Eric Clapton / Providence 1987 / 2CD

Eric Clapton / Providence 1987 / 2CD / Beano

Translated Text:
Civic Center, Providence, RI. USA 26th April 1987 STEREO SBD

ericclap-16providence1

Click Image To Enlarge

ericclap-16providence2

1987 US tour, the second installment of this week release that contains a formal multi-track live recording-first-generation master to direct is the Providence performances of April 27. The board also like the “St. Paul 1987” of this simultaneous release, is press 2CD fabricated from directly borrowed stereo sound board master from England stalwart taper. It therefore, the sound quality is undisputed, trouble has become a title with no problem at all even claiming this remains a regular live album and because it is nothing. Sound board sound source of this day also in the past been released, but the present board is a genuine original, it is what you use the first-generation of the master. This day has been deployed tremendous performance in the whole volume, listening far from is as good as saying that “all”. In the renowned Geetarz as sound quality evaluation site of the boot leg, in the published page of its outstanding sound board title of this day, it is referred to as “knock out performance! (Playing only admire)”. Categorically because I was defeated this evaluation in outflow sound board title of this tour there are many, it would be that how the play of the day was great. That’s where I would like to confirm all means in this panel, which was recorded at the highest quality from the original master. This time, “St. Paul 1987” and the place was compared to listen, the sound quality, stereo separation, balance and the like of the Tsubudachi condition, cheers of the audience of each instrument sound, is that difficult to say which is better honest Niokimashite all points was the impression. This means that you either of the master was also amazing. From this year the tour has been bootlegs many releases that have been fabricated from outflow sound source of the sound board recording, but it would be nice to say that two works of this release to reign in its highest peak. If you look at the set list, in the present board has been played did not play in the St. Paul performances Further On Up The Road is in the first song of the encore. Clapton play from the debut has been changing by the day in ad lib subject. It was also the his identity is a live artist. Completely different solo and St. Paul performance in the course also songs at this stage, you have to play the phrase. Moreover, if and played one song more than St. Paul concert, you will not only I am listening but the present board. Same Old Blues of this day is over in 22 minutes. This long performance is what is also tremendous. Hissage the confidence “AUGUST”, new frontier of live of Clapton that faces in tow to back the same members as the album has caught on here. He was used in this tour, was a custom Stratocaster of pewter-gray finish of the prototype, which will lead to the current Signature model. Clapton to turn over playing in an entirely different Toreburi tone and Blackie that was retired in the second previous year are here. This much aggressive Clapton, you can say it was a limited time to “Journeyman,” from this era. By all means, please enjoy the “aggressive” Clapton in this board.

1987年全米ツアー、正式マルチトラック・ライブレコーディング・ファースト・ジェネレーションマスターをダイレクトに収録した今週リリースの第2弾は、4月27日のプロヴィデンス公演になります。本盤も今回同時リリースの「St. Paul 1987」と同じく、イギリス重鎮テーパーから直に借り受けたステレオ・サウンドボードマスターから製作したプレス2CDです。従いまして、そのサウンドクオリティは文句なし、トラブルも皆無なのでこのまま正規ライブアルバムですと謳ってもまったく問題のないタイトルとなっています。この日のサウンドボード音源も過去にはリリースされていますが、本盤が正真正銘オリジナルであり、ファースト・ジェネレーションのマスターを使用したものです。この日は全編で凄まじいパフォーマンスが展開されており、聴きどころは「すべて」と言ってもいいくらいです。ブートレッグの音質評価サイトとして名高いGeetarzでは、この日の既発のサウンドボードタイトルの掲載ページで、「knock out performance!(感嘆するしかない演奏)」と表記しています。このツアーの流出サウンドボードタイトルが多い中で断定的にこの評価を下したのですから、いかにこの日のプレイが凄かったかということでしょう。それは是非このオリジナルマスターから最高音質で収録した本盤で確認していただきたいところです。今回、「St. Paul 1987」と聴き比べましたところ、そのサウンドクオリティ、ステレオセパレーション、各楽器サウンドの粒立ち具合、オーディエンスの歓声とのバランス等、すべての点におきまして甲乙つけ難いというのが正直な感想でした。つまりどちらのマスターも凄かったのです。この年のツアーからはサウンドボード録音の流出音源から製作されたブートレッグが多くリリースされていますが、その最高峰に君臨するのが今回リリースの2作と言ってもいいでしょう。セットリストを見ますと、本盤ではセント・ポール公演ではプレイしていなかったFurther On Up The Roadがアンコールの1曲目でプレイされています。デビュー当時からクラプトンのプレイはアドリブ主体で日によって変化してきました。それがライブアーティストである彼のアイデンティティでもありました。このステージでも当然全曲でセント・ポール公演とはまったく異なるソロ、フレーズをプレイしています。しかもセント・ポール公演よりも1曲多くプレイしたとなれば、本盤も聴いていただくしかないでしょう。この日のSame Old Bluesは22分に渡っています。この長尺パフォーマンスもまた凄まじいものです。自信作「AUGUST」を引っ提げ、アルバムと同じメンバーをバックに従えて臨んだクラプトンのライブの新境地がここに捉えられています。このツアーで彼が使用したのは、現在のシグネイチャーモデルに繋がっていくプロトタイプのピューター・グレイ・フィニッシュのカスタム・ストラトでした。前々年に引退させたブラッキーとはまったく異なるトレブリーなトーンで弾き捲るクラプトンがここにいます。これほどアグレッシヴなクラプトンは、この時代から「ジャーニーマン」までの期間限定だったと言ってもいいでしょう。是非、本盤で「攻撃的な」クラプトンをご堪能ください。

Disc 1 (60:40)
1. Intro. 2. Crossroads 3. White Room 4. I Shot The Sheriff 5. Hung Up On Your Love
6. Wonderful Tonight 7. Miss You 8. Same Old Blues 9. Member Introduction

Disc 2 (57:52)
1. Tearing Us Apart 2. Holy Mother 3. Badge 4. Let It Rain 5. Cocaine 6. Layla
7. Further On Up The Road 8. Sunshine Of Your Love

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Beano 128

Leave a Reply