George Harrison / Complete Promo Clip Collection / 3DVD Wx OBI Strip

George Harrison / Complete Promo Clip Collection / 3DVD Wx OBI Strip / Misterclaudel

Translated Text:

Complete Promo Clip Collection. Digitally Remastered

georgeharr-complete-promo-clip-coll1

Click Image To Enlarge

georgeharr-complete-promo-clip-coll2

 

■ George’s promotional clip complete collection.
■ It covers another version, another take, making etc.
■ Also includes related images such as album, promotion, spot.
■ Promo of other artist’s participation songs also included.

It covers the promotion collection of George which is elaborate because there are a few but few elaborate, with this one title. Some of them feel the times, but George ‘s humor and hobby tastes are highly reflected. It is a decision board that systematically recorded George’s promotional clip which had only the halfway contents of halfway picture quality using the best material that can be considered at present. Besides George ‘s promo made before life, this work is the title that summarizes the images related to promotion, such as the one produced after death, another version, another take, making, and the CM spot of the album.

【Disk 1】
First is the promotion of “My Sweet Lord” which was produced from the live image of the Bangladesh Concert decorating the opening of the 70’s. Bee George, who sings Akogi in white upper and lower suits, is still in this late 20’s. “Dark Horse” is a video capturing the appearance of singing in the studio. For George, it is a simple and pure promotion using pure performance scenes. “Ding Dong Ding Dong” suddenly will hurt your feet Make a mushie George can laugh. It is a promotion of the preference that George wears various costumes and plays. If you think that there is a scene to sing with a collarless suit wearing a mushroom cut in the Beatles era, images such as wearing Sargent’s costume or playing half-naked are also used, and in the back are ALL THINGS MUST The cute dolls that also appeared on the PASS jacket are also lively. At this point George’s confidence that you can already parody the Beatles era can be heard.

“Crackerbox Palace” is a feeling that the jacket of “LIVING IN THE MATRIAL WORLD” moves, the vast garden of George’s home is beautiful, and a really painting picture is abundantly used. In the second half George’s house is also used for photography, mysterious characters appear one after another, making it as if it reproduced the UK fairy tale world. “True Love” basically followed the taste that various characters appear in the garden of the house as the stage. I wonder not to fall out of the boat, but George ‘s awkward move is pleasant. “This Song” begins with a scene in which George, who was handcuffed suddenly, is brought to the court with a derangement of the plagiarism of “My Sweet Lord”. In addition to the court scene, scenes singing back notation music are made as if George is explaining. I feel a little excuse, but I bet he probably could not have left excuses like this in this way. And it is probably “Blow Away” that is outrageous among George’s promotions. Cloud flow The blue sky with the profile of George starts with a very cool picture, but when the song starts, it is very bad (song) In addition to George ‘s step, at the end of the funeral singing in Omar, George has become a third-person character that does not seem to be. “Faster”, George’s hobby comes out in the fore. It was the car race that George was fascinating at this time, and George’s appearance watching at various venues at that time was witnessed. The main thing of the image is the race car rather than George, and as a George fan of the appearance of the race, I can not deny the feeling of indigestion every single time.

“All Those Years Ago” was originally created as a song in the album, but it was rebuilt as a memorial moment suddenly in response to the news of John’s death. It was a topic at the time that apples and poles were participating in the chorus at the time. As a result of that promotion, the images of George and John of the Beatles era have been collaged. Some of the images of the Japanese performance in 1966 are also used. “Save The World” is a promo with a message to protect the environment as song title, it is very unpleasant for Japanese people, such as critically reflecting whaling fishing boats. “Shanghai Surprise” has a structure in which the recording landscape is inserted in accordance with the scenes of the movie. Even the fact that Madonna appeared in this movie was also a topic of the time. “Here Comes The Sun” is a 1987 Prince Trust’s live is used as it is. It is a valuable stage image of the period when I did not do any live activity, but I can hear how it sings sacredly while feeling somewhat nervous. It is now a young apple striking the drum, Ray Cooper is in charge of percussion, Jeffelin is in charge of the guitar, George’s later performance in Japan, and a member of the anthology project.

At the end of Disk 1, “Set On You” is total and 10 versions are also recorded. It is known that there is only a song that was a big hit at the time, roughly there is a game center version and an indoor version, but there are various version differences in each. First of all it is a game center version. George’s performance scenes progress in parallel with the appearance that men and women of the 1980s make-up and fashion are playing crane games at the gestures in parallel, and it is a taste that both worlds are linked in the middle. Especially Raw edit B is a video before editing which can be seen fully with George ‘s scene without purely George’ s performance scene. And another one, this is the promotion of the same song sitting on the sofa and playing in the room. It is a George-like promo that makes it think that hobby preferences have not changed since the 1970s, such as wall clocks and bookshelves in the room, decorations of animals protruding from the wall move according to songs. There is a scene that rises from the sofa and makes a backflip, but stops the camera once and confirms that a completely different person is exchanged. It is designed to be compared in multi view, so please check the difference in fine editing.

【Disk 2】
“Cloud 9” announced in 1987 is not only a single hit “Set On You” but also a masterpiece with famous pieces. “Set On You” decorating the album’s end is a cover song, but when speaking of a masterpiece by George’s pen is “When We Was Fab”. Not only the title but also the melody which is clearly conscious of the Beatles, it is a song with atmosphere like John and George co-made. What covers the whole is the “I Am The Warlus” like atmosphere, and it is a song made from the smell of burning incense or Indian style. And this promo picture is very fancy and popular among fans. Like Hitchcock’s movie “rope”, various people pass through George before singing in front of the street corner fence with one camera. You can see apple and Jefflin. And it seems stiff that appears to the left-handed bassist. Finally it is the influence of Indian philosophy that George grows one after another from the body of George. In this work four kinds of promotions of this “When We Was Fab” are recorded. “This Is Love” can enjoy the refreshing image beauty like flowing as if it were tuned. George singing lightly at the seaside of a tropical country is a very healthy feeling.

From here George’s solo, not promotion of Traveling Will Belize. There are also bands formed across the record company, and although all members claiming a fake name, there is no reason for the pseudonym to be bald (lol). George is Tom Petty in Dylan and Rhee Orbison in Jeffelin. “Handle With Care” which all members take vocals with circling is released as the first single, this work is specified to be able to compare with the multi view by adding that promo to the 4 version. Also in outtake images, a peaceful ambience between photographs is transmitted. “End Of The Line” is an old rock and roll, which is a song that takes vocals with member circles as well. In addition to multiple take, it also contains multi view and further outtake images. “Nobody’s Child” is an omnibus song recorded by the album, which is composed of animation and documentary images.

Traveling Will Belize has naturally disappeared with the death of Roy Orbison leaving two albums but since the title of the second album is “Volume 3”, he will call out various speculations. The first single from that “Volume 3” is “She’s My Baby”. Gary Moore is in charge of hard guitar in recording. While “Handle With Care” was taking vocals centering around George, Tom Petty and Dylan are the main in this song. As much as this girlfriend is gathered, although it is difficult other than this, after all, as with “Handle With Care”, members are singing in a place like a warehouse “Pictorial” is made like the same There. “Inside Out” consists of footage that plays in places like the stage of the curriculum meeting where forest writing is set. This also includes multi view and outtake footage. “Wilbury Twist” is a light song that seems to suit dancing in an Oldies fashion dance hall. In addition to the performance scenes by members from a theatrical opening, various people dance.

【Disc 3】
“Any Road” is composed of collages from the young Liverpool era to the Beatles era and recent images. Some private images from private unpublished 1974 tours are included, and it is unbearable to maniacs. I am surprised that the movement of the mouth which should not match only various collage images is made so that it properly fits the lyrics. “Taxman” was made in accordance with “Dark Horse Years”, and the image of the Japanese performance in 1991 is used. Although it is a picture of the Japanese performance but no audience seats at all, it seems this is the image that was reflected on the screen on that day. Three songs “Living In The Material World” “Sue Me Sue You Blues” “Miss O’dell” is a promo produced in 2006. The promotion of “Living In The Material World” is the scenery of the record manufacturing factory at that time, and the flow which assembles the album literally can be seen as a picture. Apart from George’s songs, is not this a very valuable video? The following “What Is Life” is a promo produced in 2014. George does not appear at all, it is a mysterious picture that a beautiful girl will jump to the song. However, it is an attractive promotion that is inadvertently drawn into the fairy tale world that covers the girls’ pure cuteness and the whole.

【ORIGINAL TV SPOT】
Although it is a promotional video from here, TV commercials of those days when each album was released are recorded. It is surprising that there was a person who was recording such images at that time. Normally it is said that TV commercials that are destined to just disappear at that time are left behind like this.

【TV SHOWS】
From here it is a picture broadcasted on TV show. Two kinds of “My Sweet Lord” are recorded, but the first one was aired on the program called TOP POP in the Netherlands in 1970. There is no image played by George and it is a collage of various pictures and images. It was broadcasted in 1970 and consists of images and photographs of the Beatles era all. The next “My Sweet Lord” was broadcasted in 1971. Again there is no performance scene of George and female dancers dance to songs. “DING DONG DING DONG” was broadcasted in 1974, and here also female dancers dance to songs. It is a disappointing fact that George has not appeared because it is made fancy making full use of chroma key processing and also a vivid color image. “The Pirate Song” is now a famous performance. As a response to the plagiarism of “My Sweet Lord” I will sing a song called “Pirate” on the intro of the song. George’s singing songs such as playing it is a lively video. “This Song” is a miming performance when he appeared in a German program in 1977. It is a picture that George of Curly hair sings with guitar with flashy white shirt and red shirt in hand. It is a very rare thing to say that the motion picture played by George of this era. Two songs “Hottest Going In Town” and “Someplace Else” are images of the recording landscape.

【RELATED VIDEOS】
From here, although not promoted by George himself, George participated in recordings related to other recordings and promoted to other artists. George seems not to interact with other artists too much, but still it seems that many participate, although not as much as Paul, as recorded here.

【COMPLETE PROMO CLIP COLLECTION】
Completely cover George’s promotional image. Including version differences and out takes, the recording of this work is all promotional images produced from the dissolution of the Beatles to the present after death. Not only the promotional image of George’s solo but also the TV spot at the time each album was announced and the promotional video in a broad sense such as the TV broadcast video and the promotional video of the songs that participated in other artists so far There was never anything recorded before. Permanent preservation of a beautiful picture / disk specification A tightly pressed board. Japanese-style attaching.

 

■ジョージのプロモクリップ完全収録。
■別バージョン、別テイク、メイキングなどを網羅
■アルバム・プロモーション・スポットなど関連映像も収録。
■他アーティストの参加曲のプロモも収録。

数は少ないながらも凝った作りで手の込んだものが多いジョージのプロモ集を、この1タイトルで網羅。中には時代を感じるものもありますが、ジョージのユーモアと趣味趣向が大いに反映されたものばかり。画質も現在考えうる最高の素材を使って、今まで中途半端な画質の中途半端な内容のものしかなかったジョージのプロモ・クリップを体系的に収録した決定盤である。しかもジョージが生前に制作したプロモのみならず、死後に制作されたもの、別バージョン、別テイク、メイキング、そしてアルバムのCMスポットなど、およそプロモーションに関連する映像を集約したタイトルが本作である。

【ディスク1】
まず最初は70年代の開幕を飾るバングラデシュ・コンサートのライヴ映像から制作された「My Sweet Lord」のプロモである。白い上下のスーツにアコギを手に歌う髭面のジョージは、まだこの時点で20代後半である。「Dark Horse」はスタジオで歌う様子を捉えた映像である。ジョージにしてはシンプルで純粋に演奏シーンを使ったプロモである。「Ding Dong Ding Dong」はいきなり足を引っかけてコケそうになるジョージに笑えるもの。ジョージが色々な衣装を着て演奏するという趣向のプロモである。ビートルズ時代のマッシュルームカットに襟なしスーツを着用して歌うシーンがあると思えば、サージェントの衣装を着用したり、はたまた半裸で演奏する映像なども使われており、バックにはALL THINGS MUST PASSのジャケットにも出てきた可愛い人形たちも登場する賑やかなもの。この時点で既にビートルズ時代をパロディにできるジョージの自信の程が伺える。

「Crackerbox Palace」は『LIVING IN THE MATRIAL WORLD』のジャケットが動くという感じで、ジョージ自宅の広大な庭園が美しく、実に絵画的な映像がふんだんに使われている。後半はジョージの自宅内も撮影に使われており、不可思議な登場人物が次々に表れて、あたかも英国の童話世界を再現したつくりとなっている。「True Love」も基本的には自宅の庭園を舞台として様々な登場人物が現れるという趣向を踏襲したものである。小舟から落ちないよう注意しているのだろうが、ジョージのぎこちない動きが微笑ましい。「This Song」は「My Sweet Lord」の盗作騒動を揶揄して、いきなり手錠をはめられたジョージが法廷に連行されるシーンから始まる。法廷シーンに加え楽譜をバックに歌うシーンなど、ジョージが釈明をしているかのような作りとなっている。多少言い訳がましい気がするが、きっとこのように言い訳をせずにいられなかったのだろう。そしてジョージのプロモの中でも異彩を放っているのは「Blow Away」であろう。雲流るる青空にジョージの横顔と、非常にカッコイイ映像で始まるのだが、曲が始まると非常にカッコ悪い(笑)ジョージのステップに加え、挙句の果てにはオマルの中で歌っていたりと、ジョージらしからぬ三枚目キャラとなっている。「Faster」は、これもまたジョージの趣味が前面に出たものである。この頃ジョージが凝っていたのはカーレースで、当時様々な会場で観戦するジョージの姿が目撃されている。映像のメインとなるのはジョージよりもレース・カーであり、レースの様子というジョージ・ファンとしては今一つ消化不良な感は否めない。

「All Those Years Ago」は当初アルバムの中の一曲として作られたものだが、ジョンの死のニュースを受けて急遽追悼曲として作り直されたものである。コーラスにリンゴとポールが参加していることが当時話題となった。そのプロモということで、ビートルズ時代のジョージとジョンの映像がコラージュされたものとなっている。中には1966年日本公演の映像なども使われている。「Save The World」は曲名通り環境を守ろうというメッセージが込められたプロモで、捕鯨をする日本漁船を批判的に映すなど、日本人には非常に不愉快なものである。「Shanghai Surprise」は映画のシーンに交じりレコーディング風景が挿入される構成となっている。この映画にはマドンナが出演しているということでも当時話題になったものである。「Here Comes The Sun」は1987年のプリンス・トラストのライヴがそのまま使われている。ライヴ活動を一切していなかった時期の貴重なステージ映像で、いくぶん緊張気味ながら堂々と歌っている様子が伺える。今となっては若いリンゴがドラムを叩き、レイ・クーパーがパーカッション、ジェフリンがギターを担当しているなど、この後のジョージの日本公演、さらにアンソロジー・プロジェクトの布石となっているメンバーである。

ディスク1の最後は「Set On You」がトータルで10バージョンも収録されている。当時大ヒットした曲だけあって、大まかにゲームセンター・バージョンと室内バージョンがあることは知られているが、それぞれにも様々なバージョン違いが存在している。まずゲーム・センター・バージョンである。いかにも80年代の化粧とファッションの男女がゲーセンでクレーン・ゲームに興じる様子とジョージの演奏シーンが平行して進行し、その双方の世界が途中で繋がるという趣向となっている。特にRaw edit Bはゲーセンのシーンがなく純粋にジョージの演奏シーンのみでフルに見ることができる編集前の映像である。そしてもうひとつ、こちらは部屋の中でソファーに座り演奏する演出の同曲のプロモである。室内の柱時計や書棚、そして壁から突き出た動物の飾りなどが曲に合わせて動くという、70年代から趣味趣向は変わっていないのだなと思わせる、いかにもジョージらしいプロモであろう。途中ソファから立ち上がりバク転をするシーンがあるが、カメラを一旦止めて、まったくの別人が入れ替わっているのが確認できる。それぞれマルチ・ビューで見比べられるようになっているので、細かい編集の違いを確認してみて欲しい。

【ディスク2】
1987年に発表された『Cloud 9』はシングル・ヒットした「Set On You」のみならず名曲が揃っている名盤である。アルバム最後を飾る「Set On You」はカバー曲であるが、ジョージのペンによる名曲といえば「When We Was Fab」であろう。タイトルだけでなく明らかにビートルズを意識した曲調であり、まるでジョンとジョージの共作のような雰囲気の曲である。全体を覆うのは「I Am The Warlus」ふうの雰囲気で、そこにインド風というべきか焼香の臭いをまぶして作られた曲である。そしてこのプロモ映像が非常に凝ったものでファンの間でも人気が高い。ヒッチコックの映画「ロープ」のように1カメラで街角の塀の前で歌うジョージの前を様々な人が通り過ぎていく構成となっている。リンゴやジェフリンの姿も見える。そして左利きのベーシストまで登場するという凝りよう。最後にジョージの身体からジョージが次々と生えていくのはインド哲学の影響であろう。本作にはこの「When We Was Fab」のプロモが4種収録されている。「This Is Love」は曲調通り流れるような爽やかな映像美を堪能することが出来る。南国の海辺で軽やかに歌うジョージはとても健康的な感じだ。

ここからジョージのソロではなく、トラベリング・ウィルベリーズのプロモになる。レコード会社を横断して結成されたバンドということもあり、メンバー全員が偽名を名乗っているものの、偽名がバレないわけがない(笑)。ジョージの他はディランにトムペティ、ジェフリンにロイ・オービソンの5人である。全員が持ち回りでヴォーカルを採る「Handle With Care」が第一弾シングルとしてリリース、本作はそのプロモを4バージョンに加え、マルチ・ビューで見比べることが出来る仕様になっている。またアウトテイク映像では撮影の合間の和やかな雰囲気が伝わってくる。「End Of The Line」は古いロックンロールで、やはりメンバー持ち回りでヴォーカルを採る曲である。こちらも複数テイクに加え、マルチビュー、さらにアウトテイク映像も収録している。「Nobody’s Child」はアルバム未収録の企画オムニバス収録曲で、アニメとドキュメンタリー映像で構成されている。

トラベリング・ウィルベリーズはアルバム2枚を残してロイ・オービソンの死と共に自然消滅したが、2枚目のアルバムのタイトルが『Volume 3』であることから、様々な憶測を呼ぶことになる。その『Volume 3』からの最初のシングルが「She’s My Baby」である。ハードなギターはレコーディングではゲイリームーアが担当している。「Handle With Care」がジョージを中心にヴォーカルを採っていたのに対し、この曲ではトム・ペティとディランがメインとなっている。これだけの面子が揃った以上、これ以外は難しいのだろうが、やはり「Handle With Care」と同じように倉庫のような場所でメンバーが歌うという「絵的」には同じような作りとなっている。「Inside Out」は一転、森林の書き割りが設置された学芸会のステージのような場所で演奏する映像で構成されている。こちらもマルチビューとアウトテイク映像が収録されている。「Wilbury Twist」はオールディーズふうのダンスホールで踊るのが似合いそうな軽快な曲である。演劇的なオープニングからメンバーによる演奏シーンに加え、様々な人が踊るという構成となっている。

【ディスク3】
「Any Road」は若きリバプール時代からビートルズ時代を経て、最近の映像までをコラージュして構成されている。中には未公開の1974年ツアーの映像から、プライベート映像なども含まれており、マニアにはたまらないものとなっている。様々なコラージュ映像だけに合うはずのない口の動きが、なんとちゃんと歌詞に合うように作られていることに驚かされる。「Taxman」は『Dark Horse Years』に合わせて作られたもので、1991年の日本公演の映像が使用されている。日本公演の映像でありながら客席が一切映らないことから、これは当日スクリーンに映されていた映像であると思われる。「Living In The Material World」「Sue Me Sue You Blues」「Miss O’dell」の3曲は2006年に制作されたプロモである。「Living In The Material World」のプロモは当時のレコード製造工場の風景で、同アルバムを文字通り組み立てていく流れが映像として見ることができる。ジョージの曲とは別に、これは非常に貴重な映像ではないだろうか。続く「What Is Life」は2014年に制作されたプロモである。ジョージは一切登場せず、曲に合わせて美少女が躍るという不思議な映像である。しかし女の子の純粋な可愛さと全体を覆う童話的な世界に思わず引き込まれてしまう魅力的なプロモである。

【ORIGINAL TV SPOT】
ここからはプロモーション映像とはいえ、それぞれのアルバムがリリースされた当時のTVコマーシャルが収録されている。このような映像を当時録画していた人がいたとは驚きである。通常は当時流されるだけで消えていく運命にあるTVコマーシャルがこのように残されているとは。

【TV SHOWS】
ここからはテレビショウで放送された映像である。「My Sweet Lord」は2種収録されているが、最初のものは1970年オランダのTOP POPという番組で放映されたもの。ジョージの演奏する映像はなく様々な写真や映像のコラージュとなっている。放送されたのが1970年とあって全てビートルズ時代の映像と写真で構成されている。次の「My Sweet Lord」は1971年に放送されたもの。こちらもジョージの演奏シーンはなく、女性ダンサーたちが曲に合わせて踊るというものである。「DING DONG DING DONG」は1974年に放送されたもので、こちらも女性ダンサーが曲に合わせて踊るというもの。クロマキー処理を駆使して凝った作りになっている上に鮮やかなカラー映像なので、ジョージが出演していないのが残念なくらいである。「The Pirate Song」は今となっては有名なパフォーマンスである。「My Sweet Lord」の盗作騒動に対する回答として同曲のイントロで「Pirate(盗んだ)」曲という歌を歌い出すのである。ジョージのしてやったりといった楽しそうに歌う姿が微笑ましいライヴ映像である。「This Song」は1977年ドイツの番組に出演した際のマイミング演奏である。白いスーツに赤いシャツという派手ないでたちでギターを手に、カーリーヘアのジョージが歌う映像である。この時代のジョージの演奏する動く映像ということで、非常にレアなものである。「Hottest Going In Town」と「Someplace Else」の2曲はレコーディング風景の映像である。

【RELATED VIDEOS】
ここからは、ジョージ本人のプロモではないものの、他のアーティストにレコーディングなりプロモなりにジョージが参加した関連映像を収録している。ジョージはあまり他アーティストと交流がないように見えて、それでもここに収録されているように、ポールほどではないにせよ、数多く参加していることが伺える。

【COMPLETE PROMO CLIP COLLECTION】
ジョージのプロモ映像を完全網羅。バージョン違いやアウトテイクも含め、本作の収録が、ビートルズ解散後から死後の現在に至るまでに制作された全てのプロモ映像である。単にジョージのソロのプロモ映像のみならず、それぞれのアルバムが発表された時のTVスポットや、テレビ放送された映像など広義のプロモ映像、他のアーティストに参加した曲のプロモ映像まで、ここまで徹底して収録したものはかつてなかったであろう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。日本語帯付。

DVD ONE
1971

01. My Sweet Lord (Bangladesh)

1974
02. Dark Horse
03. Ding Dong, Ding Dong #1 (original film)
04. Ding Dong, Ding Dong #2 (restored)

1976
05. Crackerbox Palace
06. True Love
07. This Song #1 (Variation A)
08. This Song #2 (Variation B)

1979
09. Blow Away
10. Faster

1981
11. All Those Years Ago

1985
12. Save The World (Greenpeace version)

1986
13. Shanghai Surprise #1 (Long Version)
14. Shanghai Surprise #2 (Short Version)

1987
15. Here Comes The Sun (Prince’s Trust)

ARCADE VERSION
16. Got My Mind Set on You #1 (Copyright version)
17. Got My Mind Set on You #2 (No copyright version)
18. Got My Mind Set on You #3 (Raw Edit A)
19. Got My Mind Set on You #4 (Raw Edit B)
20. Got My Mind Set on You (Arcade Multi View)

CHAIR VERSION
21. Got My Mind Set on You #1 (Edit A Copyright version)
22. Got My Mind Set on You #2 (Edit A No copyright)
23. Got My Mind Set on You #3 (Edit B)
24. Got My Mind Set on You (Chair Multi View)
25. Got My Mind Set on You (Outtakes)

DISC TWO
1988

01. When We Was Fab #1 (Edit A- Copyright Version)
02. When We Was Fab #2 (Edit B)
03. When We Was Fab #3 (Edit A-No Copyright)
04. When We Was Fab (Multi View)
05. This is Love #1 (Copyright version)
06. This is Love #2 (No Copyright version)
07. Handle with Care #1 (1988 Copyright)
08. Handle with Care #2 (1989 Copyright)
09. Handle with Care #3 (Australian version, different end)
10. Handle with Care #4 (Widescreen cropped version)
11. Handle with Care (Multi View)
12. Handle with Care (Outtakes)

1989
13. End of The Line #1 (Edit A -Copyright version)
14. End of The Line #2 (Edit A- No Copyright version)
15. End of The Line #3 (Edit B)
16. End of The Line (Multi view)
17. End of The Line (outtakes)

1990
18. Nobody’s Child
19. She’s My Baby Version #1
20. She’s My Baby Version #2
21. She’s My Baby (Multi View)
22. Inside Out Version #1
23. Inside Out Version #2
24. Inside Out (Multi View)
25. Inside Out (Rehearsal)
26. Inside Out (Outtakes)

1991
27. Wilbury Twist Version #1
28. Wilbury Twist Version #2
29. Wilbury Twist Version #3
30. Wilbury Twist (Outtake)
31. Wilbury Twist (Multi View)

DISC THREE
2003

01. Any Road

2004
02. Taxman (The Dark Horse Years)

2006
03. Living in the Material World
04. Sue Me Sue You Blues
05. Miss O’Dell

2014
06. What Is Life

ORIGINAL TV SPOT
07. Dark Horse
08. Extra Texture
09. Cloud Nine #1
10. Cloud Nine #2
11. Cloud Nine #3
12. Traveling Wilburys Vol. 1
13. Traveling Wilburys Vol. 3
14. Live in Japan
15. All Things Must Pass 30th #1
16. All Things Must Pass 30th #2
17. All Things Must Pass 30th #3
18. Brainwashed #1
19. Brainwashed #2
20. Traveling Wilburys Collection #1
21. Traveling Wilburys Collection #2
22. Traveling Wilburys Collection #3
23. Let it Roll

TV FILM CLIP 1991
24. Between The Devil and the Deep Blue Sea

TV SHOWS
25. My Sweet Lord (TopPop, Netherlands 1970)
26. My Sweet Lord (Pans People, Top of The Pops 1971)
27. Ding Dong, Ding Dong (Pans People, Top of The Pops 1974)
28. The Pirate Song (Rutland Weekend Television, 1975)
29. This Song (Disco, Germany 1977)
30. Recording Hottest Going in Town (1986)
31. Recording Someplace Else (1986)

RELATED VIDEOS
CHEECH AND CHONG 1973

32. Basketball Jones

THE SINGING REBEL’S BAND 1985
33. Freedom (Promo Version)
34. Freedom (Film Version #1)
35. Freedom (Film Version #2)
36. Freedom (Multi View)

TOPM PETTY 1989
37. I Won’t Back Down

BLINDA CARLISLE 1989
38. Leave A Light On

JEFF LYNNE 1990
39. Every Little Thing #1
40. Every Little Thing #2
41. Lift Me Up

GARY WRITE 1995
42. Don’t Try to Own Me
43. Don’t Try to Own Me Outtakes (recorded in 1992)

JIM CAPALDI 2001
44. Anna Julia

Misterclaudel. MCCD-592/593/594

Leave a Reply