Rolling Stones / Midnight Rambers / 2CD

Rolling Stones / Midnight Rambers / 2CD / Dog N Cat

Translated Text:

Sports Arena, San Diego, California, November 10, 1969. Original Master Recording

Click Image To Enlarge

It is a CD reprinted album which coupled a famous popular title which had been released from Stones’ TMOQ label which was released in 1979 which was prevalent when the analog · collector’s board was reborn in a beautiful color jacket . The first piece was taken at the San Diego Sports Arena 69th US tour on November 10, 1969, and it is a very good venue sound source by TMOQ’s Dub Taylor. It is a collection of ten songs from all 15 songs played on the day, but it was recorded with high quality sound that I can not imagine about 50 years ago, and it makes me feel excellent up to the audience clapping between songs. The content is the best recording in the 69-year underground sound source, it is a good balance of balance that is comparable to the soundboard one. There is also momentum in the performance, and there is a scene where Keith’s guitar tuning turns into a melody as in “STREET FIGHTING MAN”, but it also makes me feel violent terrors. The second piece contained the 72nd US Takennakuraku of the US Madison Square Garden in New York on July 26, 1972, this day was Mick’s 29th birthday as well. It contains excerpts of 8 songs from 16 songs played on the day. It is recorded from the stereo soundboard sound source directly connected to the PA board which is said to have obtained the sound source from the staff of the tour. Although the balance of the base is somewhat lower, Keith and Mick · Taylor’s guitar are cleanly separated on the left and right It is also an excellent famous sound source. In the analog era, it was released as the title of “WELCOME TO NEW YORK”, and it was a sound source with some variants seen in the order of music etc. In the original “PHOENIX RECORDS” board of this work, although it was recording with monaural sound source folded down only to the channel of Mick · Taylor side which starts with “BYE BYE JONNY”, in this work TMOQ original It will be recorded with a type of sound source that starts with “ALL DOWN THE LINE” with a wide stereo sound source and ends with “JUMPIN ‘JACK FLASH”. Although it is a sound source that was released separately from the TSP label in the CD era, it has become a finish with a different taste than the past title with the latest remastered processing. There is also no doubt of recorded songs, and the cover of Chuck Berry, which they adore love, is put in three songs, and the balance of the whole is also very good. Since the release of original LP of TMOQ is both 1973 years, it is already 45 years since the release, but it is a lively performance that does not feel completely old felt. It is a classic work to say as a masterpiece of rock music, as can be seen from the reputation that “as a guitar priest owner must first own this and endeavor to copy” at a review of the Japanese fans and clubs at the time . Why not try adding the classic sound source of the newly revived gem with the latest mastering technology rather than the historical master, by all means to one of the collections.

アナログ・コレクターズ盤が美麗なカラー・ジャケットで再発されるのが流行していた1979年に リリースされた、ストーンズのTMOQレーベルより発売されていた有名人気タイトルをカップリング したアルバムをCD復刻したものです。1枚目は1969年の11月10日にサンディエゴ・スポーツ・ アリーナで行われた69年USツアー時のもので、TMOQのダブ・テイラーの手による極めて優良な 会場音源です。当日演奏された全15曲から10曲を抜粋収録したものですが、約50年前のものとは 思えない高音質で収録されており、曲間のオーディエンスの拍手までエクセレントに感じられます。 内容は69年のアンダーグラウンドな音源の中でもベストとされる、サウンドボードものと比べても 遜色のないバランスの優れた録音です。演奏にも勢いがあり「STREET FIGHTING MAN」ではキースの ギターのチューニングがメロメロになってしまう場面もありますが、それがまた暴力的な凄みを 感じさせたりします。2枚目は1972年の7月26日のニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン での72年USツアーの千秋楽を収めたもので、この日はミックの29才の誕生日でもありました。 当日演奏された16曲より8曲を抜粋収録しています。音源はツアーのスタッフより入手したと言われる PAボード直結のステレオ・サウンドボード音源からの収録となっています。ややベースのバランスが 低めではあるものの、キースとミック・テイラーのギターが左右に綺麗に分離したこれまた優秀な 有名音源です。アナログ時代には「WELCOME TO NEW YORK」のタイトルでリリースされ、曲順等に若干の バリアントが見られる音源でした。本作のオリジナルである「PHOENIX RECORDS」盤では「BYE BYE JONNY」 でスタートする、ミック・テイラー側のチャンネルのみにフォールドダウンされたモノラルの音源を 収録していましたが、本作ではTMOQオリジナルのワイド・ステレオ音源で「ALL DOWN THE LINE」で スタートして「JUMPIN’ JACK FLASH」で終了するタイプの音源での収録となります。CD時代になって TSPレーベルからもそれぞれ単体でリリースされていた音源ではありますが、最新のリマスタリング 処理によって過去のタイトルとは一味も二味も違った味わいのある仕上がりとなっています。収録曲の ダブリも無く、彼らが敬愛するチャック・ベリーのカバーも3曲収められるなど、全体のバランスも 大変に良いものとなっています。TMOQのオリジナルLPのリリースが2枚共に1973年ですから、 リリースから既に45年を経過していることになりますが、全く古臭さを感じさせない圧巻のライブ・ パフォーマンスです。当時の日本のファン・クラブのレビューで「ギター小僧はまずこれを所有して コピーに励むべし」と評されたことからも分かるように、ロック・ミュージックのマスターピース とも言うべき古典的な作品なのです。歴史的なマスターより最新のマスタリング・テクノロジーで 新たによみがえった珠玉の定番音源を、是非コレクションの一枚にに加えてみてはいかがでしょうか。

Dog N Cat. DAC 184

Leave a Reply