Led Zeppelin / Get Back To LA 1 Winston Remaster / 3CD

Led Zeppelin / Get Back To LA 1 Winston Remaster / 3CD  / Moonchild Records

Translated Text:

Live At The Forum, Inglewood, Los Angeles, California, USA. 24th March 1975 (AUD)

Click Image To Enlarge

Day 1 March 24th
“Good evening, Good evening, JJ · Jackson of KWLOS Bureau Please let us welcome the four people who came again to Los Angeles … … Led Zeppelin!” A lot of fireworks came up and told the emergence of Zeppelin. This Inglewood Forum is the venue where Zeppelin is attaching most attachment. It was a fun show this day. The plant says. “After all three days have passed from the current tour of the US, we are going to do our best to be a total finish, of course, without any boost from everyone Yeah, I already have done it, and I can see the smiling face properly. “When I finished” Over the hill “, the plant says, “My grandmother is a grandmother because she is a grandmother!” A lot of complicated and rich words are issued plenty on this day. Continue saying. “Since I came here before, there was such a thing, there was progress in that group of people a little bit and the group of Okamas got more and more popular with that progress …. Bonzo , Seems to have decided not to undergo sex change surgery!

“Eternal poetry” is a 12-rupee rush in which the red lamp of Okay is lit, a place like a place where a very magical atmosphere is drifting … …. Rather than the shoes taken off Paul Rogers seems like a bedroom! That is to say. Also, I explain about Melotron like this. “It’s a shame, it’s an unfortunate orchestra with a cheap, breathtaking, but it’s too bad I can not afford to bring an orchestra, because expenses and taxes are over,” Billy Miller said, ” Elvis Presley’s right arm man “is introduced. Then, the plant sang a passage of “Love Me”. When I finish “Moby Dick”, I will comment. “What a wonderful drum solo, it’s a wonderful mouth technique in a dressing room … … Thank you Ahmet Artigan,” “It’s dazzled”, “What we got OK for the first time Well … it’s nothing except a secretary, “but this day there was somewhat lacking part. “The stairway to heaven” is dedicated to all people from England who arrived at Continental Riot House.This song is based on the foundation of Continental Riot House and today’s show I will sing for everyone who gave it. ” That performance is impeccable as a whole, and is one of the most outstanding performances.

“Plants of the sons of the sun!” (Plant) Now, from the reaction of the mass media, it seems that the number added to the new performance songs is getting more attention. “Disk” magazine tells as follows. “Although the response to new songs is superior,” Kashmir “will definitely sell and become a masterpiece. Also, I think that the lighting and stage production was the most effective when this number was being played. ”

一日目 3月24日
「皆さん、 こんばんは、 KWLOS局の JJ・ジャクソンです再びロサンゼルスにやって来てくれた4人を、皆さんで歓迎しましょう……レッド·ツェッペリン!」大量の花火が上がり、 ツェッペリンの登場を告げた。このイングルウッド・フォーラムは、変わらずにツェッペリンが最も愛着をいだいてきている会場である。この日は、楽しいショウとなった。プラントは言う。 「やっぱりここだね、ここがいいね。 きょうからの3日間が、今回のアメリカ・ツアーの締めくくりなんだ。僕たちも、総仕上げとなるように頑張るつもりさ。 もちろん、みんなからの後押しなしでは、そうもいかないんだよ。 うん、既にやってくれているね。笑顔もちゃんと見えるよ」 「丘のむこうに」を終えると、プラントはこう言っている。 「おばあちゃんは、おばあちゃんだからおばあちゃんなんだ!」 難解で諧謔に富んだ言葉が、この日はたっぷりと発せられている。続けて言う。 「この前ここに来てから、こんなこと があったんだ。あのオカマ集団にはちょ っと進歩があって、その進歩にもちょっ とオカマ集団が増えたのさ……。ボンゾは、結局、性転換手術を受けないことに したらしいぞ!

「永遠の詩」は12ルピーでオーケーの赤ランプが灯っているようなアヤシイ場所、とても不思議な雰囲気が漂っているような場所についての曲さ……。 というよりも、靴を脱いだポール·ロジャースの寝室みたいかな!」とのことである。 また、メロトロンについてこう説明し ている。 「安あがりでヘソ曲がり、即席で一丁あがりのオーケストラさ。まあ 残念だけど、経費やら税金やらがかさむから、オーケストラを連れて来るだけの余裕なんてないんだよ」 さらに、 ビリー・ミラーは、「エルヴィ ス·プレスリーの右腕の男」と紹介されている。それから、プラントは「ラヴ・ミー」 の一節を歌ってみせた。 「モビー・ディッ ク」を終えると、こうコメントする。「なんて素晴しいドラム・ソロで、なんて素晴しい楽屋での口技なんだろう…… アーメット・アーティガン、ありがとう」 「幻惑されて」は、 「僕たちが初めてOKを出したものさ……。秘書以外ではね」 とのことだが、この日はやや盛り上がり に欠ける部分もあった。 「天国への階段」は、 「コンチネンタル・ライオット・ハウスにたどり着いた、 イ ギリスからの人々全員に捧げるよ。この曲は、コンチネンタル・ライオット・ハウスの土台部分と、きょうのショウを良いものにしてくれたみんなのために歌うぞ」とのことである。その演奏は、全体 として非の打ちどころのないもので、 最も優れたパフォーマンスのひとつに数え られている。

「太陽の子たちよ、おやすみ! 」(プラント) さて、マスコミの反応からすると、新し く演奏曲目に加えられたナンバーが注目を受けるようになりつつあるようである。 『ディスク』誌は次のように伝えている。 「新しい曲に対する反応は上々であるなかでも、 「カシミール」はまちがいなく売り物となり、名曲となってゆくであろう。また、このナンバーが演奏されていたときこそ、照明や舞台演出が、最も効果を発揮していたのではないかと思う」

DISC 1
01. ROCK AND ROLL
02. SICK AGAIN
03. OVER THE HILLS AND FAR AWAY
04. IN MY TIME OF DYING
05. THE SONG REMAINS THE SAME
06. THE RAIN SONG
07. KASHMIR

DISC 2
01. NO QUARTER
02. TRAMPLED UNDERFOOT
03. MOBY DICK

DISC 3
01. DAZED AND CONFUSED
02. STAIRWAY TO HEAVEN
03. WHOLE LOTTA LOVE
04. BLACK DOG
05. HEARTBREAKER
◆The Forum, Inglewood, Califorinia, USA : March 24th, 1975
 

Moonchild Records. MC-016

Leave a Reply