Beatles / Birds Sing Out Of Tune Vol 4 / 1CD+1Bonus CD

Beatles / Birds Sing Out Of Tune Vol 4 / 1CD+1Bonus CD / Misterclaudel & Valkyrie

Translated text:

Demo Recording Collection 1968-1969 & Bonus CD Apple Promoting Press Conference 1968. Digitally Remastered

Click Image To Enlarge

 

【BIRDS SING OUT OF TUNE】
It is the fourth work of the series. This time we recorded a demonstration sound source of 1968 and 1969. As the Beatles corresponding to the night before the dissolution, it is an unreleased song that was later recorded in the solo album, or a demo sound source of songs that were offered to Apple artists right after launching their own label, this is also interesting It is recorded.

In 1968 three types of sound sources were recorded. First of all it is John’s demonstration sound source who visited the apple’s house from November 1968 to December. I’ve played “I’ve Got A Feeling” and “Do not Let Me Down” a couple of months after get back session. However, “I’ve Got A Feeling” repeats the same melody only, and John is a completely unfinished state just to put lyrics on ad lib. It is often thought that this is what we have completed to complete the release in 2 months. “Oh My Love” which is recorded 2 take is the song recorded in “Imagine” you know. Although the main point is completed, it still does not come out of the domain of the demonstration sound source, lyrics and melody are greatly different. Although the release version was the music of the piano more than anything, this is characterized by being played by acoustic guitar. I can hear the voice of an apple after playing. “Do not Let Me Down” is also in an incomplete state, the composition of the songs is not decided, repeating the melody which becomes the skeleton, it is a demo sound source as if you are seeking to have an idea floating. The part of that “Donretsumi – Dan” that impresses songs more than anything is not yet granted. This is also surprising because it is completed perfectly in the getback session after two months.

Followed by George and Bob Dylan’s session in New York from November to December 1968. We are taking lead vocals with two people in a friendly atmosphere only for the two who are friendly. “I ‘d Have You Anytime” is a song that decorates the beginning of the album “ALL THINGS MUST PASS” later. As you can see from the fact that composing credits are (HARRISON? DYLAN), this song is a joint work by George and Dylan, and here we can also hear singing together by two people.

The end of 1968 is “Goodbye” by Paul recorded between November and December. Paul’s work famous for recording and announcing by Mary Hopkin, but here is a demonstration sound source by Paul himself rather than Mary. Mary said in an interview that “Paul was surprised because it was composed in the blink of an eye in the blink of an eye”. Perhaps this sound source seems to be the sound source that Paul recorded as a reference vocal to instruct Mary like “Come And Get It”.

From here it becomes a sound source in 1969. First of all, it is a demonstration sound source of “Woman Is The Nigger Of The World” by John who was recorded in the early 1969 although the date is unknown. Yoko is present at the same time and hears voices from place to place. There is no magnificent atmosphere like the release version, John also has an unobtrusive singing way far from screaming and the impression is different from release version. The song composition and the fine melody are also different, such as putting a break part in the middle.

From 25th to 31st March 1969, John will stay at the Hilton hotel in Amsterdam. At that time I recorded the appearance of playing guitar with one hand. After having finished the get back session, it is singing only the part of the intro’s “Donretsumi – Dan” repeatedly only “Akito” while “Do not Let Me Down”. I am checking the tone of the voice while clearing my throat whether my throat is igara. Two songs “Those Were The Days” and “Jerusalaim” are rare things that John sings of Mary Hopkin’s song. Sorry, John is disappointed that he played from the middle and does not complete. “I Want You” is that song that will be recorded in “Abbey Road” later. Although this is only Akogi, the atmosphere of riffs and good songs that are heavy has already been completed.

Then from May 26th to June 2nd 1969, John and Yoko will stay at Queen Elizabeth Hotel in Montreal. The main feature here is “Because”. A demonstration sound source John is singing in acoustic music alone. Tempo is fast and it is a wonderful take that stands out very beautifully for melody. What if we were released as a song by John alone rather than by a mixed voice in the release version? And the image of “Give Peace A Chance” during the stay at this hotel is also famous one time, and here also four take is recorded. It is a song with a strong impression that many people sing titles like choruses in large numbers, but the first take is a rare simple performance of only John and Yoko, and John is a one hand phone “Hello, Hello” It is fascinating that I repeat Japanese that.

A sound source that was said to have been recorded at John ‘s house in Sally between June and July 1969. It is a song that will be recorded in “Imagine” later. Not only because it is at home, Yoko who always acted with John at all times this time is also participating at this time. Would not it be shameful that it is only a song that sings his name to a high degree? While playing, the song changes to “I Want You” and you can also listen to the unique john that returns to “Oh Yoko”.

Is “Can I Have Rider On Your Donkey” a live broadcast from Paul’s home? It is a sound source when Kenny Everett appeared on a radio show hosting. Paul is singing a song called “Can I Have Rider On Your Donkey” on the piano with ad lib. The title is “Can I Have Rider · · ·”, but it is interesting that Paul’s pronunciation is obviously singing so that he can hear the program moderator “Kenny Everett · · ·”.

In September 1969, a demo sound source of “Cold Turkey” was recorded at John’s Berkshire ‘s home. Originally this song John tried to announce it as a new song of the Beatles, but there remains an episode that Paul rejected stubbornly. In addition to that the title is a bad word of drug withdrawal symptoms, it is the latter half. It is obvious that the image of the Beatles is severely impaired, and Paul can also understand that he disagreed. After all it was later announced as John’s solo single. Also at the stage of the demo sound source included in this work, John ‘s strange groan voice has been inserted everywhere, even on the contrary it turns out that singing is singing so as to create an unpleasant atmosphere on purpose. In the last take, it is covered with a roaring voice like Yawk ‘s aaa, and it is finished difficult to obtain Paul’ s consent more and more.

After this, the outtakes of each part of the Christmas album by John, George, apple, Paul, each are recorded. It was once recorded in the studio at the time of the recording, but as you can see from the credits, here is also recorded separately at home, the appearance that the four people will be lined up before the dissolution Will.

The last track is unspecified. While John is playing the guitar in the back, Yoko is Japanese and it is a sound source that says “John and I are coming to Toronto …”. It is a message for Japanese fans.

【APPLE PROMOTING PRESS CONFERENCE 1968】
I would like you to think that it is treated as a bonus disc. As the main “BIRDS SING OUT OF TUNE Vol.4” was recording the demonstration sound source of 1968 and 1969, the biggest event of the same time was that the Beatles established their company Apple Will. It would be agreeable if this is a turning point that is recorded in history as the first step leading to the dissolution of the Beatles if you are a mania. He also launched his own label to support talented artists, and sincerely thankfully the samurai’s commercial law, the Beatles’ spirituality was good, but in the end it has turned into a company that manages the music of the Beatles himself. This work includes the appearance of this Apple foundation press conference.

On May 14, 1968, John and Paul two people stepped on the land of America for the first time since the concert at the candle stick. At this time it was for a press conference to announce Apple’s in and out, not a concert. First press conference at Americana Hotel in New York. Next on that foot I answered an interview with a program called WNET NEWSFRONT and also appeared on the program called THE TONIGHT SHOW on the same night, talking about the philosophy of Apple that they established and receiving question-and-answer. As you can see, May 14, 1968 in New York staying like New York ladies with press conferences and program appearances lazily around, showing how well the members of the Beatles, especially John and Paul had hope in Apple.

Last recorded is when I appeared in the British program on June 16, 1968, Paul and Mary Hopkin are appearing together. Paul is only an interview, after Paul’s introduction by Mary himself, she plays live “Asahi no home”.

This work is the fourth bullet in the “BIRDS SING OUT OF TUNE” series which included the Beatles’ precious demonstration sound source, studio outtake. The main thing is the sound of the very last years of 1968 and 1969, there are songs released at the solo album just before and after dissolution, and there are songs of Apple artists right after the establishment of Apple, variety variety . And on bonus discs, after Brian Epstein’s death, there are press conferences and radio appearances that will inform Apple about the turning point in every sense. Mary Hopkin ‘s studio live “Only the sun is up” is recorded though it is only one song. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press.

【BIRDS SING OUT OF TUNE】
シリーズの第4作目である。今回は1968年と1969年のデモ音源を収録している。解散前夜に相当するためビートルズとしては未発表で後にソロ・アルバムに収録された曲や、自前レーベルを立ち上げた直後でアップル・アーティストに提供した楽曲のデモ音源だったりと、こちらも興味深い内容が収録されている。

1968年は3種の音源が収録されている。まず最初は1968年11月から12月にリンゴの自宅を訪れたジョンのデモ音源である。ゲット・バック・セッションを2か月後に控え「I’ve Got A Feeling」と「Don’t Let Me Down」を演奏している。しかし「I’ve Got A Feeling」は同じメロディを繰り返すのみで、その上にジョンがアドリブで歌詞を乗せるだけの、全く未完成の状態。これがよく2か月後にあのようにリリースに耐えうる完成に漕ぎつけたものだと思わせられる。2テイク収録されている「Oh My Love」はご存知『イマジン』に収録された曲である。骨子は完成しているものの、依然としてデモ音源の域を出ず、歌詞もメロディも大きく異なる。何よりリリース・バージョンがピアノの楽曲だったのに対し、こちらはアコギで演奏されているのが特徴である。演奏後にはリンゴの声も聞くことが出来る。「Don’t Let Me Down」もまた全く未完成の状態で、曲構成も決まっておらず骨子となるメロディを繰り返しつつ、アイデアが浮かぶのを模索しているかのようなデモ音源である。何より曲を印象付けるあの「ドンレッミ~ダ~ン」の部分がまだ付与されていない。これも2か月後のゲットバック・セッションではきちんと完成しているのだから驚く。

続いて1968年11月から12月にニューヨークで行なわれたジョージとボブ・ディランのセッションである。気の合う二人だけに和やかな雰囲気で二人揃ってリード・ボーカルをとっている。「I’d Have You Anytime」は後にアルバム『ALL THINGS MUST PASS』の冒頭を飾る曲である。作曲クレジットが(HARRISON ? DYLAN)になっている事でわかる通り、この曲はジョージとディランの共作で、ここでも二人で一緒に歌っているのを聴くことが出来る。

1968年の最後は、11月から12月にかけて録音されたポールによる「Goodbye」である。メアリー・ホプキンがレコーディングし発表した事で有名なポール作の楽曲であるが、ここではメアリーではなくポール自身によるデモ音源である。メアリーはインタビューで「ポールが目の前であっという間に作曲をしたので驚いた」と述懐している。おそらくこの音源は「Come And Get It」と同様に、メアリーに指示するための、参考ボーカルとしてポールがレコーディングした、その音源であると思われる。

ここから1969年の音源になる。まず日付は不明だが1969年初頭に収録されたジョンによる「Woman Is The Nigger Of The World」のデモ音源である。傍らにヨーコが同席しており所々声が聞こえる。リリース・バージョンのような壮大な雰囲気はなく、またジョンも絶叫とは程遠い控えめな歌い方をしており、リリース・バージョンとは印象ががらりと異なる。途中ブレイク部分を入れるなど曲構成や細かいメロディも異なる。

1969年3月25日から31日にかけてジョンはアムステルダムのヒルトンホテルに滞在する。その時にギターを片手に演奏した様子を収録している。ゲット・バック・セッションを終えた後ということで、アコギのみながら「Don’t Let Me Down」の今度はイントロの「ドンレッミ~ダ~ン」の部分のみを繰り返し歌っている。喉がイガラっぽいのか、咳払いをしながら声の調子を確かめている。「Those Were The Days」と「Jerusalaim」の2曲はメアリー・ホプキンの曲をジョンが歌っているという珍しいものである。案の定ジョンは途中からふざけてしまい完奏に至らないのが残念である。「I Want You」は後に『アビーロード』に収録されるあの曲である。こちらはアコギのみながら重々しいリフといい曲の雰囲気は既に完成されている。

続いて1969年5月26日から6月2日かけてジョンとヨーコはモントリオールのクイーン・エリザベス・ホテルに滞在する。ここでの目玉は「Because」である。ジョンがひとりでアコギで歌っているデモ音源。テンポは速めで非常にメロディの美しさが際立つ素晴らしいテイクである。リリース・バージョンにある混声によるものではなく、このようにジョン単独の曲としてリリースされていたらどうなったであろうか。そしてこのホテル滞在中の「Give Peace A Chance」の映像はつとに有名であり、ここでも4テイクが収録されている。大勢でタイトルを合唱のように皆で歌う印象が強い曲であるが、最初のテイクはジョンとヨーコの二人のみの珍しいシンプルな演奏で、かつジョンが電話片手なのだろうか「もしもし、もしもし」という日本語を繰り返しているのが面白い。

1969年6月から7月にかけてサリーにあるジョンの自宅にてレコーディングされたとされる音源。後に『イマジン』に収録されることになる曲である。自宅であるからだけでなく、この時期は常にジョンと行動を共にしていたヨーコが、この時も一緒に参加している。自分の名前を高らかに歌う曲なだけに気恥ずかしくはないだろうか。演奏しているうちに曲が「I Want You」に変わり、また「Oh Yoko」に戻るというジョンならではのお遊びも聴くことが出来る。

「Can I Have Rider On Your Donkey」はポールの自宅から中継なのだろうか、ケニー・エベレットが司会を務めるラジオ番組に出演した時の音源である。ポールはアドリブで「Can I Have Rider On Your Donkey」という曲をピアノで歌っている。タイトルこそ「Can I Have Rider・・・」であるが、ポールの発音は明らかに番組司会者の「Kenny Everett・・・」と聴こえるように歌っているのが面白い。

1969年9月にジョンのバークシャーの自宅で「Cold Turkey」のデモ音源がレコーディングされている。当初この曲をジョンはビートルズの新曲として発表しようとしたが、ポールが頑なに拒絶したというエピソードが残っている。タイトルが薬物禁断症状の隠語である事に加え、あの後半である。ビートルズのイメージを著しく損ねる事は明白であり、ポールが断固反対したのも理解出来る。結局後にジョンのソロ・シングルとして発表された。本作に収録されているデモ音源の段階でもジョンの奇妙な唸り声は随所に挿入されており、それどころか歌いまわしすらわざと不気味な雰囲気を醸すように歌っているのがわかる。最後のテイクに至ってはヨーコのアアア~という唸り声が被せられており、益々ポールの同意を得る事が困難な仕上がりになっている。

この後は、ジョン、ジョージ、リンゴ、ポールの4人それぞれによるクリスマス・アルバムのそれぞれのパートのアウトテイクが収録されている。かつてスタジオでレコーディングの合間に収録されていたものだが、クレジットを見ればわかる通り、ここではそれぞれに自宅でバラバラに収録されているのも、解散前夜で4人が揃う事が稀になった表れであろう。

最後のトラックは詳細不明である。ジョンがバックでギターを弾いている中、ヨーコが日本語で「ジョンと私はトロントに来ています・・・」と語っている音源である。日本のファンへ向けてのメッセージである。

【APPLE PROMOTING PRESS CONFERENCE 1968】
こちらはボーナス・ディスク扱いだと思ってもらいたい。メインとなる『BIRDS SING OUT OF TUNE Vol.4』が1968年と1969年のデモ音源を収録していたのを受け、同時期の最大のイベントといえばビートルズが自分たちの会社アップルを設立した事であろう。これがビートルズが解散に至る第一歩として歴史上記録される転換期であった事はマニアなら同意するであろう。才能ある芸術家を支援すべく自らのレーベルも立ち上げ、武士の商法よろしくビートルズの心意気や良かったが結局はビートルズ自身の楽曲管理をする会社に変貌し現在に至っている。本作には、このアップル設立記者会見の様子を収録している。

1968年5月14日、ジョンとポールの二人はキャンドルスティックでのコンサート以来、久しぶりにアメリカの地を踏むことになる。この時はコンサートではなくアップル設立を内外に表明する記者会見のためであった。まずニューヨークのアメリカーナホテルでの記者会見。その足で次にWNET NEWSFRONTという番組でインタビューに答え、さらに同日夜にはTHE TONIGHT SHOWという番組に出演し、それぞれ自分たちの設立した会社アップルの理念を語り、質疑応答を受けている。このようにニューヨーク滞在の1968年5月14日は記者会見や番組出演をハシゴするなど忙しくまわり、いかにビートルズのメンバー、特にジョンとポールがアップルに希望を抱いていたかがよくわかる。

最後に収録されているのは1968年6月16日イギリスの番組に出演した時のもので、ポールとメアリー・ホプキンが一緒に登場している。ポールはインタビューのみで、ポール自身によるメアリーの紹介の後、彼女は「朝日のあたる家」をライブ演奏している。

本作は、ビートルズの貴重なデモ音源、スタジオ・アウトテイクを収録した『BIRDS SING OUT OF TUNE』シリーズの第4弾である。メインとなるのは1968年と1969年という最晩年の音源で、解散間際とあり後にソロ・アルバムで発表された楽曲あり、そしてアップル設立直後とありアップル・アーティストの楽曲あり、バラエティに富んだ内容となっている。そしてボーナス・ディスクでは、ブライアン・エプスタイン亡き後で、あらゆる意味で転換期となったアップル設立を知らしめる記者会見やラジオ出演などを収録している。1曲だけだがメアリー・ホプキンのスタジオ・ライブ「朝日があたる家」も収録されている。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

【BIRDS SING OUT OF TUNE VOL.4】
RINGO’S HOME MONTAGU SQUARE October – December
01. I’ve Got A Feeling #102. Oh My Love #1
03. Oh My Love #2
04. I’ve Got A Feeling #2
05. A Case Of The Blues
06. Don’t Let Me Down #1
07. Don’t Let Me Down #2

WOODSTOCK NEW YORK with BOB DYLAN Novemver – December, 1968
08. Nowhere To Go
09. I’d Have You Anytime

PAUL’S HOME ST. JOHN’S WOOD Novemver – December, 1968
07. Goodbye

JOHN’S HOME SURREY Early 1969
11. Woman Is The Nigger Of The World

ROOM 902 AMSTERDAM HILTON HOTEL March 25 – 31, 1969
12. Don’t Let Me Down
13. Those Were The Days
14. I Want You #1
15. I Want You #2
16. Jerusalaim
17. Radio Peace

ROOM 1742 QUEEN ELIZABETH HOTEL MONTREAL May 26 – June 2
18. Because
19. Happiness Is A Warm Gun
20. Give Peace A Chance #1
21. Give Peace A Chance #2
22. Give Peace A Chance #3
23. Give Peace A Chance #4

JOHN’S HOME SURREY June – July 1969
24. Oh Yoko!

PAUL’S HOME ST. JOHN’S WOOD LONDON with KENNY EVERETT July 1969
25. Can I Have Rider On Your Donkey?

JOHN’S HOME BERKSHIRE September 1969
26. Cold Turkey #1
27. Cold Turkey #2
28. Cold Turkey #3

JOHN’S HOME BERKSHIRE
EDITED & OVERDUBBED by KENNY EVERETT
September – October 1969
29. Christmas Tape Excerpts by John

GEORGE’S HOME September – October 1969
30. Christmas Tape Excerpts by George

RINGO’S HOME ELSTEAD
EDITED & OVERDUBBED by KENNY EVERETT
September – October 1969
31. Christmas Tape Excerpts by Ringo

PAUL’S HOME ST. JOHN’S WOOD
EDITED & OVERDUBBED by KENNY EVERETT
September – October 1969
29. Christmas Tape Excerpts by Paul

JOHN’S HOME BERKSHIRE late 1969
30. Messege To Japan

【APPLE PROMOTION PRESS CONFERENCE】
APPLE corps PRESS CONFERENCE
01. Americana Hotel, New York May 14, 1968

WNET NEWSFRONT
02. St. Studio, New York taped : May 14, 1968 broadcasted : May 15, 1968

THE TONIGHT SHOW
03. Rockfeller Center Studio 6B taped & broadcasted : May 14, 1968

David Frost Presents … Frankie Howerd
04. TV Studios Wembley London June 16, 1968
05. House Of The Rising Sun by Mary Hopkin

Misterclaudel. MCCD-695 & Val 004

Leave a Reply