Eric Clapton & Legends / Vienna 1997 / 2CD / Beano

Eric Clapton & Legends / Vienna 1997 / 2CD / Beano

Translated Text:
Live at Theatre Romain, Vienne, France 5th July 1997

ericclap-legend-77vienna1

Click Image To Enlarge

ericclap-legend-77vienna2

Eric Clapton is departing from the own career as a rare blues guitarist, speaking close to the Jazz, two weeks of summer 1997, crossover unit was formed in Europe Jazz Festival tour limited, Legends was. The members, Steve Gadd with a track record of support or co-starring the Clapton, David Sanborn, because there was Joe Sample Ragay, fire was the project that was attached to the Clapton of adventure from the friendship with them. Furthermore handedly bassist became a key man of this unit, also newly born friendship with Marcus Miller, Clapton was the enjoyed sincerely this activity. Although the two-week limited, in that it has been a large attention from the time of the music media, later to the stage at the Montreux Jazz Festival, which has become the first day of the performance was released as the official video work, a sound board in European countries sound source of all 12 performances in 8 performance from high-quality master, including has been released as a boot leg. France of July 5 was called the highest peak of the audience recording in which, this time the original source of the master stereo audience of Vienne performance, our shop is was obtained from stalwart taper of the United Kingdom resident! Audience title of this day will exist, but its master at the time, was a recording has been master to cassette tape. In contrast, this time, is the master of our shop was available, was a DAT format that you copied from the original master to direct. Please be If you have a pre-departure board try by all means than to listen to. Sound of the bass and drums of the opening of the Full House is quite different with its outstanding board. Because of muffled by the hiss, compared to Anne natural its outstanding board you can not hear the sound of bass and drums, this board is this is exactly the Marcus Miller chopper, but the snare of Gadd, that we achieve a natural sound. So far this board that was also easily exceeded the boot leg evaluation site its outstanding panel that has won 5 of 6 points in Geetarz, you can assert that quality to get the course “6” points of a perfect score. Performance of the day to listen to in this clear sound quality without any hiss is, take the awkwardness that was heard in the first day of Montreux, each member also in a relaxed has housed a terrific play like breathe fire. It is in the Montreux remarkable Clapton that Misuton was found here and there, is intended to realize his greatness that as possible brilliantly playing the fusion number with the pentatonic scale. Five super-musicians of the clash doing as much of his own skills, but is a stage of the once-in-a-lifetime chance to show the stunning harmony as a whole. Now is the attention to the lyrical piano playing of the late Joe Sample. All performances, but did not change the set list, or different from the sound board recording, please feel the power of this super-unit in the enthusiasm condition also vividly captured was this board of audience. It will be limited press CD for the first time only, thank you as soon as possible of the order.

エリック・クラプトンが珍しくブルース・ギタリストとしての自身のキャリアを逸脱し、ジャズ・フュージョンに接近したといえば、1997年夏場の2週間、ヨーロッパ・ジャズ・フェスティバルツアー限定で結成されたクロスオーバー・ユニット、レジェンズでした。メンバーには、クラプトンをサポートあるいは共演した実績のあるスティーヴ・ガッド、デヴィッド・サンボーン、ジョー・サンプルらがいたため、彼らとの親交からクラプトンの冒険心に火が点いたプロジェクトでした。さらにこのユニットのキーマンとなった凄腕ベーシスト、マーカス・ミラーとの交友も新たに生まれ、クラプトンはこの活動を心から楽しんだのでした。2週間限定とは言え、当時の音楽メディアから大注目されたことで、後に初日公演となったモントルー・ジャズ・フェスティバルでのステージはオフィシャル映像作品としてリリースされましたし、ヨーロッパ各国ではサウンドボードを含む良質なマスターから全12公演中8公演の音源がブートレッグとしてリリースされました。その中ではオーディエンス録音の最高峰と称された7月5日のフランス、ヴィエンヌ公演のステレオ・オーディエンスの大元のマスターを今回、当店はイギリス在住の重鎮テーパーから入手したのです!この日のオーディエンス・タイトルは存在しますが、そのマスターは当時、カセットテープに収録されたマスターでした。それに対し、今回、当店が入手しましたマスターは、元マスターからダイレクトにコピーしたDATフォーマットでした。既発盤をお持ちの方は是非聴き比べてみてください。オープニングのFull Houseのベースとドラムのサウンドが既発盤とはまったく違います。ヒスノイズによる篭りのため、ベースとドラムの音に聞こえないアンナチュラルな既発盤に比べ、本盤はこれがまさにマーカス・ミラーのチョッパー、ガッドのスネアだ、という自然なサウンドを実現しています。これまでもブートレッグ評価サイトGeetarzで6ポイント中5を獲得してきた既発盤をあっさり上回った本盤は、当然満点の「6」ポイントがつくクオリティと断言できます。ヒスノイズのまったくないこのクリアな音質で聴くこの日のパフォーマンスは、初日のモントルーで聴かれたぎこちなさが取れ、リラックスした中にも各メンバーが火を噴くような凄まじいプレイが収められています。それはモントルーではミストーンが散見したクラプトンに顕著で、フュージョン・ナンバーをペンタトニック・スケールで見事に弾き切る彼の凄さを実感させるものです。5人のスーパー・ミュージシャンが己のスキルの限りを尽くしてぶつかり合い、しかしトータルとして見事な調和を見せる一期一会のステージです。今は亡きジョー・サンプルのリリカルなピアノプレイにも注目です。全公演、セットリストは変わりませんでしたが、サウンドボード・レコーディングとはまた違う、オーディエンスの熱狂具合も生々しく捉えられた本盤でこのスーパー・ユニットの実力をご体感ください。初回のみの限定プレスCDとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

エリック・クラプトンが珍しくブルース・ギタリストとしての自身のキャリアを逸脱し、ジャズ・フュージョンに接近したといえば、1997年夏場の2週間、ヨーロッパ・ジャズ・フェスティバルツアー限定で結成されたクロスオーバー・ユニット、レジェンズでした。メンバーには、クラプトンをサポートあるいは共演した実績のあるスティーヴ・ガッド、デヴィッド・サンボーン、ジョー・サンプルらがいたため、彼らとの親交からクラプトンの冒険心に火が点いたプロジェクトでした。さらにこのユニットのキーマンとなった凄腕ベーシスト、マーカス・ミラーとの交友も新たに生まれ、クラプトンはこの活動を心から楽しんだのでした。2週間限定とは言え、当時の音楽メディアから大注目されたことで、後に初日公演となったモントルー・ジャズ・フェスティバルでのステージはオフィシャル映像作品としてリリースされましたし、ヨーロッパ各国ではサウンドボードを含む良質なマスターから全12公演中8公演の音源がブートレッグとしてリリースされました。その中ではオーディエンス録音の最高峰と称された7月5日のフランス、ヴィエンヌ公演のステレオ・オーディエンスの大元のマスターを今回、当店はイギリス在住の重鎮テーパーから入手したのです!この日のオーディエンス・タイトルは存在しますが、そのマスターは当時、カセットテープに収録されたマスターでした。それに対し、今回、当店が入手しましたマスターは、元マスターからダイレクトにコピーしたDATフォーマットでした。既発盤をお持ちの方は是非聴き比べてみてください。オープニングのFull Houseのベースとドラムのサウンドが既発盤とはまったく違います。ヒスノイズによる篭りのため、ベースとドラムの音に聞こえないアンナチュラルな既発盤に比べ、本盤はこれがまさにマーカス・ミラーのチョッパー、ガッドのスネアだ、という自然なサウンドを実現しています。これまでもブートレッグ評価サイトGeetarzで6ポイント中5を獲得してきた既発盤をあっさり上回った本盤は、当然満点の「6」ポイントがつくクオリティと断言できます。ヒスノイズのまったくないこのクリアな音質で聴くこの日のパフォーマンスは、初日のモントルーで聴かれたぎこちなさが取れ、リラックスした中にも各メンバーが火を噴くような凄まじいプレイが収められています。それはモントルーではミストーンが散見したクラプトンに顕著で、フュージョン・ナンバーをペンタトニック・スケールで見事に弾き切る彼の凄さを実感させるものです。5人のスーパー・ミュージシャンが己のスキルの限りを尽くしてぶつかり合い、しかしトータルとして見事な調和を見せる一期一会のステージです。今は亡きジョー・サンプルのリリカルなピアノプレイにも注目です。全公演、セットリストは変わりませんでしたが、サウンドボード・レコーディングとはまた違う、オーディエンスの熱狂具合も生々しく捉えられた本盤でこのスーパー・ユニットの実力をご体感ください。初回のみの限定プレスCDとなりますので、お早めのオーダーをお願い致します。

Disc 1 (57:31)
1. Introduction 2. Full House 3. Marcus #1 4. Ruthie 5. Snakes 6. Going Down Slow
7. Peeper 8. Suggestions

Disc 2 (53:27)
1. Third Degree 2. 1st Song Tango 3. Put It Where You Want 4. Member Introduction
5. Jerry Roll 6. In A Sentimental Mood 7. Layla 8. Everyday I have The Blues

Eric Clapton – guitar / vocals David Sanborn – saxophone Joe Sample – piano / keyboards
Marcus Miller – bass / bass clarinet Steve Gadd – drums

Leave a Reply