Eric Clapton / St Paul 1987 / 2CD

Eric Clapton / St Paul 1987 / 2CD / Beano

Translated Text:
Civic Center, St. Paul, MN. USA 18th April 1987 STEREO SBD

ericclap-16st-paul1

Click Image To Enlarge

ericclap-16st-paul2

Eric Clapton, one of the highlights of the release title of this week, “Clapton Week” of to commemorate the 21 th Japan tour realization is a stereo sound board Master 2 volley from the “August US tour” of April 1987 . Recently, the shop is directly borrowed a live recording master from the same tour of stalwart taper treasured British resident released “L.A. Forum 1987”, it has received a favorable reception. This time, this stalwart as if the taper had a stint, we were sent me suddenly two multi-track recording are mixed down from the tape was the Donpika of stereo master to the official. When our staff try to listen, no such need of re-mastered both of the two, it was the perfect “official live recording.” These was the quality that it is made in the official live album. In this tour, Clapton had ventured a formal live recording in various places. Last year the autumn, but in the early year tour that had been recorded have been found from the outflow tape, he seems to have was going to release an official live album from the previous year and the current year of the live sound source (after all, for some reason live album concept was not enough to achieve). As a candidate, these two shows worth also would be that had been recorded. Rather than the recording for reference recording, called the PA out of the mixing desk of a concert venue, because it is those that are multi-track recording completely for the official, the sound quality, stereo separation, sound balance is perfect. Plus pulling work by our engineers to get a reputation did not need anything. Of course ownership only to the master of the stalwarts taper is a first-generation grade. This board will be complete recording of board of April 18, St. Paul, Minnesota performances of 4 days after the L.A. performances of recent release. Although sound board sound source of this day had also been released in the past, this board is because it has become a release of rented a genuine first-generation tape, more of the sound quality does not exist. Also between songs uncut, trouble point is nil. This tour, which is carried out in the participating members as it is of the four-piece band of the previous year’s studio album was produced by hired ally Phil Collins on drums and produced “AUGUST” is the most suitable to play the music of “AUGUST” It says that organization. Therefore, the previous back-band tour has become a completely different sound production, there has become a maximum of listening far from. Also the number four songs from “AUGUST” has set in, but other conventional song has yet to give a totally different impression. The Same Old Blues is played especially extends to 26 minutes, it is the dialogue, which combination is Saewata’ impression of Clapton and Greg Phillinganes over other performances. This edgy funky sound, I would say to those obtained constitute precisely because the band at this time. Thank you by all means so that you will order together with the “Providence 1987” in the simultaneous release.

エリック・クラプトン、21回目のジャパンツアー実現を記念しての今週「クラプトンウィーク」のリリースタイトルの目玉の一つは、1987年4月の「オーガスト全米ツアー」からのステレオ・サウンドボードマスター2連発です。先般、当店はイギリス在住の重鎮テーパー秘蔵の同ツアーからのライブレコーディングマスターを直に借り受けて「L.A. Forum 1987」をリリースし、ご好評をいただきました。今回、この重鎮テーパーは出し惜しみをしていたかのように、突然オフィシャルにマルチトラックレコーディングされたテープからミックスダウンされたドンピカのステレオマスターを2本送ってきたのです。当店スタッフが聴いてみると、2本ともリマスタリングの必要などまったくない、完璧な「オフィシャルライブレコーディング」でした。これらがそのままオフィシャルライブアルバムになるクオリティでした。このツアーでは、クラプトンは各地で正式なライブレコーディングを敢行していました。前年秋、当年初頭のツアーもレコーディングしていたことが流出テープから判明していますが、彼は前年と当年のライブ音源から正式にライブアルバムをリリースするつもりだったようです(結局、何らかの事情によりライブアルバム構想は実現に至りませんでした)。その候補として、これら2公演分もレコーディングされていたということでしょう。コンサート会場のミキシング卓でのPAアウトと呼ばれる参考記録用のレコーディングではなく、完全にオフィシャル用にマルチトラックレコーディングされたものですので、その音質、ステレオセパレーション、サウンドバランスは完璧です。定評をいただく当店エンジニアによる足し引き作業は何も必要ありませんでした。もちろん重鎮テーパーの所有だけにマスターはファースト・ジェネレーショングレードです。本盤は先般リリースのL.A.公演から4日後の4月18日ミネソタ州セントポール公演の完全収録盤となります。この日のサウンドボード音源は過去にもリリースされていましたが、本盤は正真正銘ファースト・ジェネレーションテープを借り受けてのリリースとなっていますので、これ以上の音質は存在しません。曲間もノーカット、トラブル箇所は皆無です。盟友フィル・コリンズをドラムとプロデュースに起用して制作された前年のスタジオアルバム「AUGUST」の参加メンバーそのままの4ピースバンドで実施されたこのツアーは、「AUGUST」の楽曲をプレイするには最も適した編成と言えました。そのため、前バックバンドのツアーとはまったく違ったサウンド・プロダクションとなっており、そこが最大の聴きどころとなっています。「AUGUST」からは4曲ものナンバーがセットインしていますが、その他の従来曲もまったく異なった印象を与えるに至っています。特に26分に及んでプレイされるSame Old Bluesでは、他公演以上にクラプトンとグレッグ・フィリンゲインズの掛け合い、コンビネーションが冴え渡っている印象です。この先鋭的なファンキーサウンドは、この時のバンドだからこそ成し得たものと言えるでしょう。是非同時リリースの「Providence 1987」と共にオーダーいただきますようお願い致します。

Disc 1 (64:32)
1. Intro. 2. Crossroads 3. White Room 4. I Shot The Sheriff 5. Hung Up On Your Love
6. Wonderful Tonight 7. Miss You 8. Same Old Blues 9. Member Introduction

Disc 2 (52:34)
1. Tearing Us Apart 2. Holy Mother 3. Badge 4. Let It Rain 5. Cocaine
6. Layla 7. Sunshine Of Your Love

STEREO SOUNDBOARD RECORDING

Beano 127

Leave a Reply