Eric Clapton / Hampton 1974 / 1CD

Eric Clapton / Hampton 1974 / 1CD / Beano

Translated Text:
Live at Hampton Coliseum, Hampton, Virginia, USA 28th September 1974 STEREO SBD


Click Image To Enlarge

Eric Clapton’s excavation master cassette provided by Britain’s heavyweight taper is the third part of the excavation master cassette of the 2nd “Tempe 1974” which was carried out in 1974 after the 1974 Comeback National Tour – First Leg – Second Leg , “Master cassette” which recorded middle part of Hampton performance of Virginia state on 28th September with stereo sound board recording. Like the master of “Tempe 1974”, this sound board source was recorded as a PA out for engineer’s check at the concert venue, and it was once released as a 1CD already-launched boot leg called “A Drunkard’s Night” It is the same source as what I was doing. However, this time the heavyweight master is just a “master cassette”, and the sound quality has been cleared up by one rank compared to the original disk. Moreover, this source has been known as “monaural” so far, but the master of the heavyweight was “stereo”. Although it is not completely separating, there is spreading in the sound, the balance between left and right is clearly different, so this is a stereo sound board and there is no mistake. While the first track does not change during the recording from the same part, the clapton’s play quality is high on this day, so it is well worth listening. On this day, I have a low degree of drunkness, I am doing MC tightly, I introduced Mercy Levy as a new member by MC, introduced Dick · Simms at the place where I featured a keyboard, and also considered band members He is showing a cool leader as well.

Well, let’s see how the performance of this day was positioned in Clapton’s comeback year here.

· June 19, 1974, 20: Warm-up · Gig in Northern Europe for the national comeback tour
· June 28 – August 4, 1974: National Tour
«August 5, 1974: Release of album ‘461 OCEAN BOULEVARD’»
· August – September 1974: Recording the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” in Miami
· September 28 – October 6, 1974: 2 national tour ← ★ Coco ★
· October 31 – November 6, 1974: First Japan Tour
· November 27 – December 5, 1974: Short-term Europe tour

Feeling with the great success of the nationwide tour of June, Clapton confident in the re-departure of career, full of willingness to produce, completed until the recording of the next album, and soon will go on tour I understand that. It was this second leg that I booked in order to make fans listen to the new songs freshly recorded. Moreover, this performance was the first day of that. In extra clapton the feeling was strong. On this day we are showing 2 songs by Little Rachel and Singing The Blues. It is an impression that is being carefully played only with new songs. Since the middle part of the concert is recorded, there is no acoustic number in the early stage, but the electric set using the full story “Blackie” is a word of fulfillment. Almost two months have passed since the release and it has become a set that is unlucky not to forget the bluesy taste while picking up the number of the popular comed-back work “461” that shone to the number one in the whole country (Among them, Mainline Florida is a pretty rare repertoire is). Speaking of blues, it is a special mention, highlights that you are playing rare Maddy Waters Honey Bee this day. The momentary sound jump of 1’12 ” does not change from the old one, but listening with the sound quality that became clear This blues will endure in the belly.In the first leg it is a rare number that was played only once, here Clapton ‘s play in Tami has become a very high tension, the treasure master cassette of the heavy taper brought with “Tempe 1974”. In our shop we will correctly correct the pitch which had been fluctuating about 35% of semitone by aged deterioration and deliver it. Even in the same seventy-seven years, it is a main board with a different taste from “First Leg” Tempe 1974 “. Because of this, you will want to listen to all of Clapton’s live. It will be released on the limited press CD for the first time only, so please order as soon as possible.

イギリス在住の重鎮テーパーより提供されたエリック・クラプトンの発掘マスターカセットの第3弾は、第2弾の「Tempe 1974」が行なわれた1974年カムバック全米ツアー・ファーストレッグに続き実施されたセカンド・レッグから、9月28日のヴァージニア州ハンプトン公演の中盤部分をステレオ・サウンドボード録音で収録した「マスターカセット」です。このサウンドボードソースも「Tempe 1974」のマスターと同様、コンサート会場でエンジニアのチェック用にPAアウトとして録音されていたもので、かつて「A Drunkard’s Night」という海外製の1CD既発ブートレッグでリリースされていたものと同ソースです。しかし今回の重鎮マスターは「マスターカセット」というだけあって、既発盤と比較して音質は、1ランク以上アップしてクリアになっています。しかもこのソースはこれまで「モノラル」として知られてきたのですが、重鎮のマスターは「ステレオ」だったのです。完全にセパレートしているわけではないのですが、音に広がりがあり、左右バランスも明白に異なるので、これはステレオ・サウンドボードで間違いありません。1曲目が同じ部分からの途中収録は変わりませんが、この日はクラプトンのプレイクオリティが高いので、聴き通す価値が十分にあります。この日は酔っ払い度も低く、しっかりMCをしていますし、新しいメンバーとしてマーシー・レヴィをMCで紹介したり、キーボードをフィーチャーしたところでディック・シムスも紹介しているなど、バンドメンバーにも配慮した冷静なリーダーぶりも見せています。

さて、ここでこの日の公演がクラプトンのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。

・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫
・1974年8月~9月:アルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー  ←★ココ★
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:短期ヨーロッパ・ツアー

6月からのカムバック全米ツアーの大成功で気を良くし、キャリアの再出発に自信を持ったクラプトンは、製作意欲に溢れ、早々と次のアルバムのレコーディングまで完了し、またすぐにツアーに出たことが分かります。レコーディングしたての新曲を逸早くファンに聴かせるためにブッキングしたのがこのセカンド・レッグだったと言えます。しかも本公演はその初日でした。余計にクラプトンの中ではその気持ちは強かったことでしょう。この日はLittle Rachel、Singing The Bluesの2曲を披露しています。新曲だけに丁寧に演奏されている印象です。コンサートの中盤部分を収録していますので、序盤のアコースティック・ナンバーはありませんが、全編「ブラッキー」を使用してのエレクトリックセットは充実の一言です。リリースしてほぼ2ヶ月が経ち、全米ナンバーワンに輝いた大好評のカムバック作「461」のナンバーも取り上げながら、ブルージーなテイストを忘れない心憎いセットになっています(中でもMainline Floridaはかなりレアなレパートリーです)。ブルースといえば、この日はレアなマディ・ウォータースのHoney Beeをプレイしているのが特筆事項、かつハイライトです。1’12″の一瞬の音跳びは既発盤と変わりませんが、クリアになった音質で聴くこのブルースは腹に堪えます。ファースト・レッグでは一度しかプレイされなかったレアなナンバーで、ここでのクラプトンのプレイはタメを効かせた非常にテンションの高い出来となっています。「Tempe 1974」と共にもたらされた重鎮テーパーの秘蔵マスターカセット。当店では、経年劣化で半音の35%程度高い所をふらふらしていたピッチを完全に矯正してお届けします。同じ74年でもファースト・レッグの「Tempe 1974」とはまた違った趣きのある本盤。これだからクラプトンのライブはすべて聴きたくなるのでしょう。初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

 

(78:00)
1. Tell The Truth 2. I Shot The Sheriff 3. Little Rachel 4. Willie And The Hand Jive
5. Get Ready 6. Singing The Blues 7. Badge 8. Blues Power 9. Honey Bee 10. Mainline Florida

Eric Clapton – Guitar, Vocals George Terry – Guitar Dicks Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums Yvonne Elliman – Backing Vocals
Marcy Levy – Backing Vocals

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Beano-175

Leave a Reply