David Bowie / Outside Of Budokan 1996 / 4CD

David Bowie / Outside Of Budokan 1996 / 4CD /Wardour

Translated Text:

Live At Budokan, Tokyo, Japan 4th & 5th June 1996.

david-bowie-96outside-of-budokan5

 
Click Image To Enlarge

david-bowie-96outside-of-budokan6

Budokan, Tokyo, Japan 4Th Ando 5Th June 1996 TRULY AMAZING / PERFECT SOUND (From Original Masters)  was raised to create a sworn friend Brian Eno in Berlin era “1.OUTSIDE “. Hissage the free work, it is appeared live set that reflect their Bowie in 1996 that has returned to the Budokan for the first time in 13 years in the original master. Of this work has been recorded, from the sixth time of the Japan tour “1996 June 4 – 5, 2011: Nippon Budokan performance”. Of the two consecutive days performances, the first day to the disk 1 and 2, the second day is the audience recordings arranged to disk 3, 4. Before approaching to its contents, first let’s check from the overall picture of the “OUTSIDE JAPAN TOUR 1996”. – June 4, 2011: Nippon Budokan [this work disk 1, 2] , June 5, 2011: Nippon Budokan [this work disk 3, 4] , June 7, 2011: Nagoya Century Hall , June 8, 2011: Hiroshima welfare pension Hall – June 10, 2011: Osaka Castle Hall , June 11, 2011: Kyushu welfare pension Hall , June 13, 2011: Fukuoka Sun Palace  in this way, the 1996 Japan tour all seven performances. This work was the 1-second day. In short, a great quality of this work that contains the such Budokan 2DAYS.Although it is in the Budokan live has appeared several of its outstanding for some time, this work is due to name recording artist of the hand to represent Japan. The person who is mainly known for its masterpiece of 1980s from the late 1970s, although the reduced number of works the 1990s, the arm had Saewata’ much. This work, such expert is’s the whole catch was gem recording the Budokan for two days. Moreover, this work is using the direct ceded master from recording artist himself to direct. To listen to the Japan tour in 1996, “more is not”‘s the live set.  In fact, the sound flowing from this work, lush freshness of precisely because the original master. There is also a slight sense of distance in the “like the sound board” is referred to as a, but the sense of space of why great. Although not transmitted specific recording position, while proud of the clear is that dismissed its outstanding, unique octagonal space can also experience. It transmitted also the audience of the site is highly enthusiastic, but the it has been captured forcefully to much is strangely far playing and singing voice. Only on both days the same recording house of work, but the basic is the unification, especially great for the second day. I wrote the earlier “…… a sense of distance is to be called a sound board”, the musical tone, voice itself of glossy, clear of the compare favorably to the sound board. On top of that, it Budokan sound is pulling up the beauty.  Budokan live to be drawn in such a sound is, the world of different also with any other tour to Japan “1.OUTSIDE”. Pop color is retracted big, show that extruding the bizarre hobby a new concept to the front, brilliant even now of the ear. Moreover, this two days is also seen in the whole “OUTSIDE TOUR 1995-1996”, it is a wonderful performance that loving spirit. The secret dates.Earlier also but it was to introduce a “first day, the second day of the Japan tour”, in fact it’s also in the first day, the second day of the World Tour resumes. Let’s look at the whole picture of a little “OUTSIDE TOUR 1995-1996”. – September 14, 1995 – October 31, 2011: North American tour (27 performances) , 1995 November 14, 2006 – February 20, 1996: The European Tour # 1 (40 performances) “After three and a half months” , 1996 year June 4 – 13, 2011: Japan tour (7 performances) , 1996, June 15 – July 21 :: European tour # 2 (20 performances)  in this way, “OUTSIDE tOUR” is the first half of 67 performances + It had been constructed in the second half of 27 performances. This work, kick-off concert of the tour Part 2. Soredakeni, live packed in this work condition perfection in mind and body both. Moreover, the tour Part 1 to the participants to have been sworn friend Carlos Alomar and Peter Schwarz, missing George Sims, shape-up bands to five from eight. Grasping each other’s breathing around the world, also freshness to challenge the new ensemble perfect score. Rouse of Reeves-Gaburerusu and Mike Gerson with increased responsibility, of course, hot for you also Bowie singing voice, such as to support them.  The new wind, can also be felt from the set list to change in two days. In particular, the first day is often the number of songs, “I Have Not Been To Oxford Town”, “Baby Universal”, “Teenage Wildlife” to listen. Both are songs of this period unique, but “Baby Universal” especially rare Nanoha TIN MACHINE. Generally not legitimate evaluation is obtained, but is thin TIN MACHINE shadow also in the history of Bowie, let alone his own regret, thus also after the dissolution had a commitment.That is the sheer enthusiastically to listen. In addition, the first day was also the birthday of the Reeves-Gaburerusu who had also participated in the TIN MACHINE. You can listen and Bath Day song that informal after encore in this work, but “Baby Universal” You might also was a gift to him.Behalf of the second day of, although what number of songs fall short on the first day, started to sing a cappella at the beginning of the encore “My Death” is also delicious. It is “OUTSIDE TOUR” In Jacques Brel cover that has been sang occasionally, but it is the revival of since 1973. Ziggy Stardust era’s the moments that are memories of. In addition, the “All The Young Dudes” this work of the last, also issued a face little guest.  1990 Tokyo Dome, through the TIN MACHINE of 1992, “SERIOUS MOONLIGHT TOUR 1983” came back on since 13 years “BOWIE AT BUDOKAN”. The whole picture, is a four-disc set all-time high quality painted under the name recording artist of the original master. New world, armed with a new organization, 20 years ago, of Bowie, which was going at all times before. Live large masterpiece of the album, which revives the brilliant is his appearance. Please, Please enjoy to fully leave your heart’s content. ★ 1996 years Budokan 2 Days definitive edition of using the master cassette of providing recording person.

武道館、東京、日本第4回安藤6月5日には、(オリジナルマスターから)1996本当に素晴らしい/ PERFECT SOUNDベルリン時代に「1.OUTSIDE」を盟友ブライアン・イーノを作成するために上昇させました。無料の仕事をHissage、それが元のマスターで13年ぶりに武道館に戻った1996年に彼らのボウイを反映して登場し、ライブセットです。この作品の日本ツアーの第六時から、「 – :日本武道館性能5、2011 1996年6月4日を「記録されています。 2日連続公演のうち、ディスク1と2への最初の日は、二日目は、その内容に接近する前に、ディスク3、4に配置された聴衆の録音で、最初のは「OUTSIDE JAPAN TOURの全体像からチェックしてみましょう1996 “。 – 2011年6月4日:日本武道館[この作業ディスク1]、[2]、2011年6月5日:日本武道館[このワークディスク3、4]、2011年6月7日:名古屋センチュリーホール、2011年6月8日:広島厚生年金ホール – 2011年6月10日:大阪城ホール、2011年6月11日:九州厚生年金会館、2011年6月13日:このように福岡サンパレス、1996年の日本ツアー全7公演。この作品は、1秒の日でした。要するに、このような武道館2DAYSが含まれているこの作品の素晴らしい品質。それは武道館でライブしばらくの間その卓越したのいくつか登場しているされていますが、この作品は、日本を代表する手の名前のレコーディングアーティストによるものです。主に1970年代後半から1980年代の傑作のために知られている人は、作品1990年代の数が減少しているが、腕はSaewata「多くを持っていました。この作品は、そのような専門家は全体の漁獲量は、2日間武道館を宝石記録したのですされています。また、この作業は指示するために、アーティスト自身の記録から直接割譲マスターを使用しています。 1996年に日本ツアーを聞くには、ライブセットの “より多くのではありません」。実際には、音はこの仕事、正確に元のマスターのための緑豊かな新鮮さから流れます。 「サウンドボードのよう」と呼ばれている距離のわずかな感覚が、なぜ素晴らしいの空間の感覚もあります。特定の記録位置を送信していないが、明確なの誇りは、その優れた、ユニークな八角形のスペースを却下ことであるが、また体験することができます。これは、サイトの観客は非常に熱心ですが、それははるかに強制的に捕捉された不思議な遠い声を演奏し、歌っているにも送信されます。仕事の唯一の両日とも同一の記録家が、基本的なは、二日目には特に大きな統一です。私は、サウンドボードに引けを取らないの明確な、光沢の自身の声、以前に書いた「……距離感がサウンドボードと呼ばれるべきである」、楽音。その上で、それ武道館音が美しさを引き上げています。武道館は、「1.OUTSIDE「日本への任意の他のツアーとも異なるの世界、そのような音で描かれるために生きます。ポップなカラーは、耳の今も鮮やかな、前面に奇妙な趣味に新しい概念を押し出すことを示し、大きな後退します。また、この2日間は、また、それが精神を愛する素晴らしいパフォーマンスで、全体の “OUTSIDE TOUR 1995から1996」に見られます。秘密の日付。以前もそれは実際には、最初の日でも、ワールドツアーが再開の二日目だ、「最初の日、日本ツアーの二日目」を導入することでした。少し「OUTSIDE TOUR 1995-1996」の全体像を見てみましょう。 – 1995年9月14日 – 2011年10月31日:北アメリカツアー(27公演)、1995 2006年11月14日 – 1996年2月20日:ヨーロッパツアー#1(40公演)「3ヶ月半後」、1996年6月4日 – 13日:日本ツアー(7公演)、1996年、6月15日から7月21日まで::ヨーロッパツアー#2(20公演)このように、「OUTSIDEツアーは “それはされていた67公演+の最初の半分であります27公演の後半に構築しました。この作品、ツアーパート2それだけにのキックオフコンサートは、両方の心と体は、この作業条件完璧に詰め住んでいます。また、参加者へのツアーパート1は8から5にジョージ・シムズ、形状アップバンドの欠落、友人カルロス・アロマー、ピーター・シュワルツを宣誓されています。世界中のお互いの呼吸を把握し、また新たなアンサンブル満点に挑戦して鮮度。このような、それらをサポートするようにコースの増加責任、あなたのためのホットもボウイの歌声、とリーヴズGaburerusuとマイク・ガーソンのラウズ。新しい風が、また2日に変更するには、セットリストから感じることができます。具体的には、最初の日は、曲数、「私はオックスフォード町にされていない “、”赤ちゃんユニバーサル」、「ティーンエイジ・ワイルドライフ」は聞くことがしばしばあります。両方がユニークなこの時代の曲ですが、「赤ちゃんユニバーサル」は、特に希少なのはティン・マシーン。溶解がコミットメントを持っていた、従って後も、一般的に正当な評価が得られていないが、薄いティン・マシーンの影がボウイの歴史の中でも、ましてや自分の後悔。それは熱心に耳を傾ける薄手です。また、最初の日はまた、ティン・マシーンに参加したリーヴズGaburerusuの誕生日でもありました。あなたは、あなたが彼への贈り物にもあったかもしれない聞くとバースデイアンコール後の非公式の曲をこの作品ではなく、「赤ちゃんユニバーサル」することができます。曲のどの番号が最初の日には及ばないが、二日目の代表としては、アンコール「マイ死」の冒頭でアカペラを歌い始めても美味しいです。それは時々歌ってきたジャック・ブレルのカバーで「OUTSIDE TOUR」であるが、それは1973年以来、ジギースターダスト時代の思い出ですモーメントの復活です。また、「すべての若き野郎ども “最後のこの作品は、また顔少しゲストを発行しました。 1990東京ドームは、1992年のティン・マシーンを通じて、「SERIOUS MOONLIGHT TOUR 1983「13年」BOWIE AT BUDOKAN」以降に戻ってきました。全体像は、元のマスターの名前レコーディング・アーティストの下で塗装4ディスクセットのすべての時間の高品質です。新しい世界、前にすべての回で起こっていたボウイの20年前の新組織、、、で武装。華麗に復活アルバムのライブ大傑作は、彼の登場です。 、完全にあなたの心のコンテンツを残してお楽しみくださいしてください。記録者を提供するマスターカセットを使用しての★1996年武道館2日決定版。 Disc 1 (65:46)
1. Intro. 2. The Motel 3. Look Back In Anger 4. The Hearts Filthy Lesson
5. Scary Monsters (And Super Creeps) 6. I Have Not Been To Oxford Town 7. Baby Universal
8. Outside 9. Aladdin Sane 10. Andy Warhol 11. The Voyeur Of Utter Destruction (As Beauty)
12. The Man Who Sold The World 13. A Small Plot Of Land 14. Strangers When We Meet

Disc 2 (61:46)
1. Diamond Dogs 2. Hallo Spaceboy 3. Breaking Glass 4. We Prick You 5. Jump They Say
6. Member Introductions 7. Lust For Life 8. Teenage Wildlife 9. Under Pressure
10. “Heroes” 11. Happy Birthday 12. White Light White Heat 13. Moonage Daydream
14. All The Young Dudes

Live at Budokan, Tokyo, Japan 5th June 1996

Disc 3 (59:11)
1. Intro. 2. The Motel 3. Look Back In Anger 4. The Hearts Filthy Lesson
5. Scary Monsters (And Super Creeps) 6. Outside 7. Aladdin Sane 8. Andy Warhol
9. The Voyeur Of Utter Destruction (As Beauty) 10. The Man Who Sold The World
11. A Small Plot Of Land 12. Strangers When We Meet

Disc 4 (63:03)
1. Diamond Dogs 2. Hallo Spaceboy 3. Breaking Glass 4. We Prick You 5. Jump They Say
6. Lust For Life 7. Under Pressure 8. “Heroes” 9. My Death 10. Member Introductions
11. White Light White Heat 12. Moonage Daydream 13. All The Young Dudes

Wardour 196

 

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.