Faster Pussycat / Bloody Cathouse / 2CDR

Faster Pussycat / Bloody Cathouse / 2CDR / Shades

Translated Text:

Live At Rock City, Nottingham, UK 6th October 1987 & 12th December 1989.

 

Click Image To Enlarge

Two kinds of super high sound quality live sound sources of treasure of Fassar · Pussycat of 1987 and 1989 which that “Crazy S.” recorded were coupled! On Disk 1, the Nottingham performance on October 5, 1987 was completely recorded with a super high quality audience recording. It is about 45 minutes and the performance time is short, but it is a short live performance when I served as the undercard of Guns and Roses, but I was able to enjoy the straight and powerful live of the time when I was in Nori after the first album release I can do it. Before Do not Change That Song, from Timmy ‘s MC, you can hear the words of thanks to Guns and Do not Change … that Friday’s first single was released. Most of the songs are from the first, but Slip Of The Tongue recorded in the next album is played in the third track, and Travellin ‘Band is played in the second half cover. If you touch it you can enjoy a wonderful recording take that makes you feel like burning · · · for such a performance. On behalf of Disk 2 from the UK tour after the release of the second album Wake Me When It’s Over, December 12, 1989, the same as 1987 Nottingham live at Rock City This is 1 hour 16 minutes the best Completely recorded with super high sound quality audience recording of the level. In place of Mark Michaels who left him just before the tour, Frankie · Banari is supporting as a drum. Frankie ‘s rigid play, which is a reputation of stable and powerful drums, is wonderful, and it can be enjoyed a great performance on a scale that is different from the 1987 live, which is based on it. Here also sound quality · performance content, both wonderful, you can enjoy full set featuring number of second album including hit single House Of Pain. Encore is full playing Stones Cover Honky Tonk Women. Timmy Down of a vocal that made Steven Tyler’s poison more strong, listen to the performances of members who feel a certain technique as a rock’n’roll band, and it is a perfect score. (There is also a drum & bass solo of more than 6 minutes in the take over in 89 years.) It is possible to enjoy plenty of 2 takes with the extremely rare ultra-high quality sound source of the high-foster pussy cat which is supposed to be the one and and only release probably, Indeed, one fan of life is appearing in fans who love this era.

★ It is a review summary of beatleg magazine vol.122 (September 2010 issue). For your information.

A two-disc CD-R containing Foster Pussycat’s 1987 and 1989 Nottingham performance. Both are live at Rock City and audience recording by Mr. Crazy S. DISC ONE is a live performance on October 5, 1987, a performance as the undercard of Guns and Roses, whose debut in America was the same day. The sound quality of the early stage is somewhat unstable, but overall it is a better one. 9 songs other than “City Has No Heart” from the first album and the cover ‘s Travellin’ Band are played, and Slip Of The Tongue recorded in the second album two years later is played as soon as possible. Moreover, it is valuable that you can listen to rare unreleased new song Lied Your Way To Heaven. The recording time is 45 minutes and 13 seconds. DISC TWO recorded the live as a headliner on December 12, 1989. It’s better than DISC ONE. The drummer at this time is served by Frankie · Banneri as a support. You can listen to the rock ‘n’ roll of good quality and it can be said that it is the best time live. Eric Stacy Bass Solo is a drum and bass performance, insert a lap Babylon

あの「Crazy S.」が録音した1987年と1989年のファスター・プッシーキャットの秘蔵の超高音質ライブ音源を2種カップリング!ディスク1には1987年10月5日のノッティンガム公演を、極上レベルの超高音質オーディエンス録音で完全収録。ガンズ・アンド・ローゼズの前座を務めた際のライブゆえ、約45分と演奏時間は短めですが、ファースト・アルバムリリース直後のノリにのっている時期のストレートでパワフルなライブを堪能することができます。Don’t Change That Songの前には、ティミーのMCから、ガンズへの感謝の言葉と、Don’t Change…が金曜にファーストシングルがリリースされたことを聞くことができ舞うます。殆どの曲はファーストからですが、3曲目で次作に収録されるSlip Of The Tongueが、後半カバーでTravellin’ Bandが演奏されます。触れれば火傷するような・・という言葉はこういう演奏のためにあるのではと思わせる素晴らしい録音テイクを楽しめます。代わってディスク2はセカンドアルバム「Wake Me When It’s Over」リリース後のUKツアーより、1989年12月12日の、1987年と同じノッティンガムはロック・シティでのライブをこちらは1時間16分、最高レベルの超高音質オーディエンス録音で完全収録。こちらはツアー直前に離脱したマーク・マイケルズに代わり、サポートでフランキー・バナリがドラムを務めています。安定したパワフルなドラムで定評のフランキーの硬質なプレイは素晴らしく、それを軸にした、1987年ライブとはまた違ったスケールの大きな演奏を楽しむことができます。こちらも音質・演奏内容、ともに素晴らしく、ヒットシングルHouse Of Painを始めとしてセカンドアルバムのナンバーがフィーチャーされたフルセットを楽しめます。アンコールにはストーンズ・カバーHonky Tonk Womenをフル演奏。スティーヴン・タイラーの毒気を更に強くしたようなボーカルのティミー・ダウン、ロックンロール・バンドとして確かなテクニックを感じさせるメンバーの演奏も聴きごたえ満点。(89年テイクでは6分以上のドラム&ベースソロもあります。)おそらくワン・アンド・オンリーのリリースになると思われる絶頂期ファスター・プッシーキャットの激レア超高音質音源を2テイクをたっぷりと楽しめる、まさに、この時代を愛するファンには一生モノの1枚が登場です。

★beatleg誌 vol.122(2010年9月号)のレビュー要約です。ご参考まで。

ファスター・プッシーキャットの、1987年と1989年のノッティンガム公演を収録した2枚組CD-R。どちらもRock CityでのライヴでCrazy S.氏によるオーディエンス録音だ。DISC ONEは1987年10月5日のライヴで、アメリカでのデビューが同じ日だったガンズ・アンド・ローゼズの前座としての演奏である。序盤の音質がやや不安定だが全体的には良好な方だ。ファースト・アルバムから「City Has No Heart」以外の9曲と、カヴァーのTravellin’ Bandを演奏、そして2年後のセカンド・アルバムに収録されるSlip Of The Tongueが早くもプレイされている。さらにはレアな未発表の新曲Lied Your Way To Heavenが聴けるのも貴重。収録時間は45分13秒。DISC TWOは1989年12月12日の、ヘッドライナーとしてのライヴを収録している。DISC ONEよりも優れた音質だ。この時のドラマーは、サポートとしてフランキー・バネリが務めている。ノリのある良質のロックンロールが聴けるし、最高の時期のライヴといえるだろう。Eric Stacy Bass Solo はドラムとベースの演奏で、ラップを挿んBabylon

Shades 183

Leave a Reply