Eric Clapton / Toronto 1974 / 2CD

Eric Clapton / Toronto 1974 / 2CD / Beano

Translated Text:
Live at Maple Leaf Gardens, Toronto, ON. Canada 2nd October 1974

Click Image To Enlarge

This week we will release another JEMS ‘s first public release treasure sound source! 43 years ago from now. JEMS made the First Generation Master of Toronto in Canada, October 2 from the second tour of the US, which came back from retirement for three years. This stereo audience source was once released as a legendary boot leg made in Japan called “LOOKING BACK”, but the JEMS Master this time has excellent sound quality with more than 2 ranks, outstanding clearness and sound It boasts a balance. Besides, the master who was already learned was monaural of a narrow sound field, but what was spreading stereo on this master this time! Listening with this sound quality This day makes a new impression, it is fresh that it is different from the time of the national tour just after the set list came back. Because, as soon as I completed recording of the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” following “461 OCEAN BOULEVARD” between the first national tour and this second tour. Therefore, it was the time to listen to this tour that showed the number of “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” recorded. And after this tour I was waiting for the first Japan tour. In that respect, it might be that this short-term national tour was a little long warm-up · gig for “Japan Tour” that was conscious of the country where Clapton first fell down. I think that the interest in this stage will be even greater if Clapton stood at the stage of Toronto and thought that he had thought of Japan as yet unseen country, Japan. However, this upgrade version of JEMS sound source was full of faults. First of all, the pitch was significantly out of order. The pitch was as high as 50 to 80% throughout. In Tell the Truth, it was a deviation of pitch of about 200% at maximum. Moreover, due to aged deterioration of the tape, this madness appeared randomly. The shop’s professional engineer checked it carefully, and carefully adjusted it. Tell the Truth I could not listen to it Tell the Truth The late stage and others are becoming easier to listen to (although we had to keep the violent tape swaying part of the second half as it was). And the sound pressure balance of the left and right channels was broken, so adjust it. What was even more fatal was the incomplete recording of JEMS’s recorded track order, unrecorded two early songs, and recorded Willie And The Hand Jive from the middle. So our shop replaced the song order according to the set list of the day. And mastering the ex – pressed part (2 songs + early part of Willie And The Hand Jive), we reduced the low frequency range and put it close to the high sound quality of JEMS and compensated it, realized complete recording. Listen to Willie And The Hand Jive, you will be able to experience the splendid crossfade processing of our engineers. As a result, this board can be declared asserted as the definitive version of this day. JEMS of the Net This is the highest class upgrade board you want to listen to the people of Clapton Mania who is satisfied as it is.
Well, let’s see how the performance of this day was positioned in this comeback year here.

· June 19, 1974, 20: Warm-up · Gig in Northern Europe for the national comeback tour
· June 28 – August 4, 1974: National Tour
«August 5, 1974: Release of album ‘461 OCEAN BOULEVARD’»
· August – September 1974: Recording the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” in Miami
· September 28 – October 6, 1974: 2 national tour ← ★ Coco ★
· October 31 – November 6, 1974: First Japan Tour
· November 27 – December 5, 1974: European tour

Feeling with the great success of the nationwide tour of June, Clapton confident in the re-departure of career, full of willingness to produce, completed until the recording of the next album, and soon will go on tour I understand that. I guess he wanted the fans to hear new songs soon. We also show Singing The Blues and The Sky Is Crying in this performance. Especially for the first nationwide tour with Martin and Blackie, I went for a slide with a cherry red finish Gibson ES-335TD (which is a guitar used at that cream dissolution concert) for the slide. The Sky Is Crying is playing sticky slide play with this guitar. Others are putting on a lot of the album “461” number with a good feeling, it is a hatred set that will remind me of the creed era, Derek & the Dominos era with Badge, Little Wing, Layla, Tell The Truth. Badge is playing as a coder by joining Everly Brothers’ standard number “All I Have To Do Is Dream” which was standardized in the subsequent Japanese performance. Even with these points, can not we say that we were looking at arranging and staging at a later Japanese performance? Clapton of this day shows quite good results. The first drunkenness mode during the national tour is off and we are showing off a tight play. Also, at this point, female vocalist Mercy Levy was participating in the back band. After that, she supported Clapton for many years, and her first stage of struggling with the red-eyed struggle after leaving Yvonne Elliman was also this tour. It would be fun to listen to the balance of the two female choruses as well. Suddenly publicized JEMS upgrade master. We will further upgrade it and release it as a definitive version of complete recording this time. It will be released on the limited press CD for the first time only, so please order as soon as possible.
今週は、JEMSの初公開秘蔵ライブ音源をもう一つリリース致します!今から43年前。3年間のリタイアからカムバックしたこの年の、2回目となる全米ツアーから10月2日のカナダ、トロント公演のファースト・ジェネレーションマスターをJEMSが公開してくれたのです。このステレオ・オーディエンスソースは、かつて「LOOKING BACK」という日本製の既発ブートレッグでリリースされていたのですが、今回のJEMSマスターはそれとは2ランク以上も音質が向上した、抜群のクリアネスとサウンドバランスを誇るものです。しかも既発マスターは狭い音場のモノラルだったものが、今回のマスターでは、何と広がりのあるステレオになっていました!この音質で聴くこの日は新たな印象を抱かせるもので、セットリストがカムバックしてすぐの全米ツアー時とは異なっているのが新鮮です。なぜなら、1回目の全米ツアーとこの2回目のツアーの間に、早くも「461 OCEAN BOULEVARD」に続くアルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」のレコーディングを完了していたからです。そのため、「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」収録のナンバーも披露したのがこのツアーの聴かせどころでした。そしてこのツアー後には初のジャパン・ツアーを控えていました。その点では、クラプトンが初めて降り立つ日本という国を意識した、「ジャパン・ツアー」のための少し長いウォームアップ・ギグがこの短期全米ツアーだったのかもしれません。クラプトンがトロントのステージに立ちながら、まだ見ぬ国、日本への思いを馳せていたと考えると、このステージへの興味もさらに大きくなるのではないかと思います。ところが、このアップグレード版JEMS音源には欠点が満載でした。まず、何と言ってもピッチが大幅に狂っていたこと。全体を通して50~80%程度もピッチが高かったのです。Tell the Truthにおいては、最大200%程度というピッチの狂いでした。しかもテープの経年劣化により、この狂いがランダムに現われていたのです。そこを当店のプロエンジニアは細かくチェックし、丁寧にアジャスト致しました。聴くに堪えなかったTell the Truth終盤などは見事に聴きやすくなっています(但し、後半の激しいテープ揺れ箇所はそのままにせざるを得ませんでした)。そして左右チャンネルの音圧バランスが崩れていましたので、それを調整。さらに致命的だったのは、JEMSの収録曲順がバラバラで、序盤の2曲が未収録、Willie And The Hand Jiveも途中から収録という不完全収録だったことです。そこで当店は曲順を当日のセットリストどおりに入れ替えました。そして未収録部分(2曲+Willie And The Hand Jiveの序盤)を既発盤をマスタリングし、低音域を軽減してJEMSの高音質に近づけた上で補填し、完全収録を実現したのです。Willie And The Hand Jiveを聴いていただくと、当店エンジニアの見事なクロスフェード処理を実感していただけるでしょう。その結果、本盤がこの日の決定版と断言できるものになりました。ネットのJEMSそのままで満足されているクラプトンマニアの方々にこそ聴いていただきたい最上級アップグレード盤が本盤です。
さて、ここでこの日の公演がこのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。

・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫
・1974年8月~9月:アルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー ←★ココ★
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:ヨーロッパ・ツアー

6月からのカムバック全米ツアーの大成功で気を良くし、キャリアの再出発に自信を持ったクラプトンは、製作意欲に溢れ、早々と次のアルバムのレコーディングまで完了し、またすぐにツアーに出たことが分かります。早くファンに新曲を聴かせたかったのでしょう。本公演でも Singing The BluesとThe Sky Is Cryingを披露しています。特にマーティンとブラッキーで通した1回目の全米ツアーに対し、本ツアーではスライド用にチェリーレッド・フィニッシュのギブソンES-335TD(そう、あのクリーム解散コンサートで使用したギターです)をスタンバイしていました。このギターで粘りのあるスライドプレイを聴かせているのがThe Sky Is Cryingです。その他はアルバム「461」のナンバーをいい感じで散りばめながら、Badge、Little Wing、Layla、Tell The Truthでクリーム時代、デレク&ザ・ドミノス時代を思い起こさせてくれるという心憎いセットになっています。Badgeには、その後の日本公演で定例化した、エヴァリー・ブラザーズのスタンダードナンバー「All I Have To Do Is Dream」をジョイントし、コーダとして演奏しています。こういった点でも後の日本公演でのアレンジ、ステージングを見据えていたと言えるのではないでしょうか。この日のクラプトンはなかなかの好調ぶりを示しています。1回目の全米ツアー時の泥酔モードは脱しており、張りのあるプレイを披露しています。また、この時点ではバックバンドに女性ボーカルのマーシー・レヴィが参加していました。この後何年にも渡ってクラプトンをサポートし、イヴォンヌ・エリマン脱退後は紅一点で奮闘した彼女の最初期のステージがこのツアーでもありました。二人の女性コーラスのバランスにも耳を傾けてみるのも一興でしょう。突如公開されたJEMSのアップグレードマスター。それをさらにグレードアップし、完全収録の決定版としてお届けする今回のリリース。初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

Disc 1 (55:04)
1. Intro 2. Let It Grow 3. Can’t Find My Way Home 4. Willie And The Hand Jive
5. Get Ready 6. Badge 7. I Shot The Sheriff 8. Singing The Blues

Disc 2 (42:18)
1. The Sky Is Crying 2. Steady Rollin’ Man 3. Little Wing 4. Layla 5. Tell The Truth

Eric Clapton – Guitar, Vocals George Terry – Guitar Dicks Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums Yvonne Elliman – Backing Vocals
Marcy Levy – Backing Vocals

Beano-160

Leave a Reply