Blind Faith / Midwest Rock Festival 1969 / 1CD

Blind Faith / Midwest Rock Festival 1969 / 1CD / Beano

Translated Text:
Wisconsin State Fair Park Grounds, West Allis, WI. USA 26th July 1969


Click Image To Enlarge

That JEMS who will release the historical audience source with high sound quality did it again! What they uploaded this time was Eric Clapton was an upgrade version of the concert sound source of Super Group “Blind Face” formed with Stevie Winwood after cream dissolution. It was a complete collection of the stage when I first appeared in the festival held in Wisconsin on July 26, 1969, the first half of the nationwide tour that took place at the end of the blind faces, which had only been active for only six months. This sound source itself was what was released with a vintage boot called “SUNSHINE MILWAUKEE”, but this time the JEMS has upgraded dramatically improved sound quality, which is unlikely to be the same sound source It was a first generation master! That such a master existed! Our shop staff was also surprised. However, carefully checking the master of JEMS contained a number of disadvantages. There was an edit at the total 32: 15: 21 hit after the end of Presence Of The Lord, there was petit noise. And at the same time 46:26:22 at the middle of the drum solo number Do What You Like of Ginger Baker, there was an edit place, and there was a petit noise. Of course we carefully removed these petit noises at our shop. Even if you listen carefully, I do not know where to edit. Furthermore, since Sleeping In The Ground, the pitch was 20 to 30% lower due to aged deterioration of the tape, so this is also adjusted normally. And raised the sound pressure which was generally low, I reborn it into a condition that you can realize the high sound quality this time more. There are maniacs already being downloaded and enjoyed, but this board is an upgrade media version by professional engineer of upgrade master.
Well, let’s look at how Clarepton ‘s activity in 1968 looks at how valuable this source is here.

· March 18th, 1969, 19th: Appeared in a jazz & rock crossover session “Super Show” recorded at the suburb of London Staines. In case
· February – May 1969: Recording the debut album of blind faces in London
· June 7, 1969: A debut · concert of a blind face will be held at Hyde Park, London.
· June 12 – 1969: Scandinavian tour
· July 11 – August 24, 1969: National Tour ← ★ Coco ★
«During this time, August 1, 1969: Release of the album” BLIND FAITH “»
· September 13, 1969: Appear as a member of “Plastic Ono band” formed by John Lennon at the “Rock and roll revival festival” held at the Va city stadium in Toronto.
· November 20th-29th 1969: German tour as a member of Delaney & Bonnie & Friends
· December 1 – 15, 1969: UK tour as a member of Delaney & Bonnie & Friends

This year was a turbulent year for Clapton. I developed a session with S. Winwood from the beginning of the year and moved to form a new band, but Ginger Baker pressed me up and joined by pushing. Rick Gretc is recommended for bassist from the production, recording the album in a form of band format. Despite the lack of repertoire, despite the lack of repertoire, from the debut concert to the long-term national tour, it was booked without permission, and Clapton finally pushed through during the tour that peddled in confusion. In the support act, he began to feel depressed by Delaney & Bonnie who nominated, and while collaborating with them, the band collapsed with the end of the tour. Clapton further approaches Delaney & Bonnie and joins their band. The rapid development such as happened during the past year. Looking from the middle of the year when the British super group with Clapton already established a worldwide prestige with a cream made a spectacular debut, as the year ended, as a sideman of the American unknown LA swamp band There was Clapton who found a place. It has been proved that this dramatic change / turnover has had a big influence on the later Clapton career, but it was the day of the main board that captured the heart of the swaying Clapton! In order to tell the lack of repertoire, I played unreleased songs other than the album recording number Sleeping In The Ground, or because there are no songs to play, I play cream hit song Sunshine Of Your Love with encore It is. Only one album. Clapton’s motivation declined on a long-term tour forced by force, while communication with the unfamiliar bassist was also weak. It was my relationship with Delaney & Bonnie who managed to manage it somehow. In the encore of the main board, it seems that Clapton has invited, but I am participating in Delaney & Bonnie. You can hear this duo’s vocals firmly. Upgrading sound quality so far was unthinkable in the past. Although it is Clapton how much motivation has been declining, it can be confirmed that it demonstrates professional musicians truly as expected. I play with the regular set. The number Had To Cry Today, which opened up a new front with twin leads, is listening to overwhelming play that will keep the ensemble while being able to beat with power while sounding a somewhat bold solo winwood. In the following Can not Find My Way Home, since the debut · concert, what was playing at the time of the unreleased “Electric Version” arrangement (Wynwood also played the organ), as the album I am returning to arrange. In the album, clapton which reproduces the phrase played with the acoustic guitar spectacularly in the electric is wonderful. Here, Winwood is playing the guitar not from the keyboard but from the previous song. Listening to the full story with this wonderful sound quality will change the past recognition for blind faces. Speaking of their excellent sound sources, ① Hyde Park’s sound board source, ② Swedish, Gothenburg’s audience source, ③ the Santa Barbara performance late performance of the US tour finished as the “Three Great” live sound source Although it was a new history added here. In the past Wisconsin Performance, which was hard to listen with mediocre quality, joined the excellent sound source by the appearance of the main board, and it came to be called “Four Great” sound source. JEMS pulled back the sound source that was going to go beyond oblivion, and our shop has released in its best form. It will be released on limited press CD, so please order as soon as possible.

歴史的オーディエンスソースを高音質で公開してくれるあのJEMSがまたやってくれました!何と今回彼らがアップしてくれたのは、エリック・クラプトンがクリーム解散後にスティーヴィー・ウィンウッドと結成したスーパーグループ「ブラインド・フェイス」のコンサート音源のアップグレード版だったのです。僅か半年しか活動が続かなかったブラインド・フェイスの末期に当たった全米ツアーの前半、1969年7月26日、ウィスコンシン州で行なわれたフェスティバルに出演した際のステージを完全収録したものです。この音源自体は、「SUNSHINE MILWAUKEE」というヴィンテージブートで同内容がリリースされていたものでしたが、今回JEMSがアップしたのは、同じ音源とは思えないほどの、音質が劇的に改善されたファースト・ジェネレーションマスターだったのです!こんなマスターが存在していたとは!当店スタッフも驚きました。しかしながら、JEMSのマスターには、注意深くチェックしていくと数々の欠点が内包されていたのです。Presence Of The Lordの終了後に当たるトータル32:15:21時点にはエディットがあり、プチノイズがありました。そしてジンジャー・ベイカーのドラムソロナンバーDo What You Likeの中間に当たる同46:26:22時点にもエディット箇所があり、プチノイズが発生していました。当店ではもちろんこれらのプチノイズを丁寧に除去しました。注意深く聴いていただいてもエディット箇所は分かりません。さらにSleeping In The Ground以降が、テープの経年劣化によりピッチが20~30%低くなっていましたので、これも正常にアジャスト。そして全般に低かった音圧を引き上げ、今回の高音質をより実感していただけるコンディションに生まれ変わらせました。既にダウンロードされて楽しまれているマニアはおられるでしょうが、本盤はアップグレードマスターのプロエンジニアによるアップグレードメディア・バージョンなのです。
さて、ここでこの音源がいかに貴重なものであるかを、69年のクラプトンの活動を振り返ることで見ていきましょう。

・1969年3月18日、19日:ロンドン郊外ステインズで映像収録されたジャズ&ロックのクロスオーバーセッション「スーパーショウ」に出演。
・1969年2月~5月:ロンドンにてブラインド・フェイスのデビュー・アルバムのレコーディング
・1969年6月7日:ロンドン、ハイド・パークでブラインド・フェイスのデビュー・コンサートが開かれる。
・1969年6月12日~19日:スカンジナビアン・ツアー
・1969年7月11日~8月24日:全米ツアー ←★ココ★
≪この間、1969年8月1日:アルバム「BLIND FAITH」リリース≫
・1969年9月13日:トロントのヴァーシティ・スタジアムで行なわれた「ロックンロール・リヴァイヴァル・フェスティバル」に、ジョン・レノンが結成した「プラスティック・オノ・バンド」のメンバーとして出演。
・1969年11月20日~29日:デラニー&ボニー&フレンズの一員として、ドイツ・ツアー
・1969年12月1日~15日:デラニー&ボニー&フレンズの一員として、イギリス・ツアー

この年はクラプトンにとって激動の一年でした。年頭からのS.ウィンウッドとのセッションを発展させてニューバンド結成に動いたのですが、そこにジンジャー・ベイカーが押しかけてきて、ごり押しで参加。プロダクションからリック・グレッチをベーシストに推薦され、一応のバンド形態を整えてアルバムをレコーディング。ここまではよかったのですが、レパートリー不足にもかかわらず、デビュー・コンサートから長期全米ツアーまでが勝手にブッキングされてしまい、戸惑いの中で敢行したツアー中にクラプトンが遂にプッツン。サポートアクトに彼が指名したデラニー&ボニーに心酔するようになり、彼らと行動を共にしていく中でバンドはツアー終了とともに崩壊。クラプトンはさらにデラニー&ボニーに接近し、彼らのバンドに加入してしまう。といった目まぐるしい展開がこの一年の間に起こったのです。既にクリームで世界的な名声を確立していたクラプトンを擁するイギリスのスーパーグループが華々しくデビューした年の半ばから見ると、年が終わってみれば、アメリカの無名のLAスワンプのバンドのサイドマンとして居場所を見つけたクラプトンがいました。この劇的な変化・転身が後のクラプトンのキャリアには大きく影響したことが証明されていますが、その揺れ動くクラプトンの心を捉えていたのが、本盤の日と言ってもよいのです!レパートリー不足を物語るように、アルバム収録ナンバー以外の未発表曲Sleeping In The Groundを演奏していたり、やる曲がないために「受け」を狙ったクリームのヒット曲Sunshine Of Your Loveをアンコールで演奏しています。アルバムは1枚のみ。馴染みのないベーシストとの意思の疎通も薄い中、無理やりやらされた長期ツアーでクラプトンのモチベーションは下がる一方でした。それを何とかもちこたえさせていたのがデラニー&ボニーとの付き合いだったのです。本盤のアンコールでは、クラプトンが招き入れたと思われますが、デラニー&ボニーを参加させています。このデュオのボーカルがしっかり聞き取れるのです。ここまでの音質アップはかつてでは考えられないことでした。いくらモチベーションが低下していたクラプトンとは言え、さすがプロとしてのミュージシャンシップを発揮していることが確認できます。レギュラーセットでは弾き捲っています。ツインリードで新境地を拓いたナンバー Had To Cry Todayでは、幾分たどたどしいソロを展開するウィンウッドを、アンサンブルをキープしながらも力でねじ伏せるような圧倒的なプレイを聴かせています。続く Can’t Find My Way Homeでは、デビュー・コンサート以来、当時は未発表だった「エレクトリック・バージョン」アレンジで演奏してきていたものを(ウィンウッドもオルガンをプレイしていました)、アルバムどおりのアレンジに戻しています。アルバムではアコースティック・ギターで奏でたフレーズをエレクトリックで見事に再現するクラプトンが素晴らしいです。ここではウィンウッドはキーボードではなく、前曲から続いてギターをプレイしています。この素晴らしい音質で全編を聴くと、ブラインド・フェイスに対するこれまでの認識が変わることでしょう。これまで彼らの優良音源と言えば、①ハイド・パークのサウンドボードソース、②スウェーデン、イエテボリでのオーディエンスソース、③全米ツアー終盤のサンタバーバラ公演のオーディエンスソース、が「三大」ライブ音源として君臨していましたが、ここに新たな歴史が加わりました。かつては凡庸な音質で聴きづらかったウィスコンシン公演が本盤の登場によって優良音源に加わり、「四大」音源と称されるに至ったのです。忘却の彼方に行こうとしていた音源をJEMSが引き戻し、当店が最高の形でリリースするに至りました。限定プレスCDでのリリースとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

(60:07)
1 Had To Cry Today 2 Can’t Find My Way Home 3 Sleeping In The Ground
4 Well Alright 5 Presence Of The Lord 6 Do What You Like
7 Drum Solo/Do What You Like 8 Sunshine Of Your Love

Eric Clapton – Guitar, Vocals Steve Winwood – Keyboards, Guitar, Bass, Vocals
Rick Grech – Bass, Electric Violin Ginger Baker – Drums

Beano-159

Leave a Reply