Paul McCartney / Get Back To Glasgow 1990 / 2CD Wx OBI Strip

Paul McCartney / Get Back To Glasgow 1990 / 2CD Wx OBI Strip / Valkyrie

Translated text:

Scottish Exhibition and Conference Centre U.K. June 23, 1990. Soundboard

Click Image To Enlarge

 

 

GET BACK TOUR, which began in 1989, since the Wings era, was held for two years under the footsteps until 1990, performing more than 100 performances. Despite the fact that the basic set list did not change, the tour was progressing while still a few changes were added everywhere, such as Paul’s condition, the event stage, the first half of the tour and the second half. Among them, three performances in home country UK are the highlights of this tour, both of which are memorable stages.

The tour that started in September 1989 began in Scandinavia. And around Europe like Germany and France, I am doing large-scale continuous performances in Birmingham and London in January 1990 when the year passed through after passing through America. The center of the tour was the United States in proportion to the vastness of the national land, and in other cases it performs 2 performances in Brazil and 6 performances in Japan. In January 1990 I wrote that it was a large-scale continuous performance, but the British tour was only once. But there are exceptions. It is 3 performances in the UK where it is officially distinguished from Europe / 3rd Leg.

He went around Japan in March 1990, North America in April and in Brazilian performance at the end of April, he established a Guinness record with the number of attendants of a single concert by a single artist. And from July I will go back to the North American tour again, but in June I am only performing three concerts in the UK in the meantime. Both of these three performances became special to both fans and Paul. Timing of holidays between tours, he went back to Britain to do three shows in a single shot. The schedule is as follows.

June 23rd 1990 Glasgow Performance
Liverpool on June 28, 1990
Nebworth performance on June 30, 1990

This work contains the first and only Scottish Glasgow performance among these. Speaking of Paul’s name Glasgow is famous for “LAST FLIGHT” on the 1979 UK tour. It is Glasgow performance for the first time in 11 years since that very time. This concert was performed specifically entitled “GET BACK TO GLASGOW”. The day that the concert is special is the day when we played the only “dream traveler” during the tour. This song is a songwritten with Denny Raine on the cape of Kinthair in the western part of Scotland (after which Denny, which was economically in need, will sell the right to Paul), that song that puts out an impressive bagpipe tone in front Is proud of its tremendous sales within the UK and is also called the second national anthem of Scotland, which has exceeded the record of the greatest number of “She Loves You” had. Of course the bagpipe was not a tape, but a local orchestra formed a row and entered the stage and played with Paul. The situation at this time was recorded as fragmentary in the video work “GOIN ‘HOME” as one of the highlights of the tour, now it is out of print but released as a single at that time.

This work includes a complete recording of Scottish performances on the first day of a special British 3 show at the tour. Also on bonus tracks are recorded “soundtracker of the dream” of this day on the sound board. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press. Japanese style attaching.

ウイングス時代以来となる1989年から始まったGET BACK TOURは、1990年まで足掛け2年に渡って行なわれ、100公演以上の回数をこなした。基本的なセットリストは変わらなかったものの、それでもポールの調子やイベント・ステージ、そしてツアー前半と後半など、随所に渡って若干の変更が加えられつつ、ツアーは進行していた。そんな中でも、本国イギリスでの3公演はこのツアーのハイライトとして、いずれも記憶に残るステージとなっている。

1989年9月にスタートしたツアーは北欧から始まった。そしてドイツ、フランスなど欧州をまわりアメリカを経て、年が明けた1990年1月にバーミンガムとロンドンで大規模な連続公演を行なっている。ツアーの中心となったのは国土の広大さに比例してアメリカであり、それ以外ではブラジルで2公演、日本で6公演を行なっている。1990年1月に大規模な連続公演と書いたが、イギリスのツアーはこの1度きりであった。しかし例外が存在する。それが公式にはヨーロッパ・サード・レグと区分されている英国での3公演である。

1990年3月に日本、4月に北米をまわり、4月末のブラジル公演では単独アーティストによる1度のコンサートの観客動員数でギネス記録を樹立している。そして7月から再び北米ツアーに出るのだが、その間の6月に、イギリスで3公演のみコンサートを行なっているのである。そしてこの3公演がいずれもファンにとっても、そしてポールにとっても特別なものとなったのである。ツアーの合間の休暇の時期、わざわざイギリスに戻って単発で3公演を行なったのである。日程は以下の通り。

1990年6月23日 グラスゴー公演
1990年6月28日 リバプール公演
1990年6月30日 ネブワース公演

本作はこの内、最初の、そして唯一のスコットランドであるグラスゴー公演を収録している。ポールのファンでグラスゴーといえば1979年のUKツアーにおける『LAST FLIGHT』が有名であろう。まさにその時以来11年ぶりのグラスゴー公演である。このコンサートは特別に「GET BACK TO GLASGOW」と題されて行なわれた。この日のコンサートが特別なものであるのは、ツアー中唯一「夢の旅人」を演奏した日なのである。この曲はスコットランド西部のキンタイア岬を題材としたデニーレインとの共作曲で(後に経済的に困窮したデニーはその権利をポールに売却する)、印象的なバグパイプの音色を前面に出したその楽曲は英国内で驚異的な売り上げを誇り、かつて「She Loves You」が有していた最多記録を超えるものとなった、スコットランドの第二の国歌ともいうべきものである。もちろんバグパイプはテープではなく、地元の楽団が隊列を成しステージに登壇しポールと一緒に演奏したのである。この時の様子はツアーのハイライトのひとつとして、映像作品『GOIN’ HOME』に断片的に収録され、現在は廃盤だが当時シングルとしてリリースされている。

本作はツアーにおいて特別なイギリス3公演の初日スコットランド公演を完全収録している。またボーナストラックにはこの日の「夢の旅人」をサウンドボードで収録している。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

Scottish Exhibition and Conference Centre U.K. June 23, 1990
DISC ONE
01. Figure Of Eight
02. Jet
03. Got To Get You Into My Life
04. Rough Ride
05. Band On The Run
06. We Got Married
07. Let ‘Em In
08. The Long And Winding Road
09. The Fool On The Hill
10. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
11. Goodday Sunshine
12. Can’t Buy Me Love
13. Put It There
14. Things We Said Today
15. Eleanor Rigby

DISC TWO
01. This One
02. My Brave Face
03. Back In The USSR
04. I Saw Her Standing There
05. Coming Up
06. Let It Be
07. Live And Let Die
08. If I Were Not Upon The Stage
09. Hey Jude
10. Yesterday
11. Mull Of Kintyre
12. Get Back
13. Golden Slumbers – Carry The Weight – The End

SOUNDBOARD RECORDING
14. Mull Of Kintyre

Valkyrie. Val-010

Leave a Reply