Paul McCartney / Paris Bercy 1993 / 3CD

Paul McCartney / Paris Bercy 1993 / 3CD / Misterclaudel

Translated Text:

Palais Omnisports De Paris- Bercy Paris, France October 13, 1993 Digitally Remastered


Click Image To Enlarge

■ October 13, 1993 Completely recorded Paris performances with high sound quality
■ Sound check before the concert was also included.

Paul McCartney ‘s 1970s was a ten year that went through as a wings, and in sales it was a fruitful era that had a success exceeding the Beatles. The dark clouds started on being arrested in Japan in January 1980. This causes the wings to collapse, and by the end of the same year John Lennon collapses into a brawl, Paul will fall from the front line. Almost the 80s overlapping with the age of Paul’s age does not stand on the stage almost, but the studio work is also not appealing. It was hard to say that the movie making with willingness was also evaluated, and it can be said that the 1980s when the light pop songs and bright hard rock became popular was a period of sluggishness for Paul. Fortunately Paul has numerous hit songs in the past. Moreover, there are music of the Beatles era that there is no doubt that Uke will do well if it plays almost untouched at the stage. It is natural nature to reach the conclusion that it is still a stage to overcome this sluggishness. It was during the period from 1989 to 1990 that the tour for the first time in ten years accompanying the new work “Flowers In The Dirt” at that time was done.

The so-called “GET BACK TOUR” is the first tour in ten years, the fact that many songs that have never played before has been included in the set list become topics and it will be a huge success in various places. There are many people who saw the Tokyo Dome performance realized in Japan even though it seemed impossible to come to Japan from previous school. Paul who felt the response with this tour recorded with a live format focusing on tour members. That is “Off The Ground”. Along with this album released in 1993, I announce that I will go on tour again following the previous success. A new world tour – “THE NEW WORLD TOUR”. There are many stocks of any songs. There are things that have never been played in the songs of the Beatles era. Above all, the new album “Off The Ground” was a wonderful achievement.

THE NEW WORLD TOUR started in Milan in February 1993, spending nearly a year until December of this year, it was a long time of 77 performances. It was this year that the second Japan tour was held, and it was memorable that what was done at the Fukuoka Dome for the first time in addition to the Tokyo Dome. The set list also became a new thing which was greatly changed, and it is very much to hear. The opening is “Drive My Car” which will be the live premiere at this time. It was fresh that Paul is singing everything that John originally sings alone. Various compositions such as “Good Rockin ‘Tonight” cover song, Paul sitting on the drum and the guitar’s Heimish taking vocals “Is not No Sunshine”, feels a remnant of the Wings’ era that conscious of “band show” . I was not able to imagine that it would be an official set list on stage, but “I Lost My Little Girl” and “SGT. Pepper’s” were played in arrangements connected with Reprise and medley on the last tour, Has been done.

What is more noteworthy is that many songs of the new album are being played. It was an album with many songs made on the premise of playing live originally, but six songs have been selected. “Looking For Changes” appeared in the early stage and connects the vigorous flow to “Jet”. In the actual stage along the theme of the song, an image criticizing the inexperience of animal experiments was projected on the screen. “Peace In The Neighborhood” can not be said to be suitable for live shows, but Paul likes touring tours and is included in the set list. The title song “Off The Ground” of the album is to be played with “Iko Iko” and medley in the latter half of the tour. “Hope Of Deliverance” is the first single song that became the theme song of a TV program in Japan. “Biker Like An Icon” full of speed will be remembered as a highlight of the stage. A church picture is projected on the screen, and a dense world involving hard guitar is developed.

And whatever you say, the white eyebrow is “C’mon People”. As shown in the photo of the back jacket, I sit on a piano set diagonally for easy viewing from the audience, and reproduce the magnificent songs of the last album on stage. It is a wasteful masterpiece that it starts with a rigid piano and gradually rises, and the second half with a distinctive rhythm, only playing on this tour. It is unusual for Paul to whistle toward Mike. Indeed the impression of THE NEW WORLD TOUR may be represented by this one song. “C’mon People” is a masterpiece of the age. It is only this tour that you can listen to that live version.

This work, from such such NEW WORLD TOUR, recorded the performance in Paris on October 13, 1993 with high sound quality. Especially the characteristic of this day will be “Penny Lane”. Although it is good that the performance began, although songs progress normally at first, the composition of the songs will be inconsistent between the pole and the band on the way. In such a case, Paul will return to the mouth while continuing to play, but this time I judged that it is no longer possible to fix it, I will stop playing “Mistaken! Mengo Mgo!” There are many times I tried again by mistaking the intro, but it is a very rare case to repartition at the stage where the performance has advanced considerably like this.

Disc 3 contains sound checks before the concert of this day. Nowadays the VIP package that became a set with good seats tickets became common, but it was not yet standardized in 1993. In Japan, sound check / tickets were released under the name of LIPA ‘s donation collection, but this seems to be a sign of the current VIP package. It is a package that you can enjoy performance in Paris with the sound check on the same day as the main part of the concert.

October 13, 1993 Completely recorded Paris performances with high sound quality. And it is a 3-disc set which also recorded the sound check before the concert the same day. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press.

■1993年10月13日パリ公演を高音質で完全収録
■同日コンサート前のサウンドチェックも収録。

ポールマッカートニーの1970年代はウイングスとして駆け抜けた10年間であり、セールス的にはビートルズを超える成功を収めた実り多き時代であった。暗雲が立ち込めたのは1980年1月に日本で逮捕された事から始まる。これによりウイングスは瓦解し、さらに同年末にジョンレノンが凶弾に倒れる事により、ポールは第一線から下がる事になる。ほぼポールの年齢の40代に重なる80年代はほとんどステージに立つことはなく、かといってスタジオ・ワークもパッとしないものであった。意欲を持って臨んだ映画製作も評価されたとは言い難く、軽快なポップ・ソングや明るいハード・ロックが流行した80年代はポールにとって低迷の時代であったと言えるかもしれない。幸いかなポールには過去に数多くのヒット曲がある。しかもほとんどステージでは手付かずで演奏すればウケる事が間違いないビートルズ時代の楽曲もある。この低迷を打開するにはやはりステージであるという結論に達するのは自然の成り行きであろう。当時の新作『Flowers In The Dirt』に伴う10年ぶりのツアーが行なわれたのは1989年から1990年にかけてである。

この通称「GET BACK TOUR」は、10年ぶりのツアーであること、セットリストに今まで演奏した事のない楽曲が多く含まれていた事などが話題となり各地で大成功を収める。日本においても前科から来日公演が不可能だと思われていた中で実現した東京ドーム公演を見た人も多いだろう。このツアーで手応えを感じたポールは、ツアー・メンバーを中心としてライブ形式でレコーディングを行なう。それが『Off The Ground』である。1993年にリリースされたこのアルバムに伴い、前回の成功を受けて再びツアーに出る事を発表する。新たなワールド・ツアー、つまり「THE NEW WORLD TOUR」である。なにせ楽曲のストックは数多くある。ビートルズ時代の曲で演奏したことがないものもある。何よりニュー・アルバム『Off The Ground』が素晴らしい出来であった。

THE NEW WORLD TOURは1993年2月ミラノで開幕し、この年の12月までほぼ1年を費やして全77公演という長大なものとなった。2度目の来日公演が行なわれたのもこの年であり、東京ドームの他、初めて福岡ドームでも行なわれた事は記憶に新しい。セットリストも大幅に変更された新しいものとなり、非常に聞きどころが多いものである。オープニングはこの時がライヴ初演となる「Drive My Car」である。本来ジョンが単独で歌う箇所もポールが全て歌っているのも新鮮であった。「Good Rockin’ Tonight」といったカバー曲あり、ポールがドラムに座りギターのヘイミッシュがヴォーカルを採る「Ain’t No Sunshine」など多彩な構成は、「バンドのショウ」を意識したウイングス時代の名残を感じさせる。まさかステージで正式なセットリストになるとは想像だに出来なかった「I Lost My Little Girl」、「SGT. Pepper’s」は前回のツアーではRepriseとメドレーで繋がるアレンジで演奏されたが、ここでもそれは踏襲されている。

そして何より注目はニュー・アルバムの楽曲が多く演奏されている点であろう。元々ライヴ演奏する前提で作られた楽曲が多いアルバムであったが、その中から6曲選ばれている。「Looking For Changes」は序盤に登場し「Jet」に勢いある流れを繋いでいる。曲のテーマに沿って実際のステージではスクリーンに動物実験の非道さを批判する映像が投影された。「Peace In The Neighbourhood」はおよそライヴ向きとは言えないが、ポールは好んでツアー通してセットリストに組み込まれている。アルバムのタイトル曲「Off The Ground」は、ツアー後半には「Iko Iko」とメドレーで演奏されるようになっている。「Hope Of Deliverance」は日本ではテレビ番組のテーマ曲になった最初のシングル曲である。スピード感あふれる「Biker Like An Icon」はステージのハイライトとして記憶されているだろう。スクリーンに教会画が投影され、ハードなギターが絡んだ濃密な世界を展開している。

そして何といっても白眉は「C’mon People」である。裏ジャケットの写真の通り、客席から見やすいように斜めにセッティングされたピアノに座り、アルバム最後の壮大な曲をステージで再現してくれる。厳かなピアノに始まり徐々に盛り上がっていく構成、そして独特のリズムを持つ後半部分、このツアーでしか演奏していないのがもったいない名曲である。ポールがマイクに向かって口笛を吹くのも珍しい。まさにTHE NEW WORLD TOURの印象はこの1曲に代表されるかもしれない。「C’mon People」は希代の名曲である。そのライヴ・バージョンが聴けるのはこのツアーのみである。

本作は、そんなTHE NEW WORLD TOURから1993年10月13日パリ公演を高音質で完全収録している。特にこの日の特徴は「Penny Lane」であろう。演奏が始まったはいいが、最初は普通に曲が進んでいくものの、途中で曲構成がポールとバンドで食い違ってしまうのである。こういう場合、ポールは演奏を続けながらムリヤリ戻すケースもあるが、今回はもはや修正不可能と判断したのか、「間違えた!メンゴメンゴ!」と演奏をストップしてしまう。イントロを間違えてやり直したことは何度もあるが、このように演奏がかなり進んだ段階で仕切り直すのは非常に珍しいレア・ケースである。

ディスク3はこの日のコンサート前のサウンドチェックを収録している。今となっては良席チケットとセットになったVIPパッケージが一般的になったが、1993年ではまだ定例化されていなかった。日本ではLIPAの寄付金集めの名目でサウンドチェック・チケットが発売されたが、これが現在のVIPパッケージの嚆矢であったように思う。コンサート本編と同日のサウンドチェックということで、パリ公演を堪能できるパッケージである。

1993年10月13日パリ公演を高音質で完全収録。かつ同日コンサート前のサウンドチェックも収録した3枚組である。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

 

PALAIS OMNISPORTS DE PARIS – BERCY PARIS, FRANCE October 13, 1993
DISC ONE
01. Drive My Car
02. Coming Up
03. Looking For Changes
04. Jet
05. All My Loving
06. Let Me Roll It
07. Peace In The Neighbourhood
08. Off The Ground
09. Can’t Buy Me Love
10. Robbie’s Bit
11. Good Rockin’ Tonight
12. We Can Work It Out
13. I Lost My Little Girl
14. Ain’t No Sunshine
15. Hope Of Deliverance
16. Michelle
17. Biker Like An Icon
18. Here, There And Everywhere
19. Yesterday

DISC TWO
01. My Love
02. Lady Madonna
03. C’mon People
04. Magical Mystery Tour
05. Let It Be
06. Live And Let Die
07. Paperback Writer
08. Back In The U.S.S.R.
09. Penny Lane #1
10. Penny Lane #2
11. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
12. Band On The Run
13. I Saw Her Standing There
14. O Sole Mio
15. Hey Jude

DISC THREE
SOUNDCHECK
01. Oh Mama
02. Island In The Sun
03. Just Because
04. Matchbox
05. Improvisation
06. Don’t Let The Sun Catch You Crying
07. C Moon
08. Ain’t That A Shame
09. Be Bop A Lula
10. Midnight Special
11. Lucille
12. Another Day
13. Summertime

 

Misterclaudel. MCCD-688/689/690

Leave a Reply