Paul McCartney / Tiptoe Through The Tulips / 2CD WX OBI Strip

Paul McCartney / Tiptoe Through The Tulips / 2CD WX OBI Strip / Misterclaudel

Translated Text:

The Ahoy Rotterdam Holland, November 8, 1989. Digitally Remastered

paulmcc-tiptoe-through-tulips1

Click Image To Enlarge

paulmcc-tiptoe-through-tulips2

Beatles immediately after the dissolution of the pole, although began the initial solo activity, there in my mind was the last band activities. The Beatles era want to do a live activity that was abandoned in the middle of, the desire would be filled with a band called Wings. But in the wake of the fact that in 1980 has been arrested in Japan can groove between the members, especially Denny Laine is reportedly furious inadvertently of Paul. And just so happens the same year end to John Lennon is also the case that struck down by an assassin’s bullet, Wings Paul began to refrain from standing on stage fear the bullet from the audience nature debacle, according to one estimate. Just as the Beatles were supposed to be devoted to studio work in the boundary of 1966, of the 1980s Paul such as studio work and movies, will be put our focus on non-live activities.

In 1985, the historic Live Aid has been performed. Although Paul is once the reason that you do not have the band turned down the appearance, boosted in that it has been advised that “I do it with just piano,” Bob Geldof, after a long time on the pole that appeared in front of the audience , I sang “Let It Be”. Although this time of the performance has been told only Mike trouble posterity, performance also not be said to be poppy, only was away only 5 years so much stage rather, was something that I was surprised with how decline to about this . For those who know this time, Paul is or not is again not stand to stage future, had drifted even kind of atmosphere.

Opportunity and was the Prince Trust of the next 1986 years, has said the later years the pole itself. Paul stood on the stage with a guitar, although blank was made to feel, clearly different from the Live Aid, as it comes through a state that is quite enjoy, “I Saw Her Standing There,” “Get Back “and was enthusiastically the” Sally gangly “. How the hair growth was a little plump Paul are singing a sweat, this guy is coming back to the stage again, was a sufficient performance to be so expected.

In 1987, Paul will release the best album “ALL THE BEST”. Are you this album to special one, not just a best album is that it has recorded a new song “Once Upon A Long Ago”. Paul for this time promotion is doing a number of TV appearances, the song playing in the world (it was Maimingu but) was. Is of course single cut, promotional film was also produced. And 1986 “Press To Play” long-awaited new album since will be released in 1989. It was a “Flowers In The Dirt.” Perhaps this album was probably made in mind that the play on the stage, compared with the previous work that has been built in the studio, has been finished in the place of the groove live feeling overflowing Ruru work, such as giving priority to. And it will be out on tour followed by a recording member of this album.

It up to those that have long plagued the pole would be was the illusion of the Beatles. Song of solo era is compared to all the Beatles, evaluation criteria was always Beatles. Therefore whether the Wings initial refused to play the songs of The Beatles era the expectations of the audience elsewhere, in the tour from 1975 gave confidence to the tune of approximately own solo era years through 1976, played a few songs as an accent of stage I stayed to. However, in turn 1979 tour laid the opening number to the “Got To Get You Into My Life”, was pleased the audience by playing such as “Let It Be” and “The Fool On The Hill”. But they are is merely icing on the cake, the main will not move The fact was Wings number.

However, in the tour called it began the tour, after GET BACK TOUR from 1989, tour of Uri was in the replay of the Beatles number. About half of the set list is occupied by the Beatles number, others are songs of cover songs and the Wings era. New song of the album, it what once like a Beatles number in the Wings era, was only icing on the cake only specific treatment. In Europe and the United States is about the song of the new album has been a toilet time. Is what the audience is asking is The Beatles, is the pole has become a way that finally responded to it.

Paul has said in an interview with the original was going to start a flashy the opening in the “I Saw Her Standing There”. But it truly would of thought Azatoi, the first song is “Figure Of Eight” of the new album has been chosen. Then, it can be said that the selection was very wise. Current ear, even listening in knowledge, opening of this “Figure Of Eight” has become a much great comparable to the medley of “Venus And Mars”. Somewhat tight arrangements compared to the studio version, such as stupid, are reborn in the song that shines indeed stage. In terms of freshly infused with life by playing in live it can be said to be the song that followed the fate such as “Maybe I’m Amazed”. Start without putting Kanpatsu “Jet”, and duet with Stevie became the US number two hit “Ebony And Ivory” is a duet with Hamish. Directing the speech of Martin Luther King is sampled in the interlude of “The Fool On The Hill”. “SGT. Pepper’s” has become the arrangements leading to reprise a long guitar solo. Such a thick the concert the first half was a small pause in the “Put It There” is a rush in the second half finally.

The second half has a configuration that can enjoy the just no more Beatles number. Arrange changed To radically “oath of today”, and scissors begin guided by the lobby of the guitar, “Elina over Rigby”, singles from the new album on the way and “My Brave Face” and “This One,” “Back In the USSR “and continues with” I Saw Her Standing There “. When the subsequent long tour-winning Paul look back now, but these songs will be those already familiar, playing at the time in 1989, Paul is the “Back In The USSR” and “I Saw Her Standing There” in live thing that is, or was much surprise. “SGT. Pepper’s,” such as, a song Beatles era also had never played on stage, singing and in their own author said that one person Paul live, at the time really was and a surprise, there is no Internet era, while reading the concert report of paper media was what I had imagined and this and that.

In particular, “Let It Be” and later of the encore from the concert late is a really wonderful configuration. The first, “Let It Be” and there is no intro by that impressive piano when I heard, but was disappointed to suddenly begin with vocal, it could not only be seen in the video until now of “Let Die” magnesium was given a strong impression in the explosion. And it will be one of the most famous songs in the Beatles is a “Hey Jude”. Although the same repetition, Paul sings in live to “Hey Jude”, this was not nothing more than a surprise for the time 1989 fan. To the beautiful melody first half of that begins with piano, arrangements to sing the second half of Nananana-go-go style to the audience. Beatles era would not have been at all conscious, but songs like was made in order to just play at the concert. Paul is back on the music made before, “This is what I’m songs that I wanted to sing along with the audience,” said Kangaibukaku more than 20 years.

Encore, even this one with “Yesterday,” “Get Back”, and the last is a thing without having to up there, “Abbey Road Medley”. Persistent seems, but Paul is to play the songs of the Beatles, yet the Beatles also live performances thanks to the era song that was said to not be reproduced in full use to stage the studio technology, let alone name record last of the “Abbey Road” such as playing a medley in the live, it was not nothing more than a surprise for the time 1989 fan. There was a variety show called “how far the do of Kin-chan” but was really feeling that “The Paul’ll do far”. As studio version was the case, only this Abbey Road medley, obtained the same only sense of fulfillment with it up to the stage, is indeed impressive ending.

This work, from the early 1989 GET BACK TOUR, which was carried out over a two-year foot hold in 1990, and complete recording of the Rotterdam concert on November 8, 1989. Set list is repeated minor change every time to go through the tour, also has been increased or decreased by the physical condition of the pole, which is almost the same throughout the tour. There may be discomfort in playing the position of “Is not That A Shame,” which will also feature a tour early. The Rotterdam performance are those that have been released as an analog in real time at the time. Obviously high-quality recording that assumes the release, was a set of three that has been put in a luxury box. This work caused the analog board with a laser turntable, in which turned into CD subjected to processing such as noise removal. Speaking of the features of this work include the point that the complete recording from the opening film. Before the concert begins, one to the effect that Paul follow with their own history too, a 15-minute film, the last to become a close-up characters on the screen that NOW, was directing that the current Paul appeared. In this work, it has become the point that complete recording from the sound of the opening film is a major feature. It is an interesting place that cheers at the point each while being the only of the video have gone up.

Complete recording from the opening film across the 1989 November 8, Rotterdam performances in a 15-minute high-quality sound. Politely raised reprint CD the name board analog. Label side also permanent firmly press platen of the beautiful picture-disk specifications that followed the label design at the time of the analog board. With Japanese band.

ビートルズ解散直後のポールは、当初ソロ活動を始めたものの、脳裏にあるのはあくまでもバンド活動であった。ビートルズ時代には途中で放棄したライヴ活動を行ないたい、その欲求はウイングスというバンドで満たされることになる。しかし1980年に日本で逮捕されたことをきっかけにメンバー間に溝が出来、特にデニーレインはポールの不注意に激怒したと伝えられる。そして折しも同年末にジョンレノンが凶弾に倒れるという事件もあり、ウイングスは自然瓦解、一説によるとポールは客席からの銃弾を恐れステージに立つことを控えるようになった。ちょうどビートルズが1966年を境にスタジオ・ワークに専念することになったように、1980年代のポールはスタジオ・ワークや映画など、ライヴ活動以外に軸足を置くことになる。

1985年には歴史的なライヴ・エイドが行なわれた。ポールはバンドを持っていない事を理由に一旦は出演を断ったものの、ボブ・ゲルドフに「ピアノだけでやればいい」と助言されたことに後押しされ、久しぶりに聴衆の前に現れたポールは、「Let It Be」を歌った。この時のパフォーマンスはマイク・トラブルのみが後世語られているが、パフォーマンスもけして良いとは言えず、むしろわずか5年あまりステージを離れていただけで、これほどまで衰えるのかと驚いたものだった。この時期を知る者にとって、ポールは今後二度とステージに立たないのではないか、そういう雰囲気さえ漂っていた。

きっかけは翌1986年のプリンストラストであったと、後年ポール自身が語っている。ギターを持ってステージに立ったポールは、ブランクは感じさせたものの、ライヴ・エイドとは明らかに異なり、かなりエンジョイしている様子が伝わってくるもので、「I Saw Her Standing There」「Get Back」そして「のっぽのサリー」を熱演した。髪が伸び少しふっくらしたポールが汗を流して歌っている様子は、この男は再びステージに戻って来る、そう予想させるに充分なパフォーマンスであった。

1987年、ポールはベストアルバム『ALL THE BEST』をリリースする。このアルバムをただのベスト盤ではなく特別なものにしているのは、新曲「Once Upon A Long Ago」を収録している点にある。この時期プロモーションのためにポールは数多くのテレビ出演をこなし、世界中でこの曲を演奏(マイミングだったが)した。当然シングルカットされ、プロモーション・フィルムも制作された。そして1986年『Press To Play』以来の待望のニューアルバムが1989年にリリースされる。それが『Flowers In The Dirt』であった。おそらくこのアルバムはステージで演奏することを念頭において作られたのであろう、スタジオで作り込まれた前作と比べ、その場のグルーヴを優先させたようなライヴ感あふるる作品に仕上がっていた。そしてこのアルバムのレコーディング・メンバーを従えてツアーに出ることになる。

それまで長らくポールを悩ませてきたものはビートルズの幻影であったことだろう。ソロ時代の曲は全てビートルズと比べられ、評価基準は常にビートルズであった。そのためかウイングス初期には聴衆の期待を他所にビートルズ時代の曲の演奏を拒み、およそ自身のソロ時代の曲に自信をつけた1975年から1976年にかけてのツアーでは、ステージのアクセントとして数曲演奏するにとどまっていた。しかし一転1979年ツアーではオープニング・ナンバーを「Got To Get You Into My Life」に据え、「Let It Be」や「The Fool On The Hill」などを演奏して聴衆を喜ばせた。しかしそれらはあくまで添え物であって、メインはウイングス・ナンバーであった事実は動かない。

ところが1989年から始まったツアー、後にGET BACK TOURと呼ばれるツアーにおいては、ツアーのウリがビートルズ・ナンバーの再演にあった。セットリストの約半分がビートルズ・ナンバーで占められ、その他はカバー曲やウイングス時代の曲である。ニューアルバムの曲は、それこそかつてウイングス時代におけるビートルズ・ナンバーの様に、あくまで添え物的な扱いでしかなかった。欧米ではニュー・アルバムの曲がトイレ・タイムとなっていたくらいである。聴衆が求めているものはビートルズであり、ポールがようやくそれに応えた形になったのである。

当初はオープニングを「I Saw Her Standing There」で派手に始めるつもりだったとポールはインタビューで語っている。しかしさすがにそれはあざといと思ったのであろう、1曲目はニューアルバムの「Figure Of Eight」が選ばれた。そして、この選択は実に賢明であったといえる。現在の耳、知識で聴いても、この「Figure Of Eight」のオープニングは「Venus And Mars」のメドレーに匹敵するくらいの素晴らしいものとなっている。幾分間延びしたようなスタジオ・バージョンに比べタイトなアレンジで、実にステージ映えする曲に生まれ変わっている。ライヴで演奏することにより新たに命を吹き込まれたという点では「Maybe I’m Amazed」のような運命を辿った曲であると言えよう。間髪入れずに始まる「Jet」、そして全米ナンバー2ヒットとなったスティーヴィーとのデュエット曲「Ebony And Ivory」はヘイミッシュとのデュエットである。「The Fool On The Hill」の間奏ではキング牧師のスピーチがサンプリングされる演出。「SGT. Pepper’s」は長いギターソロでリプライズに繋がるアレンジとなっている。このような濃厚なコンサート前半を「Put It There」で小休止させ、いよいよ後半に突入である。

後半はまさにこれ以上ないビートルズ・ナンバーを堪能できる構成となっている。アレンジをがらりと変えた「今日の誓い」、そしてロビーのギターに導かれて始まる「エリナーリグビー」、途中にニューアルバムからのシングル曲「My Brave Face」と「This One」を挟み、「Back In The U.S.S.R.」と「I Saw Her Standing There」と続く。その後のポールの長いツアー歴を現在振り返ると、これらの曲は既にお馴染みのものであろうが、1989年当時、ポールが「Back In The U.S.S.R.」や「I Saw Her Standing There」をライヴで演奏するということが、どれほど驚きであったか。「SGT. Pepper’s」のような、ビートルズ時代もステージで演奏したことがなかった曲を、ポール一人とはいえ作者自らライヴで歌うとは、当時は本当に驚きであったし、インターネットのない時代、紙媒体のコンサート・レポートを読みながらあれこれと想像していたものだった。

特に「Let It Be」以降のコンサート終盤からアンコールが実に素晴らしい構成である。最初「Let It Be」を聴いたときはあの印象的なピアノによるイントロがなく、いきなりヴォーカルで始まるのにがっかりしたが、今まで映像でしか見ることが出来なかった「死ぬのは奴らだ」のマグネシウム炸裂には強烈な印象を与えられた。そしてビートルズで最も有名な曲のひとつであろう「Hey Jude」である。同じ繰り返しになるが、ポールが「Hey Jude」をライヴで歌う、これは1989年当時のファンにとっては驚き以外の何物でもなかった。ピアノで始まる美しいメロディの前半に対し、ゴーゴースタイルのナナナナ~の後半を聴衆に歌わせるアレンジ。ビートルズ時代は全く意識していなかったであろうが、まさにコンサートで演奏するために作られたような曲である。ポールは「これこそ僕が聴衆と一緒に歌いたかった曲なんだ」と感慨深く20年以上前に作った曲を振り返っている。

アンコールは、これでもかの「Yesterday」と「Get Back」、そして最後は、そこまでしなくてもの「アビーロード・メドレー」である。しつこいようだが、ポールがビートルズの曲を演奏する、しかもビートルズがスタジオ技術を駆使しステージで再現不可能と言われた曲も時代のおかげでライヴ演奏する、ましてや名盤『Abbey Road』の最後のメドレーをライヴで演奏するなど、1989年当時のファンにとっては驚き以外の何物でもなかった。「欽ちゃんのどこまでやるの」というバラエティ番組があったが、本当に「ポールはどこまでやるの」という感じであった。スタジオ・バージョンがそうであったように、このアビーロード・メドレーだけで、それまでのステージと同じだけの充実感を得られる、実に感動的なエンディングである。

本作は、1989年から1990年に足掛け2年に渡って行なわれたGET BACK TOURの初期、1989年11月8日ロッテルダム公演を完全収録している。セットリストはツアーを経るごとにマイナー・チェンジを重ね、またポールの体調によって増減したが、ツアー通してほぼ同じである。「Ain’t That A Shame」の演奏位置に違和感があるかもしれないが、これもまたツアー初期である特徴であろう。このロッテルダム公演は当時リアルタイムでアナログとしてリリースされていたものである。明らかにリリースを前提とした高音質録音で、豪華な箱に入れられた3枚組であった。本作はそのアナログ盤をレーザー・ターンテーブルで起こし、ノイズ除去などの処理を施してCD化したものである。本作の特長といえばオープニング・フィルムから完全収録している点が挙げられる。コンサートが始まる前、ポールが自らの歴史を15分あまりのフィルムで辿るという趣旨のもので、最後にNOWという文字がスクリーンに大写しになり、現在のポールが登場するという演出であった。本作には、そのオープニング・フィルムの音声から完全収録している点が大きな特徴となっている。ただの映像でありながらそれぞれポイントで歓声が上がっているのが面白いところである。

1989年11月8日ロッテルダム公演を高音質で15分に渡るオープニング・フィルムから完全収録。名盤アナログを丁寧に起こし復刻CD化。レーベル面も当時のアナログ盤のレーベル・デザインを踏襲した美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

THE AHOY ROTTERDAM HOLLAND Norvember 8, 1989
DISC ONE

01. Opening Film
02. Figure Of Eight
03. Jet
04. Rough Ride
05. Got To Get You Into My Life
06. Band On The Run
07. Ebony And Ivory
08. We Got Married
09. Maybe I’m Amazed
10. The Long And Winding Road
11. The Fool On The Hill
12. SGT.Pepper’s Lonely Hearts Club Band
13. Goodday Sunshine
14. Can’t Buy Me Love
15. Put It There

DISC TWO
01. Things We Said Today
02. Eleanor Rigby
03. This One
04. My Brave Face
05. Ain’t That A Shame
06. Back In The USSR
07. I Saw Her Standing There
08. Twenty Flight Rock
09. Coming Up
10. Let It Be
11. Live And Let Die
12. Hey Jude
13. Yesterday
14. Get Back
15. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

Misterclaudel. MCCD-561/562

Leave a Reply