Paul McCartney & Wings / At The Speed Of Sound Sessions / 4CD

Paul McCartney & Wings / At The Speed Of Sound Sessions / 4CD / Misterclaudel

Translated Text:
Wings At The Speed Of Sound Sessions. Digitally Remastered

paulmcc-wings-at-speed-sound-sessions1

Click Image To Enlarge

paulmcc-wings-at-speed-sound-sessions2

Than mania must-have M Claudel label, title was recorded session of Wings of the speed of sound becomes the release. Although the title of one product had been released as a part from the same label of Trevor Jones tape previously, this work include them, with the contents further enhance the speed of at really four sets of volume to cover the session-related sound source of sound. It has just become a suitable content to Ketteiban.

[To the recording] Paul, himself a multi-player, it is also capable of much versatile artists to all playing on their own in the recording. It dare formed a band, also was not borne each instrument to each of the members, it does not become another so because was solely band Wings were intended to live. The Wings and I Paul was a band for the live. The band Since its formation of 1972, steadily continued to stage activities, is finally in 1975 that the machine is ripe. Home to hit albums to hit single, blessed with band members that can withstand the high degree of completion stage, and above all adequacy of Paul himself will celebrate its peak around this time. Exactly, or when out on a large-scale tour? Probably now! Timing that. After release of the then-new album “Venus and Mars”, Australia starting with Europe, and dared the first world tour around and the United Kingdom. It becomes a digression, but was included in Japan originally planned but was canceled is in it.

[Two World Tour] In great success in the World tour around the country this 1975 Wings, Paul is at the moment the band that has been raised over the Tesio was et al observed in the world, you will be told that the person was also very satisfied. And we will further aim to step up. Wings itself is formed is required to become a band that may be comparable with the Beatles, it was a success in the United States. And is finally the 1976 US tour became announcement. Once as the Beatles was the case, it’s said that the successful what real success at home American show business, you’ll be Paul himself had been well understood. 1975 of the set list also did something very high degree of perfection without a chance, Paul further as if the making doubly sure, was subjected to recording in the studio in parallel to sew the interval of the tour, before the US tour We will announce a new album. It is the “Speed ​​of Sound”. This means that in general, but has been recognized as a World Tour has been carried out over the 1975 and the leg rest two years of 1976, in fact, is this in 1975 and 1976 of the tour should be different positioning is made, the big difference that , the two tour was released in between “Speed ​​of Sound” recording of the new song is, it is that it has been incorporated into the 1976 tour. And it just is not only to say that showed off the new song, it can be said that the new song is a noteworthy difference in terms that itself became the highlight of the concert.

As mentioned earlier, US tour for Paul was a big event that you want absolutely to succeed. 1966 and that was performed concerts in the United States as a member of the Beatles. Paul of the stage for the American fans it will be that of 10 years. Do not to be absolutely successful, I want to the making doubly sure by further release the new album for that. Such willingness work is’s the “Speed ​​of Sound”. In fact, coupled with the album and the success of the tour hit, was taken the lead in a single department at Billboard year chart “heart of love songs” and others, became a huge hit in the “happiness of knock” is also the United States second place, also was impressive in concert such as the “love of proof” is also included in this album, the success of the success and the tour of the album would say that there is inseparable relationship.

[Wings at the Speed ​​of Sound] As described above, the album “Speed ​​of Sound” is one that is recorded on the assumption tour, if indeed beautiful melodious song seems to Paul, was made on the assumption that you want to play in a clearly stage to music, variety of songs had been incorporated plenty. Then, the characterizing feature of this album is, to seek unity as a band, including the Joe English that did not take the vocals at the tour, it is that the vocal music of the band members all have been recorded. Members other than Joe and Linda are taking the vocals on stage, but the insistence of Paul will glimpses into where it was taken dare vocals to this two persons. And indeed of other than Paul five songs out of 11 songs vocal, such as if they were conscious of the image the band all sing like the Beatles, it is an album that has issued strongly on the whole surface that it is a band. This work will be the title that covers all of the sound source to be existing from the recording session sound source.

[Album sessions] Disk 1 and 2 in the order of the album songs, demos, outtakes, we have recorded, such as another version. “Happiness of knock” is recorded all five versions, such as demo, another mix. Lyrics If you’re almost finished, yet the demonstration stage, however accompaniment will mean that only the piano, is a place of interesting Paul has put a sound effect in the mouth. Those of the melody and the lyrics are made, like arrangement is not tight, like this mouth Dzusami a variety of sound effects in the provisional song stage, than to reference the arrangement after it is assumed to be. From entering the voice of children in the song, just home recording unique. Sight of the place seems to be floating in the eye though. “You must not have notes” the basic track before the horn is dubbing. “My Baby” will first start from a demo. A simple performance of only nimble piano, Paul sings as humming lightly. Or for take 1 is originally simple songs followed, and the same almost a release version, arrange the backing guitar enters like a sideshow is reminiscent of the “Let Me Roll It”. Ending part is not yet complete, we have to finish the brute force in halting guitar solo.

Screaming vocals of Paul have been sung in impressive concert in the tour “Love of proof” is the highlight of the disc 1. First session sound source first three take is made by arranging the John Bonham of Led Zeppelin on drums. In such combined lightly playing, is not a so-called Zeppelin seems drums, and I think that the exchanges at this time, leading to Rokesutora after, can not help but think Kangaibukaku. Is above all John Bonham seemed was a big fan of Wings, the 1976 US tour, is about there is also talk that was enjoying the concert prisoner’s base nearly every performance, in the front row. At this point, there is no introduction section that still consists of acoustic and chorus. Since it was granted a session sound source in the following Wings, introduction of that acoustic and layered chorus is found to be one that was added later. And you know, in the concert I was played in the Arrange that this introduction has been cut again.

“Waino-Junko” the basic track that starts from the count. Flat vocals of undulating little Jimmy McCullough, it seems to not also the contribution in vocal about talent as a guitarist unfortunately. Disk 1 last is the basic track of “time of peace”.

Disk 2 in the Wings maximum of hit songs, has recorded a session of the “heart of Love Song” should be called a highlight of this book work. First is demo by piano. A simple pole of vocal fresh demo to back the piano, Linda of chorus has been inserted carelessly in the climax part. It is not possible to hide the beauty of the melody in this performance, it is expected to have already brew the atmosphere of the masterpieces at this point. Complex chorus work, such as the release version is not yet complete, the performance of the main become melody and the rust of the chorus part only, whether evolve how the future, feeling like glimpse of the rough It will be. Although flashy horn and chorus Speaking of “heart of Love Song” is an impressive song, what is recorded as a rough mix, still in front of such horn is dubbing, singing the part Paul whopping scat It is uncommon interesting version that are. version of the basic track that follows most base and vocals only. Like Paul vocals are sang in vivid ear, it is unbearable versions of fan. Others, we have recorded all 8 version.

“Must Do Something” Although the release version had been singing Joe English, here to have been recorded is probably the pole itself as a guide vocal for reference to Joe sang. Compared to the bouncy version of Joe as if punch-through, what you are singing gently as Paul of vocal choose the words to calm down, the place is interesting impression of the song has been radically changed. “Warm feeling” is beautiful songs that decorate the last album. Here the sound of electric piano, such as rolling the ball has recorded too beautiful demo version.

The end of the disc 2, we have recorded a related sound source other than the album songs. “Happiness knock” in Tsuariha, and radio spots to promote the album before the tour in the United States and finally, the US tour of rehearsal, – monkey sound source. Short while you will see and that has played the horn section of the “heart of Love Song”.

[Movie “ROCK SHOW”] The first half of the disk 3, is the same album songs in the work process for recording the movie “Rock Show”. 4 songs are live performances on stage from the “Speed ​​of Sound”. I think actually people seen that saw a movie, but I think not many were of even those who were surprised to miss one not playing through stage. This is a result of applying the correction afterwards of course, does not of course mean actual stages were performed at Such a perfect performance. 4 songs recorded in here, how about you sound source for the vocal check. An extra dubbing or chorus lean, echo feeling without, it has been recorded in a very dry sound, it is attacked by a vivid illusion that if they were singing in front of the eye. For example chorus such as “heart of Love Song” which is repeated multilayered is, here it is possible to listen to the voice of Paul alone, I see, you will see it is that what was actually singing in such feeling. For information led to the “love of proof”, appeared in front is screaming vocals of Paul of that compelling, and drawn is that no mistake. Moreover, it does not collect because firmly hear well as interlude in between the songs that did not hear the hidden sound of the instrument.

[Album Promotions & Advance test · LP] The second half of the disk 3, at the time of the album release, we have recorded three radio program who appeared for the album promotion. A valuable source that has been air-check time, yet not merely mundane, such as passing a song in between interviews, it is very interesting both in terms of content. Because it is the spirit of the program that introduces the pre-release album, not yet the album itself is press, major feature of that flowing sound source from the Advance LP. And not just interview, You probably was recorded in the studio, rather than those backed format, in the studio all members are aligned, and I have been recorded in the form of introducing noisily and happily new album in the rough feeling . Other members of laughter and, if it also contains voice that put the Chacha, also, such as how Linda is Dari humming the “heart of Love Song” has been recorded. From those that at the time still in Beatles reunion would have been expected than wonderful I get a live in an interview, such as the description of the album songs, wide-ranging.

[Different mix] Disk 4, rather than those produced in real time, another mix was made in recent years have been recorded. I think not many people the actual Paul BGM of past sampling format that you remix a song in the concert is stored that had been swept away to the venue before curtain. Probably two songs it would be a special song among Paul and “happiness of knock,” “Mind of Love Song”, has been produced is indeed a number of remix version. And to re-build the original songs in this way I think whether there pros and cons but, at the same as long as that of the author Paul principal intention is, must be accepted as a fan. Please refer to the credit of the jacket for more information.

[WINGS AT THE SPEED OF SOUND SESSIONS] M studio session series of Claudel completely cover the session of the “Speed ​​of Sound” announced in 1976. Demonstration of each album songs, outtakes, a different mix, at the time of the radio spot, movie check track for the “Rock Show” and valuable test press radio program to introduce the new album in LP,, further last numerous and another mix collection was created, it will be the culmination of the album-related sound source, including the first appearance sound source. Permanent Athletic press platen of the beautiful picture disc specification.

マニア必携Mクローデル・レーベルより、ウイングスのスピードオブサウンドのセッションを収録したタイトルがリリースになります。以前に同レーベルからトレバー・ジョーンズ・テープの一環として1枚物のタイトルがリリースされていましたが、本作はそれらを含む、さらに充実させた内容で、実に4枚組のボリュームにてスピードオブサウンドのセッション関連音源を網羅。まさに決定盤に相応しい内容となっています。

【レコーディングまで】
ポールは、自身がマルチプレイヤーであり、レコーディングにおいては全て自分で演奏することも可能なくらい多才なアーティストです。それをあえてバンドを結成し、また各楽器をそれぞれのメンバーに担わせたのは、ひとえにウイングスがライヴを目的としたバンドであったからに他なりません。ウイングスとはポールがライヴをするためのバンドであったのです。そして1972年のバンド結成以来、地道にステージ活動を続け、いよいよ機が熟したのが1975年です。ヒット・シングルにヒット・アルバムを擁し、完成度の高いステージに耐えうるバンド・メンバーに恵まれ、そして何よりポール本人の充実度がこの頃にピークを迎えます。まさに、いつ大規模なツアーに出るか? 今でしょ!というタイミング。当時のニューアルバム「ヴィーナス・アンド・マース」をリリース後、欧州を皮切りにオーストラリア、英国などをまわる初のワールドツアーを敢行します。余談になりますが、その中には中止になったものの日本も当初の予定に含まれていました。

【2つのワールドツアー】
この1975年ウイングスのワールドツアーは各地で大盛況で、ポールが手塩にかけて育ててきたバンドが世界に認めらた瞬間に、本人も非常に満足したと伝えられます。そしてさらにステップ・アップを図ります。自身が結成したウイングスが、ビートルズと比肩し得るバンドになるために必要なのは、アメリカでの成功でした。そしていよいよ1976年の全米ツアーが発表になったのです。かつてビートルズがそうであったように、ショウビジネスの本場アメリカで成功してこそ本当の成功といえるのは、ポール自身が良く理解していたことでしょう。1975年のセットリストも非常に隙のない完成度の高いものでしたが、ポールはさらにダメ押しをするかのように、ツアーの合間を縫って平行してスタジオでレコーディングを行ない、全米ツアーの前に新たなアルバムを発表します。それが「スピードオブサウンド」です。つまり一般的には1975年と1976年の足掛け2年に渡ってワールドツアーが行なわれたと認識されていますが、実はこの1975年と1976年のツアーは異なる位置づけがなされるべきで、その大きな違いは、この2つツアーの合間にリリースされた「スピードオブサウンド」収録の新曲が、1976年のツアーに組み入れられたという点です。しかもそれはただ新曲を披露したというにとどまらず、新曲それ自体がコンサートのハイライトになったという点でも特筆すべき違いであると言えます。

先述のように、ポールにとって全米ツアーはどうしても成功させたいビッグ・イベントでした。ビートルズの一員として全米でコンサートを行なったのが1966年。アメリカのファンにとってポールのステージは10年ぶりということになります。どうしても成功しなければいけない、そのために更にニューアルバムをリリースしてダメ押しをしておきたい。そのような意欲作が「スピードオブサウンド」なのです。事実、ツアーの成功と相まってアルバムもヒット、ビルボード年間チャートでもシングル部門で首位を奪取した「心のラブソング」他、「幸せのノック」も全米2位の大ヒットとなり、またコンサートで印象的だった「愛の証」もこのアルバムに収録されているなど、アルバムの成功とツアーの成功は不可分な関係にあると言えるでしょう。

【スピード・オブ・サウンド】
上記のように、アルバム「スピード・オブ・サウンド」はツアーを前提にしてレコーディングされたもので、いかにもポールらしい美しいメロディアスな曲もあれば、明らかにステージで演奏することを前提として作られた楽曲まで、多彩な曲がふんだんに盛り込まれていました。そして、このアルバムを特長づけるのは、バンドとしての一体感を求めて、ツアーではヴォーカルをとらなかったジョーイングリッシュを含め、バンド・メンバー全員のヴォーカル曲が収録されている点です。ジョーとリンダ以外のメンバーはステージでもヴォーカルをとっていますが、この二人にもあえてヴォーカルをとらせたところにポールの拘りが見え隠れします。実に11曲中5曲がポール以外のヴォーカルと、ビートルズのようなバンド全員が歌うイメージを意識しているかのような、バンドであることを強く全面に出したアルバムです。本作は、そのレコーディング・セッション音源より現存するすべての音源を網羅したタイトルになります。

【アルバム・セッション】
ディスク1と2はアルバム収録曲順に、デモ、アウトテイク、別バージョンなどを収録しています。「幸せのノック」はデモ音源、別ミックスなど全5バージョンを収録。歌詞はデモ段階でありながらほぼ完成していて、しかしながら伴奏がピアノのみということで、ポールが口で効果音を入れているのが興味深いところです。メロディと歌詞は出来ているのもの、アレンジが固まっていないようで、このように仮歌の段階で様々な効果音を口づさみ、後のアレンジの参考にするのではと推測されます。曲中に子供たちの声が入るのは、まさにホームレコーディングならでは。まるでその場の光景が目に浮かぶようです。「君がいないノート」はホーンがダビングされる前のベーシックトラック。「僕のベイビー」はまずデモから始まります。軽快なピアノのみのシンプルな演奏で、ポールは軽く口ずさむように歌っています。続いてテイク1は元々シンプルな曲であるためか、ほとんどリリース・バージョンと同じで、バッキング・ギターが合いの手のように入るアレンジは「レット・ミー・ロール・イット」を彷彿させます。エンディング部分がまだ完成しておらず、たどたどしいギターソロで強引に終わらせています。

ツアーにおいてはポールの絶叫ヴォーカルが印象的でコンサートでも歌われた「愛の証」はディスク1のハイライト。まず最初の3テイクがドラムスにレッド・ツェッペリンのジョンボーナムを配して行なわれたセッション音源。軽く合わせたような演奏で、いわゆるツェッペリンらしいドラムスではありませんが、この時の交流が、後のロケストラに繋がることを思うと、感慨深く思わざるを得ません。何よりジョンボーナムはウイングスの大ファンだったらしく、1976年全米ツアーでは、ほぼ毎公演、最前列に陣取りコンサートを楽しんでいたという話もあるくらいです。この時点では、まだアコースティックとコーラスからなる導入部がありません。次のウイングスでのセッション音源では付与されていることから、あのアコースティックと重層コーラスの導入部分は、後に加えられたものであることがわかります。そしてご存知の通り、コンサートでは再びこの導入部分がカットされたアレンジで演奏されました。

「ワイノ・ジュンコ」はカウントから始まるベーシックトラック。起伏の少ないジミーマッカローの平坦なヴォーカルは、残念ながらやはりギタリストとしての才能ほどヴォーカルでの貢献度はないように思えます。ディスク1最後は「やすらぎの時」のベーシックトラックです。

ディスク2はウイングス最大のヒット曲にして、この本作のハイライトとも言うべき「心のラヴソング」のセッションを収録しています。まず最初はピアノによるデモ音源。シンプルなピアノをバックにポールのヴォーカルが生々しいデモ音源で、サビ部分ではリンダのコーラスが無造作に挿入されています。こんな演奏でもメロディの美しさは隠すことが出来ず、この時点で既に名曲の雰囲気を醸しているのがさすがです。リリース・バージョンのような複雑なコーラス・ワークはまだ完成しておらず、主となるメロディとサビのコーラス部分のみの演奏が、今後どのように発展していくのか、その原石を垣間見るような感覚になります。「心のラヴソング」といえばコーラスと派手なホーンが印象的な曲ですが、ラフミックスとして収録されているのは、まだホーンなどがダビングされる前で、その部分をなんとポールがスキャットで歌っているという珍しくも興味深いバージョンです。続くベーシックトラックはほとんどベースとヴォーカルのみのバージョン。ポールのヴォーカルが生々しく耳元で歌ってくれているような、ファンにはたまらないバージョンです。その他、全8バージョンを収録しています。

「マスト・ドゥ・サムシング」はリリース・バージョンではジョー・イングリッシュが歌っていましたが、ここに収録されているのは、おそらくジョーに参考のためにガイド・ヴォーカルとしてポール自身が歌ったものです。突き抜けたかのような溌剌としたジョーのバージョンに比べ、ポールのヴォーカルは落ち着いて言葉を選ぶように穏やかに歌っているもので、曲の印象ががらりと変わっているのが興味深いところ。「やさしい気持ち」はアルバムのラストを飾る美しい曲。ここでは玉を転がすようなエレピの音色があまりに美しいデモ・バージョンを収録しています。

ディスク2の最後は、アルバム収録曲以外の関連音源を収録しています。ツアーリハでの「幸せのノック」、そしてツアー前にアメリカでアルバムを宣伝するラジオ・スポット、そして最後は、その全米ツアーのリハ―サル音源。短いながら「心のラヴソング」のホーン・セクションを奏でているのがわかります。

【映画「ROCK SHOW」】
ディスク3の前半は、映画「ロックショウ」に収録するための作業過程における同アルバム収録曲です。「スピード・オブ・サウンド」からは4曲がステージでライヴ演奏されています。実際に映画を見た人はわかると思いますが、ステージ通してミスひとつない演奏に驚かれた方も多かったのではないでしょうか。これはもちろん後から修正を施した結果であって、かように完璧な演奏で実際のステージが行なわれたわけでは勿論ありません。ここに収録の4曲は、そのヴォーカル・チェック用の音源でしょうか。余計なダビングやコーラスが希薄で、エコー感もなく、非常にドライな音像で収録されており、まるで目の前で歌っているかのような生々しい錯覚に襲われます。例えば「心のラヴソング」などは重層的に繰り返されるコーラスが、ここではポールの声を単独で聴くことができ、なるほど、こういう感じで実際に歌っていたのかというのがわかります。「愛の証」に至っては、あの迫力満点のポールの絶叫ヴォーカルが眼前に現れ、引き込まれること間違いなし。しかも楽器の音に隠れて聞こえなかった曲の合間の合いの手などもしっかり聞こえるからたまりません。

【アルバム・プロモーション&アドバンス・テスト・LP】
ディスク3の後半は、アルバム・リリース時に、アルバムのプロモーションのために出演したラジオ・プログラムを3種収録しています。当時エア・チェックされた貴重な音源で、しかも単にインタビューの合間に曲を流すといったありきたりのものではなく、内容的にも非常に興味深いものです。リリース前のアルバムを紹介するという趣旨の番組なので、まだアルバムそのものがプレスされておらず、アドバンスLPからの音源を流しているのが大きな特徴。しかも単なるインタビューではなく、おそらくスタジオで収録されたのでしょう、形式ばったものではなく、メンバー全員がそろったスタジオで、ラフな感じでワイワイと楽しくニューアルバムを紹介するという形式で収録されているのです。他のメンバーの笑い声や、茶々を入れている声も入っていれば、リンダが「心のラヴソング」を口ずさんだりしている様子なども収録されています。インタビューでは当時はまだまだ期待されていたであろうビートルズ再結成してライヴをやったら素晴らしいのではというものから、アルバム収録曲の解説など、多岐に渡ります。

【別ミックス】
ディスク4は、リアルタイムで制作されたものではなく、近年になって作られた別ミックスが収録されています。実際のコンサートでポールの過去の楽曲をリミックスしたサンプリング形式のBGMが開演前に会場に流されていたことを記憶されている方も多いのではないでしょうか。おそらくポールの中でも特別な曲であろう「幸せのノック」と「心のラヴソング」の2曲は、実に数多くのリミックス・バージョンが制作されています。元の曲をこのような形でリ・ビルドするのは賛否両論あるかと思いますが、それとて作者ポール本人の意思ということであれば、ファンとしては受け入れなければなりません。詳細はジャケットのクレジットを参照してください。

【WINGS AT THE SPEED OF SOUND SESSIONS】
Mクローデルのスタジオ・セッション・シリーズは、1976年発表の「スピード・オブ・サウンド」のセッションを完全網羅。アルバム収録曲ごとのデモ、アウトテイク、別ミックス、当時のラジオ・スポット、映画「ロックショウ」用のチェック・トラック、そして貴重なテストプレスLPでニューアルバムを紹介するラジオ・プログラム、さらに最後は数多く制作された別ミックス集と、初登場音源を含む同アルバム関連の音源の集大成になります。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
LET ‘EM IN

01. Demo
02. Promotional version mono
03. Promo edit- stereo
04. Promo edit- mono
05. Unreleased 1978 DCC master mix by Steve Hoffman

THE NOTE YOU NEVER WROTE
06. Basic Track, No Horns

SHE’S MY BABY
07. Demo
08. Take 1
09. Rough Mix, full take

BEWARE MY LOVE
JOHN BONHAM SESSION

10. Take 1 (partial backing track)
11. Take 2 (complete backing track)
12. Unknown Take with vocals

WINGS SESSION
13. Alternate Take
14. 45″ single edit

WINO JUNKO
15. Rough Mix Alternate Early Take

TIME TO HIDE
16. Instrumental basic track

DISC TWO
SILLY LOVE SONGS

01. Demo
02. Rough Mix, No Strings & Horns, extra vocals
03. Basic Track, No Strings & Horns Final Mix
04. Piano + Horns overdubs Final Mix
05. Orchestra + Strings and Horns + Linda’s vocals overdub Final Mix
06. Promo edit- stereo
07. Promo edit- mono
08. Unreleased DCC 1978 master mix by Steve Hoffman

MUST DO SOMETHING ABOUT IT
09. Take 1 (Paul on vocals)
10. Take 2 (Paul on vocals)

WARM AND BEAUTIFUL
11. Demo

OTHER RARITIES
12. Pedal Steel Guitar message to Joe
13. Let ‘Em In (October 1975 Tour Rehearsal)
14.‘Wings At The Speed Of Sound’ Original LP Commercial
15. Silly Love Songs (Wings Over America soundcheck)

DISC THREE
Rockshow post production mixes: (main vocal tracks)

01. Let’Em In
02. Time To Hide
03. Silly Love Songs
04. Beware My Love

Wings At The Speed Of Sound Promotional Interviews
Songs from Advance Test LP

March 20, 1976, Danish interview
05. Segment 1 /She’s My Baby
06. Segment 2/ Silly Love Songs
07. Segment 3
08. Segment 4 /Time To Hide
09. Segment 5

March 23, 1976, Danish interview
10. San Ferry Ann/ Segment 1
11. Time To Hide / Segment 2
12. Cook Of The House / Segment 3
13. Silly Love Songs / Segment 4

March 26, 1976, Capitol Radio, UK (recorded in Paris, France)
14. Intro / Let’ Em In
15. Interview /Wino Junko
16. Cook Of The House/ Interview
17. Beware My Love
18. Interview / Silly Love Songs

DISC FOUR
2001 Promotional Mixes

01. Let’ Em In (Special Remix)
02. Let’ Em In (Different Gear Remix)
03. Let’ Em In (Wingin It Mix)

Other Mixes
04. Let’ Em In /Inside Thing (Lulu Mix 2002)
05. Let’ Em In (Chris Holmes Mix 2013)

2001 Promotional Mixes
06. Silly Love Songs (Artful Dodger Mix)
07. Silly Love Songs (Loop Da Loop Main Mix)
08. Silly Love Songs (Loop Da Loop Radio Mix)

2004 Denmark Mixes
09. Silly Love Songs (Noir & Kruse Radio Edit)
10. Silly Love Songs (Noir & Kruse Extented Mix)

Other Mixes
11. Silly Love Songs (Chris Holmes Mix 2010)
12. Silly Love Songs (Chris Holmes Mix 2011-2012)
13. Silly Love Songs (Chris Holmes Mix 2013-2015)

 

Misterclaudel. MCCD-531-534

Leave a Reply