Eric Clapton / Chicago 1974 / 1CD

Eric Clapton / Chicago 1974 / 1CD /  Beano

Translated Text:
International Amphitheatre, Chicago, IL. USA 2nd July 1974 STEREO SBD Master Cassette Soundboard Recording

Click Image To Enlarge

In Eric · Clapton, a new master was delivered from heavyweight tapers resident in the UK who are familiar! It is the “master cassette · sound board” source of the stereo sound board source of the Chicago performance of July 2 from the 1974 nationwide tour which came back from the retirement of three years from the current 44 years ago from the current 4 tours . This soundboard source was recorded as a PA out for engineer’s check at the concert venue and it is the same source that was once released as “THREE SMILES” made in Japan made 3CD already boot leg. However, this time the master of heavyweight is only called “master cassette”, it was the opening ceremony of 0:00 – 0:05 which was not in the already launched former former Bonzos, the introduction of Leggs · Rally · Smith, The first part of the announcement to the first name “Erik” is contained properly and this alone knows that it is the original master of the first appearance, but also the already-launched Willie and the Hand Jive intro and others etc. It is a thing that boasts outstanding clearness and sound balance that the hiss noise was remarkable at all, it was very clear and the sound quality was improved in each stage. It must be the master of the first generation level which the heavyweight taper has obtained directly from the stakeholders. On the incomplete recording source which was originally discontinued at the end of the concert, there are sound blurs and cuts that are worrisome in various places, and this master was also slightly higher due to aged deterioration of truly, but regarding pitch correction Was corrected perfectly by our well-known engineers, further raised the sound pressure and reborn into a powerful sound. If you compare it with the already-to-be-released board, you will understand the meaning of “master cassette”. Moreover, in Clapton’s live document “live file 1” we used this source as “monaural”, but if you listen carefully it is “stereo”. Although the sense of separation of stereo is sparse, the keyboard sounds from the center slightly left, it is certainly a stereo soundboard. It can be said that you noticed it because it is clear sound quality so far.

Well, let’s see how the performance of this day was positioned in this comeback year here.

· June 19, 1974, 20: Warm-up · Gig in Northern Europe for the national comeback tour
· June 28 – August 4, 1974: National Tour ← ★ Coco ★
«August 5, 1974: Release of album ‘461 OCEAN BOULEVARD’»
· August – September 1974: Recording the album “THERE’S ONE IN EVERY CROWD” in Miami
· September 28 – October 6, 1974: 2 nd National Tour
· October 31 – November 6, 1974: First Japan Tour
· November 27 – December 5, 1974: European tour

You can see that this performance was the schedule of the early stage of the comeback nationwide tour from June this year when betting on the reoccurrence of Clapton. This national tour was a tour in which Clapton regained confidence to the live stage after a warmup gig and was drunk with drunkness to drink alcohol to relieve tension, but on that day the influence is felt on MC , The acoustic set in the early stage also develops moist and polite performance, there is no unstable part. And the highlight of the day is Have You Ever Loved A Woman. Although some unevenness comes from handjob in a phrase somewhat, it is terribly shabby and it is folding a phrase which is sharp and elegant. This is the true point of Clapton! It is a play that I should say. This play can be said to be a level comparable to the same song in the official live “E.C. WAS HERE” live board. It is a play that you want to listen to all fans. Also, the solo at Presence Of The Lord, which starts from the bridge part irregularly, is also outstanding, and although I am drunk, I do not let the performance feel anything, I can see that it was a day that was pretty cool It is stage. In Chicago performance, this board can be declared to be the best quality, definitive version. Also for those of you who have been watching the pre-launch board, this release is easy to buy as 1 CD. It will be released on the limited press CD for the first time only, so please order as soon as possible.

★ This board is master cassette · direct recording, it boasts outstanding clearness compared to the already released board, it is the strongest take. Due to the important sound source, we do not dare deduct the cut compensation and noise suppression caused by the original tape, it has become one piece unbearable to mania who recorded the sound and contents of the master itself straight. (As a correction, I corrected slightly higher pitch and kept it just to raise the sound pressure slightly. Anyway the sound is good.)

エリック・クラプトンではお馴染みのイギリス在住の重鎮テーパーから、また新たなマスターが届けられました!今から44年前、3年間のリタイアからカムバックした1974年の全米ツアーから、ツアー4公演目となった7月2日のシカゴ公演のステレオ・サウンドボードソースの「マスターカセット・サウンドボード」ソースです。このサウンドボードソースはコンサート会場でエンジニアのチェック用にPAアウトとして録音されていたもので、かつて「THREE SMILES」という日本製の3CD既発ブートレッグでリリースされていたものと同ソースです。しかし今回の重鎮マスターは「マスターカセット」というだけあって、既発盤にはなかった冒頭0:00 – 0:05の歓声やオープニング・アクトだった元ボンゾズ、レッグス・ラリー・スミスのイントロダクションではクラプトンのファースト・ネーム「エリック」までアナウンスしている部分がきちんと収められており、これだけでも初登場の大元マスターであることが判りますが、さらに既発盤のWillie and the Hand Jiveのイントロ他などで顕著だったヒスノイズがまったくなく、非常にクリアで各段に音質が向上した、抜群のクリアネスとサウンドバランスを誇るものです。重鎮テーパーが関係者からダイレクトに入手したファースト・ジェネレーションレベルのマスターに違いありません。元々コンサート終盤で録音が打ち切られた不完全収録音源の上、各所で気になる音ブレやカットがある上、このマスターもさすがの経年劣化によりピッチが若干高くなっていましたが、ピッチ修正については定評をいただく当店のエンジニアが完璧に矯正し、さらに音圧を高めて迫力のあるサウンドに生まれ変わらせました。既発盤と聴き比べていただくと、「マスターカセット」の意味合いをお判りいただけることでしょう。しかもクラプトンのライブ文献「ライブ・ファイル1」ではこのソースを「モノラル」としていましたが、よく聴いていただくと「ステレオ」なのです。ステレオの分離感は希薄ですが、キーボードがセンターやや左から聞こえる、確かにステレオ・サウンドボードなのです。ここまでクリアな音質だからこそ、それに気づけたと言えるでしょう。

さて、ここでこの日の公演がこのカムバックイヤーでどのような位置づけだったのかを見ていきましょう。

・1974年6月19日、20日:全米カムバックツアーのため、北欧にてウォームアップ・ギグ
・1974年6月28日~8月4日:全米ツアー ←★ココ★
≪1974年8月5日:アルバム「461 OCEAN BOULEVARD」リリース≫
・1974年8月~9月:アルバム「THERE’S ONE IN EVERY CROWD」をマイアミにてレコーディング
・1974年9月28日~10月6日:第2回全米ツアー
・1974年10月31日~11月6日:初のジャパン・ツアー
・1974年11月27日~12月5日:ヨーロッパ・ツアー

本公演が、クラプトンの再起を賭けたこの年6月からのカムバック全米ツアーの序盤の日程であったことがお判りいただけるでしょう。この全米ツアーは、ウォームアップギグを経て、ライブステージへの自信を取り戻したクラプトンが、緊張を緩和するために酒に酔っ払って敢行したツアーでしたが、この日はMCにその影響は感じられるものの、序盤のアコースティック・セットもしっとりと丁寧な演奏を展開しており、不安定な部分はありません。そしてこの日のハイライトは、Have You Ever Loved A Womanです。多少フレーズに手癖からくるムラは見受けられますが、物凄くシャープで流麗なフレーズを畳み掛けています。これぞ、クラプトンの真骨頂!というべきプレイです。このプレイはオフィシャルライブ盤「E.C. WAS HERE」での同曲に匹敵するレベルと言えるでしょう。ファンの方には是非聴いていただきたいプレイです。また、変則的にブリッジ部から始まるPresence Of The Lordでのソロも切れ味抜群ですし、酔っ払ってはいるものの、その影響を一切パフォーマンスには感じさせない、なかなか気合が入っていた日だったことが分かるステージです。シカゴ公演では本盤がベスト・クオリティ、決定版と断言できます。既発盤を見送っていたマニアの方々にも、1CDということでお買い求めいただきやすい今回のリリース。初回のみの限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

★本盤はマスターカセット・ダイレクト収録で、既発盤に比べ、抜群のクリアネスを誇る、最強テイクです。重要音源ゆえ、元テープに起因するカット補整やノイズ補整はあえて行わず、マスターそのもののサウンドと内容をストレートに収録した、マニアには堪らない一枚になっています。(補正としては、若干高いピッチを修正して、少し音圧を上げる程度にとどめました。とにかく音が良いです。)

 

(73:45)
1. Intro ★0:00 – 0:05はわざと収録しました
2. Smile
3. Let it Grow
4. Can’t Find My Way Home
5. Blues Power
6. Have You Ever Loved a Woman
7. Tell the Truth
8. Willie and the Hand Jive ★4:03 テープチェンジによる左音落ち
9. Get Ready ★5:05 劣化による音切れ / 5:27 劣化による音切れ
10. Let it Rain
11. Key to the Highway ★4:16音切れとアナログノイズ(この部分は欠損しているので、あえてそのまま)
12. Presence of the Lord

Eric Clapton – Guitar / Vocals George Terry – Guitar Dicks Sims – Keyboards
Carl Radle – Bass Jamie Oldaker – Drums Yvonne Elliman – Backing Vocals

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Beano-171

Leave a Reply