Eric Clapton / Royal Albert Hall 1990 6th Night Multitrack Master / 2CD

Eric Clapton / Royal Albert Hall 1990 6th Night Multitrack Master / 2CD / Beano

Translated Text:
Live at the Royal Albert Hall, London, UK 24th January 1990. STEREO SBD


Click Image To Enlarge

This week’s Eric Clapton release is the multi-track master of the longest version of Uncut brought from the familiar UK-based heavyweight taper. Indeed, it was a large classic sound board sound source from “18 Knight” of the previous year, which was linked to “24 Knight”, the greatest performances of 1991, which reworked the box office record on January 24, 1990 It is! Speaking of this day, it was a 4 piece band performance at the Royal Albert Hall, which was broadcasted at the time by BBC FM at that time among the “18 Knight”, as well as the Pro Shot video was broadcasted at a later date. The quality of the performance was so high that some of it was also adopted on Disk 1 of the official live 24 “NIGHTS”. For that reason, as a live caught the best clapton on board the ride after the album “JOURNEYMAN” was released, in the past was a sound board source air checked for FM radio broadcasts, or a radio show analog for 4 sets of broadcasts Many already released boards containing sound board sources copied from the disc were released, and it was a sound source that won popularity not only for maniacs but also for a wide range of fans. Speaking of a famous sound source in Clapton’s career, “24 knights” related sound source, it was also a standard sound source to be remembered soon, but this time, it is that the heavy taper tapers have acquired that multitrack master is.
Let’s take a look at the first year of continuous performance where the recording of the history of the box office history lasted for two years here, the schedule of “18 Knight” in 1990 and the release title released from our shop again.

· January 14, 15, 16, 1990: Birmingham performance (as a 4 piece band) that was organized as a warm-up of “24 Knight”

· January 18, 1990: 18 Night first day, 4 piece band (4 piece band below)
19th
20th: From 18th to 20th Title “PRINCELY GIFT”
The 22nd
The 23rd
24th 【this work】

· January 26th – February 1, 1990: 13 piece band (large percussion band including percussion, back chorus, second guitar, horn section)

The title “THIRTEEN PIECE NIGHTS” on January 30, 31, February 1

· February 3rd, 4th, 5th, 1990: “BLUES NIGHT” titled “Bruce Night” (a big blues session inviting senior junior bluesmen)

· February 8, 1990: The title “FIRST ORCHESTRS NIGHT” with orchestra · night (stage with backing full orchestra with conductor) included
The 9th
The 10th

4 piece piece performance on the 6th, 13 piece performance on the 6th, Bruce Knight on the 3rd, and the orchestra / night at 3rd on the 18th. Our shop also released Bean label, Uxbridge label, sound board source, audience source from both sides 4 bands form All good sound source has been released, but the sound source of January 24, which is said to be a big staple released It did not reach. The reason for that was that there was no freshness even after releasing the sound board sound source of the same copy as other labels, and it was thought that we would not realize sound quality exceeding the others. However, this time finally the acquisition of a multitrack master that can definitely assert that it is the longest in the sound source history of this day is definitely realized. With that in mind, we are now able to offer everyone a best title on January 24th from the Beano label. Because it is multitrack recording, Ultra Clearness that you can taste, direct sounds come closer to straight sounds with no unpleasant taste. Of course, since it is an original sound source without any editing, Clapton’s MC is also uncut. It is the longest in history. Although it may be unnecessary to explain this “big classic” day, it is no longer necessary, but why Clapton brought 4 pieces to the beginning of the “18 Knight” schedule, that is the minimum performance of the rock band unit First of all, it seems to be because I wanted the audience to listen. In the formation without the second guitar, the guitar is one clapton. Although the thickness of the sound disappears, no microscopic work was done, it was a very responsible heavy stage that we had to compete with a straight guitar play. That day was the last day. And Clapton made superb performance that can be said to be the culmination of the 4 piece band. The enthusiasm is clearly shown in the number from “JOURNEYMAN” which occupies 7 out of 19 songs. From this attitude you can also tell me that you wanted to listen to “New Clapton” pulled out of the new album, but this hit song played with this minority is exceptional in sharpness. By the way, on this occasion the Running On Faith, White Room and Sunshine Of Your Love of this day are adopted as the official live board “24 NIGHTS”. To celebrate this vigorous Clapton’s continuous performance, a friend drummer Phil Collins who also cooperated with “JOURNEYMAN” came and raced with three encore songs. Knockin ‘On Heaven’s Door plays hihat only, directing a tasteful stage, Crossroads and Sunshine Of Your Love playing lightly and tambourine with coloring. If you listen to the main board, you will notice that “After all, it was a terrible stage that will become a standard for this day.” An awesome Clapton is here. Please be sure to experience the intense freshness of the original multitrack master, which is definitely different from air checks and copies from radio show disks.

今週のエリック・クラプトン・リリースは、お馴染みのイギリス在住の重鎮テーパーからもたらされたノーカット最長版のマルチトラックマスターです。果たしてその中身は、1990年1月24日、そうあの、イギリスの興行記録を塗り替えた1991年の最多公演「24ナイト」へと繋がった前年の「18ナイト」からの大定番サウンドボード音源だったのです!この日と言えば、「18ナイト」の中でも当時BBCのFMで放送され、後日プロショット映像も放映されたロイヤル・アルバート・ホールでの4ピースバンド公演でした。そのパフォーマンスのクオリティはずば抜けて高く、オフィシャルライブ盤「24 NIGHTS」のディスク1にも一部が採用されたほどでした。それだけに、アルバム「JOURNEYMAN」リリース後の乗りに乗っている絶好調のクラプトンを捉えたライブとして、過去にはFMラジオの放送をエアチェックしたサウンドボードソースか、あるいは4枚組の放送用のラジオショーアナログディスクからコピーしたサウンドボードソースを収録した数多くの既発盤がリリースされ、マニアのみならず幅広いファンの人気を獲得していた音源でした。クラプトンのキャリアにおける有名音源、「24ナイト」関連音源と言えばこれがすぐに想起されるほどの定番音源ともなっていたわけですが、今回、重鎮テーパーはなんとそのマルチトラックマスターを入手していたということなのです。
ではここで2年続きでイギリスの興行史の記録を塗り替えた連続公演の初年度、1990年の「18ナイト」の日程と当店からの既リリースタイトルを改めて見ていきましょう。

・1990年1月14日、15日、16日:「24ナイト」のウォームアップとして組まれたバーミンガム公演(4ピースバンドによる)

・1990年1月18日:18ナイト初日、4ピースバンド(以下4ピースバンド)
19日
20日:18日~20日収録タイトル「PRINCELY GIFT」
22日
23日
24日 【本作】

・1990年1月26日~2月1日:13ピースバンド(パーカッション、バックコーラス、セカンドギター、ホーンセクションを含む大所帯バンド形態)

1月30日、31日、2月1日収録タイトル「THIRTEEN PIECE NIGHTS」

・1990年2月3日、4日、5日:ブルース・ナイト(先輩後輩ブルースマンを招いての一大ブルースセッション)収録タイトル「BLUES NIGHT」

・1990年2月8日:オーケストラ・ナイト(指揮者を伴うフルオーケストラをバックにしてのステージ)収録タイトル「FIRST ORCHESTRS NIGHT」
9日
10日

4ピース公演が6日、13ピース公演が6日、ブルース・ナイトが3日、オーケストラ・ナイトが3日の計18日公演でした。当店もBeanoレーベル、Uxbridgeレーベルを駆使してサウンドボードソース、オーディエンスソースの両面から4バンド形態すべての優良音源をリリースしてきたわけですが、大定番と言われているこの1月24日の音源はリリースに至っていませんでした。その理由は、他レーベルと同じコピーもののサウンドボード音源をリリースしても新鮮味がなく、他を上回る音質を実現することはないと考えてのことでした。ところが、今回遂にこの日の音源史上では間違いなく最高最長と断言できるマルチトラックマスターの入手が実現したわけです。これで胸を張って皆様に1月24日のベストタイトルをBeanoレーベルからご提供できることになりました。マルチトラックレコーディングだからこそ味わえるウルトラクリアネス、何の雑味もないストレートなサウンドがダイレクトに迫ってきます。もちろん一切編集のない元音源ですから、クラプトンのMCもノーカット。史上最長となっています。この「大定番」の日を敢えて説明することはもはや不要かもしれませんが、クラプトンが4ピースを「18ナイト」日程の最初に持ってきた理由、それは最小限のロックバンドユニットでのパフォーマンスをまずオーディエンスに聴かせたかったからだろうと考えられます。セカンドギターのない編成では、ギターはクラプトン一人。音の厚みはなくなるものの、小細工は一切なし、ストレートなギタープレイ一本で勝負しなければならない非常に責任の重いステージでした。その最終日となったのがこの日。そしてクラプトンは4ピースバンドの集大成と言えるパフォーマンスを見事モノにしたのです。19曲中7曲を占める「JOURNEYMAN」からのナンバーにはその意気込みが如実に現われています。こうした姿勢からもニューアルバムを引っ提げての「新しいクラプトン」を聴かせたかったことが窺えますが、この少数精鋭でプレイされた従来のヒット曲も切れ味抜群です。因みにオフィシャルライブ盤「24 NIGHTS」には、この日のRunning On Faith、White Room、Sunshine Of Your Loveが採用されています。この気力の充実したクラプトンの連続公演を祝うため、「JOURNEYMAN」にも協力した友人ドラマー、フィル・コリンズが駆けつけ、アンコールの3曲で参加しています。Knockin’ On Heaven’s Doorではハイハットのみをプレイし、味わいのあるステージを演出したほか、CrossroadsとSunshine Of Your Loveではタンバリンを軽快にプレイし、彩りを添えています。本盤を聴かれれば、「やはりこの日は定番となるだけの凄いステージだったんだなあ」と気づかれることでしょう。凄まじいクラプトンがここにいます。エアチェックやラジオショーディスクからのコピーとは決定的に違う、オリジナルのマルチトラックマスターの強烈な鮮度を是非ご体感ください。

Disc 1 (74:05)
1. Introduction 2. Pretending 3. Running On Faith 4. Breaking Point 5. I Shot The Sheriff
6. White Room 7. Can’t Find My Way Home 8. Bad Love 9. Lay Down Sally 10. Before You Accuse Me
11. Old Love

Disc 2 (72:09)
1. No Alibis 2. Tearing Us Apart 3. Wonderful Tonight 4. Member Introduction
5. Cocaine 6. A Remark You Made 7. Layla 8. Knockin’ On Heaven’s Door *
9. Crossroads * 10. Sunshine Of Your Love *

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Eric Clapton – guitar, vocals Greg Phillinganes – keyboards
Nathan East – bass, vocals Steve Ferrone – drums Phil Collins – tambourine, vocals*

Beano-172

 

Leave a Reply