Paul McCartney / Flaming Pie Sessions / 3CD

Paul McCartney / Flaming Pie Sessions / 3CD / Misterclaudel

Translated text:

Demos Studios Unreleased Songs & The Alternate Flaming Pie Plus Radio Show. Digitally Remastered

paulmcc-flaming-pie-sessions-mccd1

 

Click Image To Enlarge

paulmcc-flaming-pie-sessions-mccd2

If Haitai even a quarter of a century since the dissolution of the Beatles, lump between the time of the members, in particular changes in the relationship between George and Paul were seen. 4 people despite the members across the co-star, John and Paul and the combination of George and Paul, did not happen until the end. It is apple only all the co-star experience, John and George are recording together. Paul does not have a co-star of the non-apple. It is possible to glimpse the end of the Beatles broke up drama from this fact.

But after a long time that a quarter of a century, in a project that finally Beatles Anthology, is of three members, with the exception of John that are in the miracle has gathered for the first time under one roof. At the sight that are lined up three people in the first garden on television, Beatles fans or would not have had those emotional. And it became the thing that rises anthology project of sound and video, including two new songs. That played a significant role in the unity was a Jeff Lynne. Members of the Beatles, not the George Martin of “relatives” to produce, is dare I asked the man of the “outside”.

But only imagination, Paul for this project realization, seems to have concession considerably to George. Although the anthology 2 Installation of “Within You Without You” has been recorded, such as this would just say that the music selection was quite friendly to George. And George and Jeff Lynne has been working already together in the “Cloud 9”. Appointment of Jeff Lynne also, would not have been a consideration for the George. After all, this project is because the relationship of George and Paul was the key. Then, in this anthology project, Paul seems to have very satisfied with the work of Jeff Lynne. Above all Jeff Lynne is respect is felt for the Beatles. Paul is also produced in the next solo album, to be left to Jeff Lynne.

Paul has released the “OFF THE GROUND” in 1992, but was carried out large-scale tour along with it, is a thing to spend the mid-1990s as described above for the anthology project after it is finished . And why the period of solo album is opened not only that. Linda of physical condition Omowashikunaku, have been found to even after it had been hanging on the treatment. The last album that Linda has joined is the “FLAMING PIE” announced in 1997, which celebrated its Jeff Lynne to the producer. Announced what it is 1997, but the recording itself has been carried out since 1995, are those who were born on the extension of the Anthology project. Unlike the two works of the album before that was produced by the band, as if the “McCartney 3”, has been recorded in most Paul and overdubbing of Jeff Lynne. As a private recording, in a very calm atmosphere to shoulder the power of informal care was missing, and has a very good content. Also successful in sales, in current is known as one of the name board. This work has been recorded session sound source of this “FLAMING PIE”.

“The Song We Were Singing” is a great opening song that nostalgia for the good old days of Paul overflows. Always once returns to the songs that they had singing, is the subject of, from the fact that the subject of the title has become a We, it can be seen that that points to their Beatles era. Its fruit, said to be a classic controversial nostalgic atmosphere. The has been recorded here in a different mix sound source, vocals have become a thing that came to the fore.

“The World Tonight” is much I think that what has been renamed the previous work “Biker Like An Icon” is a song that was similar very glue or that tune. Demo by fierce guitar is the first to have been recorded. Short while very powerful performance to enjoy. Others, such as the rough-mix or backing tracks are recorded.

The album met with those of the time you did not live activities, but there are many songs have never been played in live, “If You Wanna” is no exception. However, what has been recorded whopping here there so was played in the sound check of May 29, 1993 “If You Wanna”. Before four years in the real to announce on the album, the fact that had been played at sound check only once. Moreover and acoustic guitar, accordion played by Wicks, and sounds even as also joined the sound of the piano, and has a very simple and, as if he heard the spell performance. Melody be the same, the lyrics also that there is no difference release version. Only arrangements are different, it suggests that the already completed at this point.

As a pattern of the pole there is a tendency to insert the acoustic Pieces in the album early. “PRESS TO PLAY” of vice “Footprints”, yea “Distruction” of the “FLOWERS IN THE DIRT”, and in this album, “Somedays” corresponds to it. The has been recorded here is another version of the rough mix.

“Young Boy” is the catch has been single cut from the album – which is a number. Paul went about and promotion aggressively this song on TV Shaw who appeared at this time. The has been recorded in this work is a demo, many different mix, such as a rough mix by acoustic guitar.

“Calico Skies” After the stage premiere has been made in Osaka in 2002, are often also played in the tour, probably have liked the pole itself. Although the stage is being played in a band, here it is recorded a demo by only same acoustic guitar and the studio version. Although it will because of the original melody, without impairing the original atmosphere for playing the acoustic guitar only, and has a rather what good songs full

In “Flaming Pie” song with fondness even for Paul it became the title of the album, which is often played on stage. The “Flaming Pie”, Beatles John before debut is derived from an episode of “fiery man who has been riding on the pie” that was seen in the dream. Here are recorded such as the backing track in the demo by the piano.

“Heaven On A Sunday” is also, Linda of chorus is impressive beautiful song. Demo that Paul according to the electric piano, such as ball of this song rolls very carefully sing is a very gem of the take. Servants loincloth sing different from the original.

And this album maximum of masterpieces is “Souvenier”. Bittersweet melody is one of Paul biggest masterpieces hit the chest. Lyrics also nice that took a nostalgia for the good old days is the theme of this album to fully, has become a work of Paul as a poet can enjoy. Unfortunately, only there are no remaining outtakes only short backing track to this song. Although part that contains the vocal by Paul, something that I want to listen more if there are outtakes of this song.

“Little Willow” was also recorded in the Princess Diana memorial album, is a requiem somewhat smell of “burning incense” is. But there is not Shinkikusa is, refreshing the appearance of the dead that will journey to the sky shook hands floating in the eye. Linda is death for a while after this album announcement, but this song was shed many along with the death of the news at that time.

“Rally Love You” has been recorded in a funky song that conspicuous among the album, a short while sound source at the time of the session by the drums and bass here.

Followed by a disk 2. Highlights of this work, would be session sound source of this “Beautiful Night” decorate the real end of the album. This song is that old in 1986, had already been recorded in nearly finished form has been found in the current. The 1986 version is track 1 of the disk 2. Simple but in playing neat went even drum not only piano, it can be seen that already is in a state close to the final shape. Perhaps the degree of perfection-class even if this remains release. Different from the release version is something about the ending, but that amount still receive unfinished impression, it will be because of the knowledge of post-dated. Beautiful and is a very good demo. Based on this demo, it is also made the edit version made in 1997.

Followed by what is recorded in the session sound source of “Beautiful Night” in 1996, it is a demo by playing only the piano. Not any kind of effect is multiplied by the pole of the vocals, it has just become a Namauta. Finally “Beautiful Night” is the configuration of the aforementioned demo has become a completed addition to new ending. The most characteristic thing is in its ending, is a vocal of apple soon be seen with it. But it would associate the absolutely “Cary That Weight”, it would also be the reason that Paul was appointed intentionally apple. Here are recorded such as how to sing the same song playfully raising the rehearsal, and the middle tempo apple participated.

It enters the 1997, have been made sessions for further covered with orchestra. We see over time understood well how the go created a “Beautiful Night”. Perhaps Paul would’re singing while playing the base, it can be seen that have increased profoundness in there to join the orchestra in the middle. Even Paul’s vocal in raw song here, not any processing is done, the sense of thrill as if singing in my ear. Furthermore attention is a part of ending the orchestra is extensively played, while still the almost karaoke state of before joining the vocal of the apple, which is a place where Paul is singing in desperately Adorivu.

Probably the stage of demo will is given essentially more song is judged that there is no need to take any further action. Almost demo street configuration, the lyrics, the melody, and has a complete added to the ending. Track of only ending that added the apple has been recorded continuously. The first half of this ending part Maybe it might thing was recorded separately. Initially orchestra only, and the apple of the vocals, has been recorded is further track plus the guitar solo.

“Great Day” in the bonus specific tracks such as “Her Majesty”, not only end up with a heavy “Beautiful Night”, a short music that have been made as if to leave the finish. But what looked like a pole favorite, while frequency is slightly, there is a thing that has been played in a real live stage in the past. The first track one that is a whopping recording to Wings era 1974, the lyrics is not still have the idea of ​​a basic melody surprised that there was already at this point. If there is a genius talent that melody floats one after another about Paul, dare but probably may not be taken out of this ancient melody, probably there was something unforgettable.

“Your School” is a previously unreleased at this time of outtakes. It is a demo by the piano, but it is neat studio recording. Even since it was broadcast Ooubu Joobu not mean that first appearance for the collector, but is a valuable unpublished songs.

The second half of the disk 2 would have been recorded over the summer from early spring of 1997, has recorded a session of the EPK. All original and different alternate take of the track list, because a different version, and has a content, each of which a short while also listening to respond. And finally has 3 take recorded radio spots for the album promotion of “Flaming Pie”. Not English only or would not be unusual in such as those of the Spanish-speaking world.

The last is a disc 3. 1997 Jerry Lieber and composer duo of Mike Stoller tribute album has been planned in the year. Paul was recording the “Kansas City” favorite song from the Beatles era, which was their composer in the album. Is playing alone that are not in the “Hey Hey Hey Hey,” said Medley. While playing a single acoustic guitar is a performance feel the groove. Even so, when Paul sing the oldies, it is where strange always somehow become country style.

And finally we have recorded a radio show when the album “FLAMING PIE” was released. March 1998 was broadcast, a promotion program that will listen to the music of the album with the commentary of Paul. But not as simple as chatting by passing this radio show is just CD, is plenty of outtakes, what special content that incorporates such as unreleased tracks. Moreover, probably had been recorded at the home studio of Paul, put the instrument to actually close, such as drum and bass, is it that the album commentary with live music.

For example, along with the memories of the Beatles era or try to sing “Strawberry Fields Forever”, with or try to sing “Come On Baby” and “Welcome To The Castle” in improvisation, and has a very dying mania content. “Heaven On A Sunday” is playing riffs that the “For No One,” inspired by making songs, as if to compare both the song “For No One”. Similarly surprising whether to like the place to sing “Because” of the Beatles in the improvisation, up there with a short service. Has become now, but has become a famous episode, has a base that was used when Elvis was a gift from Linda has recorded the “Heartbreak Hotel”, it is also recorded how to sing the same song. Such as also the apple of comment is inserted in the middle, how Paul is seen it has either been put a force on the promotion of this album.

1997 announcement pole of the name board of is considered one session sound source of “Flaming Pie”, the latest work of the session series that aggregates such as a radio-show, including the rare-take. Is the last album that Linda has joined, exist that have been recorded in a form close to home recording away from the band, relaxed air has been the theme of nostalgia that is filled, the charm of the Fifties Taste drifting album “Flaming Pie” it is a title that can be proficient in minute. Permanent preservation firmly press platen of the beautiful picture disc specification.

ビートルズが解散してから四半世紀も経てば、当時のメンバー間のしこり、特にジョージとポールの関係性にも変化が見られた。4人はメンバー横断的に共演はあったものの、ジョンとポール、そしてジョージとポールの組み合わせは最後まで実現しなかった。リンゴのみ全員と共演経験があるし、ジョンとジョージも一緒にレコーディングしている。ポールはリンゴ以外の共演がない。この事実からもビートルズ解散劇の一端が垣間見ることが出来る。

しかし四半世紀という長い時間を経て、やっとビートルズ・アンソロジーというプロジェクトで、鬼籍に入っているジョンを除く3人のメンバーが初めて一堂に会したのである。初めて庭で3人が並んでいる姿をテレビで見て、ビートルズ・ファンは感慨深いものがあったのではないだろうか。そして新曲2曲を含む音と映像のアンソロジー・プロジェクトが立ち上がることとなったのである。その結束に重要な役割を果たしたのがジェフ・リンであった。ビートルズのメンバーは、プロデュースを「身内」のジョージ・マーティンではなく、あえて「外部」の人間に頼んだのである。

あくまで想像だが、ポールはこのプロジェクト実現のために、かなりジョージに譲歩したと思われる。アンソロジー2に「Within You Without You」のインストが収録されているが、これなどまさにジョージにかなり配慮した選曲と言えるだろう。そしてジョージとジェフリンは「Cloud 9」で既に一緒に仕事をしている。ジェフリンの起用もまた、ジョージへの配慮だったのではないだろうか。なにせ、このプロジェクトはジョージとポールの関係性が鍵だったからだ。そしてこのアンソロジー・プロジェクトにおいて、ポールはジェフリンの仕事に非常に満足したと思われる。何よりジェフリンはビートルズに対するリスペクトが感じられる。ポールは次のソロ・アルバムのプロデュースも、ジェフリンに委ねることにする。

ポールは1992年に「OFF THE GROUND」をリリースし、それに伴い大規模なツアーを行なったが、それが終わった後は、前述のように90年代中盤をアンソロジー・プロジェクトのために費やすこととなる。そしてソロ・アルバムの期間が開いた理由はそれだけではない。リンダの体調が思わしくなく、その治療にかかっていたことも後に判明している。そのリンダが参加した最後のアルバムが、ジェフ・リンをプロデューサーに迎えた1997年発表の「FLAMING PIE」である。発表こそ1997年であるが、レコーディング自体は1995年から行なわれており、アンソロジー・プロジェクトの延長上で生まれたものである。バンドで制作された前2作のアルバムと異なり、まるで「マッカートニー3」のように、ほとんどポールとジェフ・リンの多重録音で収録されている。プライベート・レコーディングのように、気を張らない肩の力が抜けた非常に落ち着いた雰囲気で、非常に優れた内容となっている。セールス的にも成功を収め、現在では名盤のひとつとして知られている。本作は、この「FLAMING PIE」のセッション音源を収録している。

「The Song We Were Singing」は、ポールの懐古趣味が溢れる素晴らしいオープニング曲である。常にかつて自分たちが歌っていた曲に戻る、という主題は、タイトルの主語がWeとなっていることからも、ビートルズ時代の自分たちを指しているというのがわかる。その実、懐かしい雰囲気を醸す名曲であると言える。ここに収録されているのは別ミックス音源で、ヴォーカルが前面に出たものとなっている。

「The World Tonight」は前作「Biker Like An Icon」を改題したのかと思うくらい、非常に曲調というかノリが似通った曲である。最初に収録されているのは激しいギターによるデモ音源。短いながら非常に迫力ある演奏が楽しめる。その他、ラフ・ミックスやバッキングトラックなどが収録されている。

このアルバムはライヴ活動を行なっていない時期のものとあって、ライヴで演奏されたことがない曲が多いが、「If You Wanna」も例外ではない。しかし、なんとここに収録されているのは1993年5月29日のサウンドチェックで演奏された「If You Wanna」なのである。アルバムで発表する実に4年も前に、一度だけサウンドチェックで演奏されていたという事実。しかもアコギと、ウィックスの奏でるアコーディオン、そしてピアノの音も加わっているようにも聞こえるが、非常にシンプルで、まるで呪文を聞いているかのような演奏となっている。メロディも同じで、歌詞もリリース・バージョンと相違ない。アレンジのみが異なっており、この時点で既に完成しているのが伺える。

ポールのパターンとしてアルバム序盤にアコースティックの小品を挿入するという傾向がある。「PRESS TO PLAY」の「Footprints」しかり、「FLOWERS IN THE DIRT」の「Distruction」しかり、そしてこのアルバムでは「Somedays」がそれに相当する。ここに収録されているのはラフ・ミックスの別バージョンである。

「Young Boy」はアルバムからシングル・カットされたキャッチ―なナンバーである。ポールはこの時期に出演したテレビ・ショウなどで積極的にこの曲をプロモーションしてまわった。本作に収録されているのはアコギによるデモ音源、別ミックス、ラフ・ミックスなどの数々である。

「Calico Skies」は2002年大阪においてステージ初演がなされた後、ツアーにおいても度々演奏されており、ポール自身気に入っているのだろう。ステージではバンドで演奏されているが、ここではスタジオ・バージョンと同じくアコギのみによるデモ音源を収録している。元々の曲調のせいだろうが、アコギのみの演奏でもオリジナルの雰囲気を損ねることなく、むしろ曲の良さが溢れるものとなっている

「Flaming Pie」はアルバムのタイトルとなったポールにとっても思い入れのある曲で、ステージでも度々演奏されている。「Flaming Pie」とは、ビートルズがデビュー前にジョンが夢に見たという「燃えさかるパイに乗ってきた男」のエピソードに由来する。ここではピアノによるデモ音源にバッキングトラックなどを収録している。

「Heaven On A Sunday」もまた、リンダのコーラスが印象的な美しい曲である。この曲の玉が転がるようなエレピに合わせてポールが非常に丁寧に歌うデモ音源は、まさに珠玉のテイクである。歌いまわしもオリジナルとは異なる。

そしてこのアルバム最大の名曲が「Souvenier」である。甘く切ないメロディが胸を打つポール史上最大の名曲のひとつ。このアルバムのテーマである懐古趣味を存分に発揮した歌詞も素晴らしく、詩人としてのポールが堪能できる作品となっている。残念ながらこの曲には短いバッキングトラックのみしかアウトテイクが残っていない。一部ポールによるヴォーカルが入っているが、この曲のアウトテイクがあるならばもっと聴いてみたいものだ。

「Little Willow」はダイアナ妃の追悼アルバムにも収録された、いくぶん「焼香」の香りがする鎮魂歌である。しかしそこに辛気臭さはなく、爽やかに手を振って大空に旅立っていく死者の姿が目に浮かぶ。このアルバム発表後しばらくしてリンダは死去するが、その際にこの曲が死去のニュースと共に多く流された。

「Rally Love You」はアルバムの中でも異彩を放つファンキーな曲で、ここでは短いながらドラムとベースによるセッション時の音源を収録している。

続いてディスク2である。本作のハイライトが、アルバムの実質最後を飾るこの「Beautiful Night」のセッション音源であろう。この曲は古く1986年には既にほぼ完成した形でレコーディングされていたことが現在では判明している。その1986年バージョンがディスク2のトラック1である。シンプルながらピアノだけなくドラムも入ったきちんとした演奏で、既に最終形に近い状態であることがわかる。おそらくこのままリリースしても通用する完成度であろう。リリース・バージョンと異なるのはエンディングくらいなもので、その分まだ未完成な印象は受けるものの、それは後付けの知識のせいであろう。美しくも非常に優れたデモ音源である。このデモ音源を元に、1997年になってエディット・バージョンも作られている。

続いて収録されているのは1996年の「Beautiful Night」のセッション音源で、ピアノだけの演奏によるデモ音源である。ポールのヴォーカルには何らエフェクトの類がかけられておらず、まさに生歌となっている。最終的に「Beautiful Night」は、前述のデモ音源の構成に、新たにエンディングに加えて完成となっている。そしてそのエンディングで最も特徴的なのは、すぐにそれとわかるリンゴのヴォーカルである。どうしても「Cary That Weight」を連想してしまうが、それもまたポールが意図的にリンゴを起用した理由であろう。ここではリンゴが参加したリハーサル、そして途中テンポを上げてふざけて同曲を歌う様子などを収録している。

1997年に入り、さらにオーケストラを被せるためのセッションが行なわれている。なるほど時間をかけて「Beautiful Night」を作り上げていく様子がよくわかる。おそらくポールはベースを弾きながら歌っているのであろう、途中からそこにオーケストラが加わって重厚さが増しているのがわかる。ここでもポールのヴォーカルは生歌で、なんら加工がなされておらず、耳元で歌っているかのようなゾクゾクする感覚になる。さらに注目は、オーケストラが大々的に奏でられるエンディングの部分であるが、まだリンゴのヴォーカルが加わる前のほぼカラオケ状態なのに対し、ポールが必死でアドリヴで歌っている箇所である。

おそらくデモ音源の段階で、基本的にこれ以上この曲には手を加える必要がないと判断したのであろう。ほぼデモ音源通りの構成、歌詞、メロディに、エンディングを加えて完成となっている。そのリンゴを加えたエンディングのみのトラックが続けて収録されている。もしかしたら前半とこのエンディング部分は別々にレコーディングされたものかもしれない。当初オーケストラのみ、そしてリンゴのヴォーカル、さらにギター・ソロを加えたトラックが収録されている。

「Great Day」は「Her Majesty」のようなオマケ的なトラックで、重厚な「Beautiful Night」で終わるのみならず、余韻を残すかのように加えられた短い楽曲である。しかしポールのお気に入りと見えて、頻度は僅かながら、過去に実際のライヴ・ステージでも演奏されたことがある。最初のトラックはなんとウイングス時代1974年にレコーディングされたもので、歌詞はまだないが基本的なメロディの着想がこの時点で既にあったということに驚く。ポールほど次々にメロディが浮かぶ天才的な才能があれば、あえてこんな昔のメロディを持ち出さなくても良いのだろうが、忘れ得ぬ何かがあったのだろう。

「Your School」はこの時期のアウトテイクで未発表曲である。ピアノによるデモ音源であるが、きちんとしたスタジオ・レコーディングである。Ooubu Joobuでも放送されたのでコレクターにとっては初登場というわけではないが、貴重な未発表曲である。

ディスク2の後半は1997年の春先から夏にかけて収録されたであろう、EPKのセッションを収録している。トラックリストの全てはオリジナルと異なる別テイク、別バージョンなので、それぞれが短いながらも聴き応えのある内容となっている。そして最後は「Flaming Pie」のアルバム・プロモーションのためのラジオ・スポットを3テイク収録している。英語のみならずスペイン語圏のものなど珍しいのではないだろうか。

最後はディスク3である。1997年にジェリー・リーバーとマイク・ストーラーの作曲家コンビのトリビュート・アルバムが企画された。ポールはそのアルバムに彼らの作曲したビートルズ時代からの愛唱曲「Kansas City」をレコーディングした。「Hey Hey Hey Hey」とメドレーにならない単独での演奏である。アコギ1本での演奏ながらグルーヴを感じさせるパフォーマンスである。それにしてもポールがオールディーズを歌うと、常にどことなくカントリー調になるのは不思議なところである。

そして最後はアルバム「FLAMING PIE」がリリースされた時のラジオ・ショウを収録している。1998年3月放送された、アルバムの楽曲をポールの解説付きで聴こうというプロモーション番組である。ところがこのラジオ・ショウがただCDを流しておしゃべりするという単純なものではなく、ふんだんにアウトテイク、未発表曲などを盛り込んだスペシャルな内容なのである。しかも、おそらくポールの自宅スタジオで収録されたのであろう、ドラムやベースなど実際に近くに楽器を置いて、それを生演奏しながらのアルバム解説なのである。

例えばビートルズ時代の想い出と共に「Strawberry Fields Forever」を歌ってみたり、「Come On Baby」や「Welcome To The Castle」を即興で歌ってみたりと、非常にマニアにはたまらない内容となっている。「Heaven On A Sunday」は「For No One」に触発されて作った曲ということで、両曲を比較するかのように「For No One」のリフを奏でている。同様に即興でビートルズの「Because」を歌うところなど、短いながらそこまでサービスするのかと驚かされる。今となっては有名なエピソードになってしまったが、リンダからプレゼントされたエルヴィスが「Heartbreak Hotel」をレコーディングした時に使用していたベースを持ち、同曲を歌う様子も収録されている。途中にはリンゴのコメントも挿入されるなど、いかにポールがこのアルバムのプロモーションに力を入れていたかがわかる。

1997年発表ポールの名盤のひとつと考えられている「Flaming Pie」のセッション音源、レア・テイクを含むラジオ・ショウなどを集約したセッション・シリーズの最新作。リンダが参加した最後のアルバムであり、バンドから離れ宅録に近い形でレコーディングされた、リラックスした空気が充満している懐古をテーマとした、フィフティーズ・テイスト漂うアルバム「Flaming Pie」の魅力を存分に堪能できるタイトルである。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
THE SONG WE WERE SINGING

01. Different Mix

THE WORLD TONIGHT
02. Clean Electric Guitar Demo
03. Backing Track
04. Early Rough Mix – Different Intro
05. Second Rough Version Alternate Mix
06. Father’s Day Vocals Center Channel
07. Father’s Day Film Edit

IF YOU WANNA
08. Rehearsal/Soundcheck May 29, 1993
09. Clean Electric Guitar Demo

SOMEDAYS
10. Rough Mix Alternate Version
11. Strings Channel Mix

YOUNG BOY
12. Acoustic Guitar Demo
13. Alternate Mix
14. Rough Mix
15. Father’s Day Film Mix

CALICO SKIES
16. Clean Acoustic Demo
17. In The World Tonight Performance

FLAMING PIE
18. Piano Rendition
19. Backing Track Channel Mix
20. Chris Holmes Mix 2016

HEAVEN ON A SUNDAY
21. Clean Electric Piano Demo
22. Monitor Mix

SOUVENIER
23. Backing Track

LITTLE WILLOW
24. Basic Track
25. Video Soundtrack

REALLY LOVE YOU
26. Drum & Bass Improvisations

DISC TWO
BEAUTIFUL NIGHT

1986
01. Original Version Rough Mix

1997
02. Original Version Edited Mix

1996
03. Piano Demo
04. Solo Piano Rendition
05. Rehearsal & Parody With Ringo
06. Session Highlights Composite

1997
07. Orchestra Session
08. Basic Track With Orchestra
09. Ringo’s Vocal Track
10. Electric Guitar Overdub
11. Final Instrumental Mix
12. Piano Rendition From Radio Show
13. Video Soundtrack

GREAT DAY
14. Early Acoustic Rendition 1974
15. Leg Slap recording 1992 Channel Mix
16. In The World Tonight Performance

YOUR SCHOOL
17. Circa 1992-1994 Demo

EPK SESSION Spring – Summer 1997
18. Calico Skies
19. Flaming Pie
20. Young Boy
21. The World Tonight
22. If You Wanna
23. Heaven On A Sunday
24. Beautiful Night

FLAMING PIE RADIO SPOTS
25. Radio Commercial #1
26. Radio Commercial #2
27. Radio Commercial #3

DISC THREE
LEIBER & STOLLER ALBUM SESSIONS August 27, 1997

01. Kansas City

THE WORLD TONIGHT SPECIAL
02. When I’m Sixty Four

FLAMING PIE RADIO SPECIAL master version
03. Introduction – Flaming Pie
04. Strawberry Fields Forever
05. Come On Baby
06. Welcome To The Castle
07. Paul & Steve Miller about “Young Boy”
08. Harpsichord improvisations (For No One – Baby Baby)
09. Heaven On A Sunday
10. Souvenier
11. Electric Spinet – Because
12. About Elvis Presley – Bill Black’s Bass – Heartbreak Hotel
13. Ringo Starr’s Introduction
14. Great Day
15. Drums & Bass about “Really Love You”
16. Ringo about “Really Love You”
17. Paul about “The World Tonight”
18. Spanish Guitar & “Blackbird”
19. Paul about “Somedays”
20. George Martin about “Somedays”
21. Paul about “If You Wanna”
22. Milk Cow Blues
23. “Paperback Writer” Voxx Amps
24. Mini Moog
25. About “Used To Be Bad”
26. Penny Lane – Baby Don’t You Do It
27. Calico Skies
28. Beautiful Night
29. About “Beautiful Night”
30. About “Flaming Pie”- End of The Show

 

Misterclaudel. MCCD-586/587/588

Leave a Reply