Eric Clapton / Legion Field 1974 / 1CD

Eric Clapton / Legion Field 1974 / 1CD / Beano

Translated Text:
Live at Legion Field, Birmingham, Alabama, USA 29th July 1974 Stereo SBD

Click Image To Enlarge

Another week of Eric Clapton’s excavation master cassette provided by British resident heavyweight taper this week is the same as the first “Pittsburgh 1974” from 1974 Comeback National Tour First Leg, July 29 at the end of the tour It was recorded on the sound board recording of the regular set part except Angkor at the Birmingham performance in Alabama, which was held on the day. Like the master of “Pittsburgh 1974”, this soundboard source was recorded as a PA out for engineer’s check at the concert venue, and this source is monaural sound board recording. It is the same source that was released as part of the Japanese 3CD pre-boot leg that was once used as “Three Smiles”, but this time the master of the heavyweight is called “master cassette”, compared with the pre-launch board Even sound quality is clear. His noises are somewhat prominent because it is clear that the sound quality is clear in the master version. Clapton of this day is a little rough from the tired of the tour and the influence of liquor, but the voice quality is a little rough, but the play quality is quite high.
I will repeat the review of “Pittsburgh 1974” here, but let’s see what the position of the performance of this day was in the camback year of Clapton.

· June 19, 1974, 20: Warm-up · Gig in Northern Europe for the national comeback tour
· June 28 – August 4, 1974: National Tour ← ★ Coco ★
«August 5, 1974: Release of album ‘461 OCEAN BOULEVARD’»
· August – September 1974: Recording the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” in Miami
· September 28 – October 6, 1974: 2 nd National Tour
· October 31 – November 6, 1974: First Japan Tour
· November 27 – December 5, 1974: Short-term Europe tour

Although “Pittsburgh 1974” and the same tour as the same leg, you will find that it was in the schedule of the final stage. During this period, it seems that there was also a tiring event because of the long tour, so you can notice that the voice quality of Clapton is somewhat rough, but it is also a time to realize the success of the comeback, which leads to confidence It is a characteristic that clapton and the band’s play quality are high. I’m feeling somewhat drunk of Clapton, I feel very shaky to play. In the early acoustic number, you can hear the beautiful sound of Martin D – 45 (Longworth) that you used regularly at this time. It is also surprising that Layla was the number immediately after switching to electric (Blackie). Almost one month has passed since the tour started, but have you not noticed the weights and popularity of this song yet? I think, but this number that appeared early also plays out extraordinary, extraordinary phrases (endings ended up with clapton’s freak). Before Key To The Highway you can hear the voice of Clapton telling this song title to the band, but there is no set list sheet etc, and you can see that playing songs were decided by one feeling of Clapton We will. The potential of the band to respond firmly is also amazing. From here Clapton and the band will show off. Especially at the late performance of Badge, I usually left it to George Terry of the second guitar, and on this day it will be a twin lead structure with clapton cutting in the middle. This sparkling guitar battle is terrible. In one piece Jam part of Tell The Truth’s late performance, the twin guitar makes an accidental ensemble hear. Clapton’s defeat play will appear towards the ending, thinking whether it will pull it. Before Let It Rain, “Clapton announces it will be the last song today, sorry.” And then again afterwards rolling over. If you can listen to Encore in this trend! I think that, PA Out, you can check the sound, if there is no trouble There was no way it was a situation where recording was aborted there. However, the popular songs in Clapton’s career are daunting and the number from the big hit Comeback work “461 OCEAN BOULEBARD” set up there shows exquisite balance, and the sound source of this day is 1 CD in “delicious places I can say that it is a representative favorable board of the 74-year tour. The master cassette of the heavy taper taper has been fluffing the place where the pitch is generally about 40% higher than the semitone by aging, but our shop adjusts it perfectly. You can enjoy it with a sense of stability that was not on the pre-launch board. “74 Birmingham” is determined by the main board. “Pittsburgh 1974”, this mainboard will also be released on the limited press CD for the first time, so please order as soon as possible.

今週、イギリス在住の重鎮テーパーより提供されたエリック・クラプトンの発掘マスターカセットのもう一つは、第1弾の「Pittsburgh 1974」と同じ1974年カムバック全米ツアー・ファーストレッグから、ツアー終盤の7月29日に行なわれたアラバマ州バーミンガム公演での、アンコール以外のレギュラーセット部分をサウンドボード録音で収録したものです。このサウンドボードソースも「Pittsburgh 1974」のマスターと同様、コンサート会場でエンジニアのチェック用にPAアウトとして録音されていたもので、本ソースはモノラル・サウンドボード録音です。かつて「Three Smiles」という日本製の3CD既発ブートレッグの一部としてリリースされていたものと同ソースですが、今回の重鎮のマスターは「マスターカセット」というだけあって、既発盤と比較しても音質はクリアになっています。ヒスノイズがやや目立つのも、マスターバージョンで音質がクリアだからこそと言えるでしょう。この日のクラプトンはツアーの疲れと酒の影響からか、声が少し荒れていますが、プレイクオリティはかなり高いと言えます。
ここで「Pittsburgh 1974」のレビューの繰り返しになりますが、この日の公演がクラプトンのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。

・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー ←★ココ★
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫
・1974年8月~9月:アルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:短期ヨーロッパ・ツアー

「Pittsburgh 1974」と同ツアー同レッグとは言え、終盤の日程に当たっていたことがお判りいただけるでしょう。この時期には、久々のツアーということで当然疲れもあったようで、多少クラプトンの声質が荒れているのにお気づきいただけますが、カムバックの成功を実感できた時期でもあり、それが自信に繋がったことが窺え、クラプトンとバンドのプレイクオリティが高いのが特長です。クラプトンの酔い具合も抑え気味で、プレイには非常にキレがあります。序盤のアコースティックナンバーでは、この時期常用していたマーティンD-45(ロングワース)の美しい響きをしっかり聞き取ることができます。エレクトリック(ブラッキー)に持ち替えてすぐのナンバーがLaylaであったことも驚きです。ツアー開始からほぼ1ヶ月も経っているのに、まだこの曲の重みと人気に気づいていなかったのか?と思ってしまいますが、早々に登場したこのナンバーでも非常に切れのある、非凡なフレーズを弾き出しています(エンディングはクラプトンの気紛れで端折っていますが)。Key To The Highwayの前にはこの曲名をバンドに告げているクラプトンの声を聞き取ることができますが、セットリストシートなど存在せず、クラプトンの気分ひとつで演奏曲が決められていたことを窺わせます。それにしっかり応えるバンドのポテンシャルも凄いところです。ここからクラプトンとバンドは本領発揮します。特にBadgeの後奏では、通常セカンド・ギターのジョージ・テリーに任せていたところ、この日は途中からクラプトンが切り込んできてのツインリード体制となります。この火花が散るようなギターバトルは凄まじいです。Tell The Truthの後奏のワンコードのジャムパートでは、ツインギターが偶発的なアンサンブルを聴かせます。それを引っ張るのかと思いきや、エンディングに向けてクラプトンの弾き倒しが現出します。Let It Rainの前には「今日最後の曲になるよ。ごめんね。」とクラプトンがアナウンスします。そしてまたしても後奏で弾き捲り。この流れでアンコールまで聴けたら!と思ってしまいますが、PAアウトというものはサウンドが確認でき、ノートラブルであればそこで録音打ち切りという状況だったので仕方ありません。しかし、クラプトンのキャリアにおいての人気曲が目白押しなのと、そこに組まれた大ヒットカムバック作「461 OCEAN BOULEBARD」からのナンバーが絶妙なバランスを見せており、この日の音源は1CDで「美味しいところだけを聴ける」、74年ツアーの代表的な好盤と言えるでしょう。重鎮テーパーのマスターカセットはやはり経年によりピッチが全体的に半音の40%程度高い所をふらふらしていましたが、当店はそれを完璧にアジャスト。既発盤にはなかった安定感で楽しんでいただけます。「74バーミンガム」なら本盤で決まりです。「Pittsburgh 1974」、本盤とも初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

 

(77:17)
1. Intro. 2. Smile 3. Let It Grow 4. Layla 5. Willie And The Hand Jive
6. Get Ready 7. Key To The Highway 8. I Shot The Sheriff 9. Badge
10. Tell The Truth 11. Let It Rain

Eric Clapton – Guitar, Vocals George Terry – Guitar Dicks Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums Yvonne Elliman – Backing Vocals

SOUNDBOARD RECORDING

Beano-177

Leave a Reply