David Bowie / Saint Anthony Falls / 2CD

David Bowie / Saint Anthony Falls / 2CD / Helden
Translated Text:
Target Center Minneapolis MN, USA, April 11, 2014. Digitally Remastered

Click Image To Enlarge

■ April 11, 2004 Complete recording of Minneapolis performance.
■ Ultra high quality sound IEM sound board + Audience’s mix sound source

From the Bowie special label HELDEN, 2004 Reality Tour April 11, 2004 The Minneapolis Performance will be released with a complete recording of the IEM Soundboard and Audience’s mix sound source. Although it is a bowie who has repeated tours since its debut, the last tour at the moment is this reality tour accompanying the album “reality” which took place from 2003 to 2004. After that, I did not tour for more than 10 years, and even refused to offer to the London / Olympic Games opening ceremony, Bowie entered the Treasury in the middle of retirement, and as a result this tour is the last tour.

Although it is unknown whether Bowie himself was conscious of reality tour when it is the last, it is actually the largest tour ever, except for the Ziggy era where the tour was centered, actually counting 113 performances. In the tour to Europe, North America, Australia, then Asia including Japan, then the United States, again exactly across the world, this Minneapolis performance is the final leg North American tour. And as a result American fans saw the last appearance of the Bowie.

Contents are completely recorded from the long introduction of the opening. The set list is widely chosen from representative songs of long carriers to new songs of the time, and it is a selection of taste such as best of bowie. A strong white light is projected from the front of the stage, and the silhouette of the Bowie that emerges there. A concert starts from “love rebellion”. A great cheer rises at that famous riff, a break not in the original is set up, and the bowie smiles soon. From there the world of Bowie completely wraps up the whole venue. “All young guys” is a masterpiece whose venue will be a major chorus. The band is quite tightly closed with technicians, the performance is tightly closed, and there is excellent excellence in recording, so you can listen to this famous piece being developed with a freshly beautiful tone. For Japanese fans, is not it the place that reminds me of the undulating appearance of that audience that I saw at the Budokan?

The characteristic feature of this tour is that it does not change the arrange, and it is said that it is in the point that we showed the songs of old times with almost “original copy” as original. “Man who sold the world” has already been 30 years or more at this time from the presentation, but the same arrangement and the same singing playing at that time are also playing in the same singing spirit to the Bowie who arranges with occasional fashion It is rather unusual thing.

Sound quality is IEM sound board sound source 90% Audience 10% of allocation like allocation sound board sound source. Speaking of IEM, there is an image of a thin sound board with noises, but as you can tell by listening to the sample, it is nothing inferior to the heavy outflow soundboard of bone size, it is not noticeable unless it is told .

From the reality tour which became the last tour of Bowie, the title which totally recorded Minneapolis performance on sound board, 11 April 2004. The set list is subtly different from day to day, and this work will also be one of precious records. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed press.

 

■2004年4月11日ミネアポリス公演完全収録。
■超高音質IEMサウンドボード+オーディエンスのミックス音源

ボウイ専門レーベルHELDENより、2004年リアリティ・ツアー2004年4月11日ミネアポリス公演を、IEMサウンドボードとオーディエンスのミックス音源で完全収録したタイトルがリリースなる。デビュー以来ツアーを重ねてきたボウイであるが、現在のところ最後のツアーとなっているのが、2003年から2004年にかけて行なわれたアルバム『リアリティ』に伴う、このリアリティ・ツアーである。以後、10年以上ツアーを行なっておらず、それどころかロンドン・オリンピック開会式への出演オファーも断るなど、ボウイは半ばリタイア状態のまま鬼籍に入り、結果としてこのツアーが最後のツアーとなっている。

リアリティ・ツアーは、これが最後だとボウイ自身に意識があったかどうか不明だが、実に113公演を数え、ツアーが中心だったジギー時代を除けば過去最大規模のツアーとなっている。ヨーロッパ、北米、オーストラリアと巡り、その後日本を含むアジア、そして再びアメリカと、まさに世界を縦断するツアーにあって、このミネアポリス公演は、最終レグの北米ツアーに当たる。そして結果的にアメリカのファンが見たボウイ最後の姿となってしまった。

内容的にはオープニングの長いイントロダクションからまさに完全収録している。セットリストは長いキャリアの代表曲から当時の新曲まで幅広くチョイスされ、ベスト・オブ・ボウイといった趣の選曲となっている。ステージ前方から強い白色の光が投射され、そこに浮かび上がるボウイのシルエット。「愛しき反抗」からコンサートが始まる。あの有名なリフで大歓声があがり、オリジナルにはないブレイクが設けられ、すかさずボウイが歌い出す。そこから完全にボウイの世界が会場全体を包み込んでしまう。「すべての若き野郎ども」は会場が大合唱になる名曲。バンドがかなりテクニシャン揃いで演奏がしっかり締まっており、録音の優秀さもあって瑞々しく美しい音色でこの名曲が展開されるのを聴くことができる。日本のファンにとっては、ちょうど武道館で見たあのオーディエンスが波打つ様子を想い出す箇所ではないだろうか。

このツアーにおいて特徴的なのは、アレンジを変えることなく、ほぼオリジナル通りの「完コピ」で古今の曲を披露した点にあるといえる。「世界を売った男」は発表からこの時点で既に30年以上経過しているが、当時と同じアレンジ、同じ歌い回しで演奏しているのも、時々の流行を取り入れたアレンジをするボウイには却って珍しいことである。

音質はIEMサウンドボード音源9割オーディエンス1割のような配分でほぼサウンドボード音源といっても良い。IEMといえばノイズが乗った薄いサウンドボードのイメージがあろうが、サンプルを聴いて頂ければわかるとおり、骨太のずっしりした流出サウンドボードと何ら遜色ない音色に、それと言われなければ気付かないほどのクオリティである。

ボウイ最後のツアーとなったリアリティ・ツアーより、2004年4月11日ミネアポリス公演をサウンドボードで完全収録したタイトル。セットリストは日によって微妙に異なり、本作もまた貴重な記録のひとつとなるであろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

 

TARGET CENTER MINNEAPOLIS MN, U.S.A. April 11, 2004
DISC ONE
01. Introduction
02. Rebel Rebel
03. New Killer Star
04. Reality
05. Fashion
06. Hung Onto Yourself
07. Fame
08. Cactus
09. All The Young Dudes
10. China Girl #1
11. China Girl #2
12. Fall Dog Bombs The Moon
13. The Man Who Sold The World
14. Hallo Spaceboy
15. Sunday
16. Band Introduction
17. Under Pressure

DISC TWO
01. Life On Mars
02. Battle For Britain
03. Ashes To Ashes
04. Changes
05. Panic In Detroit
06. I’m Afraid Of Americans
07. Heroes
08. Pablo Picasso
09. Be My Wife
10. Fantastic Voyage
11. White Light White Heat
12. Five Years
13. Suffragette City
14. Ziggy Stardust

Helden. DEN-110/111

Leave a Reply