Eric Clapton / Barcelona 1978 / 2CD

Eric Clapton / Barcelona 1978 /2CD / Beano

Translated text:
Live at Club Juventud de Barcelona, Barcelona, Spain 6th November 1978 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters)

 

Click Image To Enlarge


Eric Clapton’s treasure live sound source will appear again this week. Three works will be released on press CD, but two of them will be the first public release from the heavyweight tapers living in the UK that our shop trusts, shock master. One of them, the main board, has recorded the Barcelona performance in Spain, November 6, from the “Backless Europe Tour” in the autumn of 1978 with a sound-balanced stereo and audience recording. The sound source of Saarbruck ‘s performance this past two days in the past was uploaded on the net. There, as early as the tour only, as a repertory which can not be heard in the later performance, Golden Ring from the album “BACKLESS” and Walk Out in the Rain from the album had been played and gained evaluation that it is very valuable. However, the master of the heavyweight caught in the main board, in addition to first appearing genuine first, it was more shocking content. Before explaining it, let’s first review the topic of this year, how this European tour was positioned in terms of Clapton’s activities here.

· February 1st 1978 – April 19th: National Tour
· June 23, 1978: Appearance with Bob Dylan Band at the festival in Rotterdam, The Netherlands
· July 1 – July 15, 1978: Short-term European tour (including festival appearances with Bob Dylan)
«August – September 1978: Recording the album ‘BACKLESS’»
«November 1, 1978: Release of album” BACKLESS “»
· November 5 – December 7, 1978: Europe · Tour ← ★ Coco ★
· December 11, 1978: Participated in the Madi Waters concert at Dingwall in London

In response to the hit album “SLOWHAND”, it was a performance during the Europe tour with the recording of the same British producer, Glynn Johns, by the same producer, with the new work “BACKLESS” released in only 2 months after the end I think that you can see that it was a performance on the second day of the tour. I finished this year and it was an important tour that greatly contributes to the promotion of the album. This tour was that Clapton who was tired of usual aircraft movements borrowed the famous Orient express train, which was invented as a taste unique to Europe, and went around the whole performance place. There was also a happy situation for Clapton that the opening act was asked to admire the bluesman, Maddy Waters, to serve. I can see that I was motivated with a fresh feeling. The listening of this tour was to fire the second guitarist George Terry who was enrolled at the time of recording the album and took place in a 4 piece band of the same composition as the Derek & The Dominos era. The fact that the guitar became one clapton means that the proportion and importance of his performance has increased. This tour was noticed because he himself asked for its heavy responsibility despite the alcoholic poisoning progress. As we later knew, it was also the appeal of this tour that the set lists were very different at the beginning of the tour and beyond. As mentioned earlier, with only very early performances, I picked up many numbers from the album “BACKLESS”. After the middle stage, the number from that album is decreasing dramatically, and it will take on the appearance of “usual tour”, centering on the old blues and the last tour’s repertoire. The only fresh attempt was to bring Layla to the opening and set Stevey Wonder’s cover, Loving You Is Sweeter Than Ever. In that sense, the set list of this board can be asserted as rare in rare even in the live of Clapton! First of all, please look at the opening number. Someone Like You. It is the number of an unnamed musician, Arthur Ruiz, which was recorded on the B side of the single board Knockin ‘On Heaven’s Door that was released urgently in 1975. I opened the curtain of the concert with such a minor and maniac number that did not set in the A side song and forgot the fans. You can listen to the live version of this song only on this tour as well as on the entire career of Clapton. Continue to play Intros Blues Power. This is also a surprise. In addition to Golden Ring and Walk Out in the Rain, I play 4 songs from “BACKLESS” with If I Do not Be There Morning, I’ll Make Love to You. I think that it can be said that it is a sound source that can not bear fans for fans of this album that is highly evaluated as “hidden masterboard”. Furthermore, in the second half of Layla, we are playing something rare songs. It looks like a jam that was just improvised. As you can see from the final form of the tour which ended in late November, it was the contents of irregular exhaustion. Moreover, it is not only valuable but also good sound quality. Although it is not a clear sound of dompika, it is very sound-balanced for the average cassette recording in this era, and it’s easy to listen to. The pitch that was crazy has been corrected perfectly by our engineers. For the “Pensacola 1985” which will be released simultaneously this week, we recorded the master that was offered from the heavyweight taper and saw the eyes of the sun beyond 32 years, but for the main board it has exceeded 39 years’ first time It is an appearance sound source. In the era when “Tulsa Tops” was appointed, this tour was the only one who performed live in a 4 piece band. Clapton fans want to listen to this sound by all means. It becomes a limited release with a serial number entering sticker representing the first press. As there are limited numbers, please order as soon as possible.

今週はまたエリック・クラプトンの秘蔵ライブ音源が登場します。3作一挙にプレスCDでのリリースとなりますが、そのうちの2作は当店が信頼するイギリス在住の重鎮テーパーから提供された完全初公開、衝撃のマスターと言えるものです。そのうちの1作である本盤は、1978年秋の「バックレス・ヨーロッパツアー」から、11月6日のスペイン、バルセロナ公演をサウンドバランスの良い、広がりのあるステレオ・オーディエンス録音で収録しています。ネット上には過去にこの2日後のザールブルッケン公演の音源がアップロードされていました。そこではツアー初期のみ、後の公演では聴けないレパートリーとして、アルバム「BACKLESS」からの Golden Ring と Walk Out in the Rainがプレイされていたことで非常に貴重だという評価を得ていました。ところが本盤に捉えられた重鎮のマスターは、正真正銘初登場に加え、それ以上の衝撃的内容だったのです。それを解説する前に、まずここでこのヨーロッパツアーがクラプトンの活動上どのような位置付けになっていたのか、この年のトピックをおさらいしてみましょう。

・1978年2月1日~4月19日:全米ツアー
・1978年6月23日:オランダ、ロッテルダムでのフェスティバルにボブ・ディランバンドと共に出演
・1978年7月1日~7月15日:短期ヨーロッパツアー(ボブ・ディランとのフェスティバル出演を含む)
≪1978年8月~9月:アルバム「BACKLESS」のレコーディング≫
≪1978年11月1日:アルバム「BACKLESS」リリース≫
・1978年11月5日~12月7日:ヨーロッパ・ツアー  ←★ココ★
・1978年12月11日:ロンドン、ディングウォールでのマディ・ウォータースのコンサートに飛入り参加

大ヒットしたアルバム「SLOWHAND」を受けて、同じイギリス人プロデューサー、グリン・ジョンズの制作でレコーディングし、終了後僅か2ヵ月でリリースした新作「BACKLESS」を引っ提げてのヨーロッパツアー中の一公演であったこと、そのツアー開始2日目の公演であったことがお判りいただけると思います。この年を締めくくり、アルバムのプロモーションに大きく貢献する重要なツアーでした。このツアーは、いつもの航空機移動に飽きたクラプトンがヨーロッパならではの趣向ということで発案した、有名なオリエント急行列車を借り切って全公演地を回ったというものでした。オープニング・アクトは、敬愛するブルースマン、マディ・ウォータースにお願いして務めてもらったという、クラプトンにとっては嬉しい状況もありました。新鮮な気持ちでやる気満々だったことが窺えます。このツアーの聴きどころは、アルバムのレコーディング時には在籍していたセカンド・ギタリスト、ジョージ・テリーを解雇し、デレク&ザ・ドミノス時代と同じ編成の4ピースバンドで行われたことでした。ギターがクラプトン一人になったということは、それだけ彼のパフォーマンスに占める比重、重要度が増したということです。アルコール中毒進行中にもかかわらず、その重責を彼自らが求めたということで、このツアーは注目されたわけです。さらに後になって判ったことですが、セットリストがツアー序盤とそれ以降では大きく異なっていたことも、このツアーの魅力でもありました。前述しましたように、ごく初期の公演のみで、アルバム「BACKLESS」からのナンバーを多く採り上げたのです。中盤以降には当該アルバムからのナンバーは極端に減っていき、オールドブルースや前回ツアーのレパートリーが中心となった、「いつものツアー」といった様相を呈していきます。唯一、新鮮な試みだったのは、Laylaをオープニングに持ってきたり、スティーヴィー・ワンダーのカバー、Loving You Is Sweeter Than Everをセットインさせたりしたことでした。その意味では、本盤のセットリストはクラプトンのライブでもレア中のレアと断言できます!まずはオープニング・ナンバーを見てください。 Someone Like Youなのです。75年に緊急リリースしたシングル盤Knockin’ On Heaven’s DoorのB面に収録されていた無名ミュージシャン、アーサー・ルイスのナンバーです。A面曲をセットインさせず、ファンも忘れているようなこんなマイナーかつマニアックなナンバーでコンサートの幕を開けたのです。この曲のライブ・バージョンが聴けるのは、このツアーのみならずクラプトンの全キャリアにおいても本盤だけと思われます。続けては、イントロをプレイしないBlues Power。これも驚きです。そして Golden Ring や Walk Out in the Rainのみならず、If I Don’t Be There By Morning、I’ll Make Love to Youと、「BACKLESS」からのナンバーを4曲もプレイしています。「隠れた名盤」的に評価の高いこのアルバムのファンにとっては堪らない音源と言えるのではないでしょうか。さらにLaylaの後半では何やらレアな曲をジョイントしてプレイしています。まるで即興で演奏したジャムのようです。このように、11月下旬に終了したこのツアーの最終形から考えれば、イレギュラー尽くしの内容だったことが判ります。しかも貴重度のみならず、音質がいいのです。ドンピカのクリアサウンドとはいきませんが、この時代の平均的なカセット・レコーディングの割りには非常にサウンドバランスが良く、聴きやすい音質です。狂っていたピッチは当店のエンジニアが完璧に修正しています。重鎮テーパーから提供されたマスターを収録し、今週同時リリースされる「Pensacola 1985」については32年の時を超えて日の目を見たものですが、本盤に関しては39年の時を超えてきた初登場音源です。「タルサ・トップス」を起用していた時代で、4ピースバンドでライブを行なったのはこのツアーだけでした。クラプトンファンの方々にはこの音源は是非とも聴いていただきたいと思います。初回プレスを表すシリアルナンバー入ステッカー付の限定リリースとなります。数に限りがございますので、お早めのオーダーをお願い致します。
Disc 1 (44: 39)
1. Someone Like You 2. Blues Power 3. Worried Life Blues 4. Badge 5. Golden Ring
6. If I Do not Be There Morning 7. Walk Out in the Rain

Disc 2 (42: 39)
1. Double Trouble 2. I’ll Make Love to You 3. Layla 4. Cocaine 5. Key to the Highway
6. Further On Up the Road

Eric Clapton – Guitar, Vocals George Terry – Guitar Dick Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums

Beano 155

Leave a Reply