Eric Clapton / Shea Stadium 1992 2nd Night / 2CD

Eric Clapton / Shea Stadium 1992 2nd Night / 2CD / Beano
Live at Shea Stadium, New York City, NY, USA 22nd August 1992

Play sample :

Click Image To Enlarge

Eric Clapton has decided the 22nd Japan Tour in April. Last year, a biographical film was released, and it was decided to visit Japan for the first time in three years, and work to reflect on the great achievements of 56 years of professional career is being developed in the recent media. By the way, we will release the excellent sound source of Clapton this week, riding the momentum of coming-to-date Japan. This edition is a complete recording of the performances performed at the shared stadium on August 22 from the American summer tour conducted in 1992 with a very good stereo audience recording. The master of this edition is a low generation master provided directly from the heavyweight Taper, who lives in the UK, familiar with Beano label. You will be able to mark the quality with this alone. As a pre-release board of the day, there was a 2CD vintage boot called “SHEA STADIUM” of the EC Rarities label released at the beginning of the CD boot of the 90’s. It was a perfect sound, with a slight sound jump in Before You Accuse Me, but with a fair sound quality. Compared with that, this board is completely different source by completely different master. The sound quality level is also very high. It may be affirmed that the definitive version of this day has finally appeared. Well, let’s take a look back at the chronology about what this show had in terms of Clapton’s activities this year.

<< January 14, 1992: Sound track “RUSH” (Tears In Heaven recording) release >>
・ January 16, 1992: Recording of MTV “Unplugged” at Bray Studios, London suburbs
・ February 1-March 1, 1992: British Tour
-April 25-May 25, 1992: National Tour-First Leg
・ May 29, 1992: Attended a fashion show held in London.
・ June 16-July 12, 1992: Europe Tour
・ August 11th to September 6th, 1992: US Tour Second Leg (including stadium) ← ★ Coco ★
8August 25, 1992: “UNPLUGGED” release≫
・ September 9, 1992: Attended MTV Video Awards held in Los Angeles
・ October 16, 1992: Performed at Bob Dylan’s 30th Anniversary Concert held at Madison Square Garden
・ December 31, 1992: New Year’s Eve Dance, a charity concert for the annual alcohol addicts’ party, held at the hometown of Surrey walking

At the beginning of this year, we recorded “Unplugged”, an unprecedented blockbuster. Clapton suffered the worst tragedy of losing his son, who will be 4 years old, in an accident in the previous year, but after a Japan tour with George Harrison, an original that entrusted her thoughts to her son in “Unplugged” It was a milestone year to commemorate when I returned to the stage of the tour, looking back at myself by playing songs and blues that had returned to the origin. Clapton, who has fallen to the bottom of his mind, should be remembered as the year when he found a way back in music. So this year’s tour members were the musicians who did the backing for “Unplugged” (but one of the female choirs has been replaced by Tessa Niles to Gina Foster). The stadium tour took place in the “double building” with Elton John, with Clapton and Elton taking turns alternate day after day. It is a stage where you can feel the enthusiasm of Clapton to do the audience enthusiasm without waiting for the appearance of Elton because Elton was a bird on this day. The opening from the White Room seems to show the spirit of Clapton, and the concert opened with this intense pressure, and then the same play that was shown in the 90’s Journeyman Tour is folded up. You It was unusual for the vocals of the bridge to be selected Chuck Livel on the keyboard. It was a rare tour where you could hear his singing voice, who also became a regular member of Stones. Speaking of the selected songs unique to this tour, it was Tears In Heaven in the acoustic set after all. It was a sitting set only to play this one song. At the time, Clapton also said in an interview that “I’m sad to sing, this song hit, so when I play it live, the audience is cheering up like a festoon. I feel annoyed by this paradox.” However, after that, it was Clapton who showed professionalism devoted to singing without empathy as much as possible and pleasing the audience. Clapton himself, Catharsis probably thought that it was achieved by having done this song, and showing it by “Unplugged”. However, at this point that an unprecedented big hit album “Unplugged” is released 3 days after this performance (TV broadcast on MTV was completed on March 27), it is still empathetic It is the performance with this board that I have to say so. It is also a place not to be heard. And she’s waiting from ’85 BEHIND THE SUN ‘which suddenly set in. Of course, it was a regular number played on the 85-year tour, but it was assembled for the first time in seven years on this tour. The intention is not clear, but it is more faithful to the original studio version than the 85’s play. And this performance seems to be more powerful and remorse than 85 years. If you listen in this way, you will be able to reaffirm that it was an excellent original Clapton song. In the second half, we will promote the same royal road hit song line as the Journeyman Tour. If you listen to this powerful performance, you will find that Clapton has returned completely, and your fans at that time will have relieved your heart. In the previous year, in the mass media, it was a devastating event for one person’s life, saying, “Clapton can’t recover again, and it’s a drug and alcohol addiction.” “And was reported daily. It was Clapton who overcame it with his own strong will and returned to tour. It may be said that it was this tour to have changed the image of “weak, sloppy Clapton” from the 70’s to the 80’s to “strong man Clapton” at a stretch. We will release this edition in order to let rock fans feel it. In the master of heavyweight taper, our shop completely corrects the pitch which was somewhat low, and it eases the sound image which is too loud and somewhat hard to listen to, and pursues the ease of listening, and provides it with the highest quality. Especially the ease of listening in the second half is remarkable. We will deliver the highest-quality version of the important performances of the year that became an important milestone in the 56-year career. It will be a limited edition only for the first press, so please order early.

★ The master completely different from the already issued. And the sound quality is also outstanding!
Send feedback
History
Saved
Community

4月に22回目の来日公演が決定したエリック・クラプトン。昨年、伝記映画も公開され、さらに3年振りの来日が決まったことで、プロキャリア56年の偉大な功績を振り返る作業が昨今のメディアで展開されています。さて、盛り上がる来日の機運に乗って、当店も今週はクラプトンの優良音源をリリース致します!本盤は1992年に実施した全米サマーツアーから、8月22日、あのシェア・スタジアムで行なった公演を非常に良好なステレオ・オーディエンス録音で完全収録したものです。本盤のマスターは、Beanoレーベルではお馴染みのイギリス在住の重鎮テーパーから直々に提供されたロウジェネレーションマスターです。もうこれだけでクオリティにはお墨付をいただけるでしょう。この日の既発盤としましては、90年代のCDブートの黎明期にリリースされたEC Raritiesレーベルの「SHEA STADIUM」という2CDヴィンテージブートがございました。それは、まずまずの音質ながらBefore You Accuse Meで僅かな音跳びがあったりする、決して完璧とは言えないものでした。それに比べ本盤は完全別マスターによる完全別ソース。音質レベルも格段に高いものです。遂にこの日の決定版が現われたと断言していいでしょう。さて、ここでこの公演が、この年のクラプトンの活動上どのような意味を持っていたのか、年表で振り返ってみましょう。

≪1992年1月14日:サウンドトラック「RUSH」(Tears In Heaven収録)リリース≫
・1992年1月16日:ロンドン郊外、ブレイ・スタジオにてMTV「アンプラグド」の収録
・1992年2月1日~3月1日:イギリス・ツアー
・1992年4月25日~5月25日:全米ツアー・ファーストレッグ
・1992年5月29日:ロンドンで開催されたファッションショーに出席。
・1992年6月16日~7月12日:ヨーロッパ・ツアー
・1992年8月11日~9月6日:全米ツアー・セカンドレッグ(スタジアム含む) ←★ココ★
≪1992年8月25日:「UNPLUGGED」リリース≫
・1992年9月9日:ロサンゼルスで開かれたMTVビデオ・アワードに出席
・1992年10月16日:マジソン・スクエア・ガーデンで開かれたボブ・ディランのデビュー30周年記念コンサートに出演
・1992年12月31日:故郷のサリー州ウォーキングにて、恒例のアルコール中毒者の会向けチャリティコンサート「ニュー・イヤーズ・イヴ・ダンス」を開催

この年の初めには、空前の大ヒットとなった「アンプラグド」の収録を行なっていました。前年、4歳になる息子さんを不慮の事故で失うという人生最悪の悲劇に見舞われたクラプトンですが、ジョージ・ハリスンとのジャパン・ツアーを経、「アンプラグド」で息子さんに想いを託したオリジナル曲や原点回帰したブルースを演奏することで自分を見詰め直し、ツアーのステージに復帰した記念すべき節目の年でありました。精神的にどん底に落ちたクラプトンが、再び音楽に活路を見出した年として記憶されるべき一年でしょう。従ってこの年のツアー・メンバーは、「アンプラグド」でバックを務めたミュージシャンたちでした(但し、女性コーラスの一人は、テッサ・ナイルズからジーナ・フォスターに代わっています)。このスタジアム・ツアーは、エルトン・ジョンとの「ダブルビル」で行なわれ、ツアーでは連日クラプトンとエルトンが交互にトリを取っていました。この日はエルトンがトリだったとのことで、エルトンの登場を待たずしてオーディエンスを熱狂させてやろうというクラプトンの意気込みが感じられるステージです。White Roomからのオープニングというのがクラプトンの気合を物語っているようで、この強烈な圧でコンサートは幕を開け、以降は90年のジャーニーマン・ツアーで見せたのと同じキレキレのプレイが畳み掛けられます。ブリッジ部のボーカルには、珍しいことにキーボードのチャック・リベルが抜擢されていました。今やストーンズのレギュラーメンバーともなった彼の歌声が聴けるレアなツアーだったのです。このツアーならではの選曲と言えば、やはり何と言ってもアコースティックセットにおけるTears In Heavenでした。この1曲を演奏するためだけに設けたシッティングセットでした。当時、クラプトンはインタビューで「歌うのも悲しくなるこの曲がヒットしたために、ライブで演奏するとオーディエンスがお祭り騒ぎのように陽気に盛り上がる。このパラドクスに苛立ちを覚える」と語ったこともありました。しかしその後は、なるべく感情移入せずに歌い、オーディエンスを喜ばせることに徹するプロフェッショナリズムを見せたクラプトンでした。クラプトン自身、カタルシスはこの曲を作ったこと、「アンプラグド」で披露したことで達せられたと考えたのでしょう。しかし空前の大ヒットとなるアルバム「アンプラグド」がこの公演の3日後にリリースされる(MTVでのテレビ放映は3月27日に完了していました)というこの時点では、まだ感情移入されている、そうせざるを得ないと言った本盤でのパフォーマンスです。そのあたりも聴きどころかと。そして突如セットインした85年「BEHIND THE SUN」からのShe’s Waiting。85年ツアーでは当然レギュラーでプレイされていたナンバーですが、本ツアーで7年ぶりにセットに組まれました。その意図は定かではありませんが、85年当時のプレイよりもよりオリジナル・スタジオバージョンに忠実な演奏になっています。そしてこの演奏の方が85年よりも迫力と凄みが増しているように感じられます。こうして聴くと、なかなか秀逸なクラプトンのオリジナル曲であったと再認識できます。後半はジャーニーマン・ツアーと同様の王道ヒット曲路線を驀進します。この迫力あるパフォーマンスを聴けば、クラプトンが完全復帰したことが判り、当時のファンはほっと胸をなでおろしたことでしょう。この前年、マスコミでは、一人の人間の人生経験としては余りにも悲惨な出来事だっただけに「もうクラプトンは立ち直れないのではないか。またドラッグとアルコール中毒の深みにはまってしまうのではないか。」と連日報道されていたものです。それを自らの強い意志で乗り越え、ツアー復帰したクラプトンでした。70年代から80年代にかけての「弱く、だらしないクラプトン」のイメージを「強い男クラプトン」へと一気に変えさせたのがこのツアーだったと言えるかもしれません。それをロックファンの皆さんに感じ取っていただくために、本盤をリリース致します。重鎮テーパーのマスターでは幾分低かったピッチを当店が完璧に修正、さらにラウド過ぎてやや聴き辛かった音像を緩和して聴きやすさを追求し、最高のクオリティでご提供致します。特に後半部の聴きやすさは特筆ものです。56年のプロキャリアにおいて重要な節目となった年の重要な公演を最高音質バージョンでお届けします。初回プレスのみの限定盤となりますので、どうぞお早めのオーダーをよろしくお願い致します。

★既発とは完全別マスター。そして音質も格段に優れています!

 

Disc 1 (51:20)
1. White Room 2. Pretending 3. I Shot The Sheriff 4. Running On Faith 5. She’s Waiting
6. Tears In Heaven 7. Before You Accuse Me

Disc 2 (67:43)
1. Old Love 2. Badge 3. Wonderful Tonight 4. Layla 5. Band Introduction
6. Crossroads 7. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton – guitar, vocals Andy Fairweather Low – guitar
Chuck Leavell – keyboards Nathan East – bass Steve Ferrone – drums
Ray Cooper – percussion Katie Kissoon – backing vocals Gina Foster – backing vocals

Beano-187

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.