Paul McCartney & Wings / Wings Over Europe 1976 / 3CD Wx OBI Strip

Paul McCartney & Wings / Wings Over Europe 1976 / 3CD Wx OBI Strip / Misterclaudel

Translated text:

Falkoner Theatre Copenhagen Denmark March 21 & 23, 1976. Digitally Remastered

Click Image To Enlarge

It was in 1975 that Paul McCartney led Wings and went to his first world tour. Paul’s talent who has grown the band from zero to the world scale should be noteworthy since it was only three years since the time he was doing a surprise gig around local universities. More than anything at the time of dissolution of the Beatles, there should have been no doubt about the success of Paul’s solo. And the same thing as the Beatles era is that success in the United States is equal to success in the show business world. Paul’s standard was aimed at the success of the American tour. In 1972 I went around Europe and in 1973 I toured in the UK for the first time. “BAND ON THE RUN” hits as an album and got a single hit such as “My Love”. In addition, in May 1975 “Venus And Mars” which we recorded with a member who will share a tour later is released. A single ‘That medicine for that girl’ will be the number one in the United States. Wings will be taking a world tour from 1975 to 1976, where the machine was judged to be ripe.

The goal is the success in the US to the last. Therefore, careful preparation was necessary. Paul does not always start from big cities such as New York or Los Angeles and likes a schedule like a Tanaka Kakuei campaign activity like heading toward the center from a small local city for the first time, does not change. At this time, only in the world scale, we first toured in the UK in September 1975. In November of the same year I have been visiting Australia for the first time in 11 years. In the meantime, there was a trouble that the Japanese performance will be canceled, but the new Wings got a great success with applause at various places. We attacked the world from “rural” and only challenged America afterwards.

The American Tour was the first day of May 3, 1976 Fort Worth, but was originally scheduled to begin in April if Jimmy’s fingers were not hurt. It was Melbourne on 14 November when Wings set the stage at the end of 1975. This means that about five months of blanks will be available. In March just before the arrival of the United States, we had a mini tour with only 5 performances, which may have had an intention of regaining performance intuition in order to be thorough. That is the schedule below.

Copenhagen, 20th March 1976
March 21, 1976 Copenhagen
March 23, 1976 Berlin
March 25, 1976 Rotterdam
March 26, 1976 Paris

As you can see from the date, it was just before the American tour and the tour was done with an overcrowded schedule of 5 performances in just one week to warm up the band’s performance. From this mini tour, this work contains two performances by the Copenhagen Performance on March 21 and the Berlin performance on March 23rd. Although the American tour is rich in sound source, the mini-Europe tour has a number of titles though there is only a start. However, it is very rare and interesting in content as well, and the stage which is different from the American tour is content which can not be overlooked as a fan.

Probably the mania who takes this work will own some 1975 titles. “SPEED OF SOUND” has not been released at the time the tour began in 1975, and the set list does not include songs that will become highlights later, such as “love songs of heart” or “proof of love” Little Woman Love “and” C Moon “medley, and” Soily “were played in the middle of the stage, it is known that the stage composition was still fumbling. It did not change in Australia, as if the single “Junior’s Farm” was played in the second half, it seems that he was searching for the most effective set list and song order. “SPEED OF SOUND” was released in March 1976. If it is normal, it will be a place to get the experience as it is in 1975 and get on to the United States as it is, but releasing a new album before going to the United States as a pushing way, I can see how Paul was going on this American tour.

From “SPEED OF SOUND”, hit songs “happy knock” and “love song of heart” were born, and “time of peace” that Denny Rain sings every time on the stage is also recorded. Of course it is easy to imagine that songs of the new album were incorporated into the set list and synergistic effects with album sales were planned by playing on the stage. However, the song “SPEED OF SOUND” just released has never played on the tour of the previous year. So in this 1975 set list “SPEED OF SOUND” added a new composition, not only to fill the blank for 5 months, this mini tour was also organized in the meaning of the final confirmation before the United States of America . As you can see actually, the set list has changed significantly since 1975. Of course not only that the songs of “SPEED OF SOUND” were played on the stage, but the point to pay attention to is that “that girls meddlesome” is being played just before the encore. Paul sang on the piano and played in the United States later in the “My Love” etc. In the United States, it was played alongside such as “My Love”, but here we go to the piano again after the “wine color girl” singing at the base and ” It is an anomalous thing to play the meddles. It probably was played at this position expecting the excitement of the hall only for hit songs.

Again, the schedule from 1975 to 1976, and the set list, makes me feel the enthusiasm for the success of America to the terrible of Paul. We set up a spectacular approaching period towards the top of the world tour (America) that started in 1975 and has traveled around the UK and Europe. Further pushing out new albums. In addition to the set list, we will show off for the first time on a mini tour and bring it to the highlights of the American tour. As if the Beatles went to the United States for the first time to the United States just like hitting “hugging” became the number one hit, a hit single was born from “SPEED OF SOUND” as if it matches the tour of Wings, Paul’s talent is luck It seems that it is attracting. The result of pondering on the set list like this is the highly sophisticated stage of that American tour. This work is a title that included two copies of Copenhagen and Berlin from a mini Europe tour just before arrival in the United States. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press. Japanese style attaching.

ポール・マッカートニーがウイングスを率いて初のワールド・ツアーに出たのは1975年である。地方の大学をまわってサプライズ・ギグを行なっていた時代から僅か3年余りで、バンドをゼロから世界規模に成長させたポールの才能は特筆すべきであろう。 何よりビートルズ解散した時点で、ポールのソロでの成功を疑うものはいなかったはずである。そしてビートルズ時代と変わらないのは、アメリカでの成功こそショウビジネス界での成功と等しいという点である。ポールの標準はアメリカン・ツアーの成功に向けられていた。1972年に欧州を回り、1973年は初めて英国内でツアーを行なった。『BAND ON THE RUN』はアルバムとしてヒットし、「My Love」などシングル・ヒットも得た。さらに1975年5月には後にツアーを共にするメンバーでレコーディングした『Venus And Mars』がリリース。シングル『あの娘におせっかい』が全米ナンバー1となる。ここで機は熟したと判断したのであろう、1975年から1976年に向けてウイングスはワールド・ツアーを敢行するのであった。

あくまで目標はアメリカでの成功である。そのため入念な準備が必要であった。ポールは常にニューヨークやロサンゼルスなど大都市からツアーを始めることはせず、地方の小都市から初めて中央に向かっていくような、まるで田中角栄の選挙活動のような日程を好んでおり、それは現在も変わらない。この時は規模が世界的なだけに、まず1975年9月いっぱいかけて英国内でツアーを行なった。同年11月には11年ぶりにオーストラリアを訪れている。この間、日本公演が中止になるというトラブルもあったが、新生ウイングスは各地で喝采を浴び大成功を収めた。世界を「地方」から攻め、後はアメリカに挑むのみであった。

アメリカン・ツアーは1976年5月3日フォートワースが初日であるが、ジミーの指の怪我がなければ当初4月から始まる予定であった。ウイングスが1975年の最後にステージに立ったのは11月14日メルボルンである。これでは約5か月ものブランクが空くことになる。万全を期するために演奏勘を取り戻す意図もあったのであろう、渡米直前の3月に、わずか5公演のみのミニ・ツアーを行なったのである。それが以下の日程である。

1976年3月20日 コペンハーゲン
1976年3月21日 コペンハーゲン
1976年3月23日 ベルリン
1976年3月25日 ロッテルダム
1976年3月26日 パリ

日付を見てわかる通り、まさにアメリカン・ツアー直前であり、バンドの演奏を暖めるべくわずか1週間で5公演という過密なスケジュールでツアーを行なったのである。本作はこのミニ・ツアーより、3月21日コペンハーゲン公演と続く3月23日ベルリン公演の2公演を収録している。アメリカン・ツアーが豊富に音源が音盤化されているのに対し、このミニ欧州ツアーは既発盤こそあるもののタイトル数は少ない。しかし内容的にも非常に珍しく興味深いものであり、アメリカン・ツアーとは異なるステージはファンとしては見逃せない内容となっている。

おそらく本作を手にとるマニアは1975年のタイトルをいくつか所有しているであろう。1975年にツアーが始まった時点では『SPEED OF SOUND』が未リリースであり、セットリストに「心のラブソング」や「愛の証」など、後にハイライトとなる楽曲が含まれておらず、「Little Woman Love」と「C Moon」のメドレー、さらに「Soily」がステージ途中に演奏されるなど、まだステージ構成が手探りな状態であった事が知られている。それはオーストラリアでも変わらず、シングル「Junior’s Farm」が後半に演奏されたりと、最も効果的なセットリストと曲順を模索していたかのようである。『SPEED OF SOUND』がリリースされたのが1976年3月である。通常であらば1975年で経験値を積みそのままアメリカに乗り込むところであろうが、ダメ押し的に渡米前にニューアルバムをリリースするところ、いかにポールがこのアメリカン・ツアーにかけていたかが伺える。

『SPEED OF SOUND』からは「幸せのノック」「心のラブソング」というヒット曲が生まれ、デニー・レインがステージで毎回歌う事になる「やすらぎの時」も収録されている。当然ニューアルバムの曲をセットリストに組み込み、ステージで演奏することでアルバム・セールスとの相乗効果を目論んだ事は想像に難くない。しかしリリースされたばかりの『SPEED OF SOUND』収録曲は前年のツアーで一度も演奏していない。そこで1975年のセットリストに『SPEED OF SOUND』を加えた新たな構成にし、5カ月のブランクを埋めるべくのみならず、渡米前の最終確認の意味でも、このミニ・ツアーが組まれたのである。実際に見てもらえればわかる通り、セットリストは1975年から大幅に変更になっている。 『SPEED OF SOUND』の楽曲が初めてステージで演奏されたのはもちろんのこと、特に注目すべきは「あの娘におせっかい」がアンコール直前で演奏されている点である。ポールがピアノに座って演奏するため、後のアメリカでは「My Love」などと並んで演奏されていたのだが、ここではベースで歌う「ワインカラーの少女」の後に再度ピアノに移り「あの娘におせっかい」を演奏するという変則的なものとなっている。ヒット曲だけに会場の盛り上がりを期待してこの位置で演奏されたのだろう。

改めて1975年から1976年の日程、そしてセットリストを見ると、ポールの恐ろしいまでのアメリカでの成功に対する意気込みを感じさせられる。1975年から始まるワールド・ツアーの頂点(アメリカ)に向かって壮大な助走期間を設け英国と欧州をまわった。さらにダメ押しでニューアルバムを発表。セットリストに新たに加えてミニ・ツアーで初披露し、それをアメリカン・ツアーのハイライトに持ってくる。ビートルズが初めて渡米する直前に「抱きしめたい」がナンバー1ヒットになったように、あたかもウイングスのツアーに合わせるかのように『SPEED OF SOUND』からヒット・シングルが生まれ、ポールの才能は運をも引き寄せているかのようだ。このようにセットリストに熟考を重ねた結果が、あのアメリカン・ツアーの高度に洗練されたステージなのである。本作は渡米直前のミニ欧州ツアーより、コペンハーゲンとベルリンの2公演を収録したタイトルである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

FALKONER THEATRE COPENHAGEN DENMARK MARCH 21, 1976
DISC ONE
01. Venus And Mars – Rock Show – Jet
02. Let Me Roll It
03. Spirits Of Ancient Egypt
04. Medicine Jar
05. Maybe I’m Amazed
06. Call Me Back Again
07. Lady Madonna
08. The Long And Winding Road
09. Live And Let Die
10. Picasso’s Last Words
11. Richard Cory
12. Bluebird
13. I’ve Just Seen A Face
14. Blackbird
15. Yesterday
16. You Gave Me The Answer
17. Magneto And Titanium Man
18. My Love
19. Let ‘Em In

DISC TWO
01. Silly Love Songs
02. Beware My Love
03. Letting Go
04. Listen To What The Man Said
05. Band On The Run
06. Hi Hi Hi
07. Soily

DEUTSCHLANDHALLE BERLIN GERMANY MARCH 23, 1976
DISC TWO
08. Venus And Mars – Rock Show – Jet
09. Let Me Roll It
10. Spirits Of Ancient Egypt
11. Medicine Jar
12. Maybe I’m Amazed
13. Call Me Back Again
14. Lady Madonna
15. The Long And Winding Road
16. Live And Let Die

DISC THREE
01. Picasso’s Last Words
02. Richard Cory
03. Bluebird
04. I’ve Just Seen A Face
05. Blackbird
06. Yesterday
07. You Gave Me The Answer
08. Magneto And Titanium Man
09. My Love
10. Let ‘Em In
11. Silly Love Songs
12. Beware My Love
13. Letting Go
14. Listen To What The Man Said
15. Band On The Run
16. Hi Hi Hi
17. Soily

Misterclaudel. MCCD-312/313/314

Leave a Reply