Eric Clapton / Stafford 1979 / 2CD

Eric Clapton / Stafford 1979 / 2CD / Beano

Translated Text:
Live at Victoria Hall, Hanley, Stoke-on-Trent, Staffordshire, UK 30th September 1979

Click Image To Enlarge

This week is the release of the treasured live instrument from Eric Clapton’s first public master! Very valuable and good monaural and audience source directly acquired from heavyweight collector of familiar Britain of the concert performed in Victoria Hall of Hanley, UK, Staffordshire, September 30, 1979 is the master, but reputed By mastering by our professional engineer, we perfectly adjusted the pitch which was low by 35-40%, adjusted the bass range which was lumping like sound balance, and made it easy to listen . This sound source itself was another master and was circulating between tape traders before, but it remained only in the Western countries, and Japanese fans could not hear it. But this release finally got to hear the sound source of this precious time. Moreover, it is the main board that aimed at further upgrading, not just the master. Let’s look back in time series on what kind of meaning this performance had in this year.

· March 4 – 17, 1979: Tour of Ireland
· March 28 – June 24, 1979: long-term national tour
· September 7, 1979: The first warm-up gig in the All British band at Cranley, Surrey, England
· September 30, 1979: Studfordshire, UK, second warmup gig at Hanley ← ★ Coco ★
· October 6 – 29, 1979: Eastern Europe, Middle East tour
· November 16 – December 6, 1979: Far East, Japan Tour

There was no album release in this year. The reason is that the previous year “BACKLESS” was released, and it was necessary to conduct a promotion tour at the band (Tulsa Tops) that recorded the album. However, it is. When the tour which took Tulsa Tops led from March to June, Clapton left only Albert Lee and dismissed all the other members who came together for six years. And in July and August, Clapton, who liked that feeling, took part in a meeting session with a British sesseman based on the preparation of “BACKLESS” producer Glin Johns, and adopted that musician for the band. Here all the members were British, the birth of a blind face since the 69th blind face was born. However, the session men had unknown ability at the live stage. Therefore, Clapton sets twice warm-up · gig in September. On September 7th we perform the first live at Clapton’s small hall and on the 30th we will do a second gig at the theater class venue to measure the band’s ability. It was the day it was recorded on the main board. Clapton confirmed the potential of the band here will vigorously resume the tour. You will not know that it was not a fan that the Japan tour took place in the process that the nameplate “JUST ONE NIGHT” was born. As it were, as long as there was a concert of this board, it led to the birth of that name live board. When you look at the set list, unlike “JUST ONE NIGHT”, four songs from the latest album “BACKLESS” are also raised. And still we are playing the rare song La La La whose studio version has not been announced. As there are few performances that this song can hear, it can be said that rare is not too much. Moreover, I do not play popular song Layla which can be said to be the identity of Clapton (although I made it back on the tour after this). The pattern of omitting this song at the concert was seen on the tour of the following year, but it can be inferred that it got tired of Clapton himself doing it. The song of this song makes the appearance of the concert change completely. In a good sense it is a song with an explosive momentum, but Clapton himself also noticed the phenomenon that in a bad meaning, the response of the fans coming to the concert to listen to this song is thin in other songs. However, on this day it seems that he did not play Layla for different reasons. As for the song called Layla, the original version has a god-honored power, and musicians covering the band, bands are required to have the corresponding power, feeling and sense. In this new band at this point it seems that Layla has not reached the satisfying level of Clapton yet it has been omittled. Instead, you can hear a tough performance supported by British popularity in full story. It may be said that their grooves playing quite well even in Blues are full of charm that they can listen only at this time. In the “JUST ONE NIGHT”, the document of the all-British band earlier, which captured the time when it was still fumbling in the new band, such as four songs that can not be heard, is to clarify Clapton’s important career-related milestone. There are many audiences that rarely fly Koji in the performance of the local UK, and Clapton also mistook the introduction of Wonderful Tonight, it is also a part of the fact that it is affected somewhat. According to the review of the fans who saw the day, Clapton was sharpened cleanly and refreshingly, and it seems that it was a stylish look which solidified himself in a dark blue suit. I can see that it was enough to spill the ship in the new band. It is presumed that only some overseas collectors were concealed, this is the first public master of this precious time, and the only upgrade version of our shop is the main board. It will be released on limited press CD, so please order as soon as possible.

今週はまたエリック・クラプトンの初公開マスターからの秘蔵ライブ音源のリリースです!1979年9月30日、イギリス、スタッフォードシャー、ハンレーのヴィクトリア・ホールで行われたコンサートの、お馴染みイギリスの重鎮コレクターより直接入手した、大変貴重かつ良好なモノラル・オーディエンスソースがマスターですが、定評をいただく当店のプロエンジニアによるマスタリングにより、35-40%程度低かったピッチを完璧にアジャストし、サウンドバランス的に塊になっていた低音域と利き過ぎていた高音域を調整して聴きやすくしました。この音源自体は別のマスターで以前テープトレーダー間に流通していましたが、それは欧米圏のみに留まっており、日本のファンが聴けることはありませんでした。しかし、今回のリリースで遂にこの貴重な時期の音源が聴けることになったわけです。しかもマスターそのままではなく、さらにグレードアップを図ったのが本盤というわけです。それではこの公演がこの年、どのような意味合いを持っていたかを時系列で振り返ってみましょう。

・1979年3月4日~17日:アイルランド・ツアー
・1979年3月28日~6月24日:長期全米ツアー
・1979年9月7日:イギリス、サリー州クランレーでオール・ブリティッシュ・バンドでの初めてのウォームアップギグ
・1979年9月30日:イギリス、スタッドフォードシャー、ハンレーで二度目のウォームアップギグ ←★ココ★
・1979年10月6日~29日:東欧、中東ツアー
・1979年11月16日~12月6日:極東、ジャパン・ツアー

この年にはアルバムのリリースはありませんでした。その理由は、前年に「BACKLESS」がリリースされていたこと、そして当該アルバムをレコーディングしたバンド(タルサ・トップス)でのプロモーション・ツアーを行なう必要があったからです。ところが、です。3月から6月までタルサ・トップスを率いて行なったツアーが終わると、クラプトンは何とアルバート・リーだけを残し、6年間も一緒にやってきた他のメンバー全員を解雇してしまったのです。そして7月、8月に「BACKLESS」のプロデューサー、グリン・ジョンズの取り計らいにより、イギリスのセッションマンと顔合わせセッションを行い、そのフィーリングを気に入ったクラプトンは、そのミュージシャンをバンドに採用しました。ここに全員がイギリス人という、69年のブラインド・フェイス以来の布陣が誕生したのです。しかしセッションマンの彼らはライブステージでの実力が未知数でした。そのためクラプトンは9月に2回のウォームアップ・ギグをセッティングします。9月7日はクラプトンの地元の小ホールで初めてのライブを行ない、30日にはシアタークラスの会場で二度目のギグを行なってバンドの実力を測ります。それが本盤に収録された日でした。ここでバンドのポテンシャルを確認したクラプトンは精力的にツアーを再開します。その行程で行なわれたジャパン・ツアーから名ライブ盤「JUST ONE NIGHT」が生まれたことはファンならずともご存知でしょう。言わば、本盤のコンサートがあってこそ、あの名ライブ盤の誕生に繋がっていったのです。セットリストを見ていただくと、「JUST ONE NIGHT」とは異なり、やはり直近のアルバム「BACKLESS」からのナンバーが4曲も採り上げられています。そして未だにスタジオ・バージョンが発表されていないレア曲La La Laを演奏しています。この曲が聴ける公演はほとんどないだけに、レア極まりないと言えます。さらにはクラプトンのアイデンティティとも言える人気曲Laylaを演奏していません(この後のツアーでは復活させましたが)。コンサートでこの曲をオミットするというパターンは翌年のツアーに見られましたが、それはクラプトン本人がやるのに飽きたためと推察できます。この曲1曲でコンサートの様相がそれまでと一変してしまう。いい意味では爆発的な勢いのある曲ですが、悪い意味ではこの曲を聴くためにコンサートに来ているファンのレスポンスが他の曲では薄い、という現象をクラプトン本人も気づいていたと言えます。しかし、この日は違う理由でLaylaを演奏しなかったのではないかと思われるのです。Laylaという曲は、オリジナル・バージョンが神懸かり的なパワーを備えているだけに、カバーするミュージシャン、バンドにはそれ相応のパワーとフィーリング、センスが求められます。この時点のこのニューバンドではまだLaylaがクラプトンの満足いくレベルに達していなかったためにオミットしたのではないかと思えるのです。その代わり、イギリス人気質に裏付けられた手堅い演奏を全編で聴くことができます。ブルースでさえもかちっとプレイする彼らのグルーヴは、この時期でしか聴けない魅力に満ちていると言えるかもしれません。「JUST ONE NIGHT」では聴けないナンバーが4曲あるなど、まだニューバンドに手探り状態だった時期を捉えたオール・ブリティッシュバンド初期のドキュメントは、クラプトンのキャリア上重要な節目を明らかにするものです。地元イギリスでの公演の割りには珍しく野次を飛ばすオーディエンスが多く、クラプトンもWonderful Tonightのイントロをミスるなど、多少その影響を受けているのも一興といったところでしょうか。この日を観たファンのレビューによると、クラプトンはきれいさっぱりと髭を剃り落とし、ダークブルーのスーツに身を固めたお洒落なルックスだったそうです。ニューバンドでの船出に気合十分だったことが窺えます。一部の海外コレクターのみが秘匿していたと推測される、この貴重な時期の初公開マスター、しかも当店だけのグレードアップ・バージョンが本盤です。限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

Disc 1 (49:25)
1. Intro 2. Badge 3. Worried Life Blues 4. If I Don’t Be There By Morning
5. Tulsa Time 6. Early In The Morninig 7. Watch Out For Lucy 8. Wonderful Tonight
9. Setting Me Up (feat. Albert Lee) 10. La La La 11. Lay Down Sally

Disc 2 (52:15)
1. All Our Past Times 2. Double Trouble 3. After Midnight 4. Knockin’ On Heaven’s Door
5. Country Boy (feat. Albert Lee) 6. Key To The Highway 7. Cocaine
8. Further On Up The Road 9. Blues Power

Eric Clapton – guitar / vocals Albert Lee – guitar / vocals
Gary Brooker – keyboards / vocals Chris Stainton – keyboards
Dave Markee – bass Henry Spinetti – drums

Beano-158

Leave a Reply