月以降のステージらしく、ストーンズの演奏は絶好調。それをスピーカーから大きな音で鳴らして勢いを味わってください。このアイテムによって最新ツアー・アイテムの空白が埋まりました!

 

Disc 1 (67:00)
1. Intro. 2. Sympathy For The Devil 3. It’s Only Rock’n Roll 4. Tumbling Dice
5. Just Your Fool 6. Ride ‘Em On Down 7. Under My Thumb 8. Doo Doo Doo Doo Doo
9. You Can’t Always Get What You Want 10. Paint It Black 11. Honky Tonk Women
12. Band Introductions 13. Happy 14. Slipping Away

Disc 2 (61:13)
1. Miss You 2. Midnight Rambler 3. Street Fighting Man 4. Start Me Up
5. Brown Sugar 6. Jumping Jack Flash 7. Gimme Shelter 8. Satisfaction

Leave a Reply