Beatles / Rubber Soul US Capitol Reel / 1CDR

Beatles / Rubber Soul US Capitol Reel / 1CDR / Non label

Translated Text:

Rubber Soul ( Us Capitol Reel )

Click Image To Enlarge

Since the center remix version of the Beatles’ famous masterpiece “RUBBER SOUL” will be released, “RUBBER SOUL” is also available for gift items. Upon release, this song was different in England and the United States. This was well-known as the annual pattern until 1966, and in the United States when it debuted with Capitol “MEET THE BEATLES” album (In Japan it is the best strongest song “Beatles!” Has been created in Japan ) Was created and the original album was kept being made.
“RUBBER SOUL” has become an epoch-making piece common in the UK and the UK for the first time for album titles and artworks, but I can not go on much more. In the United States, the previous album “HELP!” Is summarized only by the songs used for the movie, and the songs recorded on the B side of the English version are not included in the album of America at the time of summer 1965 Hmm. Capitol had triggered the power to release it in a single in what way “Yesterday”.
In response to this situation, the US board “RUBBER SOUL” has become an original editing board with the mixed songs of “HELP!” Sided on the B side. What is amazing “RUBBER SOUL”, but the first song does not start with “Drive My Car”. Instead it is the boldness that “I’ve Just Seen A Face” is placed from “HELP!” As an opening number. As a bonus “HELP!” Even though it was a song of a sound that paid unusual calmness among the B side of the song, even if it was placed instead of “Drive My ~”, there was no uncomfortable feeling, and the early stage was acoustic and calming atmosphere song It started showing that it started with.
Although the content of the album has been changed by inserting the “HELP!” B side song, conversely “George’s” If I Needed Someone “etc. as well as” Drive My ~ “from the” RUBBER SOUL “main body etc It became a hostage for the next title’s Capitol editboard “YESTERDAY AND TODAY” and has been reborn into a unique album “All 12 songs” and “I have pumped up the songs from the previous album”. It is incompatible even if it calls another album that has suffered the skin of “RUBBER SOUL” any longer.
This American board has been realized as an official CD in 10 years ago from now, but this time it was recorded from a version that was released with a very rare open reel tape. Open Reel was released as a format other than records in the US before spreading cassette. In this way most of the albums were released by the Beatles, but because of the recording time of the tape, the order of the songs was changed independently on the open reel.
Regarding “RUBBER SOUL”, the rearrangement has been carried out that “Wait” recorded in the 5th track of LP’s B side is recorded on the A side of the tape, and even the content of the American board album with different content even just It is interesting that it was changed further. Regarding the sound quality as well, it is completely different from the current remastered CD, and it is an analog tick which took it as “tape ume” and was delicate. And more than anything, please experience the uniqueity of the American version open reel version which turned into almost another album under the name “RUBBER SOUL”.

 

今回ビートルズの金字塔的名盤「RUBBER SOUL」のセンターリミックス・バージョンがリリースされるということから、ギフトアイテムにも「RUBBER SOUL」を用意しています。本アルバムはリリース当初、イギリスとアメリカで選曲が違っていました。これは1966年までの恒例パターンとしてよく知られていたもので、アメリカではキャピトルによってデビュー時に「MEET THE BEATLES」というアルバム(日本ではこれを元にさらなる最強選曲の「ビートルズ!」が生み出されています)が作られたのを皮切りとして独自のアルバムが作られ続けました。
「RUBBER SOUL」はアルバム・タイトルやアートワークが初めて英米で共通した画期的な一枚となったのですが、まだまだ一筋縄ではいきません。アメリカでは前のアルバム「HELP!」が映画に使用された曲だけでまとめられており、イギリス盤のB面に収録されていた曲が1965年夏の時点ではアメリカのアルバムには収録されていません。何と「Yesterday」に至っては先にシングルでリリースしてしまうという強権をキャピトルが発動させていたのです。
こうした状況の煽りを受け、アメリカ盤「RUBBER SOUL」には「HELP!」のB面収録曲が混成された独自の編集盤と化してしまいました。何が凄いって「RUBBER SOUL」なのに一曲目が「Drive My Car」から始まらないのです。代わりにオープニング・ナンバーとして「HELP!」から「I’ve Just Seen A Face」が配置されるという大胆さ。おまけに「HELP!」B面曲の中でも異色の落ち着きを払ったサウンドの曲だったことから「Drive My~」の代わりに配置されても意外と違和感がなく、序盤がアコースティックで落ち着いた雰囲気の曲から始まるという展開をみせていました。
こうした「HELP!」B面曲の挿入によってアルバムの内容が変わってしまったのですが、逆に「RUBBER SOUL」本体からも「Drive My~」だけでなくジョージの「If I Needed Someone」などが次作のキャピトル編集盤「YESTERDAY AND TODAY」用の人質となってしまったことで「全12曲」かつ「前のアルバムの曲を汲み入れた」独自のアルバムへと生まれ変わってしまったのです。もはや「RUBBER SOUL」の皮を被った別のアルバムと呼んでも差し障りないほど。
このアメリカ盤は今から十年前にオフィシャルのCD化が実現していますが、今回は非常にレアなオープンリール・テープでリリースされていたバージョンからの収録。カセット普及以前にアメリカでレコード以外のフォーマットとしてリリースされていたのがオープンリール。この方式でビートルズほとんどのアルバムがリリースされていたのですが、テープの収録時間の関係から、オープンリールでは独自に曲順が変えられていたのです。
「RUBBER SOUL」に関してはLPのB面の5曲目に収録されていた「Wait」がテープのA面に収録されるという配置換えが行われており、ただでさえ内容の異なるアメリカ盤アルバムの内容がさらに変えられたというのだから面白い。音質に関しても現在のリマスターCDとはまったく違った、いかにも「テープ然」としたアナログチックで繊細さを帯びたもの。そして何よりも「RUBBER SOUL」という名の下でほとんど別のアルバムと化してしまったアメリカ盤オープンリール・バージョンのユニークさを体感してください。

(29:20)
01. I’ve Just Seen a Face 02. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
03. You Won’t See Me 04. Think For Yourself 05. The Word 06. Wait
07. Michelle 08. It’s Only Love 09. Girl 10. I’m Looking Through You
11. In My Life 12. Run For Your Life

Leave a Reply