David Bowie / Philadelphia 1974 The Soul Philly Dogs Tour / 1CD+1 Bonus Single DVDR

David Bowie / Philadelphia 1974 The Soul Philly Dogs Tour / 1CD+1 Bonus Single DVDR / Wardour
Translated Text:
Live at the Spectrum, Philadelphia, PA. USA 18th November 1974 Plus Bonus DVDR “THE DICK CAVETT SHOW & LIVE TRACKS 1974”


Click Image To Enlarge

THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR “, the secret border of Bowie’s history awakened to Seoul Music. The finest live album that tells the truth is a new excavation.
It is contained in this work “Philadelphia Performance November 18, 1974”. Speaking of Bowie in 1974, the first live album “DAVID LIVE” floats in front of you. Although the official board is famous as “the 1974 Philadelphia show”, this work is completely different performances. It is a part of “THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR” in the end of “DIAMOND DOGS TOUR”. First of all, let’s review the current flow easily.

“May” DIAMOND DOGS “release”
“DIAMOND DOGS TOUR”
· June 14 – July 20: North America # 1 (31 performances) * Official board
“August” YOUNG AMERICANS “production started”
· September 2 – 16: North America # 2 (12 performances)
“THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR”
· October 5 – December 1: North America # 3 (30 shows) ← ★ Coco ★

This is the live schedule accompanying “DIAMOND DOGS”. Although “DIAMOND DOGS TOUR” was all North American performances, it is divided into 3 large legs, and is also called “THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR” only for “North America # 3”. Even though it is a Philadelphia show, the official board “DAVID LIVE” is the early part of “North America # 1”, and this work is the final “North America # 3” (※ note: strictly “DAVID LIVE” Not recorded in Philadelphia but in upper Darby, this town is adjacent to Philadelphia and is often confused, Kawasaki City seems to be Tokyo, Machida City is treated as Kanagawa Prefecture Is it a similar feeling to that?).
In addition, this “North America # 3” is different from “North America # 1 – 2” as the name of a new tour is crowned. “North America # 1” was just a show to tell the scent of “DIAMOND DOGS” to the stage, but as soon as we started to produce “YOUNG AMERICANS”. Bowie, who greeted Carlos Aromer here, quickly began to soul music. We also hit a huge name stage set, which was said to be the largest in those days, and aim for a bold change in direction. And, following “North America # 2”, the leaning towards Seoul accelerates, and it will enter “North America # 3” which has changed. This work is new excavation audience recording newly jumping out from such “North America # 3”.
I am amazed just by new discoveries in 2017, but it is more shocking sound than that. Although it is an audience recording, its terribly clear and direct musical sound is almost a soundboard grade. It is a shock recording that the thick performance and singing voice are roaring, and there is hardly any audience / noise. Mania all over the world trembling at this appearance. Currently, at this moment one person, another mania and mania jumped and is in the midst of shaking tremendously wonderfully. Such a topic boiling new sound source, although a little confusion occurred for the first time in overheating, this work used kitchen and best masters. Our shop is always supervised by the worldwide authority of Bowie research, but this time also the researcher scrutinized. Masters connected with “Cracked Actor” of the official “DAVID LIVE” are also circulating in the net sound source, but there is not such a fake in this work. Furthermore, this work also carries out the latest and meticulous mastering. In the original sound source, the right and left stereo balance was adjusted, and the pitch of “Rebel Rebel” which was somewhat low was also corrected correctly. I finished it as the best board with all possible efforts. Of course, we do not do anything undamaged like impairing the beautiful “ringing” of excavation.
The best board of the new excavation sound source completed in such way, the sound world which has transformed from “DAVID LIVE” unique “THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR” flows out beautifully. First and foremost, it is different from the band. Although Mike Gerson and Earls Slick continue participating from “DIAMOND DOGS”, the rhythm team began to replace Willie Weeks and Dennis Davis as mentioned above, including Carlos, AVChery, Robin also back vocals · Clark, Luther · Vandross, etc. “YOUNG AMERICANS” members participate in major events. It is a big ensemble of 14 people in all.
The set that such members play is different. New songs “Can You Hear Me” and “Young Americans” from “YOUNG AMERICANS” that has already been produced, including “John, I’m Only Dancing (Again)”, “Sorrow” and “Footstompin ‘ “Somebody Up There Likes Me” is showing off as soon as possible. Even if it is a past repertoire, it is finished funky, “1984” and “Rock ‘n’ Roll With Me” have also changed.

Even so, I heard that such a recording was asleep for 43 years. It is a masterpiece which danced to the masterpiece of “THE SOUL / PHILLY DOGS TOUR” suddenly with precious new excavation. The first chapter of the soul route that continues to follow. I kept it in the press CD that will leave this impact encounter forever. Please, enjoy it.
ソウル・ミュージックに目覚めたボウイ史の秘境“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”。その真実を伝える極上ライヴアルバムが新発掘です。
本作に収められているのは「1974年11月18日フィラデルフィア公演」。1974年のボウイと言えば、真っ先に浮かぶのが公式ライヴアルバム『DAVID LIVE』。かの公式盤は「1974年のフィラデルフィア公演」として有名ですが、本作はまったくの別公演。“DIAMOND DOGS TOUR”でも末期にあたる“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”の一幕なのです。まずは、当時の流れをカンタンにおさらいしてみましょう。

《5月『DIAMOND DOGS』リリース》
“DIAMOND DOGS TOUR”
・6月14日-7月20日:北米#1(31公演)※公式盤
《8月『YOUNG AMERICANS』制作開始》
・9月2日-16日:北米#2(12公演)
“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”
・10月5日-12月1日:北米#3(30公演)←★ココ★

これが『DIAMOND DOGS』に伴うライヴ・スケジュールです。“DIAMOND DOGS TOUR”はすべて北米公演だったものの、大きく3レッグに分けられ「北米#3」のみ別名“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”とも呼ばれている。フィラデルフィア公演とは言っても、公式盤『DAVID LIVE』は序盤の「北米#1」であり、本作は最終盤「北米#3」なのです(※注:厳密には『DAVID LIVE』が録音されたのはフィラデルフィアではなく、アッパーダービーです。この町はフィラデルフィアと隣接しており、混同されることがよくある。川崎市が東京都と思われたり、町田市が神奈川県扱いされるのと似た感覚でしょうか)。
また、この「北米#3」は新たなツアー名が冠されるだけあって内容も「北米#1-2」とは異なっている。「北米#1」はまさしく『DIAMOND DOGS』の薫りをステージに伝えるショウでしたが、その後に早くも『YOUNG AMERICANS』の制作に着手。ここでカルロス・アロマーを迎えたボウイは、急速にソウル・ミュージックへ傾倒。当時最大規模と言われた巨大名ステージセットも投げ打って、大胆な方向転換を図るのです。そして、「北米#2」を経てソウルへの傾倒は加速し、様変わりした「北米#3」へと突入する。本作は、そんな「北米#3」から新たに飛び出した新発掘オーディエンス録音なのです。
2017年になっての新発掘だけでも驚きですが、それ以上に衝撃的なのがサウンド。オーディエンス録音ではあるのですが、その恐ろしくクリアでダイレクトな楽音はほとんどサウンドボード級。骨太にして肉厚な演奏と歌声が轟き、オーディエンス・ノイズがほとんど無いという衝撃録音なのです。この登場に世界中のマニアが震撼。現在、この瞬間にも1人、また1人とマニアが飛びつき、あまりの素晴らしさに打ち震えている真っ最中なのです。そんな話題沸騰の新音源は、その過熱ぶりにやや混乱も起きていますが、本作はキッチリとベストマスターを使用しました。当店は、常にボウイ研究の世界的権威に監修を受けておりますが、今回も研究家が精査。ネット音源では公式『DAVID LIVE』の「Cracked Actor」が繋げられたマスターも出回っていますが、本作にはそんなフェイクはありません。さらに、本作は最新・細心のマスタリングも実施。元音源では狂っていた左右のステレオ・バランスを整え、やや低かった「Rebel Rebel」のピッチも正確に訂正。万全を尽くした最良盤に仕上げました。もちろん、新発掘の美麗な“鳴り”を損なうような無粋なマネは一切しておりません。
そうして完成した新発掘音源の最良盤は、『DAVID LIVE』から様変わりした“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”ならではの音世界が美しく流れ出る。まず何より、バンドからして違う。マイク・ガーソンやアール・スリックは『DIAMOND DOGS』から続いて参加していますが、先述のカルロスを始め、リズム隊はウィリー・ウィークスやデニス・デイビスに交代し、バックヴォーカルにもアヴァ・チェリー、ロビン・クラーク、ルーサー・ヴァンドロスなど、『YOUNG AMERICANS』メンバーが大挙参加。総勢14名に及ぶビッグなアンサンブルなのです。
そんなメンバー達が演奏するセットも異なる。公式盤では聴けない「John, I’m Only Dancing (Again)」「Sorrow」「Footstompin’」を始め、すでに制作の進んでいた『YOUNG AMERICANS』からの新曲「Can You Hear Me」「Young Americans」「Somebody Up There Likes Me」が早くも披露されている。過去のレパートリーにしてもファンキーに仕上がり、「1984」や「Rock ‘n’ Roll With Me」も様変わりしています。

それにしても、これほどの録音が43年間も眠っていたとは。貴重な新発掘にして、いきなり“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”の代表作に踊り出た大傑作です。その後へと続くソウル路線の第一章。この衝撃の出会いを永久に残すプレスCDに封じ込めました。どうぞ、存分にお楽しみください。

(72:24)
1. Rebel Rebel 2. John, I’m Only Dancing (Again) 3. Sorrow 4. Changes 5. Moonage Daydream
6. Can You Hear Me 7. Young Americans 8. 1984 9. Footstompin’ 10. Rock ‘n’ Roll With Me
11. Love Me Do / The Jean Genie 12. Somebody Up There Likes Me 13. Suffragette City
14. Rock ‘n’ Roll Suicide 15. Diamond Dogs

David Bowie: Vocals/Guitar  Carlos Alomar: Rhythm Guitar  David Sanborn: Alto Saxophone/Flute
Dennis Davis: Drums Earl Slick: Lead Guitar Emir Ksasan: Bass Micheal Kamen: Piano/Moog/Oboe
Mike Garson: Keyboards Pablo Rosario: Percussion Richard Grando: Baritone Saxophone/Flute

Vocals: Anthony Hinton, Ava Cherry, Diane Sumler, Geoffrey MacCormick (Warren Peace), Jean Fineberg, Luther Vandross, Robin Clark

Wardour-234
_____________________________________________________________

David Bowie / The Dick Cavett Show & Live Tracks 1974 / 1Single DVDR / Non Label
Translated Text:

Filmed at ABC Studios, New York, USA 2nd November 1974 First broadcast: 4th December 1974.

Click Image To Enlarge

急速にソウル・ミュージックへハマっていった1974年後期のボウイ。本編プレスCDは、そのパフォーマンスを本生100%サウンドで捉えた新発掘ライヴアルバムです。そのボーナスには、同じ時期のボウイに逢える貴重にして極上な映像集をお贈りします。
本作のメインになっているのは「1974年11月2日」に収録された人気テレビ番組“THE DICK CAVETT SHOW”。放送されたのは“THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”が終了してからですが、収録時点ではツアーの真っ最中。まさに本編プレスCDの向こう側にいるボウイの姿が観られるのです。この映像は従来からモノクロの見づらい映像が知られていましたが、本作は目にも鮮やかなフルカラー。しかも、そのマスター鮮度はバツグンで、ダビング痕も経年劣化もまるで感じられず、デジタル大全盛の現代にあっても確実にオフィシャル・リリース可能な超・極上クオリティなのです。
そのクオリティで映し出される番組は、パーソナリティのディック・カベットがボウイの経歴を紹介するところからスタート。対談を挟みながら3曲「1984」「Young Americans」「Footstompin’」のパフォーマンスも見られます。ただでさえ貴重な1974年のボウイが極上クオリティで観られるだけでも素晴らしいのですが、それ以上に衝撃なのはボウイ自身。この時期は深刻なドラッグ依存症に苛まれていた事でも知られ、本作でも極度にやせ細った姿なのです。パフォーマンスはいつもと変わらず熱く、対談でも和やかに話しているのですが、ほお骨の浮き上がった笑顔が痛々しい……。

そんなテレビ番組の後には、アルバム『DIAMOND DOGS』のテレビコマーシャルの他、貴重なライヴ映像を9曲収録しました。これはそれぞれ違うライヴ、素材を集めたもの。関係者撮影のリハーサルや8ミリ映像にサウンドボード音声を被せたもの、オーディエンス映像からバリッバリのプロショットまでクオリティも種類もまちまち。しかし、そのどれもが過去最高クオリティのフルカラー映像ばかりです。
虚構のスター“ジギー”を封印しつつも、スタッフやバックバンドとのトラブルに巻き込まれて精神的に追い詰められていたボウイ。わずかな食事と薬に頼る生活に蝕まれていた彼がソウル・ミュージックと出会い、新たな歩みを始めた……。そんな刹那、迷いながらも真摯に音楽と向かっていた70年代半ばのボウイ。それでも妖しく美しかった彼に逢える傑作映像です。ボウイの人生でも特別だった“1974年”を極上のライヴアルバムと貴重映像で綴る豪華セット。どうぞ、存分にお楽しみください。

(76:43)
1. Introduction 2. 1984 3. Young Americans 4. Interview 5. Footstompin’
6. Diamond Dogs TV Commercial

Live Tracks
7. Aladdin Sane & All The Young Dudes (Tour Reheasals)
8. Rebel Rebel 9. Carcked Actor 10. Space Oddity 11. Time 12. Moonage Daydream
13. Panic In Detroit 14. Aladdin Sane 15. Future Legend / Diamond Dogs

PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.77min.

Special Bonus DVDR for limited numbered stickered edition of “PHILADELPHIA 1974: THE SOUL/PHILLY DOGS TOUR”(Wardour-234)

Leave a Reply