Eric Clapton / Pittsburgh 1974 / 1CD

Eric Clapton / Pittsburgh 1974 / 1CD /  Beano

Translated Text: 
Three Rivers Stadium Pittsburgh, PA. USA 5th July 1974 STEREO SBD

Click Image To Enlarge

Also this week we have arrived two vintage cassette masters from heavyweight tapers living in the UK who are famous for providing Eric Clapton’s treasure source! They belonged to the 1974 comeback national tour, both of which were low-generation sound board masters of PA out which flowed out of the tour staff. Our shop has just released “Tempe 1974” and “Hampton 1974” as a low-gen cassette master from this heavyweight taper. For customers who listened to them, I think that you can understand the degree of upgrade from the pre-launch board, but this time the master did not disappoint. Because it is a network of heavyweight tapers, it will surely be satisfied with this quality which is still fresh even after 44 years passed. The first is a main board with the best stereo sound board recording, except for the last part of the concert held in Pittsburgh, Pennsylvania on July 5, 1974. In Blues Power, traces of tape change made at 0:19 and 7:00 are visible as well as the already-released board, but since there is little sense of incongruity, this is a fault shortcoming. Although there are things that Tell The Truth and Crossroads are not recorded in the earlier stage, this board is only a master cassette, and these two songs are well recorded.
Well, let’s see how the performance of this day was positioned in this comeback year here.

· June 19, 1974, 20: Warm-up · Gig in Northern Europe for the national comeback tour
· June 28 – August 4, 1974: National Tour ← ★ Coco ★
«August 5, 1974: Release of album ‘461 OCEAN BOULEVARD’»
· August – September 1974: Recording the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” in Miami
· September 28 – October 6, 1974: 2 nd National Tour
· October 31 – November 6, 1974: First Japan Tour
· November 27 – December 5, 1974: European tour

This show went through a warm up gig in Northern Europe, and was in the sixth performance entering tour tour. I will be able to say that it is a valuable sound source of the time when the stage has returned to the stage from the retirement of three years and it has not reached the ground yet. This national tour was famous as a drunk tour drunk to drink to ease the tension to the live stage after a long absence. Therefore, even though it is drunken on the main board day, it is surprising that clapton’s play quality is not low. The concert on this day seemed to have been held like a festival locally, and Todd Rundgren, The Band appeared in the opening act. Clapton that received it was a head liner, but the meeting with the band who was also a longing for himself was surely an event that raised the mood for Clapton. Clapton improvises and sings a birthday song devoted to the lobby after the opening number’s play that this day was hitting the lobby · Robertson’s birthday in addition to reunion with those who had former relationships since the cream era It is a pleasure to say that. After this concert, a lobby birthday party was held in the dressing room and Clapton joined and enjoyed a lot. It was an event at Blues Power that put water on such a bad mood. Because it was the day after the National National Day on 5th July, fans who made a fuss about the previous day lit fireworks brought in that momentum and threw them into the stage (as of 1:38). This venue was a stadium, so we set up a stage and a tent built with canvas cloth was set on top of it. Fireworks were thrown at the roof of the tent. Clapton gets furious at the fireworks sprinkling fire at the roof of the tent (as of 3:40). If you write the announcement of his anger at this time, “F *! K You, you c * & t! Whoever Threw That! Your F-ing Mother!”, “I’ll tell you one thing … your fucking aggrivation … these fireworks and things like that … NO WAY! It’s SILLY BEHAVIOUR !!! STOP IT !!!!! (“Why are you doing things! Do not throw fireworks! Idiots!”, “One I will tell you that there is no such a foolish act.Do you stop it! According to a sighting story, another customer flew Frisbee at this time, it seems that it hit Yvonne Elliman. Eleiman can also hear something blurred in the middle of this song. It is safe to say that the band continues to play during these events, but it is not only this time that Clapton was furious on the actual stage in the long career to date. It is a record of an unusual day where there were many things just happening and indignation, even in the first half alone. As a set list there is a rare development that Tell The Truth and Crossroads are being played in the medley. Chuck Belly Number Little Queenie and others are playing sharper than take of the same year’s long beach performance recorded in the official board released as a soundtrack of Clapton biography movie “Life In 12 Bars” recently (That was a take that was pretty drunk.) Sound quality is better than original, sound balance is good, stereo separation feeling is also firm This master can be said as the definitive version of this day. In the master of the heavy taper taper, although the pitch was considerably high from the problem due to aging, it is properly adjusted to the normal pitch in our shop. We will deliver in the best condition with no problem at all. Because both works will be released on the limited press CD only for the first time, please order early.

今週はまた、エリック・クラプトンの秘蔵音源提供で有名なイギリス在住の重鎮テーパーからのヴィンテージカセットマスターが2つ到着しました!それらは1974年のカムバック全米ツアーのもので、どちらもツアースタッフから流出したPAアウトのロウジェネレーション・サウンドボードマスターでした。当店は先般、この重鎮テーパーからのロウジェネカセットマスターとして「Tempe 1974」と「Hampton 1974」をリリースしたばかりです。それらをお聴きになったお客様には、既発盤からのグレードアップ度がお判りいただけたことと思いますが、今回のマスターも期待を裏切らないものでした。重鎮テーパーの人脈だからこそ入手し得た、44年の時を経てもなお鮮度の高いこのクオリティにはきっとご満足いただけることでしょう。その一つめは、1974年7月5日にペンシルヴァニア州ピッツバーグで行なわれたコンサートの終盤以外の部分を極上のステレオ・サウンドボード録音で収録した本盤です。Blues Powerでは、既発盤同様0:19時点と7:00時点でテープチェンジした痕跡は窺えますが、ほとんど違和感がないのでこれは取るに足りない欠点でしょう。既発盤の中にはTell The TruthとCrossroadsが未収録のものもありますが、本盤はマスターカセットというだけあって、この2曲もしっかり収録されています。
さて、ここでこの日の公演がこのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。

・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー ←★ココ★
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫
・1974年8月~9月:アルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:ヨーロッパ・ツアー

本公演は、北欧でのウォームアップギグを経て、ツアー本番に突入しての6公演目に当たっていました。3年に及ぶリタイアからステージ復帰し、まだ地に足が着いていなかった時期の貴重な音源と言うことができるでしょう。この全米ツアーは、久々の生ステージへの緊張を緩和するために酒に酔っ払って敢行したツアーとして有名でした。そのため本盤の日でも酩酊ぶりが窺えるわけですが、クラプトンのプレイクオリティが低くないことが驚きでもあります。この日のコンサートは、現地ではフェスティバル的に開催されたものだったようで、オープニングアクトにはトッド・ラングレン、ザ・バンドが出演しました。それを受けてのクラプトンがヘッドライナーだったわけですが、自身の憧れでもあったザ・バンドとの顔合わせはクラプトンにとって気分を高揚させる出来事に違いありませんでした。クリーム時代から旧知の間柄だった彼らとの再会に加え、この日がロビー・ロバートソンの誕生日に当たっていたということで、オープニングナンバーの演奏後にはクラプトンが即興でロビーに捧げるバースデイソングを歌っているというご機嫌ぶりです。このコンサート後には、楽屋でロビーのバースデイ・パーティが催され、それにクラプトンも加わって大いに楽しんだとのことです。そんなご機嫌なクラプトンに水を差したのが、Blues Powerでの出来事でした。7月5日、アメリカ建国記念日の翌日であったことから、前日に大騒ぎしたファンがその勢いのまま持ち込んだ花火に火を点けてステージに投げ込んだのです(1:38時点)。この会場はスタジアムでしたので、ステージを設営し、その上にはキャンバス地の布で造られたテントが設営されていました。そのテントの屋根に花火が放り投げられたのです。テントの屋根で火を噴きまくる花火にクラプトンが激怒します(3:40時点)。この時の彼の怒りのアナウンスを記しますと、「F*!k You, you c*&t! Whoever Threw That! Your F-ing Mother! 」、「I’ll tell you one thing…your fucking aggrivation…these fireworks and things like that…NO WAY! It’s SILLY BEHAVIOUR!!! STOP IT!!!!!(「なんてことをするんだ!花火を投げ込むなんて!馬鹿か!」、「一言言っておくよ。こんな愚かな行為はないぞ。やめるんだ!)」です。目撃談によると、この時、別の客がフリスビーを飛ばし、それがイヴォンヌ・エリマンに当たったそうです。エリマンもこの曲の途中で何やらぼやいているのが聞き取れます。こうした出来事の間もバンドが演奏を続けているのはさすがとも言えますが、クラプトンが今日までの長いキャリアにおいて、本番のステージ上で激怒したというのはこの時だけではないでしょうか。楽しいことや憤慨したこと、前半部だけでもいろいろなことがあった珍しい日の記録です。セットリスト的にはTell The TruthとCrossroadsがメドレーで演奏されているという珍しい展開があります。チャック・ベリーナンバーLittle Queenieなどは、先頃クラプトンの伝記映画「Life In 12 Bars」のサントラとしてリリースされたオフィシャル盤に収録された同年のロングビーチ公演のテイクよりもシャープなプレイをしているほどです(あれは相当酔っ払っていたテイクでした)。音質は元より、サウンドバランスも良く、ステレオのセパレート感もしっかりあるこのマスターこそがこの日の決定版と言えるものです。重鎮テーパーのマスターでは、経年による問題からかなりピッチが高かったのですが、それを当店では正常ピッチにきちんとアジャスト。まったく問題のない最高の状態でお届けします。2作とも初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

 

(56:27)
1. Smile 2. It’s Robbie’s Birthday 3. Let It Grow 4. Can’t Find My Way Home
5. Willie And The Hand Jive 6. Get Ready
7. Blues Power ★1:40と3:40でクラプトンが激怒
8. Little Queenie 9. Tell The Truth 10. Crossroads

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Eric Clapton – Guitar, Vocals George Terry – Guitar Dicks Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums Yvonne Elliman – Backing Vocals

Beano-176

Leave a Reply