Eric Clapton / Saarbrucken 1978 /1CD

Eric Clapton / Saarbrucken 1978 /1CD /Beano

Translated Text:

Live at Saarlandhalle, Saarbrucken, Germany 10th November 1978.Remastered

ericclap-78saarbrucken1

Click Image To Enlarge

ericclap-78saarbrucken2

this week will be two works released the audience source of the 78-year European tour of Eric Clapton There, the board will be a good source of Saar Brookings Ken performance of November 10, was not of its outstanding board up to now. this sound source is up nets master Trent site, it is either from the deterioration of the tape, at that time cause in the recording equipment 55 to about 90% of the pitch is a semitone, yet was what was higher in random places. in addition sound balance is too biased in the low frequency range, now distorted sound on a large portion of the volume was. This is a half is also worth awaited first appearance sound source. so our shop you by familiar hands of professional staff on was perfectly correct the pitch, correct the sound balance in the best condition to strengthen the mid-high range want did. sound is mono, distortion is also eliminated, veil which had covered the muffled feeling was transformed into a good sound you’ll have the impression that was peeled off. I would say that the value of the first time on CD came out what in this . for the encore of unreleased master, but the volume that would fit into CD1 sheets, as compared to the day after the simultaneous release title, is surprising is that the set list and the song order is quite different, is also the charm. special mention should do is, number from the new album “BACKLESS” at the time, is that you are playing the Walk Out in the Rain and the Golden Ring. the two songs was a number that has not been played only in the early stages of the tour. these the only sound will be that the present board that can be heard. the latter is a number that has boasted Dziga to satisfy mind that it is superb love song that is comparable to Clapton Wonderful Tonight at the time of completion “BACKLESS”, the live take very It is what it can be said that the valuable in. and because it deviates from the set with two songs in the title that contains the day after the concert of simultaneous release, is why this concert was the last of playing opportunities. the board just this two songs to listen There is of value, is. the result but there is no participation impromptu of boss Muddy Waters to this board is compared to the next day, it is as I wrote in the introduction section of the next day title, the Madi was attentive to Clapton, would blame that has been consciously refrain from impromptu. Do not know whether you know the thoughtfulness of the Madi, you’ll be you can see the manner in which Clapton has been lively and played at full length. bands of this tour, Clapton It fired George Terry, who has served the second guitar dare since 74 years, was what was returned to the same four-piece Derek & the Dominos. Soredakeni specific gravity of Clapton became one guitar is higher, also responsible for heavy now I was. at the time, still it was boozy state of one step forward in Al, play listen here are approaching crisis that can just play turning and expression. in also features blues number is large, I wanted to immerse yourself in the blues to your heart’s content will feelings of Clapton is positioned as a stage that has been expressed in the straight. bluesy Clapton to it is like you are, it is by all means the next day of valuable sound source that I would like you to listen along with the title. not taste in the download net as it is, the best of mastering is thank you to all means order to this board that has been subjected to.

今週は2つの作品は、エリッククラプトンの78年間のヨーロッパツアーの聴衆のソースをリリースされます、ボードは11月10日のザールブルッキングスケンのパフォーマンスの良いソースになります、今までの優れたボードではなかった。この音源はネットのマスター・トレント・サイトであり、それはテープの劣化からであるが、録音機器の55の原因でピッチの約90%が半音であるが、ランダムな場所ではより高いものであった。また、低域でも音のバランスが偏っており、ボリュームの大部分で歪んだ音になっていました。これは、最初の出現音源が待っている価値がある半分です。プロのスタッフのお馴染みのお手持ちの当店では、当店ではピッチを完璧に修正していましたので、中高域を強化したい時に最適な状態でバランスを崩してしまいました。音はモノですが、歪みもなくなり、覆い隠されたベールは良い音に変わってしまい、剥がれてしまった感があります。 CDで初めての価値が出てきたと私は言います。リリースされていないマスターのアンコールのためにCD1シートに収まるボリュームは、同時リリースタイトルの翌日に比べて驚くべきことですが、セットリストと曲順が全く違っていて、また魅力です。特に言及する必要があります、その時点で新しいアルバム “バックレス”から番号は、あなたが雨とゴールデンリングでウォークアウトをプレイしているということです。 2つの曲は、ツアーの初期段階でしか演奏されていない数字でした。これらの唯一の音は、聞くことができる現在のボードです。後者は完成時にクラプトン・ワンダフル・トゥナイトに匹敵する素晴らしいラブソングであることを心に満足させるためにジジを誇った数である “BACKLESS”、ライブテイクは非常に貴重だと言えるのです。同時リリースのコンサート後の翌日を含むタイトルの2曲をセットから逸脱しているため、このコンサートが演奏の機会の最後であった理由です。このボードはちょうどこの2曲を聴く価値がある、です。結果が、ボスの即刻の参加はありませんこのボードにマディウォーターズの即刻の翌日に比べて、それは私が翌日のタイトルの導入セクションで書いたように、マディはクラプトンに注意していた、それは意識的に非難されている即興を控える。あなたがMadiの思いやりを知っているかどうかわからない、あなたはClaptonが活発で、全身で演奏された方法を見ることができるでしょう。このツアーのバンド、Claptonそれは74年以来2番目のギターの挑戦に出演しているジョージ・テリーを解雇し、同じ4ピースのDerek&Dominosに戻ったものだった。クラプトンのソレカケイの比重は、ギターが高くなっていて、重いためにも責任を負っていました。当時は依然としてAlの一歩前進のブジーな状態だった、ここで聞いてみると、旋盤と表情を演じることができる危機に近づいている。ブルースの数も多いですが、クラプトンの気持ちがあなたの心の中身にブルーインズで浸りたいと思っていましたが、ストレートで表現されているステージとして位置づけられています。ブルース・クラプトンはそれがあなたのようなものです。私はあなたがタイトルと一緒に聞いてほしい貴重な音源の次の日です。そのままダウンロードネットで味わうことはできませんが、マスターした方にはこのボードを注文していただきありがとうございます。

Beano 135

(76:35)
1. Layla 2. Worried Life Blues 3. Cocaine 4. Walk Out in the Rain 5 . Double Trouble
6. Badge 7. Golden Ring 8. If I Do Not Be There By Morning 9. Early In The Morning
10. Key To The Highway 11. Further On Up The Road

Eric Clapton – Guitar, Vocals Dick Sims – Keyboards
Radle Carl – Bass Jamie Oldaker – Drums

 

Leave a Reply