David Bowie / Definitive Earls Court 1978 / 2CD

David Bowie / Definitive Earls Court 1978 / 2CD / Wardour

Translated Text:

Live at Earls Court, London, UK 1st July 1978.  Stereo SBD

Click Image To Enlarge

The famous Berlin drama “STAGE” also gave birth “ISOLAR II 1978 TOUR “. The shock work of that ultra-super stereo soundboard is appearing. This is truly amazing really … ….
It is contained in the shock work “London performance on July 1, 1978”. It is an excavation sound board which puts the triumphant “England coat” performance of Britain in the home almost at full scale. Anyhow, the shocking thing is a high quality sound to an extraordinary level, but first of all the show position. Let’s imagine from the whole world tour.

· March 29 – May 9: North America (31 performances) ← ※ Official
· May 14 – July 1: Europe (34 performances) ← ★ Coco ★
“September” LODGER “Start production”
· 11 Moon 11 – December 2: Oceania (9 shows)
· December 6 – 12: Japan (5 shows)

This is the whole picture of “ISOLAR II 1978 TOUR”. Official ‘s famous board’ STAGE ‘was produced from the North American leg of May, but this performance’s London performance is the later European leg. It was the final day concert. This show has been officially recorded and only existence was known for a long time. However, the sound source of the important thing does not represent the appearance of living in the early hours, two songs “Be My Wife” and “Sound and Vision” are finally recorded in “RAREST ONE BOWIE” in the 90’s. Even though I included the boot leg, about five songs long enough to listen to pieces. In recent years expanded version of about 12 songs also appeared, but this work is different. It is the longest version of 22 songs that is almost full scale. However, it is “almost” and not completely full. There was a slight cut, the final song “Stay” was incomplete and “Hang On To Yourself” “Rebel Rebel” was not recorded. However, the total length still goes beyond 97 minutes and it is even longer than the “STAGE” recurrence board expanded in 2005.
Besides, it is not only long. That quality is also superb. If the mix is ​​perfect it sounds gorgeous as well. To say it is a “complete official” soundboard, but it alone has not conveyed the charm of this work. The transcendent direct feeling of the Mikkusu directly connected is tremendous, the singing voice of the Bowie and the idiot Brew’s idiot guitar are both in the ear …. No, the level of reproduction in the brain. When it listens with headphones, it felt as though the plug had been thrust into the ear, and it is a sound that synchronizes with a feeling of immersion as if my head became a PA system. If this is the latest digital show full show, we still know, the era is 1978. Many bands / artists have dealt with a number of sound boards in the 70’s, but when it comes to great quality so far … I’m sorry. No countermeasures are coming at all.
Besides, it is glorious “ISOLAR II 1978 TOUR” that is drawn with that sound, so it is already wonderful. The show composition can also be communicated with the Daimyo board “STAGE”, but there is also recorded “Sound and Vision (this day is premiere!)” That can not be heard there. More wonderful is the live itself. As mentioned above, this work is homeland London, the last day of the world tour first part. Tell the world about the new music of the Berlin era, a triumphant concert whose sense of fulfillment fulfilled the whole body. And the goodness of the vigilance that does not need worry of tomorrow diverges fairly. It is penetrated with a vivid sense of unity recorded with a single show.

This work is, as it were, “SATGE” of the direct board version of the sound board table. It is a concert version “STAGE” once. The masterpieces that have been dispensed have spread all at once and it is a super masterpiece that has been raised to the highest quality ever. Vivid super superb stereo soundboard comparable to the official daimyo board. The highest and strongest one in 2017. Please, please experience this shock entirely.

有名なベルリンのドラマ「STAGE」も、「ISOLAR II 1978 TOUR」を誕生させました。その超スーパーステレオサウンドボードのショックワークが現れています。これは本当に本当に素晴らしいです…. ….
それは1978年7月1日のショックワーク「London performance」に収録されています。英国の勝利「イングランドコート」パフォーマンスを本格的にほぼ家に迎える掘削音板です。とにかく、衝撃的なのは、高音質で臨場感のあるサウンドですが、まずはショーのポジションです。全世界ツアーから想像してみましょう。

・3月29日〜5月9日:北米(31回)←※公式
・5月14日〜7月1日:ヨーロッパ(34公演)←★ココ★
“9月” LODGER “生産開始”
・11月11日 – 12月2日:オセアニア(9件)
・12月6日〜12日:日本(5番組)

これは「ISOLAR II 1978 TOUR」の全体像です。公式の有名なボード「STAGE」は、5月の北米レグから生産されましたが、このパフォーマンスのロンドンのパフォーマンスは、後のヨーロッパの脚です。最終日のコンサートでした。このショーは公式に記録されており、長い間知られていました。しかし、重要な音源は、早い時間に生きる姿を表現するものではなく、90年代の「RAREST ONE BOWIE」には「Be My Wife」と「Sound and Vision」の2曲が最終的に収録されています。私はブートの足を含んでいたにもかかわらず、曲を聞くのに十分な長さの約5曲。近年では約12曲の展開版も登場しましたが、今回の作品は異なります。ほぼフルスケールの22曲の中で最も長いバージョンです。しかし、それは “ほぼ”完全ではない。わずかなカットがあり、最終曲 “Stay”は不完全であり、 “Hang On Yourself” “Rebel Rebel”は録音されませんでした。しかし、全長は97分を超えており、2005年に拡張された「STAGE」再発ボードよりもさらに長くなっています。
それだけではない。その品質も素晴らしいです。ミックスが完璧な場合は、それも豪華に聞こえる。それは「完全な公式の」サウンドボードだと言うが、それだけではこの作品の魅力を伝えていない。直接接続されたミックスの超越的な感覚はすばらしく、ボウイの歌声と馬鹿のブリューの馬鹿のギターはどちらも耳にある….いいえ、脳の再生レベル。ヘッドホンで聴くと、プラグが耳に押し込まれたように感じられ、頭がPA系になったように、没頭感と同期する音です。これが最新のデジタルショーのフルショーであれば、私たちはまだ知っています、時代は1978年です。多くのバンド/アーティストが70年代に多数のサウンドボードを扱ってきましたが、ごめんなさい。対策はまったくありません。
また、その音で描かれた「ISOLAR II 1978 TOUR」という栄光の殿堂なので、すでに素晴らしいです。ショーの構成は大名盤「STAGE」とのやり取りも可能ですが、そこには聞こえない「音とビジョン(今日は初演です!)」も収録されています。ライブ自体はもっと素晴らしいです。上で述べたように、この作品は世界ツアー第1部の最後の日である故郷ロンドンです。世界に、ベルリン時代の新しい音楽、完成感が全身を満たした勝利のコンサートを伝えてください。そして明日の心配を必要としない警戒の良さは公正に発散する。それは単一のショーで記録された鮮やかな統一感を貫いています。

この作品は、そのままサウンドボードのダイレクトボード版の “SATGE”です。それはコンサート版 “STAGE”です。調剤された傑作は一挙に広がっており、これまで最高品質に育てられた傑作です。公式大名盤に匹敵する、鮮やかな超見事なステレオサウンドボード。 2017年に最も高く、最も強いものです。このショックを完全に経験してください。

Disc 1 (51: 29)
1. Warszawa 2. “Heroes” 3. What In The World 4. Be My Wife 5. The Jean Genie
6. Blackout 7. Sense Of Doubt 8. Speed ​​Of Life 9. Sound and Vision 10 Breaking Glass
11. Fame 12. Beauty and The Beast

Disc 2 (46: 11)
1. Five Years 2. Soul Love 3. Star 4. Ziggy Stardust 5. Suffragette City 6. Art Decade
7. Alabama Song 8. Station To Station 9. TVC 15 10. Stay

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Wardour-261

Leave a Reply