Rolling Stones / Get Yer Ya Yas Out Complete Edition 2nd Press / 1CD

Rolling Stones / Get Yer Ya Yas Out Complete Edition 2nd Press / 1CD / Non Label

Translated text:

Madison Square Garden, New York City, NY. USA 27th & 28th November 1969 & Civic Center, Baltimore, MD. USA 26th November 1969

 

Click Image To Enlarge

If you are not a Stones fan but a fan who loves rock, once you’ve heard of it, an eternal masterpiece “GET YER YA – YA’S OUT”. “GET YER ~” is the first Stone’s live album when thinking that it was summarizing into one album until using Strikes’ first live album “GOT LIVE IF YOU WANT IT” cheering on studio recording. Is not it to exist that should be called? Contents condensed from the 1969 US tour which became the origin of the rough and loose stones show. It seems that there was a schedule for a live album from this tour even as Stones as proving that live recording with multitrack was done that could make this album.
However, the creation of it has got to hurry by the appearance of unexpected items. That was the cause of such sudden deployment that Stones’ first boot “LIVE’R THAN YOU’LL EVER BE”. This historical masterpiece produced by the taper which later calls TMOQ recorded the Auckland performance on November 9 with a sound image which is unlikely to be hoped any more as an audience recording at that time. Early business that the show of November show was released within 1969 was a thing that was impossible at the official which takes time for mixing work and jacket making etc. On the contrary, “GET YER ~” was released in September 1970 when nearly a year passed since the tour. .
As a result, “GET YER YA-YA’S OUT!” Was released in the story of Stones to counter the “LIVE’R THAN ~” which caused a great sensation. Although it was a content far from the complete record of the show (which is also “LIVE’R THAN ~”) due to the time constraint of one LP, it is expected to be one of masterpieces by the perfection degree unique to the official live album using multitrack One is counted.
Although “completeness” does not mean to faithfully reproduce the actual show, it does not mean that it means a single live album. Mick’s vocal which had already been practiced with “GOT LIVE IF YOU WANT IT” has been replaced everywhere. Besides, “Carol” and “Honky Tonk Women” etc., the recording microphone set up before the amplifier of each instrument picked up the sound returned from the stage monitor and the singing voice of the day’s MIC survived , It has become a double track state overlapped with the re-recorded vocal.

More striking than Mr. Mick ‘s way of singing quite different from stage production. In this album, Mick replaces vocals with most of the songs, which will later become a practice in Stones’ live album production. Also when the album was released, not only was “LIVE’R THAN YOU’LL EVER BE” prevailing among fans, but also “STONED-MSG” which recorded performance that became the base of the live album in audience recording Items like those are also on sale, and if it is a certain degree of mania, you should have noticed a sense of incongruity in the singing of Mick who gave birth to “GET YER YA – YA’S OUT!”
It has already been from the opening ‘Jumpin’ Jack Flash ‘. Mick who was singing in loose rock style at the actual stage, is singing with a strong tone like here R & B singer. Keeping circle on it is Keith’s singing harmony. In the stage I was only serving as a back chorus at “Honky Tonk Women”, but here he sings enthusiastically with Mick also at the finale “Street Fighting Man” rather than the opening. If you are a mania who was listening to the LP mentioned above, in fact it would not have been singing or hamoing so far! I can not help putting Tsukkom in. Nonetheless, it is certain that this replacement became one “taste” now.
In addition, it is impossible to put all of the set list at that time on a single LP, but at that time the show is not as long as two sets. Then some songs are dropped. Even if it can not be helped, even a few songs are done until abbreviated editing. This method is also escalated by the later Stones live album.
There was only thing that such careful work was done, and as a finish of an official live album is a super-class item. It certainly is a masterpiece that conveyed enthusiasm for 69 years, despite the documentality being halved.

That’s why maniacs had an unbelievable dream “I can listen to the complete version of the show with this sound quality …” It was the best sound source group such as San Diego in Auckland ahead that lowered such a drinking with an audience recording. However, in 2009 when the 40th year since the release of “GET YER YA – YA’S OUT!” Passed, the dream reached the reality as the album fulfilled version upgrade. “GET YER ~” The body realized the release with perfect quality comparable to the same track as the unrecorded track.
Before suddenly greeted the blessed situation, I would like to listen to the actual live set list using these sources. Besides, modern technology makes such recombination easy. There were also people who were tried if they were maniacs, and there were also items that were actually rearranged. In addition to stepping into the release this time further, it complements some abbreviated edits seen with “GET YER ~” as well as rearranging to the actual set list, and the next level finish realizing complete recording of the song .
If you are a mania, you know, “GET YER ~” has acetate containing the rough mix. This time it adjusts the cut point by making it a supplementary personnel. Although it spanned two places, the first half of well-known “Sympathy for the Devil” was the second half. Complete recording by full-length sound board recording realized by supplementing for about 50 seconds. Rather, it is the part just before the performance of “Midnight Rambler” starts surprising the mania all over the world in this adjustment. It is the part just before Mick tells the name of the song and it boils, but it is recorded for more than 30 seconds and the acetate plate is longer. In the course of further work, there is a subtle cut of 0:15 second between the Charlie’s drum roll and Mick’s shout at the part recorded on the official board (part of the time 0:42 of the main board) It turned out. Since it was recorded without being cut by the acetate board, it joined seamlessly including that part.
In this way, that masterpiece live album was listened to in the actual set list, as well as the longest recording was realized by compensating from acetate. This is not only a literal completion but also the best content as a document of the American tour of 1969 that could not be reproduced by the original family “GET YER YA – YA’S OUT!” Of course the sound quality is perfect, so you can taste it in the complete state “GET YER ~” is really cool ~!

★ Sort the official take in order of the actual performance songs and listen to the official accrued portion from the then acetate plate.

★ This year’s most popular title! A long-awaited second press press has arrived. (It will be a new design jacket.)

ストーンズ・ファンでなくともロックが好きなファンなら一度は聞いたことがあるであろう、永遠の名作「GET YER YA-YA’S OUT」。ストーンズ最初のライブアルバム「GOT LIVE IF YOU WANT IT」がスタジオ録音に歓声を被せるという反則技を使ってまで一枚のアルバムにまとめていたことを考えると「GET YER~」こそストーンズ最初のライブアルバムと呼ぶべき存在ではないでしょうか。ラフでルーズなストーンズ・ショーの原点となった1969年アメリカ・ツアーから凝縮した内容。このアルバムが制作できるようなマルチトラックによるライブ録音が行われていたことが証明するように、ストーンズとしても本ツアーからのライブアルバムの予定があったのだと思われます。
ところがその制作は思わぬアイテムの登場によって急がなくてはいけなくなってしまう。そんな急展開の原因となったがあのストーンズ初ブート「LIVE’R THAN YOU’LL EVER BE」。後にTMOQを名乗るテーパーが生み出したこの歴史的名盤は、当時のオーディエンス録音としてはこれ以上望めないほどオンな音像で11月9日オークランド公演を収録。何よりも11月に行われたショーの模様が1969年の内にリリースされてしまうという早業は、ミキシング作業やジャケット制作などに時間を要するオフィシャルでは到底不可能だったもの。それどころか「GET YER~」がリリースされたのはツアーから一年近くが経過した1970年9月だった。。
結果として大センセーションを巻き起こした「LIVE’R THAN~」に対抗すべくして、ストーンズの肝いりでリリースされたのが「GET YER YA-YA’S OUT!」。LP一枚という時間の制約上、ショー完全収録からは程遠い内容(それは「LIVE’R THAN~」も同様)だったものの、さすがにマルチトラック使用のオフィシャル・ライブアルバムならではの完成度によって名作の一つに数えられています。
とはいっても「完成度」は実際のショーを忠実に再現するという意味ではなく、一枚のライブアルバムとしての意味を含みます。既に「GOT LIVE IF YOU WANT IT」で実践済みだったミックのボーカルの差し替えは随所で行われている。おまけに「Carol」や「Honky Tonk Women」などには、各楽器のアンプ前に立てられた録音マイクがステージのモニターから返って来た音を拾うなどして当日のミックの歌声が生き残ってしまい、録り直されたボーカルと重なったダブルトラック状態と化してしまいました。

それ以上に顕著なのがステージ本番とまったく違うミックの歌い方。本アルバムでは大半の曲でミックがボーカルを差し替えており、それが後にストーンズのライブアルバム制作における慣例にまで化してしまう。それにアルバムがリリースされた頃には「LIVE’R THAN YOU’LL EVER BE」がファンの間に行き渡っていただけでなく、ライブアルバムのベースになった公演をオーディエンス録音で収録した「STONED-M.S.G.」のようなアイテムまでもが出回っており、ある程度のマニアであれば「GET YER YA-YA’S OUT!」におけるやけに力の入ったミックの歌いっぷりの違和感を気付いていたはず。
それはもう、オープニングの「Jumpin’ Jack Flash」からしてありありと。実際のステージではルーズなロック調で歌っていたミックが、ここではR&Bシンガーのような力強い調子で歌っている。それに輪をかけるのがキースの熱唱ハーモニー。ステージでは「Honky Tonk Women」でバックコーラスを務めていただけなのに、ここではオープニングどころかフィナーレの「Street Fighting Man」においてもミックと仲良く熱唱。先に挙げたLPを聞き込んでいたマニアであれば、実際にはそこまでアツく歌ったりハモったりしてないだろうが!とツッコミを入れずにはいられない。とはいえ、今となってはこの差し替えも一つの「味」となったのは確かなのですが。
さらにLP一枚に当時のセットリスト全曲を入れることは到底不可能、それでいて当時のショーは二枚組ほどの長さでもない。となればいくつかの曲が落とされる。それは仕方ないとしても、さらにいくつかの曲で短縮編集まで行われています。この手法もまた後のストーンズ・ライブアルバムでエスカレート。
そうした念入りな作業が行われただけのことはあり、オフィシャルなライブアルバムの仕上がりとしては超一級品。確かにドキュメント性は半減していたものの、それでもなお69年ツアーの熱狂を伝えてくれた名作でしょう。

だからこそマニアは「この音質でショーの完全版聞けたら…」と見果てぬ夢を持っていたものです。そんな溜飲をオーディエンス録音で下げてくれたのが先のオークランドにサンディエゴといった極上音源群でした。ところが「GET YER YA-YA’S OUT!」のリリースから40周年もの歳月が経過した2009年、同アルバムがバージョンアップを果たしたことで夢が現実に近付きました。「GET YER~」本体には未収録だったトラックが同アルバムと遜色のない完璧なクオリティでのリリースが実現。
突如として迎えた恵まれた状況を前に、それらの音源を駆使して実際のライブのセットリストで聞いてみたい…。おまけに近代のテクノロジーならそうした組み換えは容易。マニアなら試された方もおられるでしょうし、実際にまとめ直されたアイテムも存在しました。そこを今回のリリースはさらに踏み込み、ただ実際のセットリストに並べ替えるだけでなく「GET YER~」で見られた一部の短縮編集を補填し、楽曲の完全収録を実現したネクスト・レベルな仕上がり。
マニアの方であればご存知でしょうが、「GET YER~」はラフ・ミックスを収録したアセテートが存在しています。今回はそれを補填要員とすることでカット個所をアジャスト。それは二か所に及んだのですが、最初は良く知られている「Sympathy for the Devil」の後半。約50秒強の補填を行うことで全編サウンドボード録音による完全収録を実現。むしろ今回のアジャストにおいて世界中のマニアを驚かせるのは「Midnight Rambler」の演奏が始まる直前の部分でしょう。ミックが曲名を告げて沸かせる直前の部分ですが、30秒超に及びアセテート盤の方が長く収録されています。更に作業を進める過程で、オフィシャル盤に収録されている部分で、チャーリーのドラム・ロールとミックの掛け声の間に0:15秒という微妙なカット(本盤のタイム0:42の部分)が有る事が判明しました。アセテート盤ではカット無く収録されている事から、その部分を含めてシームレスに繋ぎました。
こうして実際のセットリストであの名作ライブアルバムが聞かれるようになったのはもちろん、アセテートからの補填によって最長収録までも実現。これは文字通りのコンプリートというだけでなく、本家「GET YER YA-YA’S OUT!」では再現し切れなかった1969年アメリカ・ツアーのドキュメントとしても極上の内容。もちろん音質はパーフェクトですし、こうしてコンプリートな状態で味わえる「GET YER~」は本当にかっちょいい~!

★公式テイクを実際の演奏曲順に並び替え、公式未収の部分を当時のアセテート盤より繋いだファン必聴ヴァージョン

★今年一番の人気タイトル!待望のセカンド・プレス盤が入荷しました。(新しいデザインのジャケになります。)

 

(67:23)
1. Intro
2. Jumpin’ Jack Flash
3. Carol
4. Sympathy for the Devil ●2:41 – 3:35 アセテート盤より補填
5. Stray Cat Blues
6. Love In Vain
7. Prodigal Son
8. You Gotta Move
9. Under My Thumb
10. I’m Free
11. Midnight Rambler ●0:00 – 0:44 アセテート盤より補填 ☆0:43のロールの最後はオフィシャルより0:15秒程長く収録されている
12. Live With Me
13. Little Queenie
14. Satisfaction
15. Honky Tonk Women
16. Street Fighting Man

Leave a Reply