Cozy Powell / Drum Rhythms 1-10 / 1CD

Cozy Powell / Drum Rhythms 1-10/ 1CD / Non Label

Translated Text:

Taken From the Original Cassette tape TDK D60 Titled “Rhythms Drum” Belonged to Cozy Powell.

cozy-powell-drum-rhythms1

Click Image To Enlarge

cozy-powell-drum-rhythms2

” Cozy Tapes ” of Cozy Powell holdings that produced the masterpiece of many until now , has shed light on the mystery of the hard rock / heavy metal history. Rare items of exceptional comes up here that even in the series ! Over a period of about 25 minutes , Cozy will showcase the drum solo of a total of 10 types in this work . What was recorded for what on earth , a mysterious tape it even not clear . One unprecedented , yet fanless inspiring mistake is the release determined by the fully qualified press CD of Cozy mania must listen must-have for all !

The other day , ” 1991 SESSION TAPE: First Week ,” which was newly released from ” Cozy Tapes ” has become a hot topic as early as among fans . At the same for material that has been excavated to the same time , such as a tape Cozy had been used in the live of ” Overture 1812 ” , sound amazing and has been found to contain many . Intended use of the content and it was a clear that many of them , but only one , there was a recording of different flavor and live demonstration , and session . That’s what is the original tape of this work , which is Onban of this time .
Cassette marked “Drum Rhythms” on the sticker , those of 30 years ago and from about the age of the tape . ( 2 minutes before and after one take per ) for about 25 minutes , drum solo of 10 patterns had been recorded in total up to 10 from track 1 . Also different with some basic tracks and music ideas , I will earnestly engaged in a drum solo .
According to the story of the participants to know the time , and that ” recording When I was enrolled in certain RAINBOW ” is , and , if not a ” sample in order to confirm the play seems to Cozy ” . Had emerged on the basis of the testimony drawn from multiple parties is , it is opinion that , or that was not included as a sample in textbooks for teaching materials and 1980 of RAINBOW enrolled at that time , such as drum and seminars .

And activities with Jeff Beck , of 1974 by the ” Dance With The Devil ” hit , there was a profile of its own way in the UK is Cozy . But won the thing and say ” popular ” really RAINBOW enrolled at the time . First visit to Japan after 1976 , as the hero of hard rock , along with Ritchie Blackmore , was built a huge fan base in Japan, as you know . The 1978 and later became a visit to Japan for the second time , musical instrument manufacturer in Japan has been cooperating with Cozy in surface equipment .
In return for the manufacturer of musical instruments , (as of 1980 is particularly well-known ) and starring “Drum Seminar ” as a lecturer , Cozy are involved to instructional materials . Drum solo of 10 take that you can listen here also , is recorded as a sample to such instructional materials and seminars , or that was not provided , … ? This is not out of the realm of reasoning , but the present sound source based on relief from a new angle , the one aspect of the Cozy has .

When you play back the tape , Cozy emits cry as ” Number One ! ” , It pops out and solo powerful nothing except him . Impression that say it is not a line , and recording , turned the tape in front of the drum set . It is not the sound clean and , although it vivid fearfully that much ! Such as tone , reverberation of cymbals and bass drum sound of a real is a big force Cozy like are playing in the immediate vicinity . In front of the eye , even just for a moment at the beginning , Cozy is the … Cozy fan beating out solo of the whole body will taste the joy and emotion exuberant just for the listener .
And ” second fiddle ! ” And ” Number three ! ” , Call the title in tone humorous take per head per track afterwards , we will continue to show off the drumming of different patterns in particular (” No.9 ” the unique tone of voice ) . Among them, large and listening place ” No.5 “, ” No.8 ” , would be ” No.9 ” . In mid- tempo deep bosom , I have condensed the ” quality of Cozy ” rhythmic solo being played to spice a little playful . Like rip further ” No.3 ” , also ” No.6 ” , sound a linear exciting is superb . I portrays a vivid touch of fan as to image the ” Han ( M) Cozy ” .
And at the end of this work , I collect from the original reel master tape , (10 seconds for single – thirds ) were excavated at the same time as the tape ” The Loner ” Edit version . As the ending of the movie though , and I’ll close the sound source with full and lingering emotion .
This drum solo sound source or was recorded for what exactly? We can point to the ” reference materials for instructional seminars and ” as described above in the circumstantial evidence basis . However, the truth is veiled in mystery still . The Kikikomi this work , to pick up the truth unknown , You unlock this mystery , it’s a collector clans you guys !

This sound is different is neither a pattern of live , even a session in the studio . In the past the beginning of the Miracle Man recording ” SPECIAL ROCK DRUM SEMINAR ” the (Calm & Storm), the video of the participants taking ” not a session or rehearsal ,” ” not a live ” Cozy related to the sound source , ” DRUMMER’S CAMP 1990 and (Import Title) ” , and has been some appearance . However, the present work is , you say ” feel close Cozy ” than any conventional title of the sound source .
So, if you play this work , young Cozy is I revives in front of you ! In the scene that calls the number in the tone humorous , his sharp eyes and professional , seem to play for what it is bygone days in the scene beating out solo raging and , he of that fearless smile do not you ! It is less than 30 minutes in the whole book is Duration , but not immense depth of its contents . And I think I want you to listen to all fans who love the play and Cozy , this work to be fully qualified stock in press CD from foreign countries !

 今まで幾多の傑作を生み出し、ハードロック/ヘヴィメタル史の謎に光を当ててきたコージー・パウエル所蔵の”コージー・テープス”。そのシリーズ中でも飛び切りのレア・アイテムがここに登場します! 本作では約25分間にわたり、コージーが計10種類のドラムソロを披露します。一体何のために録音されたのか、それすら明確ではない謎のテープ。前代未聞,それでいてファン感激間違いなしの一本が、全てのコージー・マニア必聴必携の完全限定プレスCDでリリース決定です!

 先日、”コージー・テープス”から新たにリリースされた「SESSION TAPE 1991: First Week」は、ファンの間で早くも話題となっています。それと時を同じくして発掘された素材には、コージーがライヴで使用していた「Overture 1812」のテープなど、驚くべき音源が多く含まれていました。それらの多くは内容や使用の意図が明らかだったのですが、ひとつだけ、デモやライヴ,セッションとは趣きの異なる録音がありました。それこそが今回音盤化された本作の元テープです。
 ステッカーに”Drum Rhythms”と記されたカセットは、テープの年代からしておよそ30年ほど前のもの。トラック1から10まで合計して約25分間(1テイクあたり2分前後)、10パターンのドラムソロが録音されていました。何らかの楽曲アイディアやベーシック・トラックとも異なり、ひたすらドラムソロを繰り広げていくのです。
 当時を知る関係者の話によれば、「録音は確かRAINBOWに在籍していた頃」であり、「コージーらしいプレイを確認するためのサンプル」ではないか、との事。複数の関係者から引き出した証言を元に浮かび上がったのは、RAINBOW在籍当時の1980年頃、ドラム・セミナーなどの教材や教本用にサンプルとして収録されたのではないか、という意見です。

 コージーはジェフ・ベックとの活動や、1974年の「Dance With The Devil」ヒットにより、イギリス国内ではそれなりの知名度がありました。しかし本当に”人気”といえるものを獲得したのはRAINBOW在籍時。’76年の初来日後、リッチー・ブラックモアと並ぶハードロックのヒーローとして、日本に巨大なファンベースを築いたのはご存知の通り。二度目の来日となった’78年以降は、日本の楽器メーカーが機材面でコージーに協力しています。
 コージーはその楽器メーカーに対する返礼として、講師としての”ドラム・セミナー”出演(1980年のものが特に有名)や、教則資料へ関与しています。ここで聴ける10テイクのドラムソロも、そういったセミナーや教則資料へのサンプルとして録音され、提供されたのではないか・・・・・・? これは推論の域を脱しませんが、本音源はコージーが持つひとつの側面を、新たな角度から浮き彫りにしています。

 テープを再生すると、コージーが「ナンバー・ワン!」と一声発し、彼以外の何者でもないパワフルなソロが飛び出します。録音はラインではなく、ドラム・セットを前にしてテープを回した、と言う印象。クリーンな音ではないものの、その分恐ろしいほどに生々しい! リアルなバスドラの響きやシンバルの音色・残響などはコージーがすぐ近くでプレイしているような大迫力です。コージーが目の前で、聴き手のためだけに渾身のソロを叩き出す・・・・・・コージー・ファンは冒頭の一瞬だけでも、溢れんばかりの感激と喜びを味わえるでしょう。
 その後もトラックの頭ごとに「ナンバー・ツー!」や「ナンバー・スリー!」と、テイクごとにユーモラスな口調でタイトルをコールし、パターンの異なるドラミングを披露していきます(とりわけ「No.9」はユニークな声色)。中でも大きな聴き所は「No.5」や「No.8」,「No.9」でしょう。懐深いミッドテンポで、ちょっとした遊び心をスパイスにプレイされるリズミカルなソロは”コージーらしさ”を凝縮しています。さらに突っ走るような「No.3」,「No.6」も、豪快で直線的なサウンドが見事。ファンがイメージするとおりの”漢(おとこ)コージー”を鮮やかなタッチで描き出します。
 そして本作の最後には、本テープと同時に発掘された「The Loner」エディット・バージョン(シングル用・3分10秒)を、オリジナル・リール・マスター・テープより収録。まるで映画のエンディングのように、情感と余韻たっぷりに音源を締めくくります。
 このドラムソロ音源が一体何のために録音されたのか? 状況証拠的には前述したような「セミナーや教則用の参考資料」を指し示してはいます。しかしその真実は未だ神秘のベールに包まれています。この謎を解き明かすのは、本作を聴き込み、知られざる真実を拾い上げる、あなた達コレクター諸氏なのです!

 本音源はライヴの模様でもなければ、スタジオでのセッションとも異なります。コージー関連の「ライヴでもない」・「リハーサルやセッションでもない」音源は、これまでにもMiracle Man録音の「SPECIAL ROCK DRUM SEMINAR」(Calm & Storm)をはじめ、関係者撮影の映像「DRUMMER’S CAMP 1990」(Import Title)など、幾つか登場してきました。しかし本作は、従来のいかなるタイトルよりも”コージーを身近に感じる”音源と言えます。
 そう、本作を再生すれば、あなたの目の前に若きコージーが蘇るのです! ユーモラスな口調でナンバーをコールしている場面では、あの不敵な笑みの彼が、そして怒涛のソロを叩き出す場面ではプロフェッショナルな鋭い眼差しの彼が、往時そのままの姿でプレイしているようではありませんか! 収録時間は全編で30分弱ですが、その中身の濃さは計り知れない。海外よりプレスCDで完全限定入荷する本作を、コージーとそのプレイを愛するファン全てに聴いて頂きたいと思います!

(27:19)
1. No.1 2. No.2 3. No.3 4. No.4 5. No.5 6. No.6 7. No.7 8. No.8 9. No.9 10. No.10

Bonus Track

Taken from the original “Sound Associates Limited” reel tape belonged to Cozy Powell

11. The Loner (edited single version 3′10″)

Leave a Reply