Paul McCartney / Desert Trip 2016 1st Show / 2CD Wx OBI Strip

Paul McCartney / Desert Trip 2016 1st Show / 2CD Wx OBI Strip / Piccadilly Circus.

Translated Text:

Empire Polo Club, Indio, California USA October 8, 2016. Digitally Remastered

paulmcc-desert-trip-pccd1

Click Image to Enlarge

paulmcc-desert-trip-pccd2

 

■ complete recording of Paul the latest dessert trip the first day in the high-quality sound!
■ Neil Young is co-starring in the impromptu!
■ premiere of “Why Do not We Do It In The Road”!
■ the “I Wanna Be Your Man,” playing an encore!

Paul McCartney will be 74-year-old in 2016. It is a late-stage elderly in the coming year. However, it will come out from where the heck is he such a power of. We fans, without being aware of his age, it is possible to enjoy the show that always over a long period of time. Ichiro, but talk of age is often said in an interview and me do not anymore, Paul also, the actual age would be rare musicians to show me the far performance.

ONE ON ONE tour is a tour title was crowned in a new tour of 2016 of Paul. There is also the fact that the previous OUT THERE was continued to use long, it would be a sign of enthusiasm that it is completely new tour this time. The ONE ON ONE tour was kicked off on April 13, 2016. If the first track is the opening of a surprise that “A HARD DAY’S NIGHT”, that has not been live ever played the song, also, such as the song that changed To radically arrangements, the elaborate stage production, coupled with very nice concert It is grade up. For the first time 14 years the tour in this band, I can not help surprise and more of the pole to evolve performance.

ONE ON ONE tour in North America, Europe, and longitudinal South America and three continents, the number reckon indeed 40 performances. Among such, Minneapolis performances and we play the “Let’s Go Crazy”, and only 300 people of a small bar at the Pioneer Town performances were carried out, but special day There are several, Indio to 8 days and 15 October 2016 concert, DESERT TRIP was done by also, became a special day. This work has been recorded its first day, October 8, 2016 DESERT TRIP.

Is the name of Rock Festival over six days because this DESERT TRIP. The first part is 9 days from October 7, the second parts and 16 days from 14 days, was carried out on a large scale in the city of California Indio. After all performers Legend set. Rolling Stones, Nobel Prize for Literature Bob Dylan, Neil Young, Roger Waters, and THE WHO and Paul McCartney, is a downright gorgeous actors. Like the king, Nagashima, Chohon, Nomura, Kiyohara, Koji et al., Such as partnered the batting in Yamamoto, just rock legend was a historical festival that gathered to Everyone.

Paul McCartney is the second day of the first part, on October 8, 2016, it appeared after the Neil Young. This work has been recorded its performance. Noteworthy point in the concert of this pole there are many. The day before the Rolling Stones first, what I thought was whether the Beatles “Come Tugeza -” it was to cover. This song was not of that was even recorded, it is the Stones played on the stage. Stones will release only of the album cover song in 2016, but may have been playing in the studio as a candidate song at that time maybe. For this surprise, Paul will be a return in the “want to be a boyfriend.” Lennon = McCartney to know the Beatles era did not have a hit song in the Stones is a music that was present. For the first time, but there is that you have played at sound check for the pole, was played in the production stage. Unlike the sound check of the recorded in 1993 “PAUL IS LIVE”, has been arranged and relatively close to the Beatles version. If a return for that you have to play the Beatles cover Speaking greed, if magnanimity enough to cover the songs of Stones to Paul, but I think more and this concert has become something special.

And the other one of the special concert of this day is that Neil Young was a guest appearance on the stage of the pole. Paul and Neil Young, for example, to be carried out co-star stage in Landmine benefit in 2004, Paul is a guest participating in the Bridge School benefit of Neil organized, and like Paul on the stage in recent years of Neil Young is impromptu , I have been at each other deeply exchanges. And good timing, Paul of the stage is after Neil. Remaining Neil Young as it is, it was supposed to be played two songs at the pole of the stage.

The first track of the co-star is “A Day In The Life.” This song is a song that Neil Young has also sang in its own solo tour, probably the order has been taken up here. First to Neil Young takes the vocals, followed by being played in the form of the baton touch to Paul. Thereafter, it has a structure connected in a medley to “Give Peace A Chance”.

And the highlight of the day, would be a scene to sing “Why Do not We Do It In The Road” of the white album what with Neil. This song is Paul in an interview, “after the end of the recording, I’m a guy of John was singing this song alone. In really of John favorite song, I’m sure I wonder I it has been frustrating that made this,” said is the confidence of Paul that was laughing at the nose. Now Paul is singing in Nobutoi voice you’re not using the intention, it is the live premiere of this song. Although the original was short tracks less than 2 minutes, it has a long playing inserting the heavy guitar solo here.

Than the pole of the latest tour, complete recording of the 2016 October 8 DESERT TRIP first day in the high-quality sound. There played with Neil Young, there live premiere “Why Do not We Do It In The Road”, return song to the Stones there “want to be a boyfriend,” Although it is a fine point, “Can not Buy Me Love “is or is played in the third song, such as” day Tripper “is played in the beginning, there is a somewhat changes in the set list, which is a very special set for this day. Permanent preservation firmly press platen of the beautiful picture disc specification. With Japanese band.

■ポール最新デザートトリップ初日を高音質で完全収録!
■ニール・ヤングが飛び入りで共演!
■「Why Don’t We Do It In The Road」の初演!
■「I Wanna Be Your Man」をアンコールで演奏!

ポール・マッカートニーは2016年で74歳になる。来年には後期高齢者である。しかし、一体彼のこのようなパワーはどこから出てくるのだろう。我々ファンは、彼の年齢を意識することなく、常に長時間に渡るショウを堪能することが出来る。イチローが年齢の話はもうしないでくれとインタビューで度々語っているが、ポールもまた、実年齢とはかけ離れたパフォーマンスを見せてくれる稀有なミュージシャンであろう。

ONE ON ONEツアーは2016年のポールの新たなツアーに冠されたツアー・タイトルである。その前のOUT THEREは長く使い続けたということもあるが、今回は全く新たなツアーであるという意気込みの表れであろう。そのONE ON ONEツアーは2016年4月13日に開幕した。1曲目が「A HARD DAY’S NIGHT」という驚きのオープニングであるならば、今までライヴ演奏したことのない曲、またアレンジをがらりと変えた曲など、凝ったステージ演出とあいまって非常に素晴らしいコンサートにグレード・アップしている。このバンドでツアーを初めて14年、更に進化していくポールのパフォーマンスには驚きを禁じ得ない。

ONE ON ONEツアーは北米、欧州、南米と3大陸を縦断し、その本数は実に40公演を数える。そんな中でも、「Let’s Go Crazy」を演奏したミネアポリス公演や、わずか300人の小さなバーで行なったパイオニア・タウン公演など、特別な日はいくつかあるが、2016年10月8日と15日にインディオで行なわれたコンサート、DESERT TRIPもまた、特別な日となった。本作はその初日、2016年10月8日DESERT TRIPを収録している。

このDESERT TRIPというのは6日間に渡るロック・フェスティバルの名称である。第一部が10月7日から9日、第二部が14日から16日と、カリフォルニアのインディオという都市で大規模に行われた。なにせ出演者がレジェンド揃い。ローリング・ストーンズ、ノーベル文学賞ボブ・ディラン、ニールヤング、ロジャー・ウォータース、THE WHO、そしてポール・マッカートニーと、なんとも豪華な出演者たちである。まるで王、長嶋、張本、野村、清原、山本浩二らで打線を組んだような、まさにロック界のレジェンドが一同に会した歴史的フェスティバルであった。

ポール・マッカートニーは第一部の二日目、2016年10月8日に、ニールヤングの後に出演した。本作はその公演を収録している。このポールのコンサートで特筆すべき点は多々ある。まず前日にローリング・ストーンズが、何を思ったかビートルズの「カム・トゥゲザ―」をカバーしたのである。レコーディングすらしたことのなかったこの曲を、ストーンズがステージで演奏したのである。ストーンズは2016年にカバー曲だけのアルバムをリリースするが、もしかしたらその際の候補曲としてスタジオで演奏していたのかもしれない。このサプライズに対し、ポールは「彼氏になりたい」で返礼をすることになる。ご存知ビートルズ時代にヒット曲がなかったストーンズにレノン=マッカートニーがプレゼントした楽曲である。ポールにとってはサウンドチェックで演奏したことはあるが、本番ステージで演奏したのは初めて。1993年「PAUL IS LIVE」に収録のサウンドチェックと異なり、比較的ビートルズ・バージョンに近いアレンジとなっている。欲を言えばビートルズのカバーを演奏したことに対する返礼であるなら、ストーンズの曲をカバーするくらいの度量がポールにあれば、よりこのコンサートが特別なものになったと思うのだが。

そしてもう一つこの日のコンサートが特別なのは、ニール・ヤングがポールのステージにゲスト出演したことである。ポールとニール・ヤングは、例えば2004年のランドマイン・ベネフィットでも共演ステージを行なったり、ニール主催のブリッジ・スクール・ベネフィットにポールがゲスト参加、そして近年のニール・ヤングのステージにポールが飛び入りするなど、お互いが深く交流をしてきた。そしてタイミングよく、ポールのステージはニールの後である。ニール・ヤングがそのまま残り、ポールのステージで2曲共演することになったのである。

その共演の1曲目は「A Day In The Life」である。この曲はニール・ヤングが自身のソロ・ツアーにおいても歌っている曲であり、そのためここで採り上げられたのだろう。最初にニール・ヤングがヴォーカルを採り、続いてポールにバトン・タッチするという形式で演奏されている。その後、「Give Peace A Chance」にメドレーで繋がる構成となっている。

そしてこの日のハイライトは、何とニールと一緒にホワイト・アルバムの「Why Don’t We Do It In The Road」を歌う場面であろう。この曲はポールがインタビューで「レコーディングが終わった後、ジョンの奴がひとりでこの曲を歌ってたんだ。いかにもジョン好みの曲で、きっと僕がこれを作ったことが悔しかったんだろね」と鼻で笑っていたポールの自信作である。今のポールは意図して使っていない野太い声で歌っている、この曲のライヴ初演である。オリジナルでは2分に満たない短い曲であったが、ここでは激しいギターソロを挿入した長い演奏になっている。

ポールの最新ツアーより、2016年10月8日DESERT TRIP初日を高音質で完全収録。ニール・ヤングとの共演あり、ライヴ初演「Why Don’t We Do It In The Road」あり、ストーンズへの返礼曲「彼氏になりたい」あり、また細かい点であるが、「Can’t Buy Me Love」が3曲目で演奏されたり、「Day Tripper」が序盤で演奏されるなど、セットリストにも幾分変化がある、まさにこの日のための特別セットである。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

 

Coachella Fairgrounds “Desert Trip” Indio, CA U.S.A. October 8, 2016
DISC ONE
01. A Hard Day’s Night
02. Jet
03. Can’t Buy Me Love
04. Letting Go
05. Day Tripper
06. Let Me Roll It
07. I Got A Feeling
08. My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty Five
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite Of All The Danger
13. I’ve Just Seen A Face
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. Lady Madona

DISC TWO
01. Four Five Seconds
02. Eleanor Rigby
03. For The Benefit Of Mr. Kite
04. Day in the Life – Give Peace A Chance
05. Why Don’t We Do It In The Road
06. Something #1
07. Something #2
08. Ob-La-Di, Ob-La-Da
09. Band On The Run
10. Back In The U.S.S.R.
11. Let It Be
12. Live And Let Die
13. Hey Jude
14. I Wanna Be Your Man
15. Helter Skelter
16. Golden Slumber – Carry That Weight – The End
Piccadilly Circus. PCCD-261/262

Leave a Reply