Beatles / The Rooftop Concert 2nd Edition / 1CD

Beatles / The Rooftop Concert 2nd Edition / 1CD / Non Label
Apple Corps, 3 Savile Row, London, UK 30th January 1969

Click Image To Enlarge

Translated text:

The Beatles’ THE ROOFTOP CONCERT DEFINITIVE EDITION “which became the mega hit title following the queen” LIVE AID “of last year. The social phenomenon level big hit was called “LIVE AID” in December, it can be said that it is the roof top of January, and even here it was surprised even as a side who released it to an unexpected huge hit. Like “LIVE AID”, the rooftop received a request for re-releasing like a mountain even after Sold Out in the interim soon, and received a lot of phone calls as if pleading. In reality, we realized re-arrival several times, but it was even a blast.
As early as January 2019 was among the fans, the 50th anniversary from the Beatles getback session. However, there was no official release, and instead only announced that a new edited version of the movie “LET IT BE” will be released next year. At the time, however, the Beatles at that time also left the recording rather than just starting to release work just after the January session was completed, and furthermore the best release last year as the Super Deluxe Edition of the “White Album” was realized It is also the timing of a few months, and it probably did not work in the official. In such a situation roof top released as if dropping pool drinking of maniacs all over the world, like the tagline “January 30 of this year is on this CD on January 30 surely” as it is released, it actually soaked that day with this CD There were a lot of mania who were.

Nonetheless, even after the 30th of January, the popularity of “THE ROOFTOP CONCERT DEFINITIVE EDITION” has not declined since then, and moreover, the voice calling for a recurrence only increased. So finally this week we will release the second edition of this title. Other than that, the most important title that reproduced the historical moment of the Beatles’ real last live with full use of existing sound sources. I hope this is sold out and it will be available again as one of the standard items … It is this second edition that responded to the wish of such a rock fan. As the second edition of Queen’s best seller has been promoted to “DEFINITIVE LIVE AID” has appeared, of course this time is not just a recurrence.
In the first edition “Get Back (Take 2)” released the best album “1” in 2000, “Do not Let Me Down (Take 1)” is an anthology DVD, and “I’ve Got A Feeling (Take 1) “and” One After 909 “were compiled by editing from” LET IT BE “album. It was the result of gathering the stereo sound sources, but of course the mix is ​​different due to the difference in the source, and it can not be escaped that the feeling of sound changes by the performance. Literally, the latter was not exactly a live but was tightly mixed for studio albums. So in this second edition, we replaced these takes + last “Get Back” to the stereo sound of the 1992 edition “LET IT BE” movie of HMC release.
It was a stereo mix handled by Ron Pharmaneck who was involved in the Beatles archive research since the late 1970s. They were created not from “music album” but from the viewpoint of audio of “movie” to the last, and the feeling of sound is totally different from the album “LET IT BE” in particular. Because it is the sound of a movie that focuses on documentability, the 1992 version stereo mix stands out particularly vividly vivid. If you compare it with “One After 909” and compare it, the difference is obvious at a glance. And above all, by using the same sound source for these performances, the sense of unity of the sound quality increased at once. However, it is a mix of raw texture of the example, so even if it is lunch time, the presence of the roof top unique that I performed under the cold weather in January is perfect. In the 1992 mix, the interview sound was covered in the song at “I’ve Got A Feeling (Take 1)” due to the production of the movie, but MasterJedi wonderfully won the place he covered using the Rockband sound source I adopted the modified version, so pay attention to that point as well. Also, in the sound source of the 1992 mix released by HMC, there was also a place where sound cracking occurred and the sound source was badly regretted, but in the main board it was modified as much as possible, so it was not stressful 92 You can enjoy the stereo mix of the year version.

And the voice document of the Beatles’ last concert which can be said not only the Beatles · Mania but also an indispensable item of rock · mania. For further improvements of fine sound source please see another section. Even those who misdirected at the Sold Out after the release of last month do not seem to overlook this time absolutely. Originally it is not a long live but it’s a big appeal to listen to it as a last stage of the Beatles and you can hear it crisply with a single CD. Even so, 80% of the sound source is recorded in stereo, the surprising editing finish is also attractive. As I mentioned earlier, because the mix is ​​a different finish from the first edition, if you are a core mania, you can not stop getting this version.
But anyway, the unity of the sound quality realized with the second edition is truly amazing! It is the best item to heal mania’s thirst during the release to next year’s movie and (expected) Super Deluxe Edition. The intro’s level down in the final “Get Back” that I became concerned with the voice of the HMC version was also exactly adjusted. It was the same as in the first edition, but this is a historical sound / document album that captured all of the last stage of the 20th century’s biggest group who really wanted all rock and mania to listen!

昨年のクイーン「LIVE AID」に続いてメガヒット・タイトルとなったビートルズの「THE ROOFTOP CONCERT DEFINITIVE EDITION」。その社会現象レベルな大ヒットは12月の「LIVE AID」、1月のルーフトップだと呼べるほどで、こちらとしてもあまりに予想外の大ヒットにはリリースした側としても驚かされました。「LIVE AID」がそうだったように、ルーフトップもあっという間のSold Out以降も再リリースのリクエストを山のようにいただいてしまい、まるで哀願するかのような電話もたくさん受けました。実際に何度か再入荷も実現していますが、それすら瞬殺だったのです。
2019年の1月はファンの間で盛り上がったように、ビートルズのゲットバック・セッションから50周年。しかしオフィシャルでのリリースは一切なく、代わりに映画「LET IT BE」の新たな編集バージョンを来年リリースするというアナウンスだけが告知されました。もっとも当時のビートルズも1月のセッションが完了した直後は録音をリリースする作業を始めるどころか放置していた訳で、さらには昨年「ホワイト・アルバム」のスーパー・デラックス・エディションという最高のリリースが実現して数か月というタイミングでもあり、オフィシャルでは動きようもなかったことでしょう。そんな中で世界中のマニアの溜飲を下げるかのごとくリリースされたルーフトップ、リリース時の「今年の1月30日は是非このCDで!」というキャッチフレーズのごとく、実際にその日をこのCDで浸られたマニアが多かったのでは。

とはいえ、1月30日を過ぎても「THE ROOFTOP CONCERT DEFINITIVE EDITION」の人気が以降に衰えず、それどころか再発を求める声が高まるばかりでした。そこで今週は遂に本タイトルのセカンド・エディションのリリースが実現します。そうでなくともビートルズの実質的なラスト・ライブという歴史的な瞬間を、現存する複数の音源を駆使して完全に再現した最重要タイトル。これは売り切れておしまいにせず、スタンダード・アイテムの一つとしてまた入手できるようにしてほしい…そんなロック・ファンの願いに応えたのが今回のセカンド・エディション。クイーンのベストセラーが「DEFINITIVE LIVE AID」へと昇格したセカンド・エディションが登場したように、もちろん今回も単なる再発ではありません。
ファースト・エディションにおいて「Get Back (Take 2)」が2000年のベスト盤「1」リリース時のビデオ、「Don’t Let Me Down (Take 1)」がアンソロジーDVD、そして「I’ve Got A Feeling (Take 1)」と「One After 909」が「LET IT BE」アルバムからという編集にてまとめられていました。それはステレオ音源をかき集めた結果だったのですが、当然ソースの違いでミックスも違う訳で、演奏によって音の感じが変わってしまうのは逃れられない。ましてや後者に関してはライブではなくスタジオ・アルバム用にきっちりとミックスされていたもの。そこで今回のセカンド・エディションではこれらのテイク+最後の「Get Back」をすべてHMCリリースの1992年版「LET IT BE」映画のステレオ音声へと差し替えました。
それは1970年代後半からビートルズのアーカイブ・リサーチに携わっていたロン・ファーマネクによって手掛けられたステレオ・ミックス。それらは「音楽アルバム」ではなく、あくまで「映画」の音声という視点から作られたものであり、特にアルバム「LET IT BE」とは音の感触がまったく違う。ドキュメント性を重視した映画の音声ですので、1992年版ステレオ・ミックスは特にボーカルの生々しい感触が際立っている。それを「One After 909」で聞き比べてみれば違いは一目瞭然。そして何よりも、これらの演奏に同一音源を使用したことで、音質の統一感が一気に高まったのです。それでいて例の生々しい質感のミックスですから、お昼とは言えど1月の寒空の下で演奏したルーフトップならではの臨場感もばっちり。1992年ミックスは映画の演出上「I’ve Got A Feeling (Take 1)」でインタビュー音声が曲中に被ってしまっていましたが、MasterJediがRockband音源を使って被った箇所を違和感なく見事に修正したバージョンを採用しましたのでその点にもご注目。また、HMCがリリースした1992年ミックスの音源では音割れしてしまう箇所もありせっかくの音源が惜しい状態でCD化されていましたが、本盤では可能な限り修正を行いましたのでストレスなく92年版のステレオミックスをお楽しみいただけます。

そしてビートルズ・マニアだけでなく、ロック・マニアの必須アイテムとも言えるビートルズのラスト・コンサートの音声ドキュメント。さらに細かい音源の改良点に関しては別項をご覧ください。先月のリリース後の瞬殺Sold Outで悔しい思いした方も、今回は絶対にお見逃しのなきよう。元々が長いライブではありませんが、ビートルズ最後のステージにして、CD一枚でサクッと聞けてしまう聞きやすさも大きな魅力。それでいて音源の8割がステレオで収録されているという、驚きの編集による仕上がりがまた魅力的。先に申しましたように、ファースト・エディションとはミックスが異なる仕上がりでもあるので、コア・マニアであれば今回のバージョンも手に入れられずにはいられないかと。
しかし何と言っても、セカンド・エディションで実現した音質の統一感は本当に素晴らしい!来年の映画や(予想される)スーパー・デラックス・エディションまでのリリースの間にマニアの喉の渇きをいやしてくれる最高のアイテムです。HMC版の音声で気になった最後の「Get Back」におけるイントロのレベルダウンもきっちりアジャスト。ファースト・エディションの時もそうでしたが、これは本当にすべてのロック・マニアに聞いてもらいたい20世紀最大のグループのラストステージのすべてを捉えた歴史的なサウンド・ドキュメント・アルバム!

 

(45:19)
01. Warm Up
02. Get Back (Take 1)
03. I Want You (She’s So Heavy)
04. Get Back (Take 2) ★HMCの92年版ミックスへ差し替え
05. Don’t Let Me Down (Take 1) ★HMCの92年版ミックスへ差し替え
06. I’ve Got A Feeling (Take 1) ★MasterJedi「All I Want Is…」収録の92年版ミックスへ差し替え。インタビュー被りなし。
07. One After 909 ★HMCの92年版ミックスへ差し替え
08. Dig A Pony ★右ch音割れ箇所修正
09. God Save The Queen
10. I’ve Got A Feeling (Take 2)
11. Get Back (Take 3)
12. Don’t Let Me Down (Take 2)
13. Get Back (Take 4) ★HMCの92年版ミックスへ差し替え。冒頭音量修正済み

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.