Paul McCartney / Knebworth 1990 / 1CD Wx OBI Strip

Paul McCartney / Knebworth 1990 / 1CD Wx OBI Strip / Valkyrie

Translated Text:

Knebworth Festival Hertfordshire U.K. June 30, 1990. Digitally Remastered

Click Image To Enlarge

 

The Nebworth Festival, which takes place outdoors in the UK suburbs, has been performing numerous artistic performances since its inception in 1974. It is one of the world’s best music festivals that has been colored by various legends, such as a milestone concert at that time, as a trigger for returning to the scene or a new song. Artists who have appeared so far are regarded as one of the typical concerts for the band, such as Floyd, Zeppelin, Stones, Zappa, Genesis, Beach Boys, Purple, Clapton, Oasis etc. From this Nebworth Festival, this work completely records the stage of Paul McCartney in 1990 with a sound board.

From 1989 to 1990 Paul has traveled around the world for the first tour as a solo. It also became a topic to show Beatles’ songs on stage for the first time along with the new album “Flowers In The Dirt”, and it has become a pillar of Paul’s solo tour following the present. This so-called GET BACK TOUR was also in the final stage, but in that trend he stood the stage of the Nebworth Festival on June 30, 1990. At this time, I get an impression as if I went back to Japan in accordance with this festival with a schedule of only three performances with Glasgow, Liverpool, and Nebworth in UK. Although the stage is a festival and there is also a length of more than 1 hour, it has become a special set list unlike the same tour even though it was imposed time constraints.

In 1990, Nebworth released a summary of the digests of each casting artist, but only two songs from the stage of Paul alone. Still, since it was before the release of “Tripping The Live Fantastic”, it is a memorable concert for maniac playing as Paul ‘s latest tour which he could officially listen to. This work is a title that perfectly recorded Nebworth performance, Paul’s appearance with sound board. This was recorded from the live satellite broadcast of “LIVE AS IT HAPPENED” at that time, it was featured that it was recorded with the LP which was released at the time, and the CD which dropped from then, and a wonderful high sound quality sound board which makes a line is there.

First of all, I mentioned that the set list is special only for this day, but the first song is the rarity of “Coming Up” first. “Coming Up” was played regularly every time in this tour, but it was performed as a dance dance which arranged emphasis with emphasis and emphasized, and it was judged that the venue is best for exciting from the first song I will. From the new album is only one song “happy marriage”, and “Birthday” is the premiere of the same song played on stage on this tour. It was played several times even after this, even though it has been picked up by the stage in recent years, it was this day that I played for the first time since recording. “Hey Jude” is still a highlight of the concerts at all times, and the production that the second half refrains to sing at the venue is followed. The audience who gathered this day is said to be 120,000 people, and if you imagine that it is more than twice the size of the Tokyo Dome roughly, you can see the scale.

And the biggest Uri on this day will be the medley of “Strawberry Fields Forever” “Help” “Give Peace A Chance”. The introductory intro to the listeners sounds, and after the break, it is a production that knows that “Let me take you down” and sing it out “That song”. Although it is a song whose rhythm is unstable as you can tell from the episode of recording, it is being played with a new arrangement based on Paul’s interpretation. “Help” is not just a nice rock’n’roll but a relaxed arrangement as well. And at the end is “Peace to us”. It is fascinating that Paul reluctuates the lyrics of “Help” again after being confused by the refraining part. And I also want to pay attention to all credit songs of “Lennon? McCartney” including “Peace to us”. The medley of this song of John was elaborately played with the sound check of Glasgow and was first demonstrated at the next Liverpool performance. The live at that time is released by Paul as a single. This Nebworth show will be a second performance that is different. It became to be incorporated into the set list on receiving popularity or on American tour after this.

This work is not an analog dropping but from the satellite broadcast of the time, Paul’s concert at Nebworth Fes on June 30, 1990 is recorded completely with a high sound quality sound board. The set list is a special one for this festival, and in particular, it can be said that it is a memorable concert with the cheers of the 120 thousand audience and roaring, in that he plays John’s songs in the medley. Permanent preservation of a beautiful picture disk specification A tightly pressed board. Japanese style attaching.

英国郊外の屋外で行なわれるネブワース・フェスティバルは1974年の開催以来、数多くのアーティストの名演が展開されてきた。その時々で節目のコンサートであったり、現場復帰のきっかけとなったり、或いは新曲の披露であったりと、様々な伝説に彩られてきた世界屈指のミュージック・フェスである。今まで出演したアーティストは、フロイド、ツェッペリン、ストーンズ、ザッパ、ジェネシス、ビーチボーイズにパープル、クラプトン、オアシスなど、いずれもそのバンドにとって代表的なコンサートのひとつとして捉えられている。本作はそのネブワース・フェスティバルより、1990年ポール・マッカートニーのステージをサウンドボードで完全収録している。

1989年から1990年にかけてポールはソロとしては初のツアーで世界をまわっている。ニュー・アルバム『Flowers In The Dirt』と共にビートルズの曲を初めてステージで披露するという事でも話題となり、現在に続くポールのソロ・ツアーの嚆矢となっている。この通称GET BACK TOURも終盤であったが、その流れで1990年6月30日ネブワース・フェスティバルのステージに立ったのである。この時はUKにおいてグラスゴウとリバプール、そしてネブワースと3公演のみのスケジュールで、あたかもこのフェスに合わせて帰国したかのような印象を受ける。ステージはフェスという事もあり1時間強の長さでありながら、時間的制約を課せられたが故に同ツアーでも類を見ない特別なセットリストになっている。

1990年のネブワースは各出演アーティストのダイジェストをまとめたものがリリースされているが、ポール単独のステージからは2曲のみであった。それでも当時は『Tripping The Live Fantastic』のリリース前であったため、初めて公式に聴くことが出来たポールの最新ツアーの演奏ということでマニアにとっては想い出深いコンサートである。本作はそのネブワース公演を、ポールの出演をサウンドボードで完全収録したタイトルである。これは当時の「LIVE AS IT HAPPENED」という衛星中継から収録されており、当時リリースされていたLPや、それから落としたCDとは一線を画す素晴らしい高音質サウンドボードで収録されているのが特徴である。

先にセットリストがこの日のみの特別なものであると紹介したが、1曲目がまず「Coming Up」という珍しさ。このツアーでは毎回「Coming Up」がレギュラーで演奏されていたが、打ち込みを交えリズムを強調したダンサンブルなアレンジとして披露されており、会場を1曲目から盛り上げるのに最適であると判断されたのだろう。ニューアルバムからは「幸せなる結婚」1曲にとどまっている、そして「Birthday」はこのツアーにおいて初めてステージで演奏された同曲の初演にあたる。この後も何度か演奏され、近年でもステージで採り上げられているが、レコーディング以来初めて演奏したのがこの日であった。「Hey Jude」は今も常にコンサートのハイライトであり、後半のリフレインを会場に歌わせるという演出が踏襲されている。この日集まった聴衆は12万人ともいわれ、ざっと東京ドームの2倍以上だと想像すればその規模が伺えよう。

そしてこの日最大のウリは「Strawberry Fields Forever」「Help」「Give Peace A Chance」のメドレーということになるのではないか。聴き慣れないイントロが鳴り、ブレイクの後にLet me take you downと歌い出し「あの曲」だとわかる演出となっている。レコーディングのエピソードから伺える通りリズムが不安定な曲でありながら、ポールなりの解釈による新たなアレンジで演奏されている。「Help」も同様にノリのよいロックンロールではなく、ゆったりとしたアレンジとなっている。そして最後は「平和を我らに」である。リフレインの部分ではドサクサに紛れてポールが「Help」の歌詞を再びぶち込んでいるのが面白い。そして「平和を我らに」を含め全てLennon ? McCartneyのクレジット曲である点にも注目したい。このジョンの曲のメドレーは、グラスゴウのサウンドチェックで入念に演奏され、次のリバプール公演で初披露された。その時のライブはポールがシングルとしてリリースしている。このネブワース公演はそれとは違う2度目の演奏になる。好評を受け手かこの後のアメリカン・ツアーではセットリストに組み込まれるようになった。

本作はアナログ落としではない当時のサテライト・ブロードキャストより、1990年6月30日ネブワース・フェスにおけるポールのコンサートを高音質サウンドボードで完全収録している。セットリストはこのフェス用の特別なもので、特にジョンの曲をメドレーで演奏している点、12万人の聴衆の歓声とどよめきと共に記念すべきコンサートであるといえる。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

Knebworth Festival Hertfordshire U.K. June 30, 1990
01. Comin’ Up
02. Back In The USSR
03. I Saw Her Standing There
04. We Got Married
05. Birthday
06. Let It Be
07. Live And Let Die
08. If I Were Not Upon The Stage
09. Hey Jude
10. Strawberry Fields Forever – Help – Give Peace A Chance
11. Yesterday
12. Can’t Buy Me Love

Valkyrie. VAL-009

Leave a Reply