Paul McCartney / Desert Trip 2016 2nd Show / 5CD Wx OBI Strip

Paul McCartney / Desert Trip 2016 2nd Show / 5CD Wx OBI Strip / Misterclaudel

Translated Text:

Desert Trip Empire Polo Club Indio, California USA October 15, 2016. Digitally Remastered

paulmcc-desert-trip-16-2ndshow-pccd1

Click Image To Enlarge

paulmcc-desert-trip-16-2ndshow-pccd2

Paul’s latest tour, ONE ON ONE Tour, began on April 13, 2016. If the first song is an amazing opening called “A HARD DAY ‘S NIGHT”, it will be a very wonderful concert, together with a fascinating stage performance such as a song that has never been played lately, I am upgrading. For the first time in the tour with this band 14 years, I will not be surprised at the performance of Paul which will evolve further.

The ONE ON ONE tour runs across the three continents with North America, Europe and South America, and the number actually counts 40 performances. Among them, there are several special days such as Minneapolis performances playing “Let’s Go Crazy” and Pioneer Town performances performed with only 300 small bars, but on Indio on October 8 and 15, 2016 The performed concert, DESERT TRIP, also became a special day. On the second day of this work, DESERT TRIP October 15, 2016 is recorded.

This DESERT TRIP is the name of the 6-day rock festival. The first part was held from 7th to 9th October, the 2nd part was from 14th to 16th, on a large scale in the city of Indio, California. Cast performers are all over the legend. Rolling Stones, Nobel Literature Awards Bob Dylan, Neil Young, Roger Waters, THE WHO, and Paul McCartney are somehow luxurious performers. It was a historical festival where all the legendary rock festivals met together like a Kanta, Jiang Xia, Yoneda, North Beppu, Nomo, Suzuki Keiji etc.

【DESERT TRIP Day 2】
This special day is that Neil Young jumped in after the first day and played “A Day In The Life” and “Why Do not We Do It In The Road.” In particular, “A Day In The Life” was sharing vocals as if the first day baton-touched from Neil to Paul, whereas on the other day Paul sang first at the beginning, followed by Neal singing , It is eye-catching that the order is changed. Both of them can respond to only the songs that are singing on their own solo tour, so they probably wanted to change their mood. And as with the day before, “Why Do not We Do It In The Road” is also a long performance with the addition of guitar solos in the second half.

And apart from Neil Young, Rihanna is jumping in as a special guest of the day. Of course the song is “Four Five Seconds”. Kanie West, Rihanna, and Paul, three songs were released in collaboration, and this year we are showing off at the stage with Paul alone. This is the first time to sing this song on stage with Rihanna.

Furthermore, on this day there is an important premiere. That is “Rip It Up” in Angkor. It’s a familiar song to mania as the Beatles was playing at Get Back Session. This is the first time Paul sings in public in the studio, live, or anytime after becoming a soloist. While performing short, it has become a solid band arrangement and there is listening comprehension.

Other things to mention in this concert is that you are congratulating Bob Dylan’s Nobel Prize for literature at MC. “Congratulations! Bob Dylan’s Nobel Peace Prize! And Chuck Berry is 90!

【Off Line · Sound Board Sound Source】
This work is recorded on off line sound board. In short, it is a sound source recorded on line recording with an external microphone, it was recorded in the same way as the Beatles’ BBC thing and 1963 Liverpool · Empire performances etc. The sound quality is recorded with wonderful high sound quality with nearly no audience noise as you can hear the sample. Those who are unfamiliar to listen to the word off-line soundboard, I would like you to judge by actually listening to the sample sound source rather than explaining with words. Except for the fact that there is a cut between “Here Today” and “Queenie Eye”, why is the sound quality inferior at the beginning of “A Hard Day’s Night”, from the second half of the first track “A Hard Day’s Night” It is recorded with high sound quality off line sound board through the end of “The End”.

【Audience sound source】
In addition to this work, even the audience tone generator has recorded the second day of this desert trip. The sound quality is high quality sound that I thought as a sound board, and it seems that the PA of the day was pretty good on the day in consideration of the fact that other artists who recorded desserts and trips are all in line with high sound quality. Since it is a wonderful sound quality that is superior to the above off-line sound board sound source, it will be a sound source that will convey this historic concert from another aspect as well.

【IN-LINE SOUNDBOARD】
After the main part, related sound source is recorded. This in-line soundboard is a synonym for Offline Soundboard of this volume, incomplete but two songs “A Hard Day’s Night” and “Got To Get You Into My Life” are in their original meaning It is recorded in the soundboard.

【SOUNDCHECK October 8, 2016】
This is a record of the sound check on the first day of the desert trip on October 8, with audience recording. Especially it is good fortune to include two songs “I Wanna Be Your Man” and “Why Do not We Do It In The Road” which are highlights of this event. Because it is a song of premiere, it is likely that the rehearsals have been carefully superimposed.

【THE ROLLING STONES October 8, 2016】
DESERT TRIP On the first day, Rolling Stones played the Beatles ‘Come Together’. It was the very first time that Stones played this song, and everyone who was there was a surprised selection. It is unknown what kind of process this song was played, but it is not very well edited, Mick’s lyrics are messed up. In response to this Stones’ ‘Come Together’, Paul will return in “I want to be my boyfriend” on the first day. As a digression, Michael Jackson is good, Aerosmith is good, this song would be like a cover.

【Pappy & Harriet’s Pioneertown Palace October 13, 2016】
As mentioned above, DESERT TRIP was held in two parts and Paul ‘s turn was two days from October 8th and 15th. I will be free for a week. Meanwhile, on October 13, I recorded a secret gig made at Pioneer Town. Pioneer Town is located in Southern California and belongs to a special area called a non-incorporated area, an emotional city where an old wooden building remains in the western play. It is a concert held at the special venue of the pub called Pappy & Harriet’s. It is said that only 300 people who were notified on surprise on the day, only ordinary pubs were able to see this secret gig fortunately. In between these tens of thousands of performances, I play this with such a small pub, is not this fun is interesting? “Hey Jude” which is played on the grand piano at the usual concert is unusual as it is called a mini piano of only the keyboard set on the stage this day.
Although it is said that it began with “A Hard Day’s Night” in the news report on the day, as you can tell from this work, the opening number is an unusual set list called “Save Us”. It is also interesting to play “Save Us” “Junior’s Farm” which was not played in DESERT TRIP’s 2 performances.
Unfortunately not concert complete collection, it is recording of 11 songs. Although there is rarity as a secret gig in a small pub, the performance song itself does not have a rare number, so I think that you can have fun at the very least.

*****

From Paul’s latest tour, October 15, 2016 DESERT TRIP The second day is completely recorded with a high sound quality sound board. There is a collaboration with Neil Young, Rihanna’s jump in, there is “Why Do not We Do It In The Road”, there is a live premiere “Rip It Up”, and you enjoy playing along with the first day you played “I want to be my boyfriend” It is a title I would like to have. In the bonus track, the sound check of the first day and other secret gigs performed during the interval are recorded, and its sound quality and contents will be titles representing Paul in 2016. Permanent preservation of a beautiful picture disc specification A tightly pressed board. Japanese-style attaching.
ポールの最新ツアー、ONE ON ONEツアーは、2016年4月13日に開幕した。1曲目が「A HARD DAY’S NIGHT」という驚きのオープニングであるならば、今までライヴ演奏したことのない曲、またアレンジをがらりと変えた曲など、凝ったステージ演出とあいまって非常に素晴らしいコンサートにグレード・アップしている。このバンドでツアーを初めて14年、更に進化していくポールのパフォーマンスには驚きを禁じ得ない。

ONE ON ONEツアーは北米、欧州、南米と3大陸を縦断し、その本数は実に40公演を数える。そんな中でも、「Let’s Go Crazy」を演奏したミネアポリス公演や、わずか300人の小さなバーで行なったパイオニアタウン公演など、特別な日はいくつかあるが、2016年10月8日と15日にインディオで行なわれたコンサート、DESERT TRIPもまた、特別な日となった。本作はその二日目、2016年10月15日DESERT TRIPを収録している。

このDESERT TRIPというのは6日間に渡るロック・フェスティバルの名称である。第一部が10月7日から9日、第二部が14日から16日と、カリフォルニアのインディオという都市で大規模に行われた。なにせ出演者がレジェンド揃い。ローリング・ストーンズ、ノーベル文学賞ボブ・ディラン、ニールヤング、ロジャー・ウォータース、THE WHO、そしてポール・マッカートニーと、なんとも豪華な出演者たちである。まるで金田、江夏、米田、北別府、野茂、鈴木啓二らでローテーションを組んだような、まさにロック界のレジェンドが一同に会した歴史的フェスティバルであった。

【DESERT TRIP 二日目】
この日が特別なのは、初日に続いてニール・ヤングが飛び入りして「A Day In The Life」と「Why Don’t We Do It In The Road」を演奏したことであろう。特に「A Day In The Life」は、初日がニールからポールへバトンタッチするかのようにヴォーカルを分け合っていたのに対し、この日は逆に最初をポールが歌い、続いてニールが歌うというふうに、順番を入れ替えているのが目を引く。両者とも自分のソロツアーで歌っている曲だけに、いずれも対応可であり、故に気分を変えてみたかったのだろう。そして「Why Don’t We Do It In The Road」も前日同様、後半にギターソロを加えて長い演奏になっている。

そして、ニール・ヤングとは別に、この日のスペシャル・ゲストとしてリアーナが飛び入りしている。曲はもちろん「Four Five Seconds」である。カニエ・ウェストとリアーナ、そしてポールの三者によるコラボで発表された曲で、今年からポール単独でステージで披露している。リアーナと一緒にステージでこの曲を歌うのはこれが最初である。

さらに、この日は重要な初演曲がある。それがアンコールにおける「Rip It Up」である。ゲットバック・セッションでビートルズが演奏していたのでマニアにはお馴染みの曲であろう。意外やソロになってからスタジオ、ライヴ、問わずポールが人前で歌うのはこれが最初である。短めの演奏ながら、しっかりとしたバンド・アレンジとなっており聴き応えがある。

その他、このコンサートで特記すべきことは、MCにてボブ・ディランのノーベル文学賞に祝辞を述べているところだろう。「おめでとう!ボブ・ディランのノーベル平和賞!そしてチャック・ベリーが90歳になったことに!」

【オフ・ライン・サウンドボード音源】
本作はオフ・ライン・サウンドボードで収録されている。端的に言えばライン録音のものを外部マイクで収録された音源で、古くはビートルズのBBC物や1963年リバプール・エンパイア公演などと同じ手法で録音されている。音質はサンプルを聴いていただければわかる通り、観客ノイズがほぼ皆無の素晴らしい高音質で収録されている。オフ・ライン・サウンドボードという言葉に聴き慣れない方は、言葉で説明するよりも、実際にサンプル音源を聴いて判断して欲しい。なぜか「A Hard Day’s Night」の冒頭で音質が劣る点、そして「Here Today」と「Queenie Eye」の間にカットがある点を除けば、1曲目の「A Hard Day’s Night」後半から通して「The End」の最後まで通して高音質オフ・ライン・サウンドボードで収録されている。

【オーディエンス音源】
本作にはさらにオーディエンス音源でもこのデザート・トリップ二日目を完全収録している。音質はサウンドボードと思ってしまうほどの高音質なもので、デザート・トリップを収録した他のアーティストが軒並み高音質揃いなのを鑑みるに、当日のPAがかなり良かったのであろうと思われる。前述のオフ・ライン・サウンドボード音源に優るとも劣らない素晴らしい音質であるので、この歴史的なコンサートをまた別の側面から伝えてくれる音源となるであろう。

【IN-LINE SOUNDBOARD】
本編の後は、関連音源が収録されている。このイン・ライン・サウンドボードは、本編のオフ・ライン・サウンドボードの対義語であり、不完全ながら「A Hard Day’s Night」と「Got To Get You Into My Life」の2曲が、本来の意味でのサウンドボードで収録されている。

【SOUNDCHECK October 8, 2016】
これはデザート・トリップ初日10月8日のサウンドチェックの模様をオーディエンス録音で収録したものである。特にこのイベントのハイライトである「I Wanna Be Your Man」と「Why Don’t We Do It In The Road」の2曲が含まれている事が幸運といえる。何せ初演の曲であるため、入念にリハーサルが重ねられたのであろう。

【THE ROLLING STONES October 8, 2016】
DESERT TRIP初日に、ローリング・ストーンズは、なんとビートルズの「Come Together」を演奏した。ストーンズがこの曲を演奏するのはまさに初めてで、その場にいた誰もが驚かされた選曲であった。どういう過程でこの曲が演奏されたのかは不明だが、あまり練られておらず、ミックの歌詞はめちゃくちゃである。このストーンズの「Come Together」を受けて、初日にポールが「彼氏になりたい」で返礼することになる。余談になるが、マイケル・ジャクソンといい、エアロスミスといい、この曲はカバーが好まれるのだろう。

【Pappy & Harriet’s Pioneertown Palace October 13, 2016】
前述のように、DESERT TRIPは2部にわけて開催されており、ポールの出番は10月8日と15日の二日間であった。1週間空くことになる。その間、10月13日に、パイオニアタウンで行なわれたシークレット・ギグを収録している。パイオニアタウンは南カリフォルニアに位置し、非法人化地域という特別区域に属し、西部劇に出てくるような古い木造の建物が残っている情緒ある街である。そこにあるPappy & Harriet’sというパブの特設会場で行なわれたコンサートである。当日にサプライズで告知され、会場が普通のパブだけに、幸運にもこのシークレット・ギグを見れたのは僅か300人だったと言われている。数万人の前で演奏する合間に、このような小さなパブで演奏する、この落差が面白いではないか。通常のコンサートではグランド・ピアノで演奏される「Hey Jude」も、この日はステージに設置された鍵盤だけのミニ・ピアノというから珍しい。
なお、当日の様子を伝える報道では「A Hard Day’s Night」で始まったとされているが、本作を聴いていただければわかる通り、オープニング・ナンバーが「Save Us」という珍しいセットリストである。DESERT TRIPの2公演では演奏されなかった「Save Us」「Junior’s Farm」を演奏しているのも興味深いところである。
残念ながらコンサート完全収録ではなく、11曲の収録となっている。小さなパブでのシークレット・ギグという珍しさはあるものの、演奏曲自体はレア・ナンバーがあるわけではないので、せめて雰囲気なりとも楽しんでいただけたらと思う。

*****

ポールの最新ツアーより、2016年10月15日DESERT TRIP二日目を高音質サウンドボードで完全収録。ニール・ヤングとの共演あり、リアーナの飛び入りあり、「Why Don’t We Do It In The Road」あり、ライヴ初演「Rip It Up」あり、「彼氏になりたい」を演奏した初日と合わせて楽しんでいただきたいタイトルである。ボーナストラックでは初日のサウンドチェック他、合間に行なわれたシークレット・ギグを収録し、その音質と内容は、2016年のポールを代表するタイトルになるであろう。美しいピクチャーディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

EMPIRE POLO CLUB, INDIO, CALIFORNIA U.S.A. October 15, 2016
OFF-LINE SOUNDBOARD RECORDING
DISC ONE

01. A Hard Day’s Night
02. Jet
03. Got To Get You Into My Life
04. Letting Go
05. Day Tripper
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got A Feeling
08. My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite Of All The Danger
13. I’ve Just Seen A Face
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today

DISC TWO
01. Queenie Eye
02. Lady Madonna
03. FourFiveSeconds with RIHANNA
04. Eleanor Rigby
05. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
06. A Day In The Life – Give Peace A Chance with NEIL YOUNG
07. Why Don’t We Do It In The Road? with NEIL YOUNG
08. Something
09. Ob-La-Di, Ob-La-Da
10. Band On The Run
11. Back In The U.S.S.R.
12. Let It Be
13. Live And Let Die
14. Hey Jude

DISC THREE
01. Birthday
02. Rip It Up
03. Helter Skelter
04. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

IN-LINE SOUNDBOARD
05. A Hard Day’s Night
06. Got To Get You Into My Life

SOUNDCHECK October 8, 2016
AUDIENCE RECORDING
07. Day Tripper
08. I Wanna Be Your Man
09. Why Don’t We Do It In The Road?
10. A Day In The Life – Give Peace a Chance

THE ROLLING STONES October 8, 2016
AUDIENCE RECORDING
11. Come Together

Pappy & Harriet’s Pioneertown Palace October 13, 2016
AUDIENCE RECORDING
12. Introduction
13. Save Us
14. A Hard Day’s Night
15. Junior’s Farm
16. Can’t Buy Me Love
17. Let Me Roll It
18. I’ve Got A Feeling
19. Day Tripper
20. Ob-La-Di, Ob-La-Da
21. Hey Jude
22. Hi Hi Hi
23. I Saw Her Standing There

DISC FOUR
AUDIENCE RECORDING
DISC FOUR

01. A Hard Day’s Night
02. Jet
03. Got To Get You Into My Life
04. Letting Go
05. Day Tripper
06. Let Me Roll It
07. I’ve Got A Feeling
08. My Valentine
09. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite Of All The Danger
13. I’ve Just Seen A Face
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye

DISC FIVE
01. Lady Madonna
02. FourFiveSeconds with RIHANNA
03. Eleanor Rigby
04. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
05. A Day In The Life – Give Peace A Chance with NEIL YOUNG
06. Why Don’t We Do It In The Road? with NEIL YOUNG
07. Something
08. Ob-La-Di, Ob-La-Da
09. Band On The Run
10. Back In The U.S.S.R.
11. Let It Be
12. Live And Let Die
13. Hey Jude
14. Birthday
15. Rip It Up
16. Helter Skelter
17. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

 

Piccadilly Circus. PCCD-263-267

Leave a Reply