Cream / Final Winterland 1968 / 2CD

Cream / Final Winterland 1968 / 2CD / Beano

Translated Text:
Winterland Ballroom, San Francisco, CA. USA 10th March 1968 SBD

cream-68final-winterland1

Click Image To Enlarge

cream-68final-winterland2

 

Was recorded the classic sound of a full concert, including the official unpublished take of the American tour of that cream heyday is this board. What is recorded is 68, March 10, 2008, is a twice-daily show good mono sound board source of which was done in the Winter land Ballroom in San Francisco. This sound is what in the past had been released with the same content, on which disappeared from the current market, digital of first-generation from the trusted root of this time our shop was available since it was a copy, we have decided to release in that past highest sound quality. That the sound source of this day has been officially recording is a fact well known to fans, to the Sweet Wine and NSU official album “LIVE CREAM”, Tales Of Brave Ulysses is to “LIVE CREAM VOL.Ⅱ”, Spoonful and Crossroads was adopted to “WHEELS OF FIRE”, was recorded. Soredakeni their performance of this day has been handed down as it takes to tremendous God. In addition to this master contains the official unpublished take. We’re Going Wrong, Sunshine Of Your Love, and Steppin ‘Out, Traintime, Toad and one and a half minutes about the incomplete recording, but I’m So Glad, is take that can not be heard at the Official live board. Rather than the unfortunately sound quality official class, since it is the mix is ​​no stereo, is the day take that has been adopted in the official live board was high of play quality that was most common, is a high-quality first-generation, listening you can assert that those worthy of am. If further say, as was recorded the sound source of this day it will understood that the present board has realized the best sound quality. The day is divided into sets 1 and 2, two shows a day have been made. They will find that he had to play completely different set list in two sets. Since the official panel and is different mono mix, you’ll enjoy hugging or different impression in the existing release take. In addition, voices of female customers that were not contained in the official board is in the intro of Spoonful comes in the slightly right channel. In the official recording it will be recorded make a microphone to the audience to mix may be balance cheers, applause, but the had entered into one of the microphones Will was this voice. If you think so, the board of the master, rather than those simply monaural the final stereo mix of the official, it is inferred that was something that has been mono mix from another stereo master. Unusual version is also in the official take is why that can listen. From the fact that the take of this much this day in the official panel is adopted, but the splendor of the performance of this day is not even to say again, attention is unreleased. Or because the play quality was less of them have not been adopted in the official panel? No, the difference. There is a wave of three people of tone, day by but is a cream that the difference between the success or failure is said was intense, this day I have been through a high-tension play in the whole volume. Please check it by all means in your ear. Here it is packed with legends of cream. Eric Clapton was in the hands of the world-wide fame in the carrier was this cream. So to speak, it a “Clapton, is here.” It does not stop only to Clapton. The late Jack Bruce nor this cream had a reputation as a guru of the bassist, is Ginger Baker was to play because in even this cream was referred to as the rock world best drummer. All “Three people seem if they were war with the musical instruments on stage” of their tremendous performance that was called is here. Cream what was Clapton, believe that to meet even the expectations of hardcore who do not doubt is this board.

あのクリーム全盛期のアメリカンツアーの公式未発表テイクを含むフルコンサートの定番音源を収録したのが本盤です。収録されているのは、68年3月10日、サンフランシスコのウィンターランド・ボールルームで行なわれた1日2回のショウの良好なモノラル・サウンドボードソースです。この音源は過去には同内容でリリースされていたものですが、現在の市場からは姿を消している上に、このたび当店が入手しましたのは信頼の置けるルートからのファースト・ジェネレーションのデジタルコピーであったことから、過去最高音質ということでリリースを決定しました。この日の音源が正式にレコーディングされていたことはファンには周知の事実であり、Sweet WineとNSUは公式盤「LIVE CREAM」に、Tales Of Brave Ulyssesは「LIVE CREAM VOL.Ⅱ」に、SpoonfulとCrossroadsは「WHEELS OF FIRE」に採用され、収録されました。それだけにこの日の彼らのパフォーマンスは神懸かり的に凄まじいものとして語り継がれてきました。さらに本マスターにはオフィシャル未発表テイクが含まれています。We’re Going Wrong, Sunshine Of Your Love, とSteppin’ Out ,Traintime, Toad、そして1分半ほどの不完全収録ですがI’m So Gladはオフィシャルライブ盤では聴くことができないテイクです。残念ながら音質がオフィシャル級ではなく、ミックスもステレオではありませんが、オフィシャルライブ盤に採用されたテイクが最も多かったというプレイクオリティの高かった日であり、ファースト・ジェネレーションの高音質であることから、聴いていただくに値するものと断言できます。更に言うなら、この日の音源を収録したものとしては本盤が最高の音質を実現したものでしょう。この日はセット1と2に分け、1日2公演が行なわれました。彼らは2セットでまったく異なるセットリストでプレイしていたことが分かります。オフィシャル盤と異なるモノラルミックスですので、既リリーステイクでもまた違った印象を抱いていただけるでしょう。また、Spoonfulのイントロではオフィシャル盤には入っていなかった女性客の話し声が微かに右チャンネルに入っています。オフィシャル・レコーディングでは歓声・拍手もバランスよくミックスするため客席にもマイクを立ててレコーディングされますが、そのマイクの1本に入ってしまったのがこの声だったのでしょう。そう考えますと、本盤のマスターは、オフィシャルの最終ステレオミックスを単にモノラル化したものではなく、別のステレオマスターからモノラルミックスされたものだったと推察されます。オフィシャルテイクでも珍しいバージョンが聴けるというわけです。オフィシャル盤にこれほどこの日のテイクが採用されていることから、この日の演奏の素晴らしさは改めて申し上げるまでもないのですが、注目は未発表テイクです。プレイクオリティが低かったからそれらはオフィシャル盤に採用されなかったのか?いいえ、違います。三人の調子の波があり、日によって好不調の差が激しかったと言われるクリームですが、この日は全編でハイテンションなプレイを通していたのです。それは是非あなたの耳でお確かめください。ここにはクリームの伝説が詰まっています。エリック・クラプトンがキャリアにおいて世界的な名声を手にしたのはこのクリームでした。いわば、「クラプトン、ここにあり」なのです。それはクラプトンだけに留まりません。故ジャック・ブルースもベーシストの第一人者としての評価を得たのもこのクリーム、ジンジャー・ベイカーがロック界最高のドラマーと称されたのもこのクリームでのプレイゆえのことでした。「三人がステージで楽器を持って戦争しているかのようだ」と称された彼らの凄まじいパフォーマンスのすべてがここにあります。クリームこそクラプトンだった、と信じて疑わないハードコアな方の期待にもお応えするのが本盤です。

Disc 1 (47:39)
1. Tales Of Brave Ulysses 2. Spoonful 3. Crossroads 4. We’re Going Wrong 5. Sweet Wine

Disc 2 (50:45)
1. Sunshine Of Your Love 2. N.S.U. 3. Steppin’ Out 4. Traintime 5. Toad 6. I’m So Glad

SOUNDBOARD RECORDING

Beano-129

Leave a Reply