Bruce Springsteen & The E Street Band / Lewiston 1977 Joe Maloney Master

Bruce Springsteen & The E Street Band / Lewiston 1977 Joe Maloney Master / 2CD /Non Label

Translated text:

Live at Central Maine Youth Center, Lewiston, ME. USA 19th March 1977 Perfect Sound

Click Image To Enlarge

 

Name Taper, Joe Maloney is Bruce Springsteen I kept the pattern of the stage of! From the tendency of the sound source which he opened to the public so far it was an image of “strong tapers to progression” overwhelmingly, but I was good at recording live in the United States which was done in the mid 1970s He was turning the tape to Springsteen, did he? Moreover, it was pleasant that he recorded a highly popular 1977 tour among maniacs. As a general fan, the 77-year tour told that it also surpasses the “Darkness Tour” of the year that boasts a more prominent name recognition. Fortunately, it is also a time of good blessings that captured the intense stage. The items below were highly evaluated as the best releases.

· February 13 “DEFINITIVE SOUL CRUSADERS”
· Detroit “DETROIT 1977” on February 15
· Milwaukee “MILWAUKEE 1977”
on February 22 · St. Louis February 22 “WILD FOX EVENING: ST. LOUIS 1977” (CD-R )
· March 22-24 March Boston “LEGENDS FROM THE MUSIC HALL”
· March 25 Boston “ARE YOU READY FOR THE FINAL MOMENT?”

Of these, the February stages were spread among traders as “Official” audience recordings recorded by Springsteen staff. In addition to that there was never uncovered the soundboard recording for the 77 tour. On that basis, the staffs were excavated massively from the mixer / area audiences, so it was no longer a situation where maniacs got frustrated until “a sound board does not exist on the 77 year tour?”
However, last year, as part of the official live download of Springsteen, it came as a rainy seventy-seventh tour, and as a bonus, soundboard recordings dreamed of by maniacs all over the world but also two performances were released at once. To boot up with a soundboard that could not be heard as a piece, as expected it made me say a mania from all over the world. By the way, the official live download is not the September 19th from the three performances of Pasaic which was a masterpiece during the performance in the “Darkness Tour”, but if you think of what 20 day performance was released with multitrack recording In the latest work releasing a benefit concert at the end of the tour of 1993, he is doing great, such as showing off Crystal Cat ‘s “MEADOWLANDS NIGHT” easily.

However, regarding the 77 year tour, the value of each item listed earlier is not faded at all. Because it was the first two tours of the tour, the two sound boards released officially, one at a time. One of the factors that boasts a high popularity in the 77-year tour is that the composition of the live has continued to change dramatically within the schedule that was even short, even at first. Therefore each item of our release continues to keep the value as a superb sound source that documents changes in such tours. Still the item of our release was biased towards the first half and the last stage of the tour, and the situation where the other times were missing was supposed to be unsatisfactory for mania. In addition, the audience recording that the staff left is also present in March, but all they are in trouble is that they are all incomplete. Thankfully, the stage that Joe Maloney recorded for me captured the perfect time as if filling in such a blank space.

It will be released this March 19th Lewiston performance. As a time to prepare for the Boston Chiaki, it is about time that a short-term tour was about to arrive at the last sport. In other words, I’d like to call it “the last excessive period”, but the uniqueity clearly appears in the set list. Although opening is the standard “Night”, “Do not Look Back” appears in the second song. This constitution is the development which symbolized the latter half of the tour.
But it’s also interesting that the cover of Animals’ It’s My Life is still surviving. The song was introduced to the repertoire from the end of the 75 year tour and was played with a dark arrangement as if it expresses her own feelings for trouble with the first manager, Mike Apel, which started at the same time. However, on the 77 year tour, it was reborn into a dramatic arrangement in which the trumpet of the band Miami Horns resonated, and in addition it was destined to disappear from the repertory as the last day of Boston. To my best it was a great song of Springsteen ‘s wildly unique song of the year’ s 77 – year – old tour. It is clear even just by listening to one song “Thunder Road”. And every time it is long, “Backstreets” which was also a masterpiece of this year’s performance is also wonderful.
Of course not only is the charm of such a 77-year tour, but also in the latter half of the show of this day a fulfilling performance has been repeated. That is clearly showing in “Jungleland”. Truly it’s amazing because he’s doing what he does with this tour ease hyper performance. Before we begin with “Rosalita”, it’s a gentle opening that Clarence Cremons and Max Weinberg will join together with Gentle Vincent’s “Be-Bop-A-Lula” lightly holding it.

Maloney was captured with a monaur

名前テーパー、ジョー・マロニーはブルース・スプリングスティーンです私はステージのパターンを保っていました!彼が一般に公開した音源の傾向から、これは圧倒的に「進化する強いテーパー」のイメージだったが、私は1970年代半ばに行われた米国でのライブ録音にはうまくいた。テープをSpringsteenに渡したのですか?さらにマニアックの間で人気の高い1977年のツアーを録音したことは楽しいことでした。一般的なファンとして、77年のツアーは、それがより顕著な名前の認識を誇る年の “ダークネスツアー”を上回っていると語った。幸いにも、それはまた、激しいステージを捉えた良い祝福の時です。以下の項目は最高のリリースとして評価されました。

・2月13日「定番ソウルクルセイダーズ」
・デトロイト「DETROIT 1977」2月15日
・ミルウォーキー「MILWAUKEE 1977」
2月22日・セントルイス2月22日「WILD FOX EVENING:ST。LOUIS 1977」(CD-R)
・3月22日〜24日ボストン「音楽ホールからの伝言」
・3月25日ボストン「あなたは最終的な瞬間に準備ができていますか?

このうち、2月のステージは、Springsteenのスタッフが記録した「公式の」オーディエンスレコーディングとしてトレーダーに広がっていました。それに加えて、77ツアーのためのサウンドボード録音を明らかにしたことはありませんでした。それに基づいて、スタッフはミキサー/地域の観客から大量に発掘されたので、マニアックが「77年のツアーで健全なボードが存在しなくなる」まで不満を抱く状況はもはやありませんでした。
しかし、昨年は、Springsteenの公式ライブ中継の一環として、雨の77分の7のツアーとして、そしてボーナスとして、マニアックが世界中で夢見てきたサウンドボードレコーディングと、同時に2つのパフォーマンスがリリースされました。期待通りに聞こえなかったサウンドボードで起動するために、それは私に世界中のマニアを言わせました。ちなみに、公式のライブのダウンロードは、 “ダークネスツアー”の公演中に傑作だったパシックの3つの公演の9月19日ではなく、マルチトラック録音で20日間の公演がリリースされたと考えるならば1993年のツアーの終わりにメリットコンサートをリリースした彼は、Crystal Catの “MEADOWLANDS NIGHT”を簡単に披露するなど、素晴らしいことをしています。

しかし、77年ツアーに関しては、先に挙げた各項目の価値はまったく衰えていない。それはツアーの最初の2回のツアーだったので、2枚のサウンドボードは正式にリリースされました。 77年のツアーで高い人気を誇った要因の1つは、ライブの構成が、最初は短かったスケジュール内で劇的に変化し続けていることです。したがって、私たちのリリースの各項目は、そのようなツアーの変更を記録する優れた音源としての価値を維持し続けています。まだ我々のリリースの項目は、ツアーの前半と最後の段階に偏っていたし、他の時代が欠落していた状況はマニアにとって不満足なものだった。さらに、スタッフが残した聴衆の録音は3月にもあるが、問題があるのはそれらがすべて不完全であるということだ。ありがたいことに、ジョー・マロニーが私のために録音した舞台は、空白のスペースを埋めるような完璧な時を捉えました。

3月19日のルーイストンの公演がリリースされます。ボストン・チアキーの準備には、短期ツアーが最後のスポーツに近づく時期がありました。言い換えれば、私はそれを「最後の過度の期間」と呼んでいますが、セットのリストにはユニークさがはっきりと現れています。オープニングは標準の “Night”ですが、 “Do not Look Back”は2番目の曲に表示されます。この憲法は、ツアーの後半を象徴する発展です。
しかし、Animals ‘It’s My Lifeのカバーがまだ生き残っていることも面白いです。この曲は75年のツアーの終わりからレパートリーに紹介され、同じ時間に始まった最初のマネージャー、マイク・アペルとのトラブルに対する自分の気持ちを表現しているかのように暗い配色で演奏されました。しかし、77年のツアーでは、マイアミ・ホーンズのトランペットが共鳴し、さらにボストンの最後の日としてレパートリーから消えることになっていた劇的なアレンジに生まれ変わりました。私の最高傑作は、今年の77歳のツアーのSpringsteenの激しいユニークな曲の素晴らしい曲でした。ある曲 “Thunder Road”を聴くだけでも明らかです。そしてそれが長くなるたびに、今年のパフォーマンスの傑作でもあった「バックストリート」もすばらしいです。
もちろん、このような77年間のツアーの魅力だけでなく、この日のショーの後半にも、充実したパフォーマンスが繰り返されています。それは “Jungleland”にはっきりと示されています。彼がこのツアーでハイパーパフォーマンスを楽にしてくれているので、本当に素晴らしいことです。 「Rosalita」から始める前に、Clarence CremonsとMax WeinbergがGentle Vincentの「Be-Bop-A-Lula」と一緒に軽く抱き合ってくれるような、優しいオープニングです。

マローニーはモノラルで捕らえられた

Disc 1 (45: 03)
1. Night 2. Do not Look Back 3. Sprit In The Night 4. It’s My Life
5. Thunder Road 6. Mona / She’s The One

Disc 2 (72: 25)
1. Tenth Avenue Freeze-out (with Miami Horns) 2. Action In The Streets (with Miami Horns)
3. Backstreets 4. Jungleland 5. Rosalita (with Miami Horns)
6. Born To Run 7 . Quarter To Three (with Miami Horns)

Leave a Reply