Bruce Springsteen & The E Street Band / Tokyo Dome 1988 / 2CD

Bruce Springsteen & The E Street Band / Tokyo Dome 1988 / 2CD / Zion

Translated Text:

Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 27th September 1988

 

Click Image To Enlarge

This time, 77 years of youth and dynamic Not only for the tour but also for us a very memorable Springsteen Upper version of the sound source that caught the 1988 visit to Japan was also released at the same time. At this time, he came to Japan as a special situation, that is, the event that the Amnesty International sponsored concert was expanded into a world tour for the first time. It was Springsteen that a white player ‘s arrow was made as the casting artist. Peter Gabriel, who had already decided to participate in Amnesty International, also acted as a mediator, and Springsteen accepts participation.
At that time he was in the midst of an American tour that took over the album “TUNNEL OF LOVE” released in the previous year. Well, in 1988 it would have been entirely devoted to the world tour of the same album. Although the album was not as good as “MORN IN THE USA” as much as the mammoth hit, it was a big hit in Japan after a big break since the album. Originally it seems that the performance of Japan as a part of the “TUNNEL OF ~” tour has been realized, but as a result, the performance in Japan in 1988 was realized in a different form.

First of all, by participating in the tour of Amnesty International, Springsteen ‘s activities in 1988 will change the shape significantly. The early story is the expansion of the “TUNNEL OF” tour as soon as possible. Tours that began at the end of February ended on schedule less than six months. It was as small as not being compared with the “BORN IN THE USA” tour, which took place over a year or more.
And the Amnesty Tour, which began in September, is a packaged tour that will be accompanied by other artists and it will not be possible to show off the Springsteen regular marathon show. Naturally shortened set list structure becomes inevitable. However, since “TUNNEL OF ~” tour crossed Europe, the performance of the album included songs has already begun to decrease, and it has been treated as further reduction by Amnesty International participation.
At the Amnesty Tour, there is only one song from “TUNNEL OF ~”. Basically it is only “Brilliant Disguise”, only Wembley stadium on the first day was played “Spare Parts” instead, only Auckland just before the Japanese show was “Brilliant ~” and “Tunnel Of Love” There was an exception of two songs, but the only one is “Brilliant ~”. In the final day of Amnesty International Tour, even if the TV image is famous Argentinian performance, we will fall into the situation that no song related to “TUNNEL OF ~” is played. It can be said that this phenomenon was a unique phenomenon of package tours that there are other performers and not just their own fans.

It is a set list that was changed considerably in that way, but it is easier to understand that it was a content that made a comeback to “BORN IN THE USA” tour. By this it can not deny the feeling that “TUNNEL OF ~” disappears. But in 1988 it was an era when the big break of “BORN IN” remained sufficient. Rather, fans around the world who have witnessed the stage of Springsteen at the Amnesty International Tour are extremely enthusiastic about their perfect set list. That is no exception to Japan.
If you are a Springsteen mania, assume the realization of “TUNNEL OF ~” tour in Japan, real-time Stockholm live coverage (also this year also the full version is released last year at the official download!) In the first half of the show It is what I was waiting for now to hear it. However, the fact that Springsteen who got off at Tokyo Dome in Amnesty International showed off totally different stages. However, considering that we had greatly increased fans in the first visit to Japan in 1985, there should have been more fans who welcomed the reappearance of the “BORN IN” pattern again. In addition to that, the release of ‘LIVE 1975-1985’ box in 1986 also served to prolong the reverberation.
The enthusiastic reaction of the crowd is truly amazing even in the performance in Japan in Amnesty International in the 88th anniversary released this time on press CD. “BORN IN ~” pattern restoration Opening will start from the title and song of the same album so it’s more so. Rather, the only thing that I can remember until now is that I was even touched by the impact of “Born In The USA” who rang in the Tokyo Dome. Regarding this opening, at that time, an extract was broadcasted (naturally pro shot) at the commercial TV news that started at 10 o’clock, but due to the short time, there were no fans who recorded, and now they are forgotten It became as good as it was.

Regardless, it was surprising also in the recording state that the sound image was surprisingly on, while recording audiences at the Tokyo Dome in 1988 when there were a lot of acoustic aspects. Although it is the sound source of this time, it is not first appearance but what was released at “HUMAN RIGHTS NOW! IN TOKYO” known for its paper jacket & banded package. But for this release we get a master cassette from th

今回は、77年の若さとダイナミックさツアーだけでなく、1988年に日本を訪れた音源の非常に記憶に残るSpringsteen Upperバージョンも同時にリリースされました。現時点では、アムネスティ・インターナショナルのスポンサー・コンサートが初めて世界ツアーになったという特別な状況として日本に来た。白人の矢がキャスティングアーティストとして作られたのはSpringsteenだった。アムネスティ・インターナショナルに参加することをすでに決定していたピーター・ガブリエルもメディエーターの役割を果たし、Springsteenは参加を認めています。
当時、彼は前年にリリースされたアルバム “TUNNEL OF LOVE”を引き継いだアメリカツアーの真っ只中にいた。まあ、1988年には同じアルバムの世界ツアーに専念していたでしょう。アルバムは “MORN IN THE USA”ほどマンチェスターヒットほど良くはなかったが、アルバムが大ヒットした後、日本で大ヒットを記録した。もともと「TUNNEL OF〜」ツアーの一環としての日本のパフォーマンスが実現したようですが、結果として1988年の日本のパフォーマンスは異なる形で実現しました。

まず第一に、アムネスティ・インターナショナルのツアーに参加することで、1988年のスプリングスティーンの活動は形状を大きく変えるでしょう。初期の話は、できるだけ早く “TUNNEL OF”ツアーを展開することです。 2月末に始まったツアーは6ヶ月以内に終了しました。 1年以上かけて行われた “BORN IN THE USA”ツアーと比較して、それほど小さくはなかった。
9月に始まったアムネスティツアーは、他のアーティストと一緒にパッケージングされたツアーであり、Springsteenレギュラーマラソンショーを見せることはできません。自然に短縮されたセットリスト構造は不可避的になる。しかし、「TUNNEL OF〜」ツアーがヨーロッパを横断して以来、曲を含むアルバムの演奏はすでに減少し始めており、アムネスティ・インターナショナルの参加によりさらなる削減がなされている。
アムネスティ・ツアーでは、「TUNNEL OF〜」の歌が1つしかありません。基本的には「ブリリアント・ディフェーズ」のみで、初日のウェンブリー・スタジアムは「スペアパーツ」で演奏され、日本のショーが始まる直前のオークランドは「ブリリアント〜」「トンネルオブラブ」の2曲は例外でしたが、唯一のものは「華麗〜」です。アムネスティ・インターナショナル・ツアーの最終日には、テレビ映像が有名なアルゼンチンの演奏であっても、「TUNNEL OF〜」に関連する曲は演奏されないという状況に陥ります。この現象は、自分のファンだけでなく、他のパフォーマーがいるパッケージツアーのユニークな現象であったと言えるでしょう。

このようにかなり変更されたセットリストですが、「BORN IN THE USA」ツアーに復帰したコンテンツであることは理解しやすいです。これによって、「TUNNEL OF〜」が消えていくという感覚を否定することはできません。しかし、1988年には、「BORN IN」の大きな打撃が十分に残っていた時代でした。むしろ、アムネスティ・インターナショナル・ツアーでSpringsteenのステージを目撃した世界中のファンは、彼らの完璧なセットリストに非常に熱心です。それは日本にとって例外ではありません。
あなたがスプリングスティーン・マニアなら、日本の「TUNNEL OF〜」ツアー、リアルタイムのストックホルムのライブ・カバレッジ(今年も正式版は公式ダウンロードで昨年リリースされます)の実現を前提としています。ショーそれは私が今それを聞くのを待っていたものです。しかし、アムネスティ・インターナショナルの東京ドームで降りたバースティーンが全く別のステージを披露したという事実。しかし、1985年に初めて日本を訪れた際にファンが増えたことを考えると、「BORN IN」パターンの再現を歓迎したファンが増えたはずです。それに加えて、1986年の ‘LIVE 1975-1985’ボックスのリリースも、残響を引き延ばすのに役立った。
今回はプレスCDで88周年を迎えたアムネスティ・インターナショナルでの日本公演でも、観客の熱狂的な反応は本当に素晴らしいです。 “BORN IN〜”パターンの復元同じアルバムのタイトルと曲からオープニングが始まるので、もっとそうです。むしろ、今まで私が覚えているのは、東京ドームで鳴った “Born In The USA”の影響でさえ感動したことだけです。このオープニングでは、その時、10時から開始された商業TVのニュースで、その時点でエキスが放送され(自然プロショット)、短時間で録画したファンはなく、今は忘れられているそれまでと同じくらい良い状態になりました。

それにもかかわらず、録音状態でも驚くべきことに、驚くべきことに、音像が驚くほどであったのに対し、1988年には東京ドームで多くの音響的側面があった。今回の音源ですが、ペーパージャケット&バンドパッケージで知られる「HUMAN RIGHTS NOW!IN TOKYO」で発売されたのは初登場ではありません。しかし今回のリリースでは、

Disc 1 (60: 35)
1. Intro. 2. Born in the USA 3. The Promised Land 4. Cover Me 5. Brilliant Disguise
6. The River 7. Cadillac Ranch 8. War 9. My Hometown 10. Thunder Road 11. Dancing in the Dark
12. I’m on Fire

Disc 2 (39: 41)
1. Glory Days 2. Born to Run 3. Raise Your Hand 4. Twist and Shout incl. La Bamba
5. Chimes of Freedom 6. Get Up, Stand Up

Zion-125

Leave a Reply